株価 9501。 【9501】福島賠償費用に苛む東京電力ホールディングスの今後の株価推移を予想する!配当は復活するのか?

【9501】福島賠償費用に苛む東京電力ホールディングスの今後の株価推移を予想する!配当は復活するのか?

株価 9501

5%増の2765億円、20年3月期の業績見通しについては非開示であるため、業績の先行きがわかりにくいこと。 国際競争力あるエネルギーの安定供給を行っている。 将来的には、中長期的なインフラ利用コストを最小化する商品・サービスを提供していくことを目標としている。 東京電力の過去10年の業績推移(PL) ここでは東京電力ホールディングスの上場来の業績推移を見ていきます。 なかでも、福島第一原子力発電所は炉心溶融により、国際原子力事象評価尺度「レベル7」に相当する、放射性物質漏れを伴う重大な事故を発生させました。 この地震によって、2011年の業績は大きく落ち込むことになっています。 現在は営業利益も黒字化し、震災前の水準にV字回復を遂げています。 東京電力ホールディングスが4月25日に発表した決算によると、19年3月期の連結経常利益は前の期比8. 5%増の2765億円、20年3月期の業績見通しについては非開示であるとしています。 また配当に関しては、無配と公表しています。 東京電力ホールディングスのROEとROA 東京電力ホールディングスのROEとROAの営業利益同様、2011年3月11日に起きた東日本大震災の影響を大きく受けています。 また、ROAもROE同様、事故発生前には1. しかし、2015年にはROEが12. 『福島への責任』が業績と配当復活に長期的に重しに 東京電力ホールディングスでは「福島の復興なくして東京電力の改革、再生はありえない」とのスローガンのもと、福島の復興に関して真摯に取り組んでいます。 ここでは、東京電力の復活に欠かせない福島の復興に関して考察していきたいと思います。 賠償問題 2011年3月11日に発生した原発事故から8年余りが経過していますが、いまだに原発事故による賠償を行っています。 東京電力 支払金額は年々減少していますが、賠償の支払いが終了しない限り、東京電力ホールディングスも次のステージに進むことができないので重しであることは間違いないです。 廃炉への取り組み 廃炉終了まで2040年~2050年と、今からも長い期間かかることがわかります。 2021年になって、第2期の燃料の取り出しが開始されるため、 いまだに廃炉への具体的な取り組みが進んでいる状況とはいえないことがわかります。 福島の復興は長期化し配当復活は不透明 廃炉までの工程から、福島の復興への取り組みは長期化せざるを得ないことがわかります。 よって、東京電力ホールディングスの再生も長期化することが予測されます。 東京電力ホールディングスのファンダメンタル分析総合 東京電力ホールディングスは以下のように投資リスクが高いため、ファンダメンタル的に「投資対象外」です。 福島復興への取り組みが長期化すること• 原子力損害賠償・廃炉等支援機構から多額の融資を受けている• 再度大きな災害が発生した場合、新たな発電所事故を起こす可能性がある• 廃炉費用が、福島第一原発だけではなく、複数発生する可能性がある• 電力自由化が進むことで、契約者数が減少する可能性がある• 少子高齢化が進む日本で、将来的に契約者数が大きく減少することがわかっている 東京電力ホールディングスのテクニカル分析 ここでは東京電力ホールディングスは買いか売りかをテクニカル的な側面から分析していきたいと思います。 東京電力ホールディングスの過去10年間の株価推移 東京電力ホールディングスの株価は2011年の原発事故から大きく下落していることがわかります。 東京電力ホールディングスのテクニカル分析 2018年の10月に変化日に雲(上値抵抗)抜けしています。 また今後続く雲もかなり薄くなっているため、テクニカル的には「様子見」判断ということができます。 中長期の株価を見るための週足で確認すると、東京電力は少々変則的な三尊天井を付けながら、株価の天井が低くなっていることがわかります。 具体的には、オレンジ色の2015年の高値939円、緑の2018年の767円です。 2018年の12月に天井を形成したばかりですので、目先は底打ちサイン点灯待ちということになります。 テクニカルから見た東京電力ホールディングス 見てきたように東京電力ホールディングスはテクニカルが変則的で投資しにくい銘柄であるといえます。 よって、テクニカル的には「投資対象外」との判断になります。 東京電力の競合他社比較 東京電力ホールディングス(9501)を同業である関西電力(9503)、中部電力(9502)と比較検討していきます。 東京電力H 関西電力 中部電力 PER - 倍 8. 3 倍 7. 2 倍 PBR 0. 50 倍 0. 77 倍 0. 67 倍 配当利回り 0. よって電気ガスセクターは割安であるといえます。 よって電気ガスセクターは割安であるといえます。 東京電力ホールディングス 19年3月期の連結経常利益は前の期比8. 5%増の2765億円、20年3月期の業績見通しについては非開示。 関西電力 19年3月期の連結経常利益は前の期比6. 2%減の2036億円、20年3月期も前期比1. 8%減の2000億円に減る見通し。 中部電力 19年3月期の連結経常利益は前の期比12. 1%減の1129億円、20年3月期は前期比63. 8%増の1850億円に拡大する見通し。 まとめ 今回はファンダメンタルとテクニカル両面から東京電力ホールディングスの今後の株価推移を分析してきました。 東京電力ホールディングスはファンダメンタル的・テクニカル的両面から「投資対象外」です。 4兆円を超える巨額の負債を抱える企業を買う理由は見当たらないといえます。

