カラミざかり 広告 ブロック。 AndroidスマホのアプリやChromeで広告をブロックする方法

【2020年版】ネットでよく見るうざい・不快な広告一覧とキレイに消す方法【カラミざかり/ビビッドアーミー】

カラミざかり 広告 ブロック

実際のゲーム内容と剥離した詐欺広告• 出現頻度:激高(広告画像3,000種類以上?) — ビビッドアーミー広告bot vividarmybot 広告が出る人には出てくるのであろう、ビビッドアーミーな。 なんか卑猥な言葉で釣ろうとしてるけどエロ要素皆無だぞ。 進撃の巨人とのコラボも課金しないとキャンペーンの存在に気づけ無いくらいしょぼいぞ。 きをつけろ。 — なんとかにゃん a2003581 ビビッドアーミーの広告をまとめてたwikiですら3000種もなかったはずだが、聞くところによれば素材を色々付け替えたり使いまわして広告量産してるらしいから、台詞は同じのキャラ別パターンとかある感じなのかな。 気になる方のためリンクだけ置いておきます。 キャラごとに広告があり、ほぼ全てエロ系• 出現頻度は「ビビッドアーミー」と同程度• 最近はYoutube広告多め? 僕の集めた放置少女広告四選 — 大地讃頌 isoisorize ついに放置少女が地上波のCMに進出してきたか… 親と見るのいやなんだけどあれ ほんとにネットの広告が汚いイメージしかないし、実際遊んで何すりゃいいのか分からんかった意味不なゲームだし っていう愚痴を呟いてすまんな — だぴょーん コンパス dapyonR っていうかビビッドアーミーと放置少女、何回広告ブロックしても出てくるんだがなんなんだ — 卯金刀(うきんのとう) yukyrie YouTubeで流れる放置少女の広告すげぇうざいし死ねってなる。 何が「愛に来てくれたの?好きだから?」だよ。 こっちは動画見に来たんだよ。 広告はバナー画像メインでアダルト系• 実際の内容と剥離した詐欺広告• 最近は広告控えめ? ガールズクリーチャーズの広告を追ってみた。 くっころダークエルフ にイメージされてるエルフ が期待してた展開じゃ無く、ガチ展開で焦ってるSS女騎士状態でワロタ — TIG 0tig0 Web広告のガールズクリーチャーズ?のバナーがふと目に入って、 「屁しろ」 って脳内処理して、 「え?どんなゲームや…特殊な性癖の方向け?」 と思ってみたら、 「屈しろ」 だったときの、「あぁわたし疲れてる…」度パネェ。 気になる方のためリンクだけ置いておきます。 >> ナイトメアクロノス• こちらもPC・スマホで頻出するエロ広告• 実際の内容と剥離した詐欺広告• 気になる方のためリンクだけ置いておきます。 >> DMM Games• 対魔忍など、一部過激なアダルト広告あり• 通常のサイトやYoutubeにも頻繁に表示• ちなみにDMM公式サービスなら、動画なら「」、漫画なら「」がおすすめ。 (どちらも無料視聴可) サンデーうぇぶり• エロ・グロ・ホラー以外にも出会い系広告あり• ただし、全体で見れば不快な広告は少なめ• 導入は3分ほどで完了するので、以下の記事を参考にしつつお試し下さい。 比較記事は以下。 ただしPCとは違い、スマホの場合iPhoneとAndroidで最適な広告ブロックアプリは異なるので注意。 常にAppStoreの「ユーティリティ」ランキングで1位、評価も1. 8万件以上で星4. 9という超人気定番アプリですね。 ただ、こちらはSafariでしか機能しないのと、有料なのが玉に瑕。 少し前までは250円だったと思うんですが、500円に値上げされちゃってるので、 コスパと汎用性を求めるなら下記の『DNSCloak』がおすすめ。 設定方法はここで解説すると長くなるため、下記サイトを参照。 >> Android iPhoneとは違い、実は軽めの広告であればスマホアプリ版「Opera」or「Google Chrome」を導入するだけでブロック可能。 尚、上記アプリでも頻出するしつこい広告やサードパーティーアプリの広告も同時にブロックしたい場合は 『AdGuard』の フルバージョンを導入推奨。 ネットでよく見る不快な広告一覧とブロックする方法まとめ 以上、2020年現時点で確認できたウェブ上のうざい・不快な広告一覧と、これら広告をブロックする方法をまとめてきました。 例えば、漫画系であれば「カラミざかり」、ゲーム系であれば「ビビッドアーミー(g123)」など。 ただ、同じエンタメでもアニメ系で記憶に残るほどの不快な広告は見たことがないので、ジャンルに寄りますね。 いずれにしても、本記事でご紹介した広告ブロッカー(アプリ)を導入することにより、目に映る広告はほぼ全てブロックされます。 ただし、うざい広告や不快な広告以外も全てブロックしてしまうので、通常広告までは消したくないという方は以下二つの方法で対処可能です。 サイトをホワイトリストに登録• 広告フィルターを編集(変更) この辺りに関しても別記事でまとめているので、そちらもご覧下さい。

