アテニア 化粧 水。 ファンケルとアテニアの違いを徹底比較!意外な関係性とは!

40代からの時計美容!アテニアドレスリフトデイエマルジョンの口コミ

アテニア 化粧 水

幅広い年齢の女性たちから愛されるAttenir(アテニア)のなかでも、化粧水はとくに人気を集めるカテゴリ。 保湿、美白、医薬部外品などその種類はさまざま。 現在発売中のAttenir(アテニア)化粧水がこちら。 高保湿化粧水(とてもしっとりタイプ)プリマモイスト エクストラモイストローション 2. 化粧水(さっぱりタイプ)プリマモイスト ローションI 3. 化粧水(しっとりタイプ)プリマモイスト ローションII 4. 化粧水(さっぱりタイプ)プリマモイスト ローションI 5. 化粧水(しっとりタイプ)プリマモイスト ローションII 6. 化粧水ドレスリフト ローション 7. 化粧水ドレスリフト ローション〈エコパック〉 8. 薬用化粧水メディチューン 薬用コンディショニングローション【医薬部外品】 9. 薬用美白化粧水ホワイトニング クリアローション【医薬部外品】.

次の

【アテニア化粧水比較】化粧水別のおすすめ年齢は?

アテニア 化粧 水

1200円のしっかり使えるトライアルを購入。 当方、混合肌(部分的にかなりの油性) 薄い肌、敏感肌です。 まず臭いがキツくて無理。 そして一番の低評価の理由は 使用感が好みではありませんでした。 刺激はありませんが中に入ってく感じはなく表面にペタペタと残ります。 ペタペタした後にセットのクリームでベタベタです。 浸透する気配はありません。 凄く乾燥肌の方なら良いのかも。 ボディ用にして使い切りました。 とろみ具合が体にはピッタリでした。 エイジングケアもリフトアップも感じ等れなかったのでリピはありません。 ボトルは高級感凄くありました。 フローラドリップがちゃっちいので余計豪華に思いました。 attenir. 透明でシャバシャバの水です。 くすみ対策、美白向け化粧水なので、コットンの素材にもこだわって摩擦の無いようにして使っています。 でも、ちょっと肌がつっぱるような感じがします。 コットンがちょっと黄ばむので、くすみは取れていると思いたいのですが、速攻で保湿の為の化粧水を十分にとらなくては、つっぱって小じわができそうです。 リニューアルなく、もう7年くらいそのままのような気がしますが、レフィルがなく、ずっとこのポンプ式ボトルです。 これもローションエコパックになってほしいと思っています。 とろみがなくて、テクスチャーが違うので、できないのかなあ。 1トーン明るい肌色になりたくて、リピしていますが、なかなか効果を実感できずに使い続けています。 アテニアは地味ですがお値段以上の商品が多くて好きです。 夏用にさっぱりした化粧水が欲しくなってこれを買い、1本使い切りました。 べたつきがなく、ほんとにサッパリバシャバシャと気持ちよく使える化粧水です。 刺激もないし突っ張る感じもないし、使いやすいです。 保湿力はちょっと物足りないですが、夏に使うのには良かったです。 一度にたっぷり使ってたのであっという間になくなってしまいましたが。 もう札幌は秋の気配なので、また来年お世話になろうかと思ってます。 20代だとプレミモイストのしっとりが口コミを読んでいると合いそうです。 ドレスリフトはとろみがあるので人によっては少し重いかもしれないです。 私は30代ですが乾燥肌だとプレミモイストのもっとしっとりタイプよりドレスリフトローションの方が値段と成分から考えて試してみるといいと思います。 ホワイトニングが長い間リニューアルされていないので、美白ラインが好きな私は次のリニューアルに期待です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 また次回! 北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ育ち、12才の時に村の交流で2週間カナダ・バンフを訪れ、そこから海外生活に憧れはじめる。 30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアワーホリを始める。 オーストラリアワーホリ2年とニュージーランド ワーホリ1年と フィリピン・オークランドにも短期留学し、フィリピンの語学学校にて日本人学生マネージャーを担当。 ワーホリブログを読むのが好きだったけど、当時は読みたい情報を見つけるのに苦労しました。 私が当時こんな記事があったら役立つのになーと思っていたことを発信していきたいです。 海外生活や旅行、英語や気になることをブログにしたいと思います。 日本では美容部員だったので大好きなコスメについても書きていきます。 Sakpirka サクピリカ 北海道にある人口たった1000人の自然豊かな村で生まれ育ち、12才の時に村の交流で2週間カナダ・バンフを訪れ、そこから海外生活に憧れはじめる。 30才手前にやっぱり海外に行きたいと思い5年勤めてた会社を辞め、オーストラリアワーホリを始める。 オーストラリアワーホリ2年とニュージーランド ワーホリ1年とフィリピン・オークランドにも短期留学し、フィリピンの語学学校にて日本人学生マネージャーを担当。 ワーホリブログを読むのが好きだったけど、当時は読みたい情報を見つけるのに苦労しました。 私が当時こんな記事があったら役立つのになーと思っていたことを発信していきたいです。 海外生活や旅行、英語や日本では美容部員だったので大好きなコスメについても書いていきます。

