座薬 使い方。 ボルタレン座薬使い方

【小さな子供】座薬の使い方

座薬 使い方

ダイアップ座薬の効果や副作用は?使用量も ダイアップ座薬はジアゼバムを主成分とした小児の熱性痙攣やてんかんの痙攣発作に使用される座薬で、ダイアップの作用機序としては中枢におけるベンゾジアゼピン受容体への結合によるGABAの作用で、GABAの濃度を上昇させるようにして治療します。 なので、ダイアップ自体には解熱効果はないので、具体的に熱を下げるには他の解熱剤を併用する方が効果的とされています。 そして、ダイアップ座薬は使用後15分~30分程度、1日2回の使用で24時間以上効果が継続するそうなので、8時間ほどの間隔をあけて2回目を使用するのがちょうど良いそうです。 それから、ダイアップ座薬は小児で体重1kgあたり、1回0. 4~0. 5mgを1日1~2回、直腸内に挿入すると良いようです。 それ以上の体重の場合の使用量の目安は上の画像の通りだそうなので、参考にしてくださいね。 こうしたダイアップ座薬は副作用の可能性が低く、安全性の高い薬ですが、多少の眠気やふらつきなどは現れるそうなので、使用する間隔は守り、安静にした状態で使うようにしてくださいね。 ダイアップ座薬は犬や猫のてんかんにも効く ダイアップ座薬は、子供だけでなく、犬や猫のてんかんや熱性痙攣にも効果があるそうで、1kgあたり40mgのダイアップ座薬を使用すると良いそうです。 ただ、人間用に処方されたものをそのまま犬や猫に使うのは危険なので、必ず動物病院で処方されたものを使用するようにしてくださいね。 スポンサーリンク ダイアップ座薬の使い方は?使用期限も ダイアップ座薬は、熱性けいれんやてんかんなどの症状が現れたとき、熱が37. それから、3回目は個人の判断で使用しては危険なので、2回目を使用しても熱が下がらず、状態が危なければ病院を受診し、医師に相談するようにしてくださいね。 ちなみに、ダイアップ座薬は処方されてからすぐに使用しなくても良く、冷蔵庫に保管しておいて、いざという時に使用しても良いのですが、使用期限は2年が限度と言われているので、それ以上経っていれば使用は控えて廃棄し、再度処方してもらってください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、ダイアップ座薬の使い方や効果と副作用、また、使用期限や体重の目安などについても詳しくお伝えしました。 ダイアップ座薬は小児の熱性けいれんやてんかんに効き目がある座薬で、解熱効果はないので他の解熱剤と併用すると良く、犬や猫の熱性けいれんにも使用することがあるのでした。 そして、使用する目安の量をお伝えしたので、参考に使うと良く、副作用としては眠気やふらつきなどもあるのでしたね。 こうしたダイアップ座薬は1日2回、8時間あけて使用すると24時間効果が持続するのですが、2回目を使用する時の熱の高さの目安などもお伝えしたので、使用期限は2年を限度とし、安全な範囲で使用するようにしてくださいね。 スポンサーリンク カテゴリー•

