生き て て ご メンヘラ。 生きづらい人はメンヘラなのか。|ひらぴす|note

キュウソネコカミ メンヘラちゃん 歌詞

生き て て ご メンヘラ

解説 メンヘラ男の厚かましい発言集 とにかくワガママでケンカは絶えず、時には暴力まで振るうメンヘラ男がよく言う口癖についてまとめてみました。 メンヘラ男がいかに危険で関わってはいけない存在なのかを伝えるために作成した記事です。 メンヘラ男とつき合ってみたいと考えている人の気持ちを少しでも弱まらせることができたなら、この記事の目的はクリアです。 恐ろしい末路まで導くメンヘラ男には少しの価値もありません。 「メンヘラは地雷」という表現は非常に的を得ています。 口癖・セリフ 「愛しているのか信用できない。 」 メンヘラ男の定期的に訪れる精神不安定が原因で、付き合っている彼女に何かと試練を与えてきます。 「今すぐセックスさせろ」、「俺のどこが好きか10個言え」、「ここから飛び降りろ」など、ムチャな要求を強要してきます。 仮にこの試練を乗り越えたとしても、ひと月も経てば再びぶり返します。 自分のことを好きでいてくれるか不安で不安で仕方なく、別の試練を与えてきます。 自分のことが好きなのかを確認するために、試し行為をするメンヘラ男ならではの発言です。 「なんで俺の言うこと聞けないの?逆らうなら罰を与えないとな」 とにかくわがまま王子なので、自分の要求は絶対。 付き合ってる彼女はただの奴隷。 罰と称して殴ったり蹴ったりするのは、愛の裏返しと言い訳して自分の暴力行為を正当化させます。 感情任せに暴力をふるったり、大声出して罵声を浴びせた後は、彼女に別れさせないためのケアの時間。 「さっきはごめんな。 あれはお前のためを思ってのことなんだ。 俺お前がいないとダメなんだよ。 こんなダメな俺を許して…。 ほんとごめん…。 」 これで許してしまえば、永久に暴力と束縛は続きます。 「俺以外の男と話なんかすんなよ。 ツイッターもフェイスブックも禁止だから。 」 メンヘラ男はとにかく嫉妬が強く、感情のままに吐き出すので束縛が非常に強い。 自分は何してもいいのに、彼女に対してはNGのオンパレード。 理由は「おまえが心配だから。 」、「お前が俺を怒らせるから」 携帯の履歴チェックはもちろん、登録アドレスを管理されたり、あげくには携帯を壊されたりなど監視と暴力で束縛を行使します。 やりすぎの嫉妬は愛でもなんでもありません。 「男と遊んできて楽しかった?俺の気持ちも知らないでよくそんなことできるね。 」 帰宅時間が普段よりほんの数分遅れただけで、猜疑心全開モード。 自分のイライラを晴らすために彼女に説教。 ネチネチと気が済むまで彼女を責め続けます。 ついでにこれまで不満に思っていたことも言い吐くので、メンヘラ男はスッキリ。 しかし説教を彼女が聞き流していると感じたら、時折暴力も加えてきます。 恐怖で支配することで、自分の存在は絶対であることを認識させます。 「俺のこと愛しているならゴムなんかつけなくてもいいよね?つかピル飲んでよ」 とにかく自分の快感には妥協できないので避妊はしない。 むしろ彼女にピルを飲ませたいとさえ考えています。 相手に負担をかけるのは当たり前。 それなのに、万が一子供ができたとしても責任は一切取らない。 子供ができた時の反応は、彼女が自分から「堕ろしてくるね。 」と言いだすのを待つか、「ムリムリムリ。 そんなのできるわけないじゃん。 」とキッパリ断るかのどちらか。 取り返しのつかないところまでメンヘラ男とつき合ってしまった末路です。 「俺おまえのためにいっぱいしてあげてきたじゃん。 なんでそんなこと言うの?」 彼女からの好意はほとんど覚えていないのに、自分が彼女に対してしたことはほんの細かなことでも忘れない。 