次の

アテニア化粧水の成分解析|毛穴やニキビに効く?20代から保湿や美白を!

アテニア 化粧 水

今回比較するのは、 ファンケルとアテニアの 売り上げNo. 1化粧水!! 最初に商品をチェックしておきたい方はこちら!! ファンケルとアテニアにどのような関係性があるのかご存知の方はいますでしょうか? 私も1年前までは全然知りませんでしたが、『 株式会社アテニア』は ファンケルの子会社なんです。 1980年にファンケルが無添加化粧品を開発し売り出され、9年遅れた1989年に『 一流のブランドを3分の1の価格で』というコンセプトでアテニア化粧水が生まれました。 ファンケルは単品で購入すると、お値段が高めで少量! ファンケルは無添加かつ成分、ボトルにこだわったからこそ価格もお高めになってしまったのですが、アテニアは 高品質なものをもっと気兼ねなく使いたいという女性向けに作られたブランドなんです。 アテニアには添加物が少々配合されているのですが、安全性、質はほぼファンケル化粧水のまま引き継ぎ、さらに お値段はファンケルの2分の1以下という、誰もが1度は手に取ってみたい化粧水の開発に成功したのです。 ファンケルとアテニアの違いを表で簡単に比較! まずはファンケル無添加エンリッチとアテニアドレスリフトの違いを表で簡単に比較してみます!! 8 匂いやテクスチャ、効果など詳しく知りたい方はこちら。 ファンケルは無添加に加えて、 アクティブセラミドという独自成分が配合されています。 そもそもセラミドは角層内に存在していて、水分を抱え込んでお肌から水分が抜けださないようにしてくれたり、外側の刺激から守ってくれる働きがあります。 ファンケルの化粧水に入っているアクティブセラミドは、 角層の中にある細胞にも美容成分を取り込めるように働き、肌自らが美しい角層を生み出す力を高めてくれるんです。 さらに、 約30種類のコラーゲン 適応型コラーゲン で肌の弾力を取り戻します。 無添加エンリッチは、私たちが良く耳にするセラミドやコラーゲンなどの肌に良いとされる成分は、もちろん配合されています。 さらに、 バイオグリコーゲンや スイートピー花エキスで紫外線や乾燥などの外部からのダメージ、蓄積も防いでくれます。 成分については私も色々勉強する機会がありましたが、無添加エンリッチは 不必要な成分が一切なく、必要な成分だけを取り入れているのがポイントですね。 さらに天然の機能性アロマである ダマスクローズ ローズマリー レッドシダー樹液 も配合されています。 ドレスリフトはローズの良い香りがして、化粧水に良くありがちなエタノール アルコール の嫌な匂いが一切ないんです。 ローズの香りによって、 リラックスしながらスキンケアができますよ。 ファンケルとアテニアを価格から比較してみた! ファンケル無添加エンリッチとアテニアドレスリフトを価格から比較してみましょう。 まずは表をご覧ください。 お試しセットの値段はアテニアの方が330円安いですね。 余談ですが、管理人はいろいろなメーカーのお試しセットを購入してきましたが、ファンケルとアテニアのお試しセットは特典も多く豪華なんです!! 通常、お試しセットは洗顔料、化粧水、乳液の3点しか入っていないのですが、ファンケルはその他にも泡立てネット、クレンジングオイル、花柄ポーチも入っていて、アテニアも+2つ特典が入っています。 CHECK! 数量限定!! 長期的にどちらがお得? では、仮にお試しセットで気に入り、今後の継続使用を決断した時にファンケルとアテニアだとどちらが価格が安いのでしょうか。 そもそも、アテニアは『 一流のブランドを3分の1の価格で』というコンセプトで、お値段高めのファンケルとは違ったニーズに応えるために開発されたブランドなんです。 CHECK! 数量限定!! アットコスメさんでファンケル無添加エンリッチとアテニアドレスリフトで、どちらが口コミが良いのか調べてみました。 では、実際に口コミを見ていきましょう。 この口コミはWEBアンケートで、実際に使ったことがある女性の回答になっています。 ファンケル無添加エンリッチの口コミ お肌に20代の時のハリが戻ってきました! 普通の化粧水と違って、手に取った時にとろみがあります。 かといってベタベタするわけでも無く、お肌に塗ってもすーっと浸透してくれます。 