次の

ダイアップの効果や副作用!座薬の使い方について徹底解説

座薬 使い方

小児の発熱・座薬の使用について 症状を観察しましょう• いつから、どのくらいの熱が、一日何回くらい出ていますか。 熱が下がった時の機嫌、元気はどうですか。 熱の他に何か症状がありますか。 (嘔吐、下痢、発疹、呼吸困難など) 家庭での手当• 熱の上がり始めは、血液の循環が悪くなり、手足が青白く冷たく、又全身にふるえ(悪寒)がくることがありますが、熱が上がりきると、おさまります。 この様な時には掛毛布、湯たんぽなどで保温してあげましょう。 ふるえ(悪寒)がおさまり、手足があたたかくなったら保温をやめ後頭部などを冷やしてあげ ましょう。 高い熱の時には、解熱剤を使用しましょう。 (市販の解熱剤でも良い)• 脱水症状にならぬように、水分を充分に与えましょう。 発汗の時には、その都度乾いたタオルで拭き、着替えさせましょう。 伝染病の疑いがある時には、他児へ の伝染を予防しましょう。 お風呂へは、全身状態が良く、高い熱が24時間位出なければ入れても良いでしょう。 学校や、幼稚園などへは少なくとも熱が 「24時間以上」 出ない状態になってから行かせましょう。 健康な時から、解熱剤・水枕・体温計は常備しておきましょう。 解熱剤の使用について 何度ぐらいで使うの?• 一度使用しても熱が下がらない場合や、一度下がった熱が再度上がった場合は最低3〜4時間の間隔をあけてから、もう一度使用しましょう。 普通は多くても1日4回くらいの使用ですみます。 熱性けいれんの心配のある児は早めに使用しましょう。 太い血管(くびの横、わきの下など)を冷やしましょう。 挿入した座薬が出てしまったら• 坐薬が溶けずに出てきたら、もう一度挿入しましょう。 溶けたものが出てきたら、いくらか吸収されているので2時間程経過をみて、熱が下がる傾向がなければ再度使用しましょう。 解熱剤の効果 解熱剤の使用後1〜2時間経過して判断しましょう。 この時、平熱まで下がらなくても38. 又、病気によっては通常の解熱剤で38. 座薬の挿入方法• ベビーオイルなど滑るものをつけて、先のとがった方から肛門に挿入して、しばらく(5秒ほど)肛門を押さえていましょう。 座薬の保存• 冷蔵庫内で6ヶ月間は保存できます。 解熱剤も他の薬同様に、年齢や体の大きさで、種類や量が違いますので他児へ使用する場合は必ず医師に相談しましょう。 当院小児科のご案内 前日から発熱の症状がある方は、なるべく午前中早めの外来を受診しましょう。

次の

愛育病院:小児の発熱・座薬の使用について〔医療情報〕

座薬 使い方

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供が高熱を出したとき、座薬(坐薬)をお尻から入れたことがあるというママやパパは多いでしょう。 座薬は解熱剤が多いものの、他にもさまざまな種類があります。 今回は、座薬の効果が続く時間や、副作用があるかについてご紹介します。 座薬(坐薬)ってどんな薬? 座薬とは、肛門から挿入して使う薬のことです。 錠剤や粉薬などの内服薬と比較すると、以下のような利点があります。 解熱・鎮痛作用のある座薬は、多くのものが生後6ヶ月以降であれば、安全に使用することができます。 座薬は体重に応じて使用量が異なり、座薬を切って使うこともあります。 その際は、パッケージを開ける前にパッケージごとハサミやカッターで切り、先端部分だけを使用して、残りは処分します。 また、座薬を一度に複数個使用することもあります。 座薬に副作用や注意すべき点はある? 解熱・鎮痛作用のある座薬は、同様の効果のある飲み薬に比べ、副作用が少ないとされています。 しかし座薬を使用した後、副作用として、じんましん、嘔吐、黄疸などが起こることがあります。 そのほか、座薬を使用する際に注意しなければいけないのは、以下の点です。 関連記事 使用量が少なすぎる 座薬を使っても熱があまり下がらない場合は、座薬の量が少ないのかもしれません。 座薬を使用する量は、一般的に、体重に応じて決まっています。 そのため子供の体重によっては、一度に2個使う必要があることもあります。 使用する量は、医師や薬剤師の指示に従いましょう。 座薬は状況に応じて効果的に使用しましょう 座薬は「熱を下げる特効薬」として、つい気軽に使いたくなってしまうもの。 しかし発熱は、体の大切な防衛反応です。 いたずらに座薬を多用して熱を下げると、病気を悪化させてしまう可能性もあります。 また座薬を使いすぎることにより、肝障害が起こる可能性もあるので、適宜使うようにすることが大切です。 座薬は、あくまでも「高熱でつらいとき、一時的に熱を下げてつらさを和らげるための薬」として使用しましょう。

次の