デビィ スカルノ。 デヴィ夫人 若い頃はコールガールって本当?!孫,キランが現在イケメンすぎ!

デヴィ夫人の若い頃はコールガール?東洋の真珠の資産と家族は

デビィ スカルノ

6月20日のスマップの中居正広が司会をやっている TBSの「金曜日のスマたちへ」で特集されていたのは デビィ夫人です。 デビィ夫人のプロフィール デヴィ・スカルノ 1940年(昭和15年)2月6日生まれ 日本生まれ、インドネシア国籍。 インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人 本名・インドネシア名 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ 日本名:根本 七保子(ねもと なおこ) 一人娘・カリナは、 オランダでアメリカのシティバンクの 欧州・中近東・アフリカ地区CEO フレデリック・シーガスさんと結婚。 孫は、イケメンのキランくん 先日も、TBSの番組の中で、 「デビィ夫人が自分に悪口を言った一般人をたたいた!」 として、話題になりました。 しばらくはテレビには出られないのかと思ったら、 昨日は特集を組まれていたのです。 同じ、TBSなのに…。 なにか、裏の事情があったのでしょうか? とにかく、デビィ夫人は芸能界では 欠かせない人物になっています。 叶姉妹もセレブで有名ですが、 デビィ夫人はさらに上をいっています。 デビィ夫人には、カリナという47歳の娘がいます。 結婚をして、孫の男の子が生まれました。 キラン君です。 昨日、放送された番組の中でも紹介されていましたが、 まだ幼いのに、超・イケメン! どんな大人になるのでしょう。 若かった時のデビィ夫人の写真も紹介されましたが、 本当に美女です。 オリエンタルな美女で、 あれだったら男性がメロメロになるのも分かります。 「コパカバーナ」というクラブで ホステスをしていましたが、 彼女目当てに政財界・芸能界の大物が通ってきた! というのは本当かもしれません。 実際には、家も貧しくてお母さんは足が悪くて、 生活のために稼がなくてはならなかったそうです。 時代かな…。 戦後間もない時期ですから。 今は、「オリエンタル・ビューティー」とか言って、 日本や東洋の美のことが注目されていますが、 当時はまだまだ東洋人への偏見や差別はあったでしょう。 デビィ夫人ではアメリカでも傷害事件を起こして、 収監されていたことがあったらしいです。 悪口を言われて、シャンパングラスで女性を殴ったとか…。 何年たっても、同じような行動をとってしまうものですね。

