ディス コード オンライン。 discord(ディスコード)のオフラインはバレる!?バレずにログインする方法

THE SHOP YOHJI YAMAMOTO

ディス コード オンライン

チャットサービスDiscord(ディスコード)とは 本記事ではチャットサービス について解説をします。 Discordはもともと「ゲーマー向け」に作られているツールですが 新型コロナウィルスの影響によるリモートワーク普及をきっかけに注目が集まっています。 本記事を読むことで、 Discordの使い方はもちろんのこと「なぜリモートワーク文脈で支持を受けているのか」を知ることができます。 Discord(ディスコード)はどんなサービス? 最初に について3つの特長をご紹介します。 【1】オンラインゲーマー向けのチャットサービス Discord(ディスコード)はもともと「ゲーマー向けのチャットアプリ」として開発されています。 例えば、PCオンラインゲームで仲間とマルチプレイをする際に、ボイスチャットでゲーム音を拾いながらリアルタイムに仲間と音声コミュニケーションをとれる点などが支持されているポイントとなっています。 【2】ボイスチャンネルを作れる リモートワークの普及拡大でDiscordが注目を集めるきっかけとなったのが「ボイスチャンネル」です。 ボイスチャンネルはグループで音声通話ができる機能です。 ボイスチャンネルに参加した時点で音声がオンになるため、他のメンバーと同じ空間にいるように利用することができます。 【3】活発なオンラインコミュニティ利用 前述の通りDiscord(ディスコード)はもともとゲームコミュニティに支持を受けておりました。 加えて、 近年では様々なオンラインサロンやビジネスコミュニティが活発に運営されています。 DiscordはFacebookのように実名ではないもののtwitterほどオープンでもない特性があるため、 匿名性が保たれながらもほどよくクローズな環境でコミュニケーションがとれるプラットフォームとして独自のポジションを築いているといえるかもしれません。 Discord(ディスコード)の基本的な使い方 Discordの基本的な使い方について解説をします。 Discordの登録方法 Discord(ディスコード)は 以下 のリンク からアカウント作成が可能です。 アカウント作成に際しては「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」が必要となります。 確認メールを承認するとアカウント作成が完了します。 Discordの構造 Discordの構造について説明をします。 基本的には 「サーバー」「カテゴリ」「チャンネル」の三層構造になっています。 サーバー:最も大きな箱です(例)オンラインサロンA• カテゴリ:サーバー配下にいくつかカテゴリを設定することができます(例)雑談部屋• チャンネル:テキストチャンネルとボイスチャンネルがあります(例)自己紹介チャンネル ユーザーは基本的にはメインのサーバーに招待されます。 そして、招待されたユーザーは権限に応じて各チャンネルに参加します。 Discordのメイン画面 Discordのメイン画面は以下のようなレイアウトとなっています。 参加サーバー:参加しているサーバーリスト• チャンネル一覧:現在表示しているサーバーのチャンネルリスト• チャットタイムライン:チャンネル参加者のチャットのタイムライン• オンラインメンバー:オンライン中のアカウントが表示されます• 自アカウント:自分のアカウントです。 歯車アイコンで設定可能です サーバーやチャンネルを移動しながらコミュニケーションをしていくことがDiscordの基本的な利用方法になります。 ボイスチャンネルの使い方 次に、Discordの目玉機能である「ボイスチャンネル」の具体的な利用方法を簡単に解説します。 ボイスチャンネルは音声通話ができるチャンネルです。 ボイスチャンネルを作る まずはボイスチャンネルの作成方法について説明します。 クリックするとチャンネル作成ポップアップが表示されます。 「ボイスチャンネルにチェック」および「チャンネル名入力」を行います。 作成したボイスチャンネルが新たに表示されていることが確認できれば完了です! ボイスチャンネルに参加する 既存のチャンネルに参加するケースの説明をします。 参加したいボイスチャンネル名をクリックします。 参加メンバーに自分のアイコンが確認できれば参加完了です。 ステータスが通話中になっていれば音声も拾えている状態です。 シンプルではありますが以上がボイスチャンネルの利用方法の説明となります。 Discordでの画面共有方法 続いて、Discordでの画面共有方法について解説します。 ボイスチャンネルでの画面共有方法 左サイドバー下にある「画面」を選択することで画面共有ができます。 以下のように画面共有の確認画面が表示されますので適切なタブを選んで「共有」をクリックします。 ボイスチャンネルでの画面共有は以上です。 個別通話での画面共有 個別通話での画面共有も解説します。 通話したいともだちのアイコンを右クリックし、「通話」を選択すると音声通話(or ビデオ通話)が可能になります。 通話画面中央左から2つめのPCアイコンをクリックすることで画面共有ができるようになります。 以上がDiscordの画面共有方法でした! Discordをより快適に利用するための小ワザを紹介 前述で基本的な使い方の説明をしました。 続いてはDiscordをより快適に利用するちょっとしたTipsをいくつか紹介します。 スピーカーミュート機能 自分以外のチャンネル参加者の音声を切りたい時はスピーカーミュートを行います。 メイン画面下側の「自分のアカウントアイコン」の左側にある「ヘッドフォン型アイコン」がスピーカミュートボタンとなります。 こちらをオンオフすることでスピーカーミュートが可能です。 周囲の雑音を消したい時 例えばカフェなど自分の周囲の騒音が気になる場面で音声通話を行っている時は 周囲の雑音を消去する方法もあります。 Discordとは別サービスになりますが、Krisp(クリスプ)というノイズキャンセリングアプリがあります。 KrispをDiscordと連携することで外部の騒音を削除してくれます。 Krispの詳細は以下の記事をご覧ください。 バーチャル背景を設定する Discord(ディスコード)でバーチャル背景を設定する方法もご紹介します。 こちらもDiscordとは別のツールとなりますが、 Snap Camera(スナップカメラ)というツールを利用します。 Snap Camera(スナップカメラ)に関しては以下の記事をご覧ください。 さいごに 本記事ではチャットツールDiscord(ディスコード)について基本的な概要や使い方を解説しました。 ボイスチャンネル機能など 音声を交えたリアルタイム性のある共有が必要な場面ではDiscordは非常に有用なサービスといえるかと思いますのでぜひお試しください! ユーティリーではリモートワークに役立つツールを複数紹介しています。 以下の記事も興味があればぜひご覧ください!.

