エクセル vlookup 複数 条件。 VLOOKUPの検索に複数条件を指定する

【エクセル時短】縦横で交わるデータを取り出す!「クロス抽出」を実現する関数の組み合わせとは?

エクセル vlookup 複数 条件

VLOOKUP関数 エクセルVLOOKUP関数は、指定した範囲の左端の列で検索値を探し、指定した列番号と同じ行にある値を返します。 範囲 検索する範囲を指定します。 その場合、検索する列を範囲の一番左にします。 検索の型にTRUEを指定、または省略した場合は、正確な値を返すために範囲の左端の列を昇順で並び替えておく必要があります。 列番号 範囲の先頭列から数えた、列番号を指定します。 指定した列番号の列の値が返されます。 省略した場合もTRUEになります。 完全一致の値が見つからないと、検索値未満の最大値が返されます。 VLOOKUP関数で複数条件で検索 検索値に重複がある場合VLOOKUP関数での検索はできません エクセルVLOOKUP関数で値を検索するとき、検索値が重複していないか調べてみましょう。 重複データはCOUNTIF関数で調べることができます。 B列の「氏名」を検索値として、C列の「契約料」に、右表の「合計金額」を表示させます。 同姓同名がいないか調べてみましょう。 列を挿入して重複データを調べます。 D2に、式を入力しましょう。 D2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。 D3、D9をみてみましょう。 「2」となっています。 同姓同名です。 検索値が重複しているので、「氏名」では検索はできません。 検索値が重複している場合、複数の条件で検索します。 VLOOKUP関数で複数条件で検索 重複データがある場合、1つの検索値では検索できません。 このような時に 複数の条件で検索します。 G2に、式を入力します。 G列が完成しました。 次に、C2に式を入力しましょう。 範囲「G2:J10」の左端、G列から検索値を探しています。 C2には「4,500」が返されます。 C2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。 C列の「契約料」に、右表の「合計金額」が表示できました! 重複データはCOUNTIF関数で調べられます COUNTIF関数 指定した範囲に含まれる、検索条件に一致するセルの個数を返します。 COUNTIF関数の書式と引数 COUNTIF 範囲, 検索条件 範囲 検索条件に一致するセルの個数を求める範囲を指定します。 検索条件 条件を、数値、式、または文字列で指定します。 「りんご」の商品名は範囲「A2:A10」に2つあります。 数式の結果は「2」です。 VLOOKUP関数とIF関数 エクセルVLOOKUP関数では、検索値が重複している場合、 複数条件で値を検索します。 ここでは、VLOOKUP関数だけを使って値を抽出しましたが、VLOOKUP関数を他の関数と組み合わせると、色々な検索ができます。 よく使われるのが、IF関数との組み合わせです。 VLOOKUP関数とIF関数との組み合わせて別シートを参照したり、複数の論理式で値を検索、抽出ができます。 こちらの記事もご覧ください。

次の

VLOOKUP関数で複数条件の検索に対応してみる

エクセル vlookup 複数 条件

IF関数の書式 IF(イフ)関数は、条件が真または偽の場合に、それぞれ別の結果を返すことができる関数です。 IF関数の書式は「IF 条件式,真の場合,偽の場合 」のように記述します。 条件式が成り立つ場合は「真の場合」で指定した結果、成り立たない場合は「偽の場合」で指定した結果が返ります。 検索結果の数値の大きさによって表示される文字列を変更する例になります。 長い数式になりましたので分解して説明します。 置き換えた部分はD10セルが一般であればVLOOKUP関数で一般価格を検索する旨が指定されています。 会員かどうかを判定し、会員であれば会員価格で検索します。 会員でなければ一般かどうかを判定し、一般であれば一般価格で検索します。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

VLOOKUP関数で複数条件の検索に対応してみる

エクセル vlookup 複数 条件

更新日:2012-11-22 VLOOKUP関数で1個の検索条件では足りないとき ある表から必要なデータを取り出すとき、どうしても検索条件が1個では都合が悪い時があります。 ただし「複数の条件であればできる」とき、VLOOKUP関数でどのような方法があるか見てみたいと思います。 VLOOKUP関数で複数条件が必要な場合 今回の説明では下記の2つの表を使います。 郵便番号一覧 上段 の表に別途表 下段 の「ローマ字町域名」をVLOOKUP関数を使って表示したいと思います。 VLOOKUP関数で複数の検索条件が必要になるときは、 検索される側のデータで同じ値が2個以上あるときです。 つまり同じ値が2個以上あるときに「通常の」VLOOKUP関数を使うと予期しない値が表示される場合があるということです。 詳しくはを見てください 今回の表でも同様で1項目だけではうまく検索できない状態になっています。 上記の表では「郵便番号7桁」だけでは重複データがあり、この状態でVLOOKUPを使うと予期しない結果が返ってしまいます。 そのために2つの項目を使った検索を行います そこで二つの表に含まれている「全国地方公共団体コード」と「郵便番号7桁」の2つの項目を使って検索をします 上記の表の青い矢印のある項目。 関数を入れる前に簡単な下準備をする VLOOKUP関数で複数条件が必要な場合は、下準備が必要になります。 VLOOKUP関数の仕様で検索に使える条件は1個です。 これは変えようがないため、表の一部を変えて対応します。 言い換えると、複数条件を1つの条件に変えるための作業です。 上記のようにローマ字一覧に空の列を2列作ります。 なお、右側の列の「カウント」列は、重複がないか確認するための列です。 このように 検索する項目と項目を「&」でつなぎます。 なお、カウント 重複 確認が不要ならばこれで終了です 次に本当にこれでユニーク この項目の中で1つだけの値 かどうかを確認します。 これは別の関数「COUNTIF関数」を使って確認します。 オートフィルタの合わせ技で確認すると「1」しかありません。 これで「C列に作ったデータに重複データはない」ことが確認できました。 VLOOKUP関数を入れるときに注意すること 事前準備は終わりました。 後は表にVLOOKUP関数を入れる列を用意して実際に入力しますが、ここでもポイントがあります。 それはこの表でも 複数条件に対応する検索文字にしておくことです。 今回の表ではA列とC列が該当します。 そして実際に関数を入れたのが下記の表です。 このように検索値を「&」で結べば、結果的に複数条件でも検索できることになります。 試してはいませんが この方法でやれば検索条件が3個以上でも対応可能と思われます。 複数条件で使用する際の注意点 このように複数条件の検索は案外簡単にできますが、気を付けるべき点もあります。 それは、ローマ字の表に追加した列を削除してはいけないことです。 削除するとVLOOKUPで指定した範囲が変わるだけでなく、ユニークな値もなくなりエラーや予期しない値が表示されてしまう恐れがあるからです。 対処としては追加した列を非表示にするなどありますが、 列を物理的に削除できない点に気を付けてください。

次の