次の

デヴィ夫人が語る「スカルノ大統領との秘話」に「捏造すげー」の声

デビィ スカルノ

デビさんは、かのスカルノとの出会いについて TV番組での会話中に 私がホテルのロビーで(英字)新聞を読んでいたら、ちょうど偶然スカルノが通りかかった・・ とか言ってるのを遠い昔に見たように思います。 信じる信じないは各人の自由だとすれば、信じません。 では2人はどのように出会いましたか? あと デビ(ねもとなおこ さん)が、高級クラブに勤めていて、ある晩に来日中のスカルノ御一行様が客として訪れたという説もあります。 とすればそのお店の名前も知りたいですね。 当時有名店といえば、ラテンクオーターとかミカドとか・・・いや、そんな大きな店ではなくて、こじんまりした所ですかね。 出会いかた と (もしそうだとすれば)クラブ名 考えてみると貴重なひとですねデビさんは。 現代史の生き証人ですからね。 宜しくお願いします。 >デビとスカルノの出会いの真相 本件に就きましては、私も若い頃より関心が有りまして、その昔インドネシア駐在員のバイブルと呼ばれた、深田祐介氏著「神鷲(ガルーダ)商人」よりの引用、或いは20数年前8000人程度しかいなかった、ジャカルタ駐在員からの伝聞、その他文献を総合して、以下少々長くなる事を御容赦願い、私なりに理解するところを述べます。 そもそもデヴィ婦人とスカルノ元大統領の出会いに関しては、著名政治家その他が深く関与した関係上、真相を糊塗しようとする政治的意図が働いた事、次いでデヴィ婦人御本人の、現在のステイタスを鑑みた思い出に対する美化、更には当事者の多くが故人となられ、事実関係が風化しつつある事に起因して、それはもう諸説有りますが、やはり赤坂のナイト・クラブ「コパカバーナ」での出会いというのが、最も真相に近いのではないか、個人的にはそう考えます。 もっとも彼女が当店の専属歌手であったか、或いはホステスであったかは不明ですが・・。 その際お二人が偶然に出会い、元大統領が見初めたという風聞に関しては、まあ眉に唾を塗りたくなります。 というのも、当時日本政府がインドネシア政府に対して供与した或いはその予定であった、戦時倍賞を我が国で受注する所謂紐付き円借款の利権を巡って、多くの政治家・商社・右翼が蠢いており、スカルノ元大統領に対して、ある種のサービス競争を行っていたという経緯がある為。 当初木下産商(その後三井物産に吸収される)ー岸信介ラインが一歩リードしておりましたが、そこに喰い込もうとした後発商社の東日貿易は、なりふり構わずスカルノ元大統領個人を狙い撃ちにした、その際に人身御供(言葉は悪いのですが)とされたのが、当時10代後半であった根本七保子さん(後のデヴィ婦人)、そういう構図であろうかと思われます。 何しろ東日貿易・伊藤忠商事連合軍のバックには、大野伴睦・河野一郎そしてフィクサー児玉誉志夫という名だたる大物が控えていた、つまりは木下産商 VS 東日貿易・伊藤忠商事JVという構図。 即ち我が国の政治家・商社・右翼が複雑に絡み合い、更には戦後の伊藤忠商事で重きを成していた、元帝国陸軍参謀の瀬島龍三氏を、西イリアン侵攻作戦の立案で利用したいとするインドネシア側の思惑すら加味されて、そこに若い日本女性の意志が介在する余地は殆んど無かった、そう考える次第。 以上結論として、お二人の出会いは赤坂のナイト・クラブ「コパカバーナ」、しかも偶然に出会ったのでも何でもなく、最初からその目的で引き合わされた、そう考えるのが合理的な推論であろうかと思われます。 しかし回答者様のせいで、また書棚から探して読みたいなとの気持ちが湧き上がってきました。 探すのが大変ですが(笑)。 前半の(出だしに登場する)商社は現在の双日に繋がるのかなと思っていましたが、回答を読むと三井ですか?一度あの本を読み返さないと・・・。 確かに昭和の雰囲気濃厚で特に上巻はわくわくしますね。 コパカバーナは往時を代表する社交場でしたね。 旧き良き?時代が蘇ります。 スカルノの最後・・・そしてあれほど権力をほしいままにしたスハルトも・・・・。 あの小説を探し、再読します。 文庫版すら絶版になってますから、買えません。 有り難うございました!