次の

Discord(ディスコード)を解説!画面共有方法やバーチャル背景設定など

ディス コード オンライン

目次をみる• オンラインサロン運営に使える無料の媒体11社比較! 媒体名 簡単な特徴 おすすめ度 実名でしか登録ができないので、炎上などの心配なし!投稿履歴が遡ってみれて、グループ機能も充実しており、オンラインサロンの多くが媒体として利用している。 LINEスタンプを使えて 気軽なコミュニケーションができるので、コミュニティ内が活性化しやすい。 個人LINEと同じ使い勝手なので、スムーズに使える。 多機能でボイスチャットやライブチャット機能が豊富。 ピン留め機能がありオーナーが特にみて欲しい記事を目立たせることができる機能。 ツイッターの機能そのままで、Twitterの公式機能である「非公開ツイート」設定を行うことで、リクエストを承認した限られたメンバーのみツイートをみれる。 DMのグループチャットを使ってコミュニケーション媒体として使います。 使い方は非常にシンプルでメール・動画・画像投稿など最低限の機能が揃っている。 プロジェクトごとに チャンネルを分けてメッセージ管理できる。 無料プランから有料プランまである。 必要な時にミーティングを開催することができ、アプリダウンロードだけで 友達追加なしで参加してもらえる。 個人・複数人の通話、チャットに特化している。 有料版では固定電話や携帯番号にSMSや電話をかけることができる。 欧米では盛んに使われている。 電話帳への 電話番号登録で自動で友達追加され、個別・グループでのチャットと電話ができる。 中国が母体のツール。 20以上の言語に対応し、ワンタッチ翻訳しながらメッセージを読むことができる。 通話・チャット両方できる。 ビジネスで使われることが多い。 タスク管理機能や、送信後のメッセージ編集が可能。 途中参加者もメッセージを遡って閲覧可能。 Discord ディスコード とは? Discordはもともとは ゲーム特化型のチャットアプリで、リアルタイムオンラインマルチプレイ機能(ボイスチャット)など、ゲームを複数人でリアルタイムで楽しめる機能が充実しています。 イメージとしては、ゲーム機を突き合わせて友達と対戦ゲームをすると盛り上がれますよね。 それをオンライン上で行えるので、仲間同士プライベートな環境でゲームに没頭できる機能です。 そういったゲーム特化型チャットアプリとしての機能も使えますが、 オンラインサロンに必要なスペックも、もちろん揃っています。 テキストチャットや動画やファイルなどのコンテンツ共有機能、通話機能、さらにはピン留め機能がついているので、情報共有がしやすいメリットもあります。 サロン運営にDiscordが良い理由1:アカウント登録が超簡単!• サロン運営にDiscordが良い理由2:ライブチャット機能が充実!• サロン運営にDiscordが良い理由3:画面共有機能もついているのでライブ配信にも向いている!• サロン運営にDiscordが良い理由4:ユーザーごとに権限を設定ができる!• サロン運営にDiscordが良い理由5:機能が豊富だけど操作方法が簡単! ではここからは、 Discordがオンラインサロン運営に向いている理由を、詳しく紹介していきます。 Discordは便利な機能が豊富ですので、一つずつしっかりチェックしてみましょう。 サロン運営にDiscordが良い理由1:アカウント登録が超簡単! Discordはダウンロードして、 メールアドレス・ユーザ名・パスワードの設定だけですぐに利用ができます。 GoogleやFacebookアカウントがあれば、ログインの際に上記の情報すら入れる必要がありません。 多くのweb媒体の場合は、プロフィールを設定したり、誕生日を入力したり、年齢確認をしたりと、使用開始までのステップが長いですが、Discordはその手間を省けます。 サロン運営にDiscordが良い理由2:ライブチャット機能が充実! Discordではもともとゲーム特化型の媒体ですので、 リアルタイムでオンライン中のメンバーが一目瞭然です。 