ダンまち フレイヤ。 【ダンまちメモリアフレーゼ(ダンメモ)】リセマラやり方、ガチャ当たり一覧

ダンまちの恋愛・相関図まとめ!ベルは誰と結ばれる?アイズやリュー・春姫などヒロインたちとの関係・かわいいシーンまとめ!

ダンまち フレイヤ

どうも、 ぼっちです! 今回は、【 ゼウス・ヘ】について考察していこうと思います! 作中で、何度か名前は出ているものの、実態は明らかにされていません。 今回で、少しでも実態と実力に近づこうと思います! 注意事項 この記事は原作本編、外伝のネタバレを含みます。 原作未読の方やネタバレされたくないという方にはあまりオススメ出来ません。 ご了承ください。 amazon-adsystem. amazon-adsystem. 【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】の実力は!? 現在の最強ファミリア 現在、最強ファミリアとして君臨しているのは【 ロキ・ファミリア】【 ・ファ ミリア】の両ファミリアです。 しかし、最初からこの勢力図だったわけではありません! 【 ・ファミリア】の実態は、多くはわかりませんが【 ロキ・ファミリア】が頭 角を表したのは、それほど古い話ではありません。 【 ロキ・ファミリア】団長 フィン・ディムナの年齢は見かけによらず、40代というこ とが既に分かっています。 そして神 ロキの最初の眷属が フィンということもあり、 【ロキ・ファミリア】は約20 年前から30年前に誕生したことになります。 そこから勢力を拡大していくのには、 かなりの時間がかかると推測できるので、最強フ ァミリアの一角となったのは近年のことでしょう。 【ゼウス・ファミリア】【ヘ】は1000年前から最強! 【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】は地上に降り立った 1000年前から最 強のファミリアだったとされています。 さらに、 ベルのセリフで義祖父の ゼウスが英雄譚を話すとき、まるでその物語を見てき たかのように話してくれたと言っています。 つまり、過去の【 ゼウス・ファミリア】に は、英雄譚に登場するような、 多数の英雄が在籍していたのではないかと考えます! そんな英雄が所属していた【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】の底知れぬ強 さを感じます! 【ゼウス・ファミリア】【ヘ】の最盛期 最大の功績 原作開始時点から15年前が【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】の最盛期だ とされています。 (原作 5巻 ヘルメスの発言より) そして、【 三大依頼】のうち、【 】【 海の覇王リヴァイアサ ン】の2体の討伐に成功します。 古代に進出した強力なモンスターを討伐したというの戦歴が、両ファミリアの 実力がいかに優れているのか証明しています! としての実力 【 三大依頼】の2つを達成した功績ばかり目につきますが、ダンジョン攻略にお いても、優れた偉業を成し遂げています。 ダンジョン第58階層まで到達した最初のファミリアであり、攻略情報をギルドに提供 することで、【 ロキ・ファミリア】の第 59階層到達を間接的にサポートした形になり ました。 【 ゼウス・ファミリア】の攻略情報があり、7人の第一級とそれに匹敵 するレベルの 椿を持って挑んだ【 ロキ・ファミリア】ですら苦戦した階層を自らの実力 のみで踏破した ことが何よりの実力の証明だろう! 【ゼウス・ファミリア】【ヘ】の没落 【】に敗北!? 【 三大依頼】のうち、2体の討伐に成功した両ファミリア。 残る最後の【 三大依頼】を達成しようと、【 隻眼の竜】に戦いを挑むが敗北をし てしまう。 その敗北の結果、ファミリアの主力を失ってしまった・・・・。 最盛期の両ファミリアは、主力を失ってしまって、没落の道を進んでいくことになる。 【ロキ・ファミリア】【・ファミリア】との抗争 徐々に勢力を拡大してきた【 ロキ・ファミリア】【 ・ファミリア】。 そして、主力を失った【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】。 両勢力の力関係が逆転した中、抗争が始まってしまう。 その結果、 主力のいない【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】は敗れ、都市を 追放されてしまうことに・・・・。 【異端者(ゼノス)】の保護 16年前に保護していた? 他のモンスターとは違い、知性を有し、人と意思疎通ができるモンスターである【 異端者(ゼノ ス)】。 