つらねたる 意味 古文。 枕草子(清少納言)

枕草子(清少納言)

つらねたる 意味 古文

スポンサーリンク 清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた 『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。 『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。 紫式部が『源氏物語』で書いた情緒的な深みのある 『もののあはれ』の世界観に対し、清少納言は『枕草子』の中で明るい知性を活かして、 『をかし』の美しい世界観を表現したと言われます。 参考文献 石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫) [古文・原文] 春は曙(あけぼの)。 やうやう白くなりゆく、山際(やまぎわ)すこし明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は夜。 月の頃はさらなり、闇もなほ、螢(ほたる)の多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。 雨など降るも、をかし。 秋は夕暮(ゆうぐれ)。 夕日のさして、山の端(やまのは)いと近うなりたるに、烏(からす)の寝所(ねどころ)へ行くとて、三つ四つ二つなど、飛び急ぐさへ、あはれなり。 まいて、雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音(おと)、虫の音(ね)など、はた、言ふべきにあらず。 冬はつとめて。 雪の降りたるは、言ふべきにもあらず。 霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭(すみ)持てわたるも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、炭櫃(すびつ)・火桶(ひおけ)の火も白き灰がちになりて、わろし。 [現代語訳] 春は曙(の時間帯が良い)。 ようやく辺りが白んでゆく、山の上にある空がほのかに明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている。 夏は夜。 月のある夜は勿論ですが、月のない闇夜でもやはり、蛍が多く飛び交っているのは良いものだ。 また、一つか二つ、蛍がほのかに光って飛んでいくのも情趣がある。 雨など降るのもしみじみとする。 秋は夕暮れ。 夕日が差して、山の端に太陽が近づく頃、カラスがねぐらに帰ろうとして、三つ四つ二つと飛び急いでいる姿も情趣がある。 まして、雁などが連なって、とても小さく見えるまで飛んでいく姿は、非常にしみじみとした情感を誘う。 日が落ちてからの風の音、虫の声などは、もう言うまでもなく良いものだ。 冬は早朝。 雪が降っている情景は言うまでもない。 霜が真っ白に下りているのも、またそうでなくても、とても寒い朝に、火などを急いで起こして、炭を持って御殿を渡るのも、冬の朝にとても似合っていてふさわしい。 昼になって、気温が上がって暖かくなると、炭櫃・火桶の火も白く灰をかぶってしまって、これは良くない。 スポンサーリンク [古文・原文] 頃は、正月、三月、四月、五月、七・八・九月、十一、二月。 すべて、をりにつけつつ、一年ながら、をかし。 正月一日は、まいて空の景色もうらうらと珍しう、霞みこめたるに、世にありとある人は皆、姿、かたち、心異(こと)につくろひ、君をも我をも祝ひなどしたるさま、異(こと)にをかし。 七日、雪間の若菜摘み、青やかにて、例はさしもさるもの目近からぬ所にもて騒ぎたるこそ、をかしけれ。 白馬見んとて、里人は、車きよげにしたてて見に行く。 中の御門の閾(とじきみ)引き過ぐるほど、頭、一所にゆるぎあひ、刺櫛(さしぐし)も落ち、用意せねば折れなどして笑ふも、またをかし。 左衛門の陣のもとに、殿上人などあまた立ちて、舎人の弓ども取りて、馬ども驚かし笑ふを、僅(はつか)に見入れたれば、立蔀(たてじとみ)などの見ゆるに、主殿司(とのもりづか)、女官などの行き違ひたるこそ、をかしけれ。 いかばかりなる人、九重(ここのえ)をならすらんなど、思ひやらるるに、内裏(うち)にも見るは、いと狭きほどにて、舎人が顔のきぬもあらはれ、誠に黒きに、白きものいきつかぬ所は、雪のむらむら消え残りたる心地して、いと見ぐるしく、馬のあがり騒ぎなどもいと恐しう見ゆれば、引き入られてよくも見えず。 八日、人のよろこびして走らする車の音、異(こと)に聞こえて、をかし。 [現代語訳] 時期は、正月、三月、四月、五月、七・八・九月、十一月、二月、結局はすべて、その時々に応じて、一年中にわたってみんな情趣があるものである。 正月一日は、空の景色も珍しいほどにうららかで、一面に霞が出ているのに、世間にいる人たちはみんな、衣装・外見・化粧で特別に美しくして、主君も自分も末永くとお祝いしているのは、いつもと違った様子で面白い。 七日、雪の間で若菜を摘んできて、青々とした若菜を普段はそんなものを近くで見ることもない御殿の中で見て騒いでいるのが、とても面白い。 白馬を見ようとして、里に住んでいる一般の女たちは、車を綺麗に飾り立てて宮中にやってくる。 待賢門の敷居を通過する時、車が揺れて乗っている人たちの頭がぶつかり、飾り櫛も落ちて気をつけていないと櫛が折れたりもして、みんなで笑う光景もまた趣きがある。 建春門の左衛門府のあたりに殿上人などが大勢立っていて、舎人の弓を取り上げて馬を驚かせて笑う様子を、車の中から少し覗き見ると、奥の宣陽門の向こうに立蔀が見えて、そこを主殿司や女官などが行ったり来たりしているのも面白い。 いったいどのような幸運な人が、宮中の中で権勢を振るっていられるのだろうかと思っていたが、宮中でもこうして見ているのはごく狭い範囲であり、舎人の顔が肌理もあらわになっているが、本当に黒くて白粉(おしろい)が足りない所は、雪がまだらに消え残っている感じで見苦しく、馬が跳ねて騒いでいる姿も非常に恐ろしく見えるので、車の奥に入ってしまい外が良く見えない。 8日、昇進した人々が喜んで挨拶回りに走らせている車の音、いつもとは違った弾んだ感じがあって趣きがある。 『枕草子』の現代語訳:1(現在位置).