ケンカが絶えないのは、メンヘラ男は自分の意見をどうしても押し通したいから。 だから恩は着せておかないといけないと考えています。 「おまえのために」、「こんなに愛してるのに」、「おまえは特別」などと口八丁に説得することばかり一生懸命です。 俺のことをお願いわかって、という気持ちしかメンヘラ男の頭にはありません。 相手の意見を聞き入れる心の余裕はないのです。 「なんで俺の気持ちがわからない?俺はこんなにお前を愛してるのに」 とにかく自分の理解者を求めるメンヘラ男は、一番身近な存在である彼女に自分の願望通りの人間にさせたがります。 自分の求める返事だけをして、自分の求めることだけをしてほしい。 それが無茶苦茶ハードルの高い要望だということも知らず、激情に身を任せて短絡的に暴力で調教しようとします。 「なんで俺の気持ちがわからない?」という言葉は「なんで俺の求める返事ができない?」を意味します。 メンヘラからの洗脳から脱却するには逃げるしかありません。 「俺がきつく言うのはお前のためを思ってのことだよ。 他のやつにはやらない。 」 自分にとって彼女は特別な存在であることをほのめかすことで、共依存を図ります。 しかし実のところは過去つき合っていた彼女にも、同じことを言っていたりします。 嘘と言い訳が上手なメンヘラにとってはただの定型句の一つに過ぎません。 メンヘラ男の言うことはアテにするな、これが結論です。 「ほら見て、俺いっぱいつらい思いしてきたんだ。 おまえならわかってくれるはず。 」 自傷痕や飲んでいる精神薬などを自慢するかのように見せつけ、慰めの言葉を期待します。 優しい言葉やハグなど、期待通りの慰めをしなかった場合は「つらい、またリスカしたくなってきちゃった。 」などと言って脅迫します。 今後も定期的にリスカや精神薬の話をしてきては、慰めの言葉を待ちます。 そして慰めなければ、怒り狂う。 悲しみ狂う。 メンヘラ男とつき合うということは、定期的なケア(強)を行わないといけないことを意味します。 「おまえとなら死ねる。 生きてるのつらいから一緒に死んでくれない?」 メンヘラ男はやたらと死に関する話題をしたがります。 周りから認めてもらえない、自分には中身がないことを目をそらしつつも半ば認めているので、現実逃避の最期の逃げ道は「死」と考えています。 なので死ぬことをよくほのめかします。 しかし具体的な死ぬ手段や段取りまで考えることはしません。 考えたとしても実行することはない。 ただ死に関する妄想にふけっていたいだけで、「一緒に死んでほしい」という言葉は「いいよ。 」と肯定の言葉を期待しているだけに過ぎません。 いちいちメンヘラ男の言うことを気にすると、疲労とストレスしか残らないのでなるべく近寄らないのが賢明としか言いようがありません。 「頼む、お前がいないとダメなんだ。 行くっていうなら死ぬから。 」 ケンカをして本当に別れるかもしれない、と危機感を抱いたメンヘラ男は豹変したかのように優しい言葉をかけ続けるようになります。 「セックスできなくなる」、「話し相手がいなくなる」、「世間体を失う」、「金の工面ができなくなる」、など愛とは何も関係ない実害のリスクを恐れ、メンヘラ男は全力で引き止めます。 それでも帰ってこないと感じたら、自分の命を人質にします。 「お前がいないと生きていけない。 」と言い、振り向いてくれることを期待します。 ここで引き返してしまうと元通り。 元の関係に戻ったら、メンヘラも以前よりは慎重に接するようにはなるので、多少はマシになるかもしれませんが、メンヘラという性質自体は絶対に治りません。 今後も暴力任せのケンカの絶えない日々が続いていきます。