次の

‎「BCG ブラウザ

カラミざかり 広告 ブロック

サイトによって程度の差は大きいのですが。。。 ・狭い画面のiPhoneなのに大きく表示されて邪魔 ・消したい、消えて欲しい。 広告ブロックしたい。 ・降りてくる広告には、誤タップさせようとする悪意を感じるものがある ・とにかく、うざい。 本当にウザい!除去! ・求めていないのにエロい、グロい漫画やアニメ、ゲームの広告がiPhoneに出て不快 ・キモいダイエット、コンプレックス商材の広告が出るので、消したい、消えて欲しい ・iPhoneの画面を覆う広告が出たりで、目的のコンテンツを楽しめない ・iPhone画面の下部に常に表示されるので、鬱陶しいし、うざい ・間違って広告タップしようものなら、別ページや別サイトに行っても、しつこいストーカーのように追尾され、どこに行っても同じ広告だらけ ・電車移動のスキマ時間にネット見てたら、消したい、消えて欲しいアダルト広告が出ていて、周りの目に怯える ・スクロールやスワイプに合わせて、画面の中部から「にぅ」っと降りてくる広告をタップし、地雷を踏んだ気分。 そもそも、うざいのみならず、広告をスマホ表示させるには広告ブロックなしでは、データ通信や電力が発生します。 そのデータ通信や電力の料金を支払っているのは、他ならねサイト閲覧者です。 広告を「見る自由」「消す自由」。 そこには選択肢があっても良いはずです。 テレビの世界では視聴者は番組間のCMをザッピングして「消す自由」がありますが、スマホの世界では半ば強制的に見せられるというのが実情です。 望みもしない、消したい、消えて欲しい、キモい、気持ちが悪いのを強制的に見せられるのみならず、誤タップを促す、降りてくる広告は、もはやテロと言えるかも知れませんね。 インターネット広告は基本的に以下の構造になっています。 少なくとも1万人中9700人程度は広告を表示させても意味のない人たちです。 ・9,700人にとっては消せない望まないものを見させられ、ギガを消費 ・広告費用投下の仕方次第では、広告費の浪費になる ・9700人の消費者の心証毀損 ・9700人の消費者の心証毀損&ブランドイメージ低下 短期的に見てもほんの限られたごく一部の人のためにしかなっていません。 おそらく、圧倒的多数を占めるであろう後者に広告をブロック、消す、除去、削除し、見せないことでその圧倒的マジョリティの顧客満足度は向上します。 もちろん広告主も機会損失や損をすることもありません。 そう、望まない人にはスマホ広告は見せるべきではないのです。 一部で例外的に言えるのはその商品を探しているorファンである消費者です。 そのような消費者は自ら望んで検索をし、広告主サイトやSNSなどでフォローをするでしょう。 その気がない人をその気にさせることほど、費用対効果 金銭対価、イメージ向上 が悪いものはありません。 さて、うざい、キモい 気持ち悪い カラミざかりについては非常に広告の多いことで有名で広告ブロックや消す、削除するの需要が非常に高い広告です。 うざい、キモい 気持ち悪い カラミざかりの広告をみた人たちは広告ブロックするなど広告を消すなどどうにかしたいという声を多く目にします。 カラミざかり うざい、キモい 気持ち悪い カラミざかりの広告バナーへの特徴を箇条書きにしてみます。 ・広告数が多い、大きい ・エロ、アダルト要素のある ・降りてくる広告 オーバーレイ広告 があり、閲覧に邪魔 ・目障り、うざい、鬱陶しい、しつこいので、消したい ・キモい、気持ち悪い、気分が悪い、不快、不愉快 ・Safariで見ると降りてくる広告 オーバーレイ広告 があり、閲覧に邪魔 ・意図しない広告タップをしてしまう配置に広告が掲載 上記からiPhone閲覧時に広告ブロック、削除ニーズが非常に高いサイトであることが見て取れます。 ここまではうざい、キモい 気持ち悪い 、消したい、消えて欲しい、カラミざかりの広告について述べてきましたが、バナーをはじめとした邪魔なバナーを消す広告ブロックアプリを紹介します。