原作9巻から始まる、 ゼノスを中心に起こる事件に巻き込まれる ベルたちだったが、 【 異端者(ゼノス)】は16年前に【 ゼウス・ファミリア】が発見し 【 ギルド】と共に隠していた存在だった。 【 ゼウス・ファミリア】は、彼らの存在が下界に与える影響を考慮して、【 ギルド】と 共に隠した。 その【 異端者(ゼノス)】を取り巻く問題を義孫の ベルが解決したことに は、運命を感じますね!笑 【ゼウス・ファミリア】と【ギルド】 下界において、忌むべき存在であるモンスターでもある【 異端者(ゼノス)】。 しかし、【 ゼウス・ファミリア】は彼らを保護することを決める。 その決断は、都市の中枢機関たる【 ギルド】にとってはあってはならない事であり、普 通のファミリアであれば、却下され、他のファミリアに討伐ミッションが発令されただ ろう。 1000年もの間、【 オラリオ】、そして【 ギルド】に貢献し続けてきた【 ゼウ ス・ファミリア】だからこそ成し遂げられたものでしょう! 2つの組織の仲は、かなりの信頼で結ばれていたといえます! 【ゼウス・ファミリア】【ヘ】の戦力は? 【ゼウス・ファミリア】にLv7? 【 】で、 Lv7は オッタルを含めて2人存在すると発言していました。 言い換えれば、 Lv7は オッタル以外にもう1人いるということです。 都市最強ファミリアの一角である【 ロキ・ファミリア】【 ・ファミリア】に在 籍していないということは、 過去に最強ファミリアだった【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ 】に在籍していたと考えるのが妥当でしょう! 【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】ふたつのファミリアでより強いのは、 【 ゼウス・ファミリア】なのではないかと考えます。 (語られるときに、 ゼウスの方が 先に名前が出されていたり、 ゼウスの名前が出てくる回数が多いという理由です。 ) そう考えたとき、 Lv7は【 ゼウス・ファミリア】所属していたと考えるのが妥当では ないでしょうか。 両ファミリアの第一級 1000年前から最強のファミリアとして君臨していた両ファミリアは、レベルを上げ るノウハウや、としての経験を後輩に伝えることで効率的に組織を拡大してきた と思われます。 つまり、 第一級の数も他のファミリアとは段違いだったのでは? と考えます! 両ファミリアにそれぞれ15人以上は在籍していたと考えています。 特に【 ゼウス・ファミリア】は、 Lv7のが在籍していると推測しているので、 第一級が 20人ぐらい在籍していてもおかしくありませんね。 笑 ダンジョン攻略パー 両ファミリアともに、多くの第一級が所属しているので、 3パー以上でダ ンジョン攻略に臨んでいたのではないでしょうか? より効率的で安全な探索を行うために、 各パーに第一級がたくさん!みた いな状態だったかもしれませんね!( もしかしたらサポーターも第一級かも笑) 壊滅させられたところを攻められた理由 【 隻眼の竜】に壊滅寸前まで追いやられ、主力を失った【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】。 そんなタイミングを狙って、【 ロキ・ファミリア】【 ・ファミリア】は抗争を 仕掛けた。 なぜそのタイミングだったのか。 それは、そのタイミングでしか勝てないと判断したのでしょう。 主力を失ったとはいえ、 最強ファミリアとしてのノウハウは蓄積されていたと考えら れ、時間が経てば 新たな英雄が誕生すると予測し、多少の危険があってもチャンスは今 しかないと考えたのでしょう。 作戦は、 フィンが立てたのでしょう。 それを機に【 勇者(ブレイバー)】 として指揮官としての才により磨きがかかっていったのではないでしょうか。 まとめ 今回、考察したのは【 ゼウス・ファミリア】【 ヘ】の実態についてまとめてみました! 最強ファミリアの最盛期!って聞くだけでどれだけ強かったのか気になりますね! 古代のモンスターが地上に進出してから1000年以上経った15年前に、【 三大依頼】に挑む。 それまでの戦力では足りない、逆に今の戦力では倒せると考えたきっかけは、第一級の数が、かなりの数に到達したからだと考えられます。 これから原作が進んでいくにつれて、新たに明らかになっていくことに期待していきたいですね! 今回の考察に限らず、今までの考察もこれからの考察も上回ってくるだろう【 】を応援し続けていきます! リューさんみたいに、【 ゼウス】のスピンオフとかでないかな笑 他にも【】考察についてまとめているので、よければそちらも見てください! bo-cchi123.