次の

マイメロ好きはメンヘラ?元メンヘラによるマイメロとメンヘラの考察|幸せな恋愛を手に入れる方法

生き て て ご メンヘラ

男性に敬遠される女性にはいくつかタイプがあります。 いわゆるメンヘラ女もその一つ、いくら可愛くて綺麗でも、男性にとっては絶対に避けて通りたい女性の代表です。 いわゆる精神状態がメンヘラに相当するならともかく、本当はそうでないのに、もしかしてメンヘラ女なのでは?と思われてしまうだけで、恋愛関係はうまくいかなくなります。 男性はとにかく面倒な女性を嫌います。 いわゆるメンヘラといわれる精神状態を持つ人は、自分を中心とした世界観を持っていて、彼氏はそれに付き合って当然と考えます。 メンヘラ系女子と思われないようにするには、自己愛的な言動を控え、節度をもって相手と付き合うことが必要です。 メンヘラ系といわれる女性の典型的な特徴や行動パターン、そしてどうしたらメンヘラ系と思われないように出来るかなどについてのポイントをまとめてみました。 相手の行動を執拗にチェックする 相手の行動を異常に細かくチェックすることが好きで、あたかもストーカーのように、相手のツイッターやフェイスブックなどをのぞき、細かく相手の日常を観察しています。 恋愛をしているときには、相手が今日一日どのように過ごしたかということはもちろん気になります。 しかしそれはあくまでも相手に尋ねれば済むこと。 男性に気持ち悪い、重いと感じさせる女性とは、自分の一挙手一投足を細かくチェックする、しかも自分の知らないところでチェックしている女性。 相手の行動のすべてを知りたいという理不尽な思いは、メンヘラな女性の特徴の最たるものです。 相手の交際範囲を限定しようとする メンヘラ女性は、彼氏が自分以外の人と話したり、一緒に過ごすことを嫌います。 とくに女性の友達に対しては鋭く反応し、彼の周囲から遠ざけようと画策することがあります。 彼女が可愛く嫉妬してくれるというのは、男性にとってはむしろ好ましいことではあります。 しかし単なる可愛い嫉妬とメンヘラ女性の口出しには決定的な違いがあります。 それはメンヘラな人には異常な思い込みがありこと。 メンヘラ気味の人は自分が信じていること以外は信用しようとしませんので、否定すればするほど何か怪しいと感じ、最悪の場合彼氏に関わる女性すべてを排除しようとします。 仕事中や深夜でも連絡してくる 相手の都合が頭に入ってこないので、自分の好きな時間に電話したり、メールを入れてきたりします。 こんな時間に何事か、と思って話を聞いてみると、まったく他愛のない話やくだらない愚痴などで、なぜこんな時間に電話してくるのか、常識のある人にはまったく理解できません。 メンヘラ女性は自分の問題や悩みをいとも簡単に人に押し付けることが出来ます。 これを言ったら相手が引いてしまう、こんなことをしたら相手に不愉快な思いをさせる、ということにまったく思い当たらないのが、メンヘラ女の特徴です。 相手の都合が理解できない メールに対してすぐに返事が来ないとイライラしてしまい、怒涛のようなメールが送られてくることがあります。 相手のペースに合わせてメールや電話をするということが出来ないため、仕事がとくに忙しいとき、手が離せない用事があるときに限って、しつこく電話をかけてくることも。 メンヘラっぽい性向の人は何事も自分中心にしか考えられません。 客観的な視点に欠けますので、自分にとっての緊急事態に相手が対応してくれないと、世界が終局するかのような態度を取ることもあります。 常識がない 一般常識をまったく無視することが多く、話しかけられないのに自分のことばかり話したり、自分中心の話題に振ろうとします。 社会人としての最低限の常識を持ち合わせていないため、周囲の人から常識のない人として扱われていますが、本人には自覚がないことが多く、指摘されても直す気がない場合がほとんどです。 メンヘラっぽい言動を取る自分のことを「かっこいい」と思っている場合もあり、わざと常識を無視した行動を取る傾向があります。 