大人数でのライブチャット、通話、どちらの機能も利用ができます。 オンラインサロンの場合、メンバーとのコミュニケーションで場の空気が作られていきます。 今繋がることができるメンバーと「ライブ感」を感じながら情報共有ができるDiscordでは、コミュニケーションの数も自ずと増えて、 オンラインサロン内で良い雰囲気づくりにも役立っていきます。 サロン運営にDiscordが良い理由3:画面共有機能もついているのでライブ配信にも向いている! 次に機能面でDiscordは非常に優れた一面を持っています。 画面共有機能がついているので、「ライブ配信」を行いながら必要なポイントはメンバーと画面共有して理解を深めてもらうことができます。 会議も個別のコミュニケーションも全て、Discordで完結するので非常に利便性の高いアプリです。 サロン運営にDiscordが良い理由4:ユーザーごとに権限を設定ができる! Discordでは細かく権限設定が可能です。 オンラインサロンメンバーが多くなってきて、 一人での運営が困難になってきた際に仕事を分業することがすぐにできます。 肝心な部分はオーナーが行い、他の人に任せられそうな権限は振り分けることができるんです。 サロン運営にDiscordが良い理由5:機能が豊富だけど操作方法が簡単! 最後にDiscordがおすすめな理由は、 操作方法がとても簡単だという点です。 必要なアイコンをクリックして、通話やチャットをすぐにスタートできます。 多言語機能もあるので、日本人以外のユーザーの方も非常に使いやすい媒体です。 立ち上げまでの簡単4ステップ• STEP2:自分がオーナーの部屋を作る!• STEP3:SNSなどで集客する!• アプリは完全無料でダウンロードができ、スマホ・PC版どちらかから選んでダウンロードします。 ダウンロードが完了したら、メールアドレスやパスワードなどを入力して、アカウントを作成し、すぐにDiscordから送られてくるメールでアカウントを有効化します。 これで下準備は終了です。 STEP2:鍵付きの部屋を作る! 次にDiscordで自分がオーナーの部屋を作ります。 グループの名前を入力してできあがり! STEP3:SNSなどで集客する! 部屋の設定が終わったら、SNSなどを使って集客を行います。 自身のオンラインサロンのタイプに合わせてプラットフォームを選び、自身のオンラインサロンが検索しやすい状態にしておきます。 そののちに 活動内容などをSNSで発信し、参加メンバーを集めましょう。 STEP4:オンラインサロンスタート! メンバーが集まり、メンバーと秘密のグループを共有できたら、ついにオンラインサロンスタートです。 目標設定や、そのためにやることなどを管理しながら活動を進めましょう。 あなたが考えたテーマをメンバーに共有したり、Discordを使って定期的に講義を開いてメンバーに満足してもらえるよう活動していきます。 ではここまでで Discordを使ったオンラインサロンの立ち上げ方法を紹介してきました。 Discordの設定自体は非常に簡単ですが、一番大切なのは、あなた自身のオンラインサロンの内容です。 きちんとシェアする内容を決めて、メンバーの意見を取り入れながらあなたのオンラインサロンを育てていきましょう。 Discordは無料で簡単にアカウントを作成できる!• Discordはゲーム特化したコミュニケーションツールなのでライブに強い!• グループを作るのも超簡単!• 操作方法も簡単なので安心して使える!• オンラインサロンのテーマが決まっている人はすぐに使えるのでオススメ! 今回はオンラインサロンのコミュニケーション媒体としておすすめな Discordの紹介をしてきました。 Discordはライブチャットや、通話ができ、ライブ感のある シームレスなコミュニケーションができるのが特徴です。 登録自体は非常に簡単ですし、メンバーもニックネームで参加ができるので、メンバーにとってもメリットを感じながら使うことができます! Discordをオンラインサロン運営に取り入れて、オンラインサロンの活動を加速させていきましょう。