次の

9501 東京電力ホールディングス(株) 株価データ・株価データ、過去データ、CSVダウンロード

株価 9501

安部首相が英米のワクチン製造企業に、年末にもワクチンを分けて もらえるように交渉していることを明らかにした。 その報道を見た人たちの コメントを読んだが、なぜ英米と中国のワクチン開発が早いのか、その原因を 正しく理解している人はいなかった。 アンジェス創業者の森下先生が、 「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」ではっきり述べている。 [] 東電の業績が本格的に回復するには、コロナを早期に抑え込み、電力需要が戻る 必要がある。 安部首相が英米のワクチン製造企業に、年末にもワクチンを分けて もらえるように交渉していることを明らかにした。 その報道を見た人たちの コメントを読んだが、なぜ英米と中国のワクチン開発が早いのか、その原因を 正しく理解している人はいなかった。 アンジェス創業者の森下先生が、 「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」ではっきり述べている。 国から潤沢な資金が毎年出ていて、その蓄積がある。 そのための製造ラインが国防予算でずっと 維持されていて、今回もそれが生きた。 イギリスや中国も似たような事情だ。 そのため余計に時間がかかる。 15日の日経で、中国では軍が強力にバックアップしてワクチン開発に邁進して いるという記事があった。 4-5月にかけて、コロナの流行で、米空母は4隻とも 稼働不能に陥った。 フランス空母も同様だ。 つまり南・東シナ海で何か起きても、 駆けつけてくることのできる空母は1隻もなかった。 強いて言うなら、中国の 空母「遼寧」だけ。 これを中国が絶好のチャンスだと考えても何の不思議もない。 中国海軍は活動を活発化させて、尖閣諸島に侵入して日本の漁船を追い回し、 沖縄本島と宮古島の間を抜けて、太平洋に出る動きを繰り返している。 どうやら沖縄の米軍基地をターゲットにしている様子。 この状況を森下先生は、 「中国がいち早くワクチン開発を完成させたタイミングが最も危険だ」と同書で 指摘している。

