八千代 バス。 会社概要

東洋バスの路線バス系統一覧|路線バス情報

八千代 バス

概要 [ ] 千葉県八千代市は東京の(、、など)として人口が増加した。 しかし、その頃に移住してきた人々の高齢化が進んでいくものと推定された。 そこで、マイカー等の交通手段を持たない市民を含めた幅広い年齢層の交通の利便性を確保し、市内の公共施設を市民により多く利用してもらうために、また、地域コミュニティ活動の活性化などを目的として、1998年3月2日から公共循環バスぐるっと号の運転を行うこととした。 なお、八千代市は、車両の代金および1コースにつき年間1600万円を限度とした補助を行うこととし、運行は地元のバス会社に委託した。 その後、当地を走るが規制緩和に伴う不採算路線の廃止を行ったため(米本団地 - 小室間など)、初期の目的のほかに、阿蘇地区におけるスクールバスとしての利用など既存の路線バスが廃止されるあるいは存在しない公共交通不便地域に対する公共交通として利用された。 このようにして運行を行ってきたが、八千代市におけるバス路線環境の変化と八千代市の財政の再建などともあいまって、運行形態などの見直しが進められた結果、8月31日で運行終了し、翌9月1日から新たなコミュニティバスとして1年間の試行運行を行った。 1月7日からはコースを見直し、3月31日まで3ヶ月間の試行運行を行なった結果、八千代台コースのみが継続、他コースは7月31日にて廃止となった。 現在の名称は、八千代市コミュニティバス。 現行路線 [ ] 2014年1月7日から運行開始した試行運行は9コースがあったが、2014年8月1日からは八千代台コースのみの運行となっている。 運行はに委託している。 2015年9月1日からが導入された。 八千代台コース [ ]• 1便、2便、4便は土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行• 3便は土休日のみ運休 廃止された路線 [ ] Aコース [ ]• 市民会館 - - 入口 - 八千代台東子供の森 - 八千代台駅東口 - 八千代台南市民の森 - 愛宕公会堂 - 八千代台図書館 - 高津団地入口 - 大和田新田下区公会堂 - 八千代市役所 - 市民会館 Bコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 八勝園前 - 勝田台市民文化プラザ - 入口 - 大師前 - ふれあいプラザ - 上高野公民館 - 神野十字路 - はばたき職業センター - 阿蘇中学校 - 村上支所 - 村上駅入口 - 市民会館 Cコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 萱田小学校 - - 米本団地 - 平戸 - 小池 - 島田入口 - 睦運動広場 - 麦丸本郷 - 郷土博物館 - 市民体育館 - 市民会館 Dコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 入口 - 農業会館 - 睦運動広場 - - 緑が丘駅入口北 - バラ園入口 - 八千代市役所 - 市民会館• 2004年4月1日 緑ヶ丘プラザ入口を経由するように改める。 ぐるっと号は4コースがあった、A - Cは東洋バス新山営業所、Dは京成バス長沼営業所花見川車庫に委託していた。 毎週月曜日から金曜日に運行され、祝日なども運転されたが、土日は運休だった。 各コースとも運賃は100円で1時間20分ほどかかり、右回りと左回りが3回ずつ運行されていた。 なお、車椅子での利用もできたが、安全上の問題もあって、乗降できるバス停が限られていた。 なお、バス停には各コースごとに番号が1から付与されていた。 多くの区間は、過去に東洋バスや京成電鉄(現在は京成バス)が路線を持っていた区間であり、それらの代替機能も有している。 南部コース [ ]• 八千代台南市民の森発1便・3便と八千代台東子供の森発1便は、土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 村上駅コース [ ]• 米本団地 - 逆水入口 - もえぎ野 - 神野十字路 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ - 大師前 - 黒沢台 - 村上駅 平戸橋コース [ ]• 米本団地 - 八千代ふるさとステーション(米本団地発1便と八千代中央駅発最終便のみ通過) - 島田入口 - 睦運動広場 - 睦運動広場 - 睦小学校 - 麦丸本郷 - 城橋台 - 農業会館 - 八千代中央駅 睦小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 阿蘇小学校通学支援コース [ ]• 米本団地 - 米本団地入口 - 阿蘇小学校 - もえぎ野 - 神野十字路 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 2012年9月1日から試行運行を開始した。 各コースとも運賃は200円で、八千代中央駅、村上駅、米本団地で各コースとの乗り継ぎが可能で、乗り継ぎ後の運賃は100円だった。 2013年8月31日で試行運行の期限を迎えたが、最終便の運行時刻を繰り上げて12月28日まで継続運行した。 その後、コース、運賃制度の変更を行い2014年1月7日から3月31日まで9コースで運行し、2014年7月31日をもって以下の路線が廃止され、東洋バスは撤退した。 なお、コースは高津、大和田、勝田台、村上駅、平戸・小池、阿蘇小学校通学支援は東洋バス新山営業所、八千代中央駅、睦小学校通学支援は京成バス新都心営業所習志野出張所に委託していた。 高津コース [ ]• 高津団地 - 高津小鳥の森 - 大和田新田下区公会堂 - 八千代市役所 - 市民会館 大和田コース [ ]• 大和田駅 - 大和田駅入口 - 大和田三叉路 - 八千代市役所 - 市民会館 勝田台コース [ ]• 勝田台駅 - 勝田台市民文化プラザ - 台町公園入口 - 大和田三叉路 - 八千代市役所 - 市民会館 村上駅コース [ ]• 下記以外の便:米本団地 - 逆水入口 - もえぎ野 - 神野十字路 - 阿宗橋 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ - 大師前 - 黒沢台 - 村上駅 - 市民会館 - 八千代市役所• 睦小学校 - 桑橋 - 八千代西高校 - 尾崎公会堂 - 麦丸新田 - 農業会館 - 市民活動サポートセンター - 八千代中央駅 - 市民会館 - 八千代市役所 阿蘇小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 睦小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 車両 [ ] 2015年4月1日から八千代市マスコットキャラクターやっちをラッピングしたの0301が担当している。 2015年3月31日までのを用いていた。 京成バスは予備車がなかったので検査時にはのを使用したこともあった。 バスデザインは、公募により決定されたものである。 東洋バス、京成バス共に日産ディーゼル車は一般路線車で使用されていない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