次の

【ダンまちメモリアフレーゼ(ダンメモ)】リセマラやり方、ガチャ当たり一覧

ダンまち フレイヤ

注意 この項目ではのフレイヤについて説明します。 北欧神話においてはを参照。 概要 CV: 迷宮都市「オラリア」に置いてトップクラスの探索ファミリア【】の主神であり、容姿端麗な神々においても随一の美貌を持つ『美の女神』である。 『美の神』でも随一の美貌による『魅了』の効果は凄まじく、人間だけでなくモンスターにすらも影響を及ぼす。 彼女が率いる【フレイヤ・ファミリア】は、オラリア最強にして唯一の Lv. 7であるを筆頭にLv. 6の冒険者を多数抱えており、単純な戦力だけでも【】を凌駕する 最強のファミリアである。 普段は『バベル』の最上階に住んでおり、そこからオラリオを見下ろして人々を眺めている。 神物像 炎を模した扇情的なドレスを着こみ、陶磁器の様な肢体から『美の神』特有の色香を放つ。 自由気ままな性格をしており「風のよう」と眷属から譬えられることも。 物腰は柔らかだが自身の真意を全く明かす事は無く、暗躍に長けているですらも敵わない程の交渉術を持つ(不利な交渉材料を与えてしまったロキのではあるが)。 『美の神』と言われるだけに情熱的(ロキ曰く「色ボケ」)で、他のファミリアの子供を引き抜いたり、地上に降りている殆どの男性神とは関係を持っている。 その分他の女神からの受けも悪く、他のファミリア(特に【】)とのいざこざも絶えないが、フレイヤ本人は一切意に返そうとはしない。 ちなみに相手は 男でなくても良いらしい。 良くも悪くも我々の世界の神話に出てくるような女神らしい女神で、気に入ったからという理由で敗戦間近の王子に加勢し状況をひっくり返したり、愚かな理由で戦争をする国々を滅ぼすように仕向けたりと祝福や破滅を気紛れにもたらしている。 彼女の『魅了』は凄まじいもので、彼女が本気で魅了するとどんな人物でも傀儡と化し、それは眷属ですら抗えない。 「天界で待っててちょうだい?」とフレイヤが言うと、魅了された相手は全員その場で自害してしまう程。 ただし、誤解され易いが、フレイヤ自身は基本的に『魅了』を使わない(曰く「つまらないから」)。 つまり眷属達は彼女に『魅了』されたのではなく、 自分の意思でフレイヤに忠誠を誓っているのである。 フレイヤは自分の子供に対しては、慈悲深い女神なのだ。 幾つもの人間を見てきた彼女をして見た事がない魂(彼女曰く「透明」)を持つを気に入り、自身に相応しい英雄へと成長する事を望んでいる。 その執着心は他の神々から見ても異常と見られ、試練で彼が死ぬ事になれば今の立場を捨て、天上まで追いかけようとする程 何らかの理由で天界に戻されると二度と地上には降りれない制約も承知の上 で、その事からを除く眷属達は嫉妬心や敵意、憎悪を抱く事になっている(オッタルの方は、フレイヤとは別の形でベルが「英雄」として成長する事を望んでいる)。 一方、ベルが「英雄」になる事を望んでいるのはと同じであるものの、フレイヤが望んでいる「英雄」は、ヘルメスが暗躍して生み出そうとしている「神工の英雄」ではなく、むしろ彼が「必要ない」と否定していた神々も裏切る「 異端の英雄」であり、それこそが停滞を打ち破るのに必要な存在と確信している。 