次の

9501 東京電力ホールディングス(株) 2011年度の株価データ・株価データ、CSVダウンロード

株価 9501

無茶な売買推奨をする金融関係者の投資情報に従っても、安定的に大儲けする事は出来ない。 カモられて、お金を取られて、ついでに大損するだけ。 それよりも個人投資家の強みを、最大限に発揮するのが王道だろう。 年に1回程度、訪れる大チャンス期に投資するだけで、株価予想の数十倍の利益を得る事が可能だ。 東京電力で儲けるポイント• ギャンブルに近い株価予想情報を、信じてはいけない。 株価が高値園にある時に投資すると、想像を絶する損失を出す事になる。 長期的なトレンドを確認しながら、チャンスを待とう。 リスクを背負って資金を投じる時は、かならず損切りを考慮するべし。 バブル的な高値であり、決して投資してはならない。 (2015年10月11日更新) 東京電力の株価予想を信じても、儲からない 多くのプロ達と同じ土俵で勝負をする必要がある株式投資の世界では、金融関係者の提供する株価予想情報を信じたくなるものです。 ですが、それで本当に大儲けできるのでしょうか? 結論を述べると、そんなのは無理です。 むしろ個人投資家として強みを発揮して、勝負するべきでしょうね。 具体的に株価予想の内容を、精査してみる事にしましょう。 黒岩氏による下記5日間の株価予想も、見てみましょう。 更なる高値更新を期待して「買」推奨しています。 予想が当って 30万円の投資額で、利益は5万円です。 株価の上昇が急激すぎて、 ここから暴落したら壮絶な損失になるところでした。 本当に勝算が高かったのか疑問です。 行為そのものですからね。 このような株価予想を信じて売買を繰り返すと、を出す事になるでしょう。 多くの株価予想を見ていると、高値園で買推奨する事が本当に多いです。 損切りが出来ない投資初心者が手を出すと、大損する羽目になりかねません。 また業績が良いからと無茶な短期売買を推奨しがちです。 な相場の世界なのにです。 そもそも金融関係者はあなたの事を、お金を貢いでくれるカモの投資家と思っています。 そのような人から投資情報を得る事が、間違いです。 個人投資家の強みを最大に生かせば、年に1回の売買でも大きく儲ける事が可能です。 本当にチャンスがある時にだけ、資金を投入するべきです。 扱いやすい銘柄と戦略を活用すれば、意外と簡単なのです。 、のような投資戦略を参考にすると良いでしょう。 株価が高値園であり、投資すると大損する可能性が高い 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) 東京電力(9501) 上場市場 東証1部 業種 電気・ガス業 株価 839円 単元株数と最低購入単価 100株:8万3,900円 時価総額 1兆3,482億円 資本金 1兆4,009億円 発行済株式数 1億6,070万株 浮動株数 2,040万株 利益剰余金 1,525億円 有利子負債 6兆7,471億円 保有者比率 外国 11. では東京電力のチャートを具体的に見て、投資判断を考えてみましょう。 結論から述べると現状は高値園なので、絶対に投資しないです。 赤印エリアはバブル的な株価ですから、初心者が手をだすと、間違いなく大損する事になります。 長期的なトレンドを確認すると、上昇トレンドを形成している事には驚きです。 ですが株価が、高くなり過ぎています。 大儲けを狙うのであれば、青印付近まで下落した場合でしょう。 長期的な上昇が続く前提で、リスクを取るという事です。 リスクを取った際には、上昇トレンドが崩れる黄色印で損切りするべきですね。 なお上述したような投資スタンスで、2014年10月頃(300円)に投資して、半年後の2015年4月頃(500円)に売却したとしても、 30万円の投資額に対して20万円の利益となります。 年に1回訪れる大チャンス時にリスクを取る方が、株価予想に従うよりも大儲けできます。 ただし個別銘柄としてのリスクは、かなり高いと感じます。 長い年月に渡って原子力発電所の復興が必要で、いつ何時、何が起きる本当に分かりません。 仮にこのまま表面上の利益水準が回復してきて株価が上昇してきても、有事の際には下記のような暴落が一瞬で置きます。 個別銘柄のリスクを排除して、市場好調期に大儲けしたいのであれば、を活用する戦略もお勧めです。 不安が無い戦略と銘柄を利用すると良いでしょうね。 なお市場全体が停滞している時期には、多くの銘柄がクソ株化して儲けるのが難しくなります。 そのような時期には、を賢く活用すると利益につながります。 2015年11月時点で管理人がチェックした電気・ガス業 銘柄.

次の