コミュニティバスのご案内|路線バス|京成バス

八千代 バス

概要 [ ] 千葉県八千代市は東京の(、、など)として人口が増加した。 しかし、その頃に移住してきた人々の高齢化が進んでいくものと推定された。 そこで、マイカー等の交通手段を持たない市民を含めた幅広い年齢層の交通の利便性を確保し、市内の公共施設を市民により多く利用してもらうために、また、地域コミュニティ活動の活性化などを目的として、1998年3月2日から公共循環バスぐるっと号の運転を行うこととした。 なお、八千代市は、車両の代金および1コースにつき年間1600万円を限度とした補助を行うこととし、運行は地元のバス会社に委託した。 その後、当地を走るが規制緩和に伴う不採算路線の廃止を行ったため(米本団地 - 小室間など)、初期の目的のほかに、阿蘇地区におけるスクールバスとしての利用など既存の路線バスが廃止されるあるいは存在しない公共交通不便地域に対する公共交通として利用された。 このようにして運行を行ってきたが、八千代市におけるバス路線環境の変化と八千代市の財政の再建などともあいまって、運行形態などの見直しが進められた結果、8月31日で運行終了し、翌9月1日から新たなコミュニティバスとして1年間の試行運行を行った。 1月7日からはコースを見直し、3月31日まで3ヶ月間の試行運行を行なった結果、八千代台コースのみが継続、他コースは7月31日にて廃止となった。 現在の名称は、八千代市コミュニティバス。 現行路線 [ ] 2014年1月7日から運行開始した試行運行は9コースがあったが、2014年8月1日からは八千代台コースのみの運行となっている。 運行はに委託している。 2015年9月1日からが導入された。 八千代台コース [ ]• 1便、2便、4便は土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行• 3便は土休日のみ運休 廃止された路線 [ ] Aコース [ ]• 市民会館 - - 入口 - 八千代台東子供の森 - 八千代台駅東口 - 八千代台南市民の森 - 愛宕公会堂 - 八千代台図書館 - 高津団地入口 - 大和田新田下区公会堂 - 八千代市役所 - 市民会館 Bコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 八勝園前 - 勝田台市民文化プラザ - 入口 - 大師前 - ふれあいプラザ - 上高野公民館 - 神野十字路 - はばたき職業センター - 阿蘇中学校 - 村上支所 - 村上駅入口 - 市民会館 Cコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 萱田小学校 - - 米本団地 - 平戸 - 小池 - 島田入口 - 睦運動広場 - 麦丸本郷 - 郷土博物館 - 市民体育館 - 市民会館 Dコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 入口 - 農業会館 - 睦運動広場 - - 緑が丘駅入口北 - バラ園入口 - 八千代市役所 - 市民会館• 2004年4月1日 緑ヶ丘プラザ入口を経由するように改める。 ぐるっと号は4コースがあった、A - Cは東洋バス新山営業所、Dは京成バス長沼営業所花見川車庫に委託していた。 毎週月曜日から金曜日に運行され、祝日なども運転されたが、土日は運休だった。 各コースとも運賃は100円で1時間20分ほどかかり、右回りと左回りが3回ずつ運行されていた。 なお、車椅子での利用もできたが、安全上の問題もあって、乗降できるバス停が限られていた。 なお、バス停には各コースごとに番号が1から付与されていた。 多くの区間は、過去に東洋バスや京成電鉄(現在は京成バス)が路線を持っていた区間であり、それらの代替機能も有している。 南部コース [ ]• 八千代台南市民の森発1便・3便と八千代台東子供の森発1便は、土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 村上駅コース [ ]• 米本団地 - 逆水入口 - もえぎ野 - 神野十字路 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ - 大師前 - 黒沢台 - 村上駅 平戸橋コース [ ]• 米本団地 - 八千代ふるさとステーション(米本団地発1便と八千代中央駅発最終便のみ通過) - 島田入口 - 睦運動広場 - 睦運動広場 - 睦小学校 - 麦丸本郷 - 城橋台 - 農業会館 - 八千代中央駅 睦小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 阿蘇小学校通学支援コース [ ]• 米本団地 - 米本団地入口 - 阿蘇小学校 - もえぎ野 - 神野十字路 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 2012年9月1日から試行運行を開始した。 各コースとも運賃は200円で、八千代中央駅、村上駅、米本団地で各コースとの乗り継ぎが可能で、乗り継ぎ後の運賃は100円だった。 2013年8月31日で試行運行の期限を迎えたが、最終便の運行時刻を繰り上げて12月28日まで継続運行した。 その後、コース、運賃制度の変更を行い2014年1月7日から3月31日まで9コースで運行し、2014年7月31日をもって以下の路線が廃止され、東洋バスは撤退した。 なお、コースは高津、大和田、勝田台、村上駅、平戸・小池、阿蘇小学校通学支援は東洋バス新山営業所、八千代中央駅、睦小学校通学支援は京成バス新都心営業所習志野出張所に委託していた。 高津コース [ ]• 高津団地 - 高津小鳥の森 - 大和田新田下区公会堂 - 八千代市役所 - 市民会館 大和田コース [ ]• 大和田駅 - 大和田駅入口 - 大和田三叉路 - 八千代市役所 - 市民会館 勝田台コース [ ]• 勝田台駅 - 勝田台市民文化プラザ - 台町公園入口 - 大和田三叉路 - 八千代市役所 - 市民会館 村上駅コース [ ]• 下記以外の便:米本団地 - 逆水入口 - もえぎ野 - 神野十字路 - 阿宗橋 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ - 大師前 - 黒沢台 - 村上駅 - 市民会館 - 八千代市役所• 睦小学校 - 桑橋 - 八千代西高校 - 尾崎公会堂 - 麦丸新田 - 農業会館 - 市民活動サポートセンター - 八千代中央駅 - 市民会館 - 八千代市役所 阿蘇小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 睦小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 車両 [ ] 2015年4月1日から八千代市マスコットキャラクターやっちをラッピングしたの0301が担当している。 2015年3月31日までのを用いていた。 京成バスは予備車がなかったので検査時にはのを使用したこともあった。 バスデザインは、公募により決定されたものである。 東洋バス、京成バス共に日産ディーゼル車は一般路線車で使用されていない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