次の

【中学】枕草子の現代語訳(秋)

つらねたる 意味 古文

古文においてなぜ品詞分解をすることが必要なの? まずは、古文でなぜ品詞分解をすることが必要なのかをお話していきます。 当然、意味もなく品詞分解を行うわけではありません。 古文で品詞分解を行う理由は、試験で点数を取るために必要な要素になってくるからです。 品詞分解ができないとその文の正確な意味を読み取ることができず、古文が理解できなくなってしまいます。 品詞分解がうまくできない人は古文の点数も伸びていきません。 品詞分解ができるかできないかは古文の成績に直結するものと言えます。 古文の品詞分解とは? では具体的に古文の品詞分解は何なのでしょうか?ここでは、古文の品詞分解の役割を説明していきます。 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 品詞分解は、古文が何を意味しているのかを理解しようと思った際に、このように品詞(単語)ごとに分解して、ひとつひとつの品詞を分析していく方法です。 そしてそのひとつひとつを分析したものを組み合わせることによって、文章として古文を理解することができます。 どういうことかわからないかもしれないので、品詞分解をわかりやすく説明するために身近な料理に例えてみます。 カレーを作ろうとする時に、当然最初から完成したカレーを作ることはできませんよね。 まずはカレーに必要な材料をひとつひとつ集めていき、それを調理しながら組み合わせてカレーというひとつの料理を作り上げます。 これと同じ工程を古文でもやっていけば、どんなに難しい文章でも理解できるようになるのではないかというのが古文の品詞分解です。 要するに品詞分解は 「古文を読み解くためのテクニック」と言えます。 品詞分解を具体例を用いて解説 品詞分解の具体的なイメージを持ってもらうために例文を用いながら説明します。 「春」=名詞:春• 「は」=係助詞:は• 「あけぼの」=名詞:夜明け方• 「やうやう」=副詞:だんだん• 「白く」=形容詞「白し」の連用形:白く• 「なりゆく」=動詞「なりゆく」の連体形:なっていく• 「山際」=名詞:山際• 「少し」=副詞:少し• 「明かり」=動詞「明かる」の連用形:明るくなる• 「て」=接続助詞:て• 「紫だち」=動詞「紫だつ」の連用形:紫がかかる• 「たる」=存続の助動詞「たり」の連体形:〜ている• 「雲」=名詞:雲• 「の」=格助詞:が• 「細く」=形容詞「細し」の連用形:細く• 「たなびき」=動詞「たなびく」の連用形:横に長く引く• 「たる」=存続の助動詞「たり」の連体形:〜ている 春は明け方が良い。 だんだんと白くなっていく空の山際の辺りが、少し明るくなって、紫がかっている雲が細く横に長引いている(のはとても趣深い)。 ひとつひとつ品詞を分解して、各品詞の意味から訳を考えるとこのようになります。 具体的なやり方や手順は後ほどしっかり解説していきます。 品詞分解を行えば難解な文章でも読み解ける このようにパッと見ではその文が訳せないときに品詞分解を行います。 品詞分解をすれば、初見の文章でも、一見難解と思う文章でも簡単に訳せるようになります。 なので、模試や入試で初見の文章を見たときでも、品詞分解をすればその文を理解できるようになります。 