潤う系のとろみ化粧水にありがちな、いつまでも肌の上に液がのっているような不快感が無いのがとっても良いです。 値段もお手頃なので使い続けやすいですし、ほんのり香る優しい匂いも好きです。 ボトルが可愛いのも嬉しいです。 38歳女性:愛用歴1年1ヶ月 結局どっちがいいの? 管理人が選んだのはこちら!! 今私がファンケルかアテニアどちらかを選ぶとしたら、 アテニアのドレスリフトを選ぶでしょう!! どちらも使いやすく効果のある化粧水なのですが、 30代前半かつ 乾燥肌の私にとってはドレスリフトのとろっとしたテクスチャと保湿力がすごく気に入りました。 また、アテニアのドレスリフトは ダマスクローズの香りがしてすごく癒されます。 値段が2倍以上違うので、半年や1年で計算してみると全然値段が違いますよ。 まずはお試しセットの購入をおすすめします。 本品を購入してからお肌に合わなかったと気づいては残りがもったいないですからね。 アテニアは私の友人が使っていたので、少しの間お試しに使わせてもらいました。 私がおすすめするのは、 アテニアのクレンジングオイル!! 普段ウォータープルーフのマスカラとアイラインを使用しているのですが、どちらのクレンジングオイルを使っても簡単に落ちました。 アテニアのクレンジングオイルの方が、肌になじませた瞬間にメイクが浮く感じがあり、肌につっぱりやごわつきはなく、力を入れずに洗い落せます。 また、私が気に入ったのは、アテニアクレンジングオイルの オレンジの香り!! アテニアのクレンジングオイルは、ドレスリフトローション 化粧水 とセットで購入することができます。 スリムで高級感のあるパッケージが印象的なこちらの化粧液、乳液ですが、なんと満足度90%超えという高評価の商品なのです。 ファンケル無添加エンリッチの一番の特徴は無添加である、ということ。 ファンケルの無添加は、防腐剤や香料、石油系界面活性剤などを一切使用していないという徹底的なこだわり。 弱酸性で、アルコール(エタノール)も不使用なので、安心ですね。 ファンケルは、さらに品質管理もしっかり行っています。 化粧液もクレンジングオイル同様、密封状態で手元に届きます。 密封された状態での使用期限は、製造年月日より2年。 キャップにはオレンジのリングがついていて、その密封リングを外してふたを閉めると開封状態になる、という仕組みです。 開封後のボトルは、シルバーリング付きのデザインになります。 無添加で安心、というファンケルだからこそ、お客さんの求める声を聞いてさらに細かいところまでこだわることができるのかもしれませんね。 成分の安全性、品質管理にも徹底的にこだわったファンケルの無添加エンリッチは、なんと 3000人以上のモニターに使ってもらい、完成したのです。 美しい角層を自らの力で作り続けることのできる肌を、無添加エンリッチが実現させてくれます。 アテニアドレスリフトは安全? アテニアは、スキンケアやメイク用品、洋服などを販売する通販限定のブランドです。 アテニアのすごい点は、 すべてを自社工場で生産管理しているということ。 下請けの会社に依頼しているという会社も多い中、安全性にこだわっていることがわかります。 こちらも合成香料不使用、オイルフリー、アルコールフリーなど安心できる要素が多くあります。 しかし 無添加ではないので、口コミの中にはニキビなど吹き出物ができてしまった、アレルギー反応が起こった、という人もいるようです。 ドレスリフトの成分を見てみると、石油由来の成分がやや多いように感じました。 敏感肌の方は、まずトライアルで自分の肌に合うかどうかを確かめるなどして、注意する必要があるかもしれませんね。 朝と夜のアイテム使い分けで、ハリをゲットしちゃいましょう。 ファンケルとアテニア比較まとめ ファンケルとアテニアの比較と、意外な関係性についてお伝えしました。 正直言うと、どちらも使い心地は良く、家に置いておきたい化粧水なんです。 しかし今の私には、コスパ的にも保湿力もアテニアのドレスリフトがあっているなと思いました。 50種類以上の化粧水を試した経験があり、アテニアのドレスリフトは自信をもっておすすめできる化粧水なので、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

次の