自分の病歴を話すことが好き 鬱状態にある自分のことを事細かに説明するのが好きな人がいます。 実際にメンヘラな状態にある人ならともかく、メンヘラな状態を装うことにより、異性の興味や注目を惹くことに執着している人もいますので注意が必要です。 このタイプの女性は、相手の関心を自分に引きつけておくために、ことさら自分が特別だということを話したがります。 自分の今の症状や過去の病歴など、病気や精神状態について話題にしたがる人を相手にするのは生易しいことではありません。 相手の話を素直に受け取らない 今日は会えないという日にわざわざ家に来たり、電話やメールをしてくる人がいたら、メンヘラ女です。 メンヘラ傾向のある人は相手に拒絶させることを受け入れられません。 デートの誘いを断られた、忙しいと相手にしてくれない、電話に出ないなどの行為は、メンヘラな人の神経を逆なでします。 普通の人なら今日は忙しいから会えないと言われると素直に納得するものですが、メンヘラ傾向のある人は絶対に納得できずに、逆に何か隠し事があるのでは、と疑います。 感情の起伏が異常に大きい 喜怒哀楽の感情の起伏が異常に大きい場合にも、メンヘラ女の可能性があります。 公共の場でいきなり感情を爆発させたり、いきなり泣き出したりする女性には要注意、周囲の目が気にならない人は常識では考えられない行動を取ることがあります。 感情の波がローラーコースターのように上がったり下がったりするため、本人以外の人には今どんな気分でいるのか、まったく予測することが出来ません。 自虐的な態度を取る 投げやりな態度を常習的に行う以外に、気分が優れないと自虐的な態度を取ることもあります。 自虐的な態度を取るのは、相手に自分のことを気遣ってもらいたいというシグナル。 自分がいかに大変か、いかに可哀想かをアピールすることにより、相手から最大限の愛情や心遣いを引き出そうとします。 自虐的な態度を取っているところを相手に見せることにより、相手との絆を深めようとします。 友達が少ない メンヘラ女は同性の友達とも上手に付き合うことが出来ません。 対人関係をうまく運ぼうという気がないため、相手の気持ちに配慮した言動が出来ずに、友達を無くすことが多いのが特徴です。 普通の場合ならば、職場の同僚や同級生の中に仲の良い友達がいそうなものですが、メンヘラ系の女性には友達らしき友達がなかなか出来ません。 メンヘラ系の女性は自分と似たようなタイプの友達を好みます。 相手の気持ちを勝手に推測する 勝手な推測をするのもメンヘラ女の特徴です。 相手が自分に対して抱いている気持ちを勝手に想像し、どんどん話を膨らませていきます。 自分で想像しているだけならまだしも、周囲の人に対して彼がどんなに自分のことを思っているかなどを吹聴します。 自分の気持ちに相手が応えないこともありえる、これが理解できません。 言葉遣いが不自然 メンヘラ女は、不自然な言葉遣いや意味不明な言いまわしをします。 自分の精神状態を説明する独自のフレーズを持っていたりすると、メンヘラ度は高くなります。 自分のことを普通に「私」と呼べない人はそれだけでちょっと痛い系と思われかねません。 自分の可愛さや特別な感じを表現しようとして、普通の人が使わないような言葉遣いをするのが、メンヘラ系の話し方の特徴です。 ファッションが奇抜 メンヘラ女にはいろいろなタイプがいますが、その中の一つに奇抜なファシッョンを好むタイプがあります。 ファッションだけでメンヘラ系かどうか完全に見極めることは出来ませんが、判断基準の一つにはなります。 面倒な女性を嫌う男性は、奇抜なファッションをする女性を避けて通ることが多いので、とくに理由がない限り、年齢にそぐわない服装やキャラクターの小物をたくさん身に付けるのはやめておくのが賢明です。 ネガティブな発言が多い 自傷行為には至らないものの、自分のことをわざと傷つけるような言葉や態度を示すことがあるのも特徴。 実際に精神的な問題を抱えていないにも関わらず、メンヘラっぽい言動を行う人の場合は、わざと自分のことを否定することにより、相手から慰められたい、自分のことを肯定されたいという欲求を満たそうとします。 