は 処女神だからかどうかは不明だが 彼女の事を苦手にしており避けようとしていることが多い。 女神の殆どからは受けが悪いものの、同じ「豊饒」を司るとは数少ない神友の間柄。 しかし、数百年前より距離を置くようになってしまい、その癖いつも退屈そうな表情をしていた事から、『』の『シークレット・ギャンブリング』ではそれに不満を思った彼女にある「仕返し」をされる事になっている。 ただし、フレイヤ本人は別にデメテルを煩わしく思っていた訳では無いらしく、会いたければ会いに来れば良いと言っていた(眷属達がフレイヤに会いに来たデメテルを門前払いで追い返していた)。 劇中の様相 【】の眷属であるベルを気に入り、序盤では彼が「英雄」として成長する事を望んで、裏で様々な『試練』を架しつつ、を通してやを届けたり、ロキから不正の疑惑を追及されていたベルの主神であるを庇ったりもしていた。 【】との抗争以降は、ヘルメスからの情報で、兼ねてより自身を潰す事を望んでいたが、ベルを狙っている事実を知った結果、【フレイヤ・ファミリア】を総動員させる形で自ら【イシュタル・ファミリア】の拠点である歓楽街へと出向いて攻め滅ぼし、自らの手でイシュタルに制裁を下し、彼女を天界への送還に追いやった。 なお、この際に副団長であるタンムズを匿っており、人造迷宮「クノッソス」の扉を開けるに必要な『鍵』であるダイダロス・オーブの一つを入手している。 その際、与えた多大な損害と科せられた莫大なペナルティに全く意に介さず、ベル1人のために躊躇なく起こした抗争に他の神々や冒険者達から畏怖を抱かれている。 また、同時に自身の行った行動が、結果的に【イシュタル・ファミリア】への報復を望んでいた【ロキ・ファミリア】の目的を妨害してしまう事になり、ロキからは恨まれてしまう事になっている。 なお、フレイヤ自身も、ヘルメスに踊らされた事については相当腹に据えかねている模様。 その後、ベルが達の件で、人々からの信頼を失墜させた際は、ヘルメスから今回の件の事情について事細かく説明された上で、不介入とダイダロス・オーブの提供を要求される。 異端児に関しては興味が無く、またヘルメスの事も信用していなかったが、ロキよりもヘルメスの方がベルに立ちはだかる「試練」として利用する価値があると見なし、ロキには渡さなかったダイダロス・オーブを提供している。 なおその際、退出していったヘルメスに対し、「全部わかったつもりでいて、(ベルに)足を掬われないようにね?」と皮肉めいた発言をしている。 騒動後、ベルがLv. 4になると表立って動きを見せる様になる(大半の神達が事情を知らず単純にこれほどの逸材を見逃すはずが無いと思われているのをいいことに)。 作中では二度目の神会で、ベルの新たな二つ名を決める際、 「美神の伴侶(ヴァナディース・オーズ)」と提案してヘスティアの怒りを買う。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ダンまち ファミリアクロニクル episodeフレイヤ アリィと8人の眷族