次の

ディスコード オンライン状態を隠す

ディス コード オンライン

ロボット声になった場合はサーバーを立てるなどして通話してみましょう。 個人通話とサーバー側では使われているサーバーが違うのか普通に通話できる可能性があります。 またサーバーでつないで見て通常通りに聞こえるようになったあとに再度個人通話に戻ってみるとロボット声が解消されるパターンも経験上何度かあります。 私の場合は大体ロボット声になったときにこれを試すと治るので同じようにしてみてはいかがでしょうか。 ディスコードでは生活音やホワイトノイズが消えるんですか? 入力感度を調整することで声を発していないときの音であれば消すことが出来ます。 自分の声が入っている時はアイコンの外枠に緑の縁が現れるのでそれらを見て音声が入っているかどうかの判断が出来ます。 相手の音量が小さく聞き取りにくい。 ユーザー設定のVoice&Videoの項目の出力デバイスの下にある出力音量を調整してみましょう。 サーバーであれば個別に音量を調整できるのでそこでも大きくしてみましょう。 相手の声とゲーム音その他の音の大きさが合わないという場合はパソコンに入っている音声ミキサーの項目でバランス調整してみましょう。 「〇〇をプレイ中!」の〇〇の名前を変える方法と、ゲームを追加する方法を教えてください。 認証済みとなっているものは試していないですが、カーソルを合わせるとファイルの保存場所が表示されるので表示されたファイルを開きフォルトの名前などを変更などすれば変えられる可能性があります。 ゲームの追加は「ゲームが見つかりませんか?」の隣にある追加する!を押せば追加画面が開きます。 会話の録音がしたい Discord自体には録音機能がないのでフリーソフトなどを使って録音してみましょう。 「PC 録音」などで検索してみてください。 管理しているサーバーを削除したい.

次の