コミュニティバスのご案内|路線バス|京成バス

八千代 バス

概要 [ ] 千葉県八千代市は東京の(、、など)として人口が増加した。 しかし、その頃に移住してきた人々の高齢化が進んでいくものと推定された。 そこで、マイカー等の交通手段を持たない市民を含めた幅広い年齢層の交通の利便性を確保し、市内の公共施設を市民により多く利用してもらうために、また、地域コミュニティ活動の活性化などを目的として、1998年3月2日から公共循環バスぐるっと号の運転を行うこととした。 なお、八千代市は、車両の代金および1コースにつき年間1600万円を限度とした補助を行うこととし、運行は地元のバス会社に委託した。 その後、当地を走るが規制緩和に伴う不採算路線の廃止を行ったため(米本団地 - 小室間など)、初期の目的のほかに、阿蘇地区におけるスクールバスとしての利用など既存の路線バスが廃止されるあるいは存在しない公共交通不便地域に対する公共交通として利用された。 このようにして運行を行ってきたが、八千代市におけるバス路線環境の変化と八千代市の財政の再建などともあいまって、運行形態などの見直しが進められた結果、8月31日で運行終了し、翌9月1日から新たなコミュニティバスとして1年間の試行運行を行った。 1月7日からはコースを見直し、3月31日まで3ヶ月間の試行運行を行なった結果、八千代台コースのみが継続、他コースは7月31日にて廃止となった。 現在の名称は、八千代市コミュニティバス。 現行路線 [ ] 2014年1月7日から運行開始した試行運行は9コースがあったが、2014年8月1日からは八千代台コースのみの運行となっている。 運行はに委託している。 2015年9月1日からが導入された。 八千代台コース [ ]• 1便、2便、4便は土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行• 3便は土休日のみ運休 廃止された路線 [ ] Aコース [ ]• 市民会館 - - 入口 - 八千代台東子供の森 - 八千代台駅東口 - 八千代台南市民の森 - 愛宕公会堂 - 八千代台図書館 - 高津団地入口 - 大和田新田下区公会堂 - 八千代市役所 - 市民会館 Bコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 八勝園前 - 勝田台市民文化プラザ - 入口 - 大師前 - ふれあいプラザ - 上高野公民館 - 神野十字路 - はばたき職業センター - 阿蘇中学校 - 村上支所 - 村上駅入口 - 市民会館 Cコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 萱田小学校 - - 米本団地 - 平戸 - 小池 - 島田入口 - 睦運動広場 - 麦丸本郷 - 郷土博物館 - 市民体育館 - 市民会館 Dコース [ ]• 市民会館 - 八千代市役所 - 入口 - 農業会館 - 睦運動広場 - - 緑が丘駅入口北 - バラ園入口 - 八千代市役所 - 市民会館• 2004年4月1日 緑ヶ丘プラザ入口を経由するように改める。 ぐるっと号は4コースがあった、A - Cは東洋バス新山営業所、Dは京成バス長沼営業所花見川車庫に委託していた。 毎週月曜日から金曜日に運行され、祝日なども運転されたが、土日は運休だった。 各コースとも運賃は100円で1時間20分ほどかかり、右回りと左回りが3回ずつ運行されていた。 なお、車椅子での利用もできたが、安全上の問題もあって、乗降できるバス停が限られていた。 なお、バス停には各コースごとに番号が1から付与されていた。 