おりもの 変化。 生理前のおりものの変化について~量・色・状態など~

生理前のおりものの変化について~量・色・状態など~

おりもの 変化

女性は誰でも、生理が終わってから排卵日にかけておりものが分泌されます。 これは白濁色の粘性のある成分で、生理が終わってから分泌が始まり、排卵日にかけてその量が多くなるのが特徴です。 妊娠していない場合は排卵日を境に量が低下するので、下着がおりものによって濡れてしまうという事は少なくなりますが、妊娠した場合は、妊娠超初期の症状として、おりものの量や色に変化が現れることがあります。 妊娠超初期症状かも おりものの色と量に注意 排卵日の後におりものが出る場合には、その色や量に注意をしてみてください。 もし、排卵日後におりものに茶色っぽい出血が少し混じる場合は、もしかしたらそれは着床出血と呼ばれるものかもしれません。 着床出血は、経験する妊婦さんよりも経験しない妊婦さんの方が多いのですが、おりものに茶色っぽい少量の出血が混じる事で、生理前の妊娠超初期という早い段階でも妊娠を自覚する事ができます。 そもそもこれはホルモンの代謝によって分泌されるので、妊娠していてもしていなくても、分泌量に関してはあまり神経質になる必要はありません。 ただし、妊娠超初期においては着床出血の可能性があるので、色には気をつけておきましょう。 おりものが茶色っぽくなる場合には着床出血の可能性がありますが、生理にしては少量すぎるほどの量で、色が茶色ではなく赤やピンクの場合は、切迫流産の可能性もあるため、できるだけ安静な状態を心がけて様子を見るようにします。 着床出血の場合は長くても1週間ほどで出血は収まりますし、おりものの色が赤くなったりピンクになることはありませんが、切迫流産の場合はおりものの色が赤やピンクなどの鮮血に近い色で、量が増えたり、1週間を超えても出血が止まらないという特徴があります。 こちらの関連記事もお読み頂ければ幸いです.