勝手な決まりを作る 彼氏を他の女性に取られるのでは、という不安感を抱えているため、相手の行動や交際範囲を束縛しようとします。 これに加えて、自分で勝手に発令した決まりに相手を従わせようとします。 たとえば決まった時間に必ず電話やメールを入れることや、自分以外の異性のことを下の名前で呼んではいけないなど、自分勝手な決まりに従うことを要求します。 体調が不調なことが多い どことなくいつも不健康そうで、あたかも栄養不良のようなおもむきがあるのも、メンヘラ女の特徴の一つです。 メンヘラ系の女は健康的ということに意味を見出しませんので、生活習慣や食生活が乱れていることが多く、同じものを延々と食べていたり、明らかに体に悪い食べ物や飲み物を好むことがあります。 食事の時間が不規則だったり、何か一つの食べ物に執着したりもします。 本当に精神的な問題がある人の場合 いわゆる痛い系、メンヘラ女と呼ばれる人とは別に、本当の意味で精神的な問題を抱えている人の中には、実際に「自傷行為」に至る場合があります。 自虐的な言動を行ってしまう原因は、精神的な苦痛を抱えていることにあります。 精神的な苦痛が耐えきれなほど大きく、他に逃げ場がない場合に、身体に傷を付けることにより、精神的な苦痛を和らげるメカニズムがはたらきます。 自傷行為はそのまま見過ごすと、さらに危険な状態になり、リストカットといった自殺行為へ至る場合もあります。 いわゆるメンヘラ女と呼ばれる人と違い、精神的な疾病を抱える人には専門知識を備えたスペシャリストのサポートが必要です。 メンヘラ系と思われても損をするだけ? よほどキャラクターの立った人以外、普通と違うことをアピールしても、周囲に与える印象は良くなりません。 不健康そう、奇抜すぎる、常識がない、突飛すぎる、などの特性は、これらを補ってあまりある魅力や才能、業績があってはじめてプラス方向にはたらくもの。 一般の社会人で周囲の人から好印象をもってもらうには、一人前の社会人として常識ある言動を取るしかありません。 メンタル系は異性から避けられる メンタル女性と付き合うのはとにかく面倒です。 仕事中でもお構いなく電話してきたり、相手の都合に頓着しないメンタル系の人は、男性にとっては重い存在、よほどのことがない限り自分から好んでメンタル系の女性にアプローチするという人はいないでしょう。 恋愛関係をうまく運びたいのであれば、自己愛的な言動を慎むようにしましょう。 メンタル系は同性からも避けられる 対人関係は何も異性間に限ったものではありません。 感情の起伏が激しかったり、ネガティブな発言が多いメンタル系の女性は、同性からも避けられる傾向にあります。 自分と同じようなタイプの人だけで閉鎖的なグループを作っていると、ここから抜け出すことがさらに困難になります。 人に好かれるには、ネガティブ思考をやめ、自分のありのままを受け入れることから始めましょう。 メンヘラ女性の功罪 メンヘラ女性は男性にとっての困惑の種。 最初は可愛く感じられていた奇矯な振舞いも、あまりに度が過ぎてくると、もしかしてメンヘラなのでは?と疑われ、最後には別れを切り出されることに。 自分では態度が少し我がままなだけと思っていても、彼氏からすると十分メンヘラ系ということもありえます。 メンヘラ系女性の汚名を返上するには、自分の言動に責任を持ち、常識のある大人の女性としての魅力を備えるようにしましょう。 まとめ メンヘラ女性の特徴や行動等をまとめました。 この中に思い当たるポイントがある方は、気をつけましょう。 一つ、二つならまだしも、複数の項目に思い当たる方は、もうすでにメンヘラ系の特徴を立派に備えているといえるでしょう。 メンヘラ女と呼ばれ、男性に避けられる運命を回避するには、自分の行動を振り返り、直せるところから直していくしかありません。 彼氏に重いと思われたい人はいないはずです。 面倒、重い、痛いといった負のイメージを与える言動に注意、即刻やめるようにしましょう!.

