三桜工業 株価予想。 三桜工業≪6584≫株価予想 ツイッター投資家のリアルタイム売買:株ライン

三桜工業(6584)

三桜工業 株価予想

季節外れの桜が咲き乱れている。 自動車用チューブ大手の三桜工業(6584)。 9月27日の業績上方修正発表以降、株価がほぼ上がりっ放しだ。 同社はエコカー用の全個体電池の開発を続けており、同電池が相場のテーマとして注目されていることも株価を押し上げている。 大手株系掲示板では、「とんでもない相場になりそう」「目指せキーエンス」といった買い方による書き込みが大勢を占める。 業績プラス材料で株価が大化けする銘柄は久々の印象。 「2019年のスター銘柄候補」に名乗りを上げた格好だ。 10月29日にマザーズにIPO(新規上場)を果たした就職支援サービスのジェイック(7073)がツイッター上で話題を集めている。 公開価格の4750円に対して、初値は2倍以上の1万0320円。 28日上場の再生医療のセルソース(4880)、24日上場のデータプラットフォーム提供のインティメート・マージャー(7072)と、立て続けに初値2倍超え銘柄が続出している。 年末相場に向け、IPO市場はこのまま好調をキープできるか。 (新井奈央) 【2019年10月31日発行紙面から】 PR.

次の

三櫻工業 (6584) : 株価/予想・目標株価 [Sanoh Industrial]

三桜工業 株価予想

季節外れの桜が咲き乱れている。 自動車用チューブ大手の三桜工業(6584)。 9月27日の業績上方修正発表以降、株価がほぼ上がりっ放しだ。 同社はエコカー用の全個体電池の開発を続けており、同電池が相場のテーマとして注目されていることも株価を押し上げている。 大手株系掲示板では、「とんでもない相場になりそう」「目指せキーエンス」といった買い方による書き込みが大勢を占める。 業績プラス材料で株価が大化けする銘柄は久々の印象。 「2019年のスター銘柄候補」に名乗りを上げた格好だ。 10月29日にマザーズにIPO(新規上場)を果たした就職支援サービスのジェイック(7073)がツイッター上で話題を集めている。 公開価格の4750円に対して、初値は2倍以上の1万0320円。 28日上場の再生医療のセルソース(4880)、24日上場のデータプラットフォーム提供のインティメート・マージャー(7072)と、立て続けに初値2倍超え銘柄が続出している。 年末相場に向け、IPO市場はこのまま好調をキープできるか。 (新井奈央) 【2019年10月31日発行紙面から】 PR.

次の

三桜工業(6584)

三桜工業 株価予想

エヌ・ピー・シーが急騰して前日比13.5%高の430円まで買われた。 株式新聞が16日付1面で、米国で「バイデン政権」が誕生した場合に期待される環境対策投資に関連する有力銘柄だと紹介した。 米民主党の大統領候補のバイデン前副大統領が、現職のトランプ大統領の支持率低迷を背景に株式市場でも存在感を強めている。 トランプ政権が離脱した温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰を目指すバイデン氏。 14日には環境分野に2兆ドルを投じる政策を発表した。 「バイデン政権」が誕生した場合、トランプ大統領が進めた石油や石炭などの化石燃料産業を振興するエネルギー政策の大転換が予想される。 米民主党は2035年に発電における温室効果ガスの排出量をゼロにする目標を掲げ、太陽光や風力、水素、次世代原子力の活用を加速する構え。 エヌピーシーはソーラーパネルの製造装置を手掛ける。 米国のパネルメーカーと関係が深く、足元でも主力顧客の生産能力拡大に伴う装置ニーズを取り込んでいる。 「(民主党が政権を奪取すれば)追い風が一段と強まる」(エヌピーシーのIR担当者)とのコメントを同紙は紹介している。 このほか同紙は、EV(電気自動車)向けの固体電池に絡んで三桜工業、プラスチックごみ(廃プラ)対策でクラレなどを取り上げた。 提供:モーニングスター社• 一時100円ストップ高の635円を付け、23円高の558円。 256円高の1619円。 64円高の811円。 294円安の2806円。 112円安の851円。 提供:モーニングスター社• 28日引け後の決算発表で、20年3月期の連結営業利益が計画を超過したことが好感された様子。 株価は前日比133円高の867円まで値を上げている。 20年3月期は、売上高1427億700万円(前期比1.6%増)、営業利益54億5200万円(同2.6倍)。 独子会社の不採算製品の販売価格見直し、および人員削減を含む業績改善、新規立ち上げの売上寄与などにより、「欧州」の営業損益が7億3900万円の赤字(前期は32億3000万円の赤字)に縮小したほか、「日本」も生産効率の向上、品質ロスや物流費の低減などにより、営業利益が27億6200万円(前期比2.1倍)に増大。 連結営業利益は従来予想を1億5200万円超過した。 提供:モーニングスター社 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の