次の

おりものはカラダのサイン|サラサーティ|小林製薬

おりもの 変化

おりものとは、腟内や子宮頸管から出る粘液や細胞の一部が混ざりあった分泌物です。 腟内を掃除し細菌などの侵入から腟内を守る「腟内のクリーニングと保護」と、妊娠のための「受精の手助け」という役目を持っています。 生理周期にしたがい、排卵が近づくとおりものの量が増えたり、透明でサラサラの水っぽいおりものになったりします。 排卵後のおりものは細菌などの侵入から腟内を守るために、乳白色でドロッとした性状に変わります。 妊娠が成立しなかった結果である普段の生理では、生理前におりものの分泌量は徐々に減ります。 妊娠が成立した場合、「受精の手助け」というおりものの役割が一気に高まります。 そのため、妊娠すると普段の生理前とは違ったおりものの変化がみられることがあります。 妊娠の超初期症状のひとつとして、おりものの変化をあげることができます。 早い人では受精からおよそ2週間ほどで、妊娠したかも、と微妙な変化に気がつくようです。 普段の生理前とは違った妊娠のサインとしてのおりものの変化には、どのようなものがあるのでしょうか。 普段の生理前に見られるおりものの変化には、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」とが関係しています。 エストロゲンは、妊娠に向けて卵胞の成熟を促したり、子宮内膜の壁を厚くしたりして排卵期にかけて活発な活動を見せます。 そして排卵後は徐々に減っていきます。 反対に、排卵後に卵巣から産出されるプロゲステロンは、排卵後に量が増え、生理前に減っていきます。 妊娠すると、いずれの女性ホルモンも分泌が盛んになります。 そのため、おりものもいつもとは違った妊娠独特の状態になります。 妊娠を通じてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌は続き、良好な妊娠状態の継続を促します。 生理前に次のようなおりものの変化がみられるときは、妊娠の兆候かもしれません。 妊娠が成立すると、胎児を守り妊娠状態の継続を助けるために、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増え、結果としておりものが増えることになります。 胎児を細菌などの侵入から守るのがエストロゲンの役目、子宮内膜内で胎盤が完全に形成されるのを助けることで妊娠を安全に進めていくのがプロゲステロンの役目となります。 受精直後から生理予定日前にかけてサラサラのおりものが増えるのは、このエストロゲンの分泌量の増加による作用なのです。 妊娠が成立すると、ホルモンの乱れから母体の抵抗力はどうしても低下してしまいがちです。 そのような状態では、細菌の侵入やもともと腟内に存在する真菌の繁殖などが比較的容易に起こってしまいがちになります。 そのため、妊娠期間を通じておりものの量は増える傾向にあります。 おりものが増えることで腟内を清潔に保ち、健康的な妊娠状態を維持するのを助ける役目を果たしてくれているのです。 妊娠の超初期症状にいち早く気づけた 私が妊娠したかも、と気がついたのは、おりものの変化からでした。 第一子のときは、生理予定日近くになってもおりものが増え続けておかしいな、と思っていました。 そのまま予定日が来ても生理が始まらなかったので、一週間待って妊娠検査薬を使ったところ妊娠が判明しました。 第二子のときは、おりものの量にはあまり変化がなかったのですが、生理予定日近くに茶色が混じったおりものがあり、着床出血が混じったおりものなのかも、とドキドキしました。 予定日から数日で妊娠検査薬を使ったところ、陽性反応が出て妊娠が判明しました。 もともと比較的生理の周期が安定していましたが、30代を超えたころから、いつか妊娠するときに備えて基礎体温と生理の記録を取り始めました。 そのため、実際に妊娠したときにおりものの変化に気がつくのも早かったのかもしれません。 最近は、スマホのアプリで簡単に記録を残すことも可能になってきているので、おすすめです。 同じアプリで、普段は生理周期の記録、妊娠が始まると、妊娠・出産までの記録に引き続き使用できる場合もあり、大変便利です。 デリケートゾーンの洗い過ぎで腟カンジダ症に 実は10代のころから、疲れがたまるとデリケートゾーンのかゆみやおりものの増加、不快感を覚えることがありました。 大っぴらに家族に相談できず、ひとり暮らしを始めた20代も後半、初めて婦人科を訪れて、腟カンジダ症と診断されました。 その後も再発を繰り返したのですが、デリケートゾーンの洗浄にやっきになりすぎて、おりものの持つ自浄作用などを逆に弱めていたのも一因だったのかもしれません。 第一子を妊娠したときには、産婦人科医に腟カンジダ症を発症したことがあると話し、妊娠中に再発する可能性が高いことを覚悟していました。 疲れをためない、無理をしない妊娠生活を送れたためか、幸い妊娠中に再発はありませんでした。 第二子を妊娠中の現在は、まだまだ手のかかる幼児の世話と妊娠生活の両立で疲れを感じることが多いです。 そのため、かゆみを伴ったおりものの変化にはよく注意しています。 妊娠の超初期症状のひとつであるおりものの変化に気がつくためには、自分自身の普段のおりものの状態を知っておくことが大切です。 そして、いよいよ妊娠が成立した後も、母体とお腹の赤ちゃんの健康を守って妊娠を維持するために、おりものは大切な役割を担っています。 疲れやストレスがたまっていると、おりものに変化がみられることがあります。 妊娠や病気のときだけでなく、普段から女性の健康のバロメーターとしても活躍してくれるのですから、女性の身体にとっては「たかがおりもの、されどおりもの」と言えますね。 妊娠を希望している人は、基礎体温などとあわせて自分のおりものの周期をチェックするのも一案です。 妊娠期間を通じて、おりものの変化から身体の疲れやストレスを素早く読み取り、順調な妊娠生活を送れると良いですね。