試験で古文読解の問題が出題された場合に、品詞分解を活用すれば文法事項を答える設問にも古文を訳す設問にもしっかりと対応できます。 さらに、品詞分解を繰り返し行っていけば、古文の同じようなパターンのようなものが見えてきます。 普段の問題演習から品詞分解を行うことで、そのパターンを見つけ出していきましょう。 試験本番でも役立つ知識になっていきます。 このように品詞分解は、古文を読み解くために非常に大切になってくるテクニックです。 品詞分解をするにあたって必要な古文の知識 品詞分解は古文読解をするために必須になってくるテクニックとお伝えしてきました。 しかしこの品詞分解を何の知識もない状態から行うのは不可能です。 つまり、 品詞分解を行うためには古文の前提知識がないとできないということです。 なのでここでは、品詞分解を行うために必要な古文の知識を紹介します。 品詞分解を行うために、まずはこの前提知識を身につけるようにしてください。 品詞分解を行うために必ず必要となってくる古文の知識はこの2つです。 「品詞分解をするまでに覚えることがたくさんあって大変…」「いろんなことを同時に考えないといけなくて面倒だなあ…」と思うかもしれませんが、覚える量だけだったら日本史や世界史などの歴史科目よりも断然少なく、論理的に考える力であったら数学よりも簡単です。 最初は苦戦するかもしれませんが、やっていくうちに慣れていき、どんどんわかるようになっていきます。 つまり、誰でもやれば絶対にできるようになるのが品詞分解であり、古文という科目でもあります。 具体的な古文の品詞分解のやり方・手順とは? 品詞分解をするにあたって必要な前提知識もわかったところで、いよいよここでは一番重要な品詞分解のやり方を解説していきます。 品詞分解の手順は以下の通りです。 しかし、「にき」となる助動詞はないため、 「に」「き」に別れると判断します。 いかがでしょうか?この手順で品詞分解を行っていきます。 どんどん例文を重ねながら慣れていきましょう。 しかし、「なむ」となる助動詞はないため、 「な」「む」に別れると判断します。 しかし、「りけり」となる助動詞はないため、 「り」「けり」に別れると判断します。 次は「読みてけり」です。 しかし、「てけり」となる助動詞はないため、 「て」「けり」に別れると判断します。 しかし、「ぬらむ」となる助動詞はないため、 「ぬ」「らむ」に別れると判断します。 しかし、「にたり」となる助動詞はないため、 「に」「たり」に別れると判断します。 最後は「読みたりき」という例文で品詞分解を行っていきましょう。 しかし、「たりき」となる助動詞はないため、 「たり」「き」に別れると判断します。 まとめ これまで説明してきたように、ひとつずつ冷静に考えていけば簡単に品詞分解、そしてその文の訳はできるようになります。 今回紹介したやり方・例文を参考にして、何度も問題演習を重ねて品詞分解をマスターしてください。 しかし、見ての通り品詞分解を行うためには、動詞や助動詞の知識がないといけません。 なので、やはりまずは品詞分解をするために必要な知識を習得するようにしてください。 また、古文の成績を上げていくためには、今回紹介した品詞分解以外でも必要なことが多くあります。 そこで必要になってくる 古文の知識や詳しい古文の勉強法はこちらの記事で紹介しています。 ぜひ合わせてご覧ください。