多くの区間は、過去に東洋バスや京成電鉄(現在は京成バス)が路線を持っていた区間であり、それらの代替機能も有している。 南部コース [ ]• 八千代台南市民の森発1便・3便と八千代台東子供の森発1便は、土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 村上駅コース [ ]• 米本団地 - 逆水入口 - もえぎ野 - 神野十字路 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ - 大師前 - 黒沢台 - 村上駅 平戸橋コース [ ]• 米本団地 - 八千代ふるさとステーション(米本団地発1便と八千代中央駅発最終便のみ通過) - 島田入口 - 睦運動広場 - 睦運動広場 - 睦小学校 - 麦丸本郷 - 城橋台 - 農業会館 - 八千代中央駅 睦小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 阿蘇小学校通学支援コース [ ]• 米本団地 - 米本団地入口 - 阿蘇小学校 - もえぎ野 - 神野十字路 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 2012年9月1日から試行運行を開始した。 各コースとも運賃は200円で、八千代中央駅、村上駅、米本団地で各コースとの乗り継ぎが可能で、乗り継ぎ後の運賃は100円だった。 2013年8月31日で試行運行の期限を迎えたが、最終便の運行時刻を繰り上げて12月28日まで継続運行した。 その後、コース、運賃制度の変更を行い2014年1月7日から3月31日まで9コースで運行し、2014年7月31日をもって以下の路線が廃止され、東洋バスは撤退した。 なお、コースは高津、大和田、勝田台、村上駅、平戸・小池、阿蘇小学校通学支援は東洋バス新山営業所、八千代中央駅、睦小学校通学支援は京成バス新都心営業所習志野出張所に委託していた。 高津コース [ ]• 高津団地 - 高津小鳥の森 - 大和田新田下区公会堂 - 八千代市役所 - 市民会館 大和田コース [ ]• 大和田駅 - 大和田駅入口 - 大和田三叉路 - 八千代市役所 - 市民会館 勝田台コース [ ]• 勝田台駅 - 勝田台市民文化プラザ - 台町公園入口 - 大和田三叉路 - 八千代市役所 - 市民会館 村上駅コース [ ]• 下記以外の便:米本団地 - 逆水入口 - もえぎ野 - 神野十字路 - 阿宗橋 - 少年自然の家入口 - 上高野公会堂 - ふれあいプラザ - 大師前 - 黒沢台 - 村上駅 - 市民会館 - 八千代市役所• 睦小学校 - 桑橋 - 八千代西高校 - 尾崎公会堂 - 麦丸新田 - 農業会館 - 市民活動サポートセンター - 八千代中央駅 - 市民会館 - 八千代市役所 阿蘇小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 睦小学校通学支援コース [ ]• 土休日・春休み・夏休み・冬休みを除く平日のみ運行 車両 [ ] 2015年4月1日から八千代市マスコットキャラクターやっちをラッピングしたの0301が担当している。 2015年3月31日までのを用いていた。 京成バスは予備車がなかったので検査時にはのを使用したこともあった。 バスデザインは、公募により決定されたものである。 東洋バス、京成バス共に日産ディーゼル車は一般路線車で使用されていない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の