次の

生理前のおりものの変化について~量・色・状態など~

おりもの 変化

おりものは、生理周期の移り変わりとともに状態が変化するのですが、自分でその変化を把握している人は、それほど多くはないでしょう。 「確かに妊娠するとおりものはいつもと違う状態になる人が多いのですが、おりものの状態を見るだけで、それを予測するのはちょっと難しいかもしれませんね」と話すのは、産科だけでなく不妊治療も扱っている小川クリニックの小川隆吉先生。 成分を詳しく調べれば、生理周期のどの時点のものなのかがわかるようですが、おりものの量や色には個人差があり、その状態を見るだけで排卵や妊娠の有無などの判断をつけるのは難しいとのこと。 それでも、基礎体温表や他の体の変化などと照らし合わせて考えれば、おりものもその時の体の状態を知るための判断材料となります。 また、おりものの異常から、病気に感染していることに気がつけることもあります。 妊活中、妊娠中にかぎらず、自分の体を知るために、普段から気に留めておきたいものですね。 卵胞期(卵子が成熟中)のおりもの 生理が終わってからのおりものは、一般的に少なめですが、排卵期に向けて徐々に増えていきます。 この時期のおりものは、粘り気のある酸性の状態です。 酸性に傾いた膣の中では、たとえ細菌が侵入しても、繁殖できないようになっているのです。 ただし、酸に強い細菌もおり、これらの菌に感染した場合、おりものの状態が変わるので、おりものが感染しているか否かの判断材料のひとつとなります。 排卵期(排卵前と排卵日)のおりもの 排卵前になると、おりものの量が多くなります。 これは頸管内で分泌された頸管粘液と呼ばれるアルカリ性の分泌物が増えるためです。 この時のおりものは無色透明で、親指と人差し指でつまんで指を離すと、長く糸を引くのが特徴です。 粘り気のない卵白のような…と表現する人もいます。 時に、排卵時出血といって、排卵の際に生じたわずかな血液がおりものに混ざることがあります。 出血してすぐなら赤く、時間が経ってからだと茶色くなった血液が、おりもの中に混ざります。 「これは心配のない出血ですが、このことで排卵があったかがわかるということは、めったにありません。 これに気づく人は、なかなかいないのではないでしょうか?」(小川先生)。 量がわずかなだけに、トイレに行くたびに確認していないと、わからないということでしょう。 黄体期(排卵後から生理前まで)のおりもの 黄体ホルモンが分泌される時期で、おりものの量は徐々に減少していき、透明だったものが少しずつ白濁していきます。 しかし、妊娠が成立していると、おりものの量は減らないのが一般的です。 いつもなら、減っていくはずのおりものが「増えているかも?」と感じたら、基礎体温表のグラフを確かめてみましょう。 ずっと高温期が続いていたら、妊娠している可能性があります。 白っぽかったり、クリーム色だったり、ドロっとしている状態のおりものが出てきて、下着について固まります。 月経期(生理中)のおりもの 子宮内膜が血液を伴ってはがれ落ち、おりものはこれらと混ざり合うため、単独での状態を見ることは出来ません。 おりものの量は妊娠していないときの黄体期と同様に、少なくなっています。 おりものには、細菌が膣内に侵入し繁殖するのを防ぐという役割がありますが、排卵期になると、妊娠の成立を促す働きもあります。 排卵期には、膣内で射精された精子が頸管を通って卵子の元へ到達しやすいように、頸管粘液というアルカリ性の分泌液が増えます。 それは、膣内で射精された精子が、酸で死に絶えることなく卵子へと到達するのを目的とします。 生理周期の時期によっておりものの状態が変わるのは、妊娠に向けての変化であるといえるでしょう。 では、おりものを観察して、妊活に活用するとしたら、どんな点に注目するとよいのでしょう? 妊娠するとおりものは、いつもの月経周期で繰り返される変化とは異なる状態になります。 いつもなら、生理が始まる頃には量が少なくなっているはずなのに、量が多くなったり、クリーム状になったり、白っぽくなったり人によって個人差があります。 おりものの変化を観察して、排卵日や妊娠の有無を知ろうとして本やネットで調べても、おりものの状態や量は、個人差が大きいため、必ずしもそこに書いてあるとおりに自分のおりものが変化していくというわけではありません。 また、人それぞれ感覚の違いもあるので、同じ量だったとしても、多いと感じる人もいれば、少ないと感じる人も。 そこで、おりものをひとつの情報源と活用するには、基礎体温の計測とともに、継続して観察するということが重要になります。 通常、排卵後に受精が成立しなかった場合、おりものは徐々に減っていきます。 排卵に向けて増えていた黄体ホルモンは、排卵後もしばらくは増え続けますが、妊娠が成立しないと減っていきます。 また、卵胞ホルモンも妊娠が不成立だと徐々に減っていき、それらにしたがって、おりものも徐々に減っていくのです。 妊娠が成立すると、おりものの量は増えるのが一般的です。 分泌され続ける女性ホルモンの影響で、おりものも増えているのです。 先に書いた通り、色は白っぽかったりクリーム色だったりと個人差があります。 また、においがきつくなるという人もいます。 ただし、人によっては、それほどかわらないという人もいるので、量が増えていなくても、妊娠の可能性があることを忘れないようにしましょう。 普段自分の体の変化について、あまり気に留めなかった人でも、妊娠を考えるようになると、いろいろな変化を見て取れるようになります。 おりものも、そのひとつとして、状態の変化に目を向けましょう。 自分なりの変化を感じ取れるようになるには、長期に渡っての観察が必要になります。 基礎体温を測るのとセットにして、観察を習慣づけましょう。 普段のおりものの状態を知っていれば、万が一感染症にかかっても、早くに気づくことができます。 感染症は不妊の原因にもなりますし、妊娠していれば、早産の原因や赤ちゃんに感染することも心配されます。 健康な時からの備えが、いざというときに役立ちます。 おりものとの上手な付き合いを、今日からはじめましょう。

次の