次の

Androidスマホで広告ブロック

カラミざかり 広告 ブロック

インターネットと広告は、切っても切れぬ関係にある。 あなたがこの記事をどこのメディアで読んでくれているのかは分からないが、ほぼ全てのメディアは広告で成り立っている。 当然、当記事の元であるロケットニュース24も、広告だけで食っているのだ。 そんなインターネットの広告は、はっきり言ってピンキリだ。 質の高い広告もあれば、クソみたいな広告もある。 思わずスマホをブン投げたくなるほどウザい動きをするクソ中のクソ広告なんてのも存在する。 たとえば以下に紹介する7つのように。 焦って人差し指や親指でタップしたものなら、ほぼ100%の確率で広告に飛ばされる。 もう一度押してみるけど無反応。 もう一度……もう一度……とやってるうちにイライラしてきてガシガシ押して、ちょいと狙いがズレて広告押しての1クリ献上だ。 なんとなく、何かを仕掛けてきそうな雰囲気……だが、動きはない。 よし……こいつは一撃で倒せる。 なぜか広告自体が「ピクッ」と少しだけ移動して、広告スペースに指が触れて広告ページに大ジャーンプ!! なぜこちらの動きがわかるんだ? 魔法なのか? スマホ自体に指先の動き検知機能でもあるのだろうか? その4:動画を再生しようとした瞬間にヌボっと出現する広告 つねづね「世界七不思議」に加えたいと思っている現象がコレ。 主に動画を取り扱っているサイト(YouTubeやニコニコ動画を除く)で発生するのだが、どう考えても変。 一体なぜ、動画を再生しようとした瞬間に「ヌボッ」と広告が出現するのか? しかも出現する位置は、動画の再生マークの位置ドンピシャだったり、ズバリ「この動画を見ようかな」と思った動画のサムネイルの位置だったり……と、明らかにユーザーの心を先読みした位置に出現するのである。 やはりスマホに指先検知機能が……!? その5:スクロールで逃げようとしているのに、それにあわせて流れてくる広告 意表をついて出現するだけならまだ許す。 やっかいなのは動くやつだ。 いきなりヌボッと煙のように出現したかと思ったら、タラ〜リタラ〜リ……と下へ下へと流れてくる。 それはまるで、スクロールで逃げようとする私の指先を追うがごとく!! 何が恐ろしいって、ヌボッと出現するポイントも「真ん中とは限らない」し、動きのスピードも一定ではないということ。 かなり中途半端な上部で出現し、とんでもないスピードで下に流れていく広告もあったりで、一瞬の油断も許されない。 その6:どう考えても再生ボタンを邪魔する広告 たまに「なんでそこで止まるんだお前は」という広告とも出会う。 上記のようにヌボッと出現したかと思ったら、動画の再生マークの位置ドンピシャで止まるのだ。 しかもやっかいなことに、このパターンの広告は「やたらと細長い(薄い)」のである。 このパターンと「動いて下に落ちてくる広告」が同時に出たこともあり、なんというか避けまくり系のシューティングゲームのようだった。 どんな広告なのかというと、まずは細長いバナーが出ている。 当然、それは「閉じるボタン」だと思うのでタップ。 すると…… さも当然のように広告ページに飛ぶ。 いくらなんでもクソすぎる。 Report: イラスト: Photo:RocketNews24.

次の