与田 お前。 不適切なフレーズ

「普通の言葉を使って」応援歌の『お前』問題に苦言の中日・与田監督をオーナーが擁護も失笑の声

与田 お前

今季も熱い闘いが繰り広げられる中、7月1日、プロ野球・中日ドラゴンズの人気応援歌が演奏自粛となった。 ファンたちは公式応援団の突然の発表に困惑している。 30代男性: もう何年もずっとやってたんで、急になんでかなとは思いました。 60代男性: あの応援歌がないと、やっぱり中日らしくない。 今の世の中、なんでも規制でね。 40代男性: 納得いく部分もあるんですが、これで自粛しちゃうというのは、まぁまぁ…グッと我慢して、別の応援歌で応援したいと思います。 チームは5連勝中だったが、その影響もあってか7月2日の巨人戦では6対0の完封負けを喫した。 なぜ応援歌が自粛となったのか?その真相に迫った。 「教育上良くない」人気フレーズに監督が提言 問題の応援歌は、ピンクレディーのヒット曲「サウスポー」の替え歌で、2014年シーズンから歌われているもの。 「スーパースターのお出ましに ベンチのサインは敬遠だけど 逃げはいやだわ」という歌詞を応援歌では次のようにアレンジしている。 「みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ 今 勝利を掴め」 中日ドラゴンズの公式グッズのタオルにも「お前が打たなきゃ誰が打つ」とプリントされるほど人気のフレーズだが、選手のことを「お前」と表現していることをめぐり、中日の与田剛監督はこう指摘したという。 中日ドラゴンズ・与田監督: 「お前」という言葉を子どもたちが歌うのは、教育上良くないのではないか。 公式応援団によると、球団側から「お前」という歌詞を変更するよう求められたという。 要請を受けた公式応援団は、「シーズン中の変更はファンに周知するのが難しい」として、7月1日に自粛を発表した。 「お前」の語源は目上の相手に使う言葉…親たちはどう思う? では、「お前」とは本来どのような相手に使う言葉なのか? 日本語学者・飯間浩明氏: 「お前」という言葉は、もともと「大前(おおまえ)」という形で、奈良時代以前には使われていました。 その頃は、神仏や位の高い人を指した言葉でした。 江戸時代の始めくらいまでは、目上の相手に対して使う言葉だったのですが、中期になると同等の相手に使う例が多くなり、後期になると目下の相手に使う例が増えてきて、現在に至ります。 この「お前」という表現を子どもたちが使うことについて、街の親たちの考えは… 2歳の親(男性): 応援ソングで歌うのはいいと思いますけど、「お前」という言い方はあまりよくない。 10歳と4歳の親(男性): 応援の歌で「お前」は全然問題ないかな。 友達同士でふざけて「お前」とか言うような時もありますが、親としてはあまりうれしくない。 目上の人に対しては絶対に言ってはダメだと思いますね。 さらに、教育の観点から専門家の見解を聞いた。 大阪教育大学・小﨑恭弘准教授: 応援の場などで気持ちや思いがこもったりすると、人を呼んだりする敬称はいろいろあってしかるべきだし、こんな使い方もあるんだということを経験できたらいい。 大阪教育大学・小﨑恭弘准教授: 日常生活で「お前」と言うのは、僕はよくないと思います。 うまくコントロールできるようにしてあげたらいいんじゃないでしょうか。 与田監督「やめろとは言っていない」応援団は歌詞の変更も検討 2日夜、試合を前にスポーツ紙の取材に応じた中日の与田監督は、次のように話した。 中日ドラゴンズ・与田監督: 自粛して欲しいわけでない。 「やめろ」とは一言も言っていない。 応援団の方々をリスペクトしている。 シンプルに名前で呼んで欲しいだけ。 応援歌を自粛した中日ドラゴンズの公式応援団は、自粛期間は未定で、「お前」を別の言葉に変更することも含めて検討し、来シーズン開始までには間に合わせたいとしている。 (「めざましテレビ」7月3日放送分より).