次の

デヴィ夫人が語る「スカルノ大統領との秘話」に「捏造すげー」の声

デビィ スカルノ

カリナ・サリ・デヴィ・スカルノの旦那フリッツ・フレデリック・ゼーガース フリッツ・フレデリック・ゼーガースFrits Frederik Seegers オランダ出身 1959年生まれのようです。 出身学校:デルフト工科大学、シカゴ大学 1989年ドイツのシティグループに入社 日本のディビジョン・エグゼクティブについていたことがあるそうです。 2001年から2004年まで、シティバンクグループのアジア太平洋地域向け個人向け銀行業務部門の最高責任者。 2005年12月2日にカリナと結婚します。 式は、ロンドン、バリ、東京で行われました。 2006年にシティグループからイギリスのバークレイズ銀行に入社 2006年時点で、入社にあたり3年間で、850万ポンドの現金および株式報奨金を支払うと発表しています。 ゼーガース氏は、基本報酬として70万ポンド、2006年のボーナスとして1. 6百万ポンドを獲得し、さらにパフォーマンス関連のボーナスとしてさらに100万ポンドを獲得する予定です。 桁違いで、計算が・・・ 2009年、ゼーガース氏は、バークレイズを辞任したようですが、その後はわかりません。 働かなくとも十分蓄えができて、リタイアしているかもしれません。 カリナ・サリ・デヴィ・スカルノ大学どこ? カリナ・サリ・デヴィ・スカルノさんの出身大学は、アメリカのバインマナーカレッジ(4年制の女子大学)になります。 マサチューセッツ州ブルックラインにある私立のリベラルアーツカレッジになります。 Please join us for our Open House this Saturday, February 11 beginning at 9. 30 am! — Pine Manor College PineManorMA カリナ・サリ・デヴィ・スカルノデヴィ夫人娘の経歴とプロフィール もしかすると後ろで立っている真ん中の人は、舛添要一氏と前に座っているのは、フジテレビの向坂樹興アナですね。 カリナ・サリ・デヴィ・スカルノ 生年月日:1967年3月7日 国籍:インドネシア 父はインドネシアの故スカルノ大統領、母はデヴィ夫人 3歳で、スカルノ大統領と死別すると、デヴィ夫人とともにフランスへ 14歳から反抗期で、お母さんとはあまりうまい関係ではなく「もし私の子供でなかったら仕事なんてできない。 生きていけない」と言われ、それは大学へ入ってからも続きます。 1986年、3歳の時にインドネシアを出国以来、16年ぶりにインドネシアに一時帰国。 1987年、20歳、ボストンの大学に入学。 卒業をしたら、みんな親から独立する姿を見て、だんだんお母さんから独立したいと考えます。 それは、アメリカ人は、誰々の子供だからとか、お金持ちとか関係なく、みんなバイトをしたりして自分でお金を稼いで自立していました。 ヨーロッパでは、いつまでも子供をかわいがって日本と似た環境だったかもしれません。 そんな中で、アメリカの考え方が新鮮で影響を受けます。 1991年、24歳、ボストンの大学を卒業。 アメリカは競争社会ですが、卒業した時点で、特別これといった資格がなかったことと、日本がバブル期で興味があり、将来はアジアの時代だと考えていました。 自分自身、半分は日本人なのに日本に住んだことがなかったので来日しますが、仕事が見つかりませんでした。 とろこが、アメリカに帰ると電話が着て、コメンテーターの仕事があるから来てくださいとオファーがあり再び来日します。 それまで日本のことは、軽井沢とサムライ映画、サンリオのパティとジミーしか知りませんでした。 1992年、25歳、日本でテレビのコメンテーターを務めますが、泳げないのに、オリンピックに出て泳がされたように感じます。 そんなエリートの人たちと仕事を始めたことで、がんばらなきゃと思うようになります。 1993年、26歳、テレビの仕事は、日本だけしか通用しないので、キャリアを考えて、広告代理店に就職。 初めての仕事は、クライアントのパーティーでお客様にお花を渡すことでしたが、アメリカでは考えられない仕事で泣いてしまったそうです。 1995年、28歳、もっとキャリアを積もうと、4月からアメリカの広告代理店に勤めることに。 それ以外には、フリーのレポーターの仕事をすることを考えますが、ヴィヴィアン・ウェストウッドで仕事をしていたと言う情報もあります。 アムステルダムに本部がある、アメリカの財団で働きます。 その後、インドネシアの子供たちの将来を支援するKSF(カルティカスカルノ財団)を設立。 インスタグラムは、同一人物かどうか不明で非公開としてあったので掲載は差し控えます。 カリナ・サリ・デヴィ・スカルノ デヴィ夫人の娘カリナさんにとって、両親が有名であることは、良いところだけではありません。 ヨーロッパでは、「スカルノ大統領の娘」「デヴィ夫人の娘」ということで、どこでもちやほやされ、うらやましがられました。 外から見たら、お金持ちの生活で、ヨーロッパで育ったことやパーティーなど、きれいに見えますが、プライベートには、それなりに問題はありました。 子供の頃は、おとなしい子として言われていました。 一人で本を読むのが好きで、ベビーシッターとして育ててくれたのは、日本人で、デヴィ夫人が日本にいたころから、家のことを手伝ってくれていた人でした。 とてもかわいがってもらいましたが、デヴィ夫人は、いつも出掛けていて兄弟もいません。 一番幸せだったのはスイスにいたころで、大きな庭があり、大きな犬と湖にはスワンがいて、エサにパンをあげたりしてすごく幸せでした。 小さいころは、デヴィ夫人のことをすばらしい人だと思って、お母さんのためになんでもしたかったそうです。 お母さんが幸せで、自分も幸せで楽しい生活でした。 ところが、カリナさんが12歳の時、本当に育ててくれた日本人のベビーシッターさんが、70歳近いこともあり、日本へ帰国してしまいます。 デヴィ夫人は、仕事や恋愛に忙しく、カリナさんは寄宿舎に入ることになり、人恋しくて泣いたそうです。 ところが寄宿舎の子供たちは、国が戦争しているとか、両親が離婚するとか、いろいろ事情を抱えていて、語り合ったことで、一緒に成長していった感じがあります。 これは本当に特別の友達で、家族という実感がないから、友達が家族でした。 人生のターニングポイントは、大学生の時で、それまでずっとフランスの学校に通っていたのですが、大学はアメリカに行ってみたいと考えました。 ヨーロッパ人から見ると、アメリカは、とってもチャレンジっぽいところがあり、それでボストンの大学へ入ります。 ヨーロッパにいたころと違い、「スカルノの娘」ということをみんなは知らないので、アメリカに来て、初めて自分の年齢にふさわしい生活を送れるように感じられました。 でも、そのころはお母さんにお金を出してもらっていたので、まだお母さんの言いなりでした。

次の