ダンまち フレイヤ

美の女神であり、神々の中でも随一の美貌を持っている。 これまでに多くの男性を魅了し、その効果はモンスターや神でも虜にしてしまうほど。 そんな女神がなぜベルをかまうのか? フレイヤがベルを見つけたのは 偶然視界に入っただけ。 一目見た瞬間に、かつて見たことが無いほど透き通った綺麗な魂の色を持っていることに気づき、ベルを気に入ったようです。 それから、ベルを自分のものとして相応しくさせるために、 現在は試練を与えて成長させようという目的で動いている。 当初のベルの評価は 「とても頼りなくて、少しのことで泣いてしまう、強くはない子」。 ロキ曰く、これまでにもフレイヤは気になった子供がいたら、周囲に迷惑がかかろうが関係なく問題を起こすとのこと。 実際にフレイヤがベルに対して起こした問題とは、 怪物際(モンスターフィリア)の時。 ロキと話している時に、ベルが走っていく姿を見かけて思いついた。 ガネーシャ・ファミリアがダンジョンから捕まえてきたモンスターを解放し、シルバーバックに対しては魅了してヘスティアを追いかけるように仕向けています。 この時のフレイヤは、ベルを殺す気だったような印象がありますね。 「しばらくは、あの子の成長を見守るつもりだったのに」と言っていました。 ダンまちのフレイヤさんに 「何が美の神だ、枯れろ性悪ババァ」とか言ったら殺されんのかな — ぐみさき。 ベルを冒険(成長)させるため、オッタルに指示をして普通のミノタウロスより強く仕上げた。 それをベルと戦わせるように仕向け、助けに行こうとしたアイズの邪魔をしています。 このベルの戦いを見て、フレイヤは更にベルに対する気持ちが強くなったように見える。 「美しい。 美しい光景」と興奮しながら顔を赤らめていましたね。 普段は冷静にしているが、ベルに関してだけは 異常な執着を見せている。 現状ではベル以外に興味はほとんどないのでしょうね。 その執着心は、 たとえベルが死んだとしても地位を捨ててでも天界に戻って魂を捕まえると言っています。 いずれは直接ベルを奪いに来るかもしれませんねw その時は、ベルがオッタルを倒す日でしょう! ただ、普通に考えればフレイヤは欲しいと思えば 「魅了」を使えば直ぐに自分のもの出来そうに思いますよね。 なぜフレイヤはベルを魅了せずに見守っているのでしょう? 実際、ベルのスキル 「憧憬一途」がある限りは魅了は効かないのですけど。 このスキルについては知らないはずなので、何か他に理由があるのかもですね。 綺麗な魂のままで成長させるため、ヘスティアに預けている感じなのでしょう。 そのため、 他の異性がベルと仲良くしていると嫉妬するようになっている。 この嫉妬により、あるファミリアがフレイヤにより壊滅されることに。 外伝のソード・オラトリアでは、ベルにアイズが特訓した時。 ベルにこれ以上関わらないようにと、ファミリアの団員を使って警告している。 フレイヤからすれば、自分の与える試練で成長させたいという気持ちが強かったのでしょう。 アイズからすれば、何のことか分からないですよね。 アニメ2期の1話でのダンスの時に、ベルとアイズがダンスをしていた時。 二人を見ながら 「ここにミノタウロスの群れを連れて来られないかしら」と表情を変えずに言っています。 明らかにアイズに対して嫉妬しているのが分かったので面白かったw その後、イシュタルがベルに手を出そうとする。 イシュタルは、フレイヤを陥れたいと考えており、 フレイヤが目を付けているというベルを標的にした。 なので、イシュタルはベルに対して好意が有るわけではなく、フレイヤから大事なものを奪うため、ベルを魅了します。 このことで、フレイヤは 自分のモノに手を出したということで怒る。 自身のファミリアの団員を連れて、歓楽街に行きイシュタルファミリアを壊滅させています。 これまでもイシュタルはフレイヤにちょっかいを出していたようですが、今回は許せなかったのでしょうw 「これに懲りたらもう悪戯はしないことね、イシュタル。 もう遅いかもしれないけれど。 本拠地は 「戦いの野(フォールクヴァング)」。 エンブレムは 戦乙女の側面像。 団員は、オラリオ最高の レベル7の冒険者のオッタル(猪人)が団長として在籍している。 いつも冷静で表情はほとんど変わらず、武人肌な性格で二つ名は 「猛者(おうじゃ)」。 フレイヤを侮辱する相手には容赦せず激しく激昂するようです。 その強さは、ロキ・ファミリアの中核メンバーが全力で挑んで、ようやく互角の戦いとのこと。 フレイヤの寵愛を受けるベルに対して嫉妬せず、フレイヤの意志を尊重して尽くしています。 アレンは 副団長で、ステイタスはレベル6の猫人の男性。 豊穣の女主人で働いている アーニャとは兄妹ですが、現在は絶縁とのこと。 オラリオにいる全冒険者の中で最も脚が速いことで有名。 ミアは、現在「豊穣の女主人」の主人で、ステイタスはレベル6。 元団長で、現在は半引退状態ですがフレイヤ・ファミリアに籍は残っている。 現役時代はオッタルと並ぶ実力を持つドワーフで、二つ名は 「小巨人(デミ・ユミル)」。 ドワーフは慎重が低い印象がありますが、ミアは例外のようですね。 最後に 【ダンまち -クロス・イストリア-】 ダンまち X. ベルを偶然見かけて一目惚れのような感じで気に入った。 そこから、色々と ちょっかい(試練)を与えてベルを成長させようとする。 異常なほど執着しているが、これまで表立った行動はせずにいましたが、イシュタルの時は怒ってしまい動きましたねw ということは、アポロンがもし戦争遊戯に勝っていたら、フレイヤが動いたかもしれませんね! ファミリアに関しては、ロキ・ファミリアよりも強い戦力を持っている。 レベル7のオッタルの強さはオラリオ最強で、レベル6が数人で挑んでもようやく互角とのこと。 ソード・オラトリアを見てロキ・ファミリアも相当強いと思いましたが、フレイヤ・ファミリアはもっと強いということで 戦闘を見てみたいですねw フレイヤがアニメでもっと登場して欲しいなと思います!.

次の