次の

小学校国語/枕草子

つらねたる 意味 古文

本名ではありません。 今でいう、源氏名にあたります。 定子の数多の女房の一人として帝や殿上人らに接するにあたって、親などに関連する官位名、地名、あるいは氏の一文字などをとって名付けられるのが一般的だったようです。 というわけで、仕事中の呼び名です。 当時は誰それの女(むすめ、と読みます)、誰それの母、とだけしか家の外ではいわれません。 そのため、家の中で何と呼ばれていたか知られている人も少ないのですが、 清少納言は、 清原元輔娘 というふうに表記されるのが普通です。 おおまかな内容• 回想章段…定子(皇后宮で尼僧、当初は皇后の別名、『中宮』を独立させ、勝手に称したり号したりする慣習をつくって称していた。 )と仲良く過ごした思い出と、彼ら上流貴族中関白家没落にまつわるにがにがしさ。 随想章段…日常の生活における、 自然の話題や四季の移り変わり、事物についての話題。 類聚章段…「ものづくし」としてしられ、「うつくしきもの」などの抽象的な題名を含む章段が多く含まれています。 『 をかし』、『 をかし( 趣があって風流だ, 興味深い)』を連発し、好奇心いっぱいに人々の好むゴシップ周辺を随筆で表現したものです。 政治的な敗者を、文学で『時の支配者と仲が良かったのに... 』『お美しくて立派だった!! …(のに残念、... …)…』などことさら崇める背景があるのです。 読解のポイント 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 やうやう…だんだん 訳)春は日の出の時間帯がいいです。 だんだん白くなっていく山のかたちの端っこが、少し明るくなって…紫がかった雲が細く棚びいているのに魅かれます。 夏は夜。 月の頃はさらなり。 闇も なほ、蛍のおほく飛びちがひたる。 また、 ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 なほ…もっと• ただ…わずかに 訳)夏は夜が素敵、だと思うわ。 月が懸かる時間帯はもちろんもっと良いのです、ご存じですか。 闇ももっといい、なぜなら蛍が沢山飛びかっているようだからです。 また、蛍が一つ二つだけ少し光って行くのも趣きがあって素敵です。 雨などが降るのも興味深い。 秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端 いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて、雁などのつらねたるが、 いと小さく見ゆるは、 いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 まいて…いうまでもなく• いと…とても 訳)秋は夕暮れの時間帯を好みます。 夕日が山の端を目指してとても近くなっていく時に、カラスが寝処へいくということで、3、4羽あるいは2、3羽などがかたまりとなって急いで飛んでいくのすら、しみじみとした趣きがあって物思いに耽ってしまう。 ましていうまでもなく、雁等が連なって大変小さくなっているのを見ると、大変趣きがあって風流なように思う。 日が沈み切ってしまい、風の音と虫の音しかしないのは、また大変趣きがあって風流だとわざわざ言わなくてはいけない事ではないと思います。 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜の いと白きも、またさらでも いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、 いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白い灰がちになりてわろし。 訳)冬は早朝が良いと思うわ。 雪の降ったあとの早朝は言わなくてはいけないことではありません、もちろん良いのです。 霜が大変白い早朝も、また、雪・霜で大変白くはなくても、大変寒いので火などを急いで起こして炭を持って移動する早朝も、大変そんな朝に似つかわしい準備で満足感がある。 昼になって、気温が暖かくなって体が緩んでくる頃には、火桶の火が白い灰っぽくなって興醒めで良くない! 女房体験…炭を持っていってやる、といった世話を焼くのは上流貴族などの家での仕事ではないのが普通なので、これ自体内裏で 上流貴族の世話(女房といわれた仕事)をした思い出として書かれている、ということになりそうです。 頻繁に雁などの行く先に思いを馳せている背景には、すでに郷愁という視点が混じっているようです。 京を離れた定子兄等のいる太宰府へと飛んでいくのかカラスや雁が、といった意味を含む冒頭とよむのが自然な時代背景です。 終わりに 定子妃の兄二人(藤原伊周、藤原隆家)は有力な政治家となるはずでしたが、故太政大臣藤原為光の娘三の君という恋人の元に藤原伊周が通う際、同じ邸の妹姫を恋人にしていた先の帝、花山院に、二兄弟でなんと夜闇に紛れて弓を向け、その袖を射て従者を殺した為に、大宰府の次官として左遷され、そのまま定子妃ともども没落しました。 『枕草子』の軽妙さは、仏教的盛者必衰を目の当たりにした衝撃と、その派閥に属する身ゆえにかかえってそらぞらしいまでに気楽さを透徹したものと捉えられています。 戒めを破った雇い主の定子(尼なのに還俗状態で子供を生み、産褥での死を迎えるに至る)をはばかってか、他の説話集などに比べてまるで現代人の感性でもあるかのように仏教色が薄め、なのが特徴ですのでよみやすいのです。

次の