次の

【お前】中日・与田監督様、他球団を巻き込むwwwwwwww

与田 お前

今季も熱い闘いが繰り広げられる中、7月1日、プロ野球・中日ドラゴンズの人気応援歌が演奏自粛となった。 ファンたちは公式応援団の突然の発表に困惑している。 30代男性: もう何年もずっとやってたんで、急になんでかなとは思いました。 60代男性: あの応援歌がないと、やっぱり中日らしくない。 今の世の中、なんでも規制でね。 40代男性: 納得いく部分もあるんですが、これで自粛しちゃうというのは、まぁまぁ…グッと我慢して、別の応援歌で応援したいと思います。 チームは5連勝中だったが、その影響もあってか7月2日の巨人戦では6対0の完封負けを喫した。 なぜ応援歌が自粛となったのか?その真相に迫った。 「教育上良くない」人気フレーズに監督が提言 問題の応援歌は、ピンクレディーのヒット曲「サウスポー」の替え歌で、2014年シーズンから歌われているもの。 「スーパースターのお出ましに ベンチのサインは敬遠だけど 逃げはいやだわ」という歌詞を応援歌では次のようにアレンジしている。 「みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ 今 勝利を掴め」 中日ドラゴンズの公式グッズのタオルにも「お前が打たなきゃ誰が打つ」とプリントされるほど人気のフレーズだが、選手のことを「お前」と表現していることをめぐり、中日の与田剛監督はこう指摘したという。 中日ドラゴンズ・与田監督: 「お前」という言葉を子どもたちが歌うのは、教育上良くないのではないか。 公式応援団によると、球団側から「お前」という歌詞を変更するよう求められたという。 要請を受けた公式応援団は、「シーズン中の変更はファンに周知するのが難しい」として、7月1日に自粛を発表した。 「お前」の語源は目上の相手に使う言葉…親たちはどう思う? では、「お前」とは本来どのような相手に使う言葉なのか? 日本語学者・飯間浩明氏: 「お前」という言葉は、もともと「大前(おおまえ)」という形で、奈良時代以前には使われていました。 その頃は、神仏や位の高い人を指した言葉でした。 江戸時代の始めくらいまでは、目上の相手に対して使う言葉だったのですが、中期になると同等の相手に使う例が多くなり、後期になると目下の相手に使う例が増えてきて、現在に至ります。 この「お前」という表現を子どもたちが使うことについて、街の親たちの考えは… 2歳の親(男性): 応援ソングで歌うのはいいと思いますけど、「お前」という言い方はあまりよくない。 10歳と4歳の親(男性): 応援の歌で「お前」は全然問題ないかな。 友達同士でふざけて「お前」とか言うような時もありますが、親としてはあまりうれしくない。 目上の人に対しては絶対に言ってはダメだと思いますね。 さらに、教育の観点から専門家の見解を聞いた。 大阪教育大学・小﨑恭弘准教授: 応援の場などで気持ちや思いがこもったりすると、人を呼んだりする敬称はいろいろあってしかるべきだし、こんな使い方もあるんだということを経験できたらいい。 大阪教育大学・小﨑恭弘准教授: 日常生活で「お前」と言うのは、僕はよくないと思います。 うまくコントロールできるようにしてあげたらいいんじゃないでしょうか。 与田監督「やめろとは言っていない」応援団は歌詞の変更も検討 2日夜、試合を前にスポーツ紙の取材に応じた中日の与田監督は、次のように話した。 中日ドラゴンズ・与田監督: 自粛して欲しいわけでない。 「やめろ」とは一言も言っていない。 応援団の方々をリスペクトしている。 シンプルに名前で呼んで欲しいだけ。 応援歌を自粛した中日ドラゴンズの公式応援団は、自粛期間は未定で、「お前」を別の言葉に変更することも含めて検討し、来シーズン開始までには間に合わせたいとしている。 (「めざましテレビ」7月3日放送分より).

次の

中日・与田監督「お前より名前で呼んで」 応援歌自粛問題で見解「辞めろとは言っていない」― スポニチ Sponichi Annex 野球

与田 お前

中日球団は、私設応援団がチャンスでの応援歌として使用しているピンクレディーの「サウスポー」の替え歌にある「お前が打たなきゃ誰が打つ!」という歌詞の変更を要望。 これがあらぬ方向に話が進み、与田剛監督(53)がネット上でたたかれる事態を招いた。 中日の応援団は1日、SNSで「チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。 球団と協議した結果、当面の間『サウスポー』の使用は自粛させて頂くこととなりました」と掲載。 2日の巨人戦(東京ドーム)前に与田監督は「全部確認していないんですけど、意外と不本意な方向に行っているみたいで…。 僕が単純に『お前ではなくて、名前にしてもらえませんか?』と言ったのが発端。 サウスポーをやめろとは言っていない」と説明。 「僕個人だけではなく、他球団にもそういう意見がある。 いろんな意見があっていいと思う。 これが絶対正しいということではない」と続けた。 こんな騒ぎになるとは予想していなかったようで、「これが今の世の中なんだね。 知らないところでドンドン話が膨らんでいって、悪い方向になる。 それは寂しく思います」と残念そう。 また、ワイドショーで面白おかしく取り上げられ、コメンテーターが好き勝手に発言したことで、火に油を注いだ。 与田監督は「いろんな方がいろんな言葉尻を、逆の方に持っていかれるのは、非常にさみしくなる。 もめさせたい人がそういうふうに持っていくんだろうけど。 僕と会話していない人が、いろんなところでいろんな話をするのが一番怖い」と疑問視。 「第三者を通じて僕の言葉がだんだん変わっていって、それを聞いた人が、すべて僕がしゃべったと電波で言われると、非常に怖い。 確認をしないうちにしゃべられると、大きなことになりますよね。 事実を確認できない中でしゃべるのは、怖いことですから」とクギを刺した。 肝心のこの日の試合は、巨人先発・菅野の前に得点圏に進んだのもわずか2度で、いいところなく完封負け。 自粛していなくてもサウスポーを演奏するチャンスがないような内容に終わり、連勝は5で止まった。 自粛に「賛成」「これまでの歌詞が望ましい」「球団からの申し入れに違和感がある」「その他」の4択で問いかけたところ、227票の回答があった。 「球団からの申し入れに違和感」が68%と圧倒的。 以下、「これまでの歌詞が望ましい」28%、「賛成」4%。

次の