次の

親の愛情不足や毒親の影響でメンヘラ化した人の日常と人生

生き て て ご メンヘラ

わたしもメンヘラだったころは、相当周りからうざがられていたと思います。 まず、同性の女の子の友達はすごく少なかったです。 最初仲良くなれても、次第にどんどん離れられていくというか・・・ 唯一小学生から仲良しだった子がいたのですが、それも高校生のころ、「あんた、わたしがいなかったら何もできないくせに!」と言ってブチ切れられました。 自分でも若干うざい性格なのかなとは思っているんですが、それが悪気があったりするわけじゃないんですよね。 わたしのメンヘラは医学的な治療でほぼ完治しましたが、メンヘラが酷かったピークの時期、やらかしたメンヘラ特有のうざい行動をまとめます。 スポンサーリンク 自分が生きている価値を問う メンヘラ特有の、「わたしなんて生きてる価値ない!ねえ、そう思うでしょ!?」ということを、とにかく彼氏や構ってくれる男性には言っていました。 「そんなことないよ」と否定されることが嬉しくて、そう言ってくれると自分には価値があるように思えるんです。 それでもすぐに不安になってしまうし、顔や声が嘘っぽいと気が付くので、何度も何度も同じことを繰り替えし聞きます。 普通に考えて、こんな話をするのはすごく重いですよね。 しかし、メンヘラと付き合っていくには避けては通れない会話です。 夜中の電話は当たり前 相手が確実に寝ていると分かっている時間でも、メンヘラには関係ありません。 夜中の2時だろうが3時だろうが、当然のごとく怒涛の電話攻撃をしてきます。 メンヘラは昼夜が逆転していたり、不眠症の場合が多いので、深夜は逆に活発な時間帯なんですよね。 出るまでかけ続けるので、夜中に着信が3桁になるなんてこともザラです。 うざいというか、ドン引きする行動ですねw 当時彼氏は何人かいましたが、最初は電話に出てくれるんですが、途中から無視するようになるんですよね。 で、次の日にあうと、「あなたのせいで手がこんなになったよ?」と言って彼を精神的に追い詰めていました。 とにかく注目されたい メンヘラは悪い意味で注目されることもありますが、大抵は大人しいので良い意味で注目されることはありません。 勉強ができて褒められたり、リーダーシップがある女性がみんなから好かれたり、本当はそういう女性を羨ましく思っています。 でも、メンヘラ中は羨ましいという感情が嫉妬に変わり、とにかく健全で健康な女性のことは嫌いでした。 自分には絶対にない要素で、そんな風に良い意味で注目されることはないと分かっていたからです。 しかし注目されたいという自己顕示欲は、メンヘラは人一倍持っています。 そして、そんな自分が注目されるようにするにはどうしたらいいかというと、放っておけないような行動をすることです。 誰だって弱い人のことは保護したり、優しくしたりしますよね。 そんな人間としての善な部分を利用して、メンヘラは自分のことを注目させようとします。 スポンサーリンク ターゲットを見つけるのが上手い メンヘラは全ての人においてメンヘラかというと、実はそうではありません。 少し変な人だな。 と思われていても、同性の前などではそれほどおかしな行動をするわけではありません。 というのも、女性の同性はメンヘラに構ってくれないんですよね。 「あいつめっちゃうざい」と思われるだけで、保護も構ってもくれないので、同性はとりあえず最初からターゲットにしません。 メンヘラが狙うのは、やはり異性の男性です。 男性でもほとんどはおかしな行動をする女性は恋愛対象外ですが、7人に1人くらい、メンヘラが好き。 興味があるような男性が見つかるんですね。 メンヘラはその嗅覚から、本能的に構ってくれる男性を見つけ出します。 そのため、とくに彼氏の前ではめちゃくちゃうざいです。 電話とメールは常にしていないと落ち着かない。 「怒ってるの?」といちいち聞く 自分の話ばかりで彼氏の話はまったく聞かない 話題をそらすと怒る こんな自己中なことをされたら、誰だって嫌になりますよね。 とにかく構ってくれる人に粘着する メンヘラと一度親密な関係をもつと、そこからは強力な接着剤のように粘着します。 とにかく四六時中彼氏の行動は監視しますし、束縛し、行動も制限させようとします。 彼氏がいうことを聞いてくれないと、「わたしがどうなってもいいの?」と脅してきます。 とくにすぐに同棲をしたがりますね。 わたしも付き合った彼氏とはすぐに強制的に同棲していましたが、メンヘラが一度家に転がり込むと厄介です。 別れるのが非常に面倒で、ときに命の危機にさらされます。 もはやこうなってくると、うざいというより危険のほうが大きいですね。 スポンサーリンク - , , , , , , ,• 人気ランキングトップ10• 最近のコメント• カテゴリー• 146• アーカイブ• メタ情報• 最近の投稿• NEW POST.

次の