槍ヶ岳 山荘。 【登山】1泊2日『槍ヶ岳』。アクセス、ルート、絶景スポットを紹介①|シティリビングWeb

槍ケ岳山荘リンクのページ

槍ヶ岳 山荘

穂高連峰側の大喰岳から望む槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘 所在地 松本市安曇 歩行開始地点の上高地()までの所要時間 長野道松本ICから車で約40分・岐阜県高山市から車で約60分、バスかタクシーに乗り換えて約40分 松本駅・高山駅前のバスターミナルからバスで、約1時間40分 最高到達地点の標高 3180m 参考になるWebページ (槍ヶ岳山荘) 現地ライブカメラ 槍ヶ岳は、日本第5位の高峰で、日本アルプスのシンボル的存在です。 日本のマッターホルンと呼ばれる独特の形で、略して「槍」と呼ばれ、信州のあちこちでその「槍」の穂先が見られます。 登山をする人なら槍ヶ岳に登ってみたい、という人も多いでしょう。 槍ヶ岳への登山ルートには、「表銀座」や「裏銀座」と呼ばれる縦走路もありますが、ここでは、上高地を起点に、健脚でコンディションが悪くなければ1泊2日で往復できるルートをご紹介します。 上高地からのルートは、岐阜県の新穂高温泉から登る槍ヶ岳への最短ルートより標高差が少なく、また、途中の景観がより素晴らしいです。 槍ヶ岳への登山は、本格的な登山ですが、このコースは、歩行距離が長く標高差が大きいだけで、危険な個所はそれほど多くなく、熟練した登山家でなければ登れないと言うわけではありません。 ある程度の体力と登山経験があれば登れますが、十分な装備や準備をして良い条件の時に登ってください。 アクセス をご覧ください。 バスやタクシーは、終点の「上高地バスターミナル」で下車します。 コース案内 上高地バスターミナル〜明神〜徳沢〜横尾〜槍沢(4時間半)〜ババ平(30分) 天狗原の先で見えた、槍ヶ岳と雪渓と 雪解け水に咲くチングルマの花 ババ平から1時間ほど歩いて「大曲」で右に大きくカーブするあたりから、雪渓の中に高山植物が咲くお花畑があります。 そして、登りが急になりますが、頑張って歩き、天狗原への分岐を直進し、「グリーンバンド」と呼ばれる美しい氷河の跡に沿って行くと、水場があります。 ここから先には水場がなく、槍ヶ岳山荘内の水も雨水なので、貴重な水です。 やがて、お花畑の向こうに、目指す槍ヶ岳が見えてきます。 天狗原への分岐から約2時間で、 殺生 ( せっしょう )ヒュッテへの分岐があります。 殺生ヒュッテは槍ヶ岳で一番古い古くからある山小屋で、最初は猟師の小屋だったため物騒な名前が付いています。 槍ヶ岳山荘には左に折れる方が少し近道で、30分ほど歩くと山荘に到着します。 東鎌尾根から見える絶景 または、槍ヶ岳山荘から、穂高連峰へ縦走するコースをたどり、大喰岳・中岳から、槍ヶ岳が水面に映り込む「逆さ槍」で有名な天狗池を経由するオプショナルコースもあります。 いずれにしても、天狗原分岐からは、元来た道をひたすら戻ります。 来たときと逆に、傾斜が最初が急で徐々に緩やかになります。 天狗原分岐までの下りは急な上に足場が悪く、滑りやすいので十分ご注意下さい。 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平17総使、第250号) 近郊のおすすめスポット をご覧ください。 執筆者:松尾(2008年8月2日登山).

次の

槍ヶ岳

槍ヶ岳 山荘

と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。 (中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう。 — 深田久弥、『日本百名山』 [ ] と述べている。 開山者は、上人( - )である。 開山と登山道整備の歴史は当該項目を参照されたい。 宗教目的以外での初登頂はので、のがそれに続いた。 槍ヶ岳は四方に尾根と沢を伸ばしている。 尾根は東西南北に、東鎌・西鎌・槍穂高・北鎌の四稜、沢は東南に槍沢、南西に飛騨沢(槍平)、北西に千丈沢、北東に天上沢の四沢である。 源流部の槍沢上部標高2,500m付近の天狗原に、天狗池があり周辺は氷河公園と呼ばれている。 周辺は(カール)地形となっている。 人間史 [ ]• (11年) - 上人が初登頂ししたとされる。 (11年)7月28日 - が外国人としての初登頂。 (明治25年)8月 - が登頂。 (明治35年) - が登頂し、以後多くの日本人が登頂するようになった。 (2年) - 夏にウォルター・ウェストン夫妻が登頂。 ウェストン夫人が女性としての初登頂。 らが島々から徳本峠を越えて、上高地を経てまでの大縦走の際に登頂した。 (大正4年) - が、日本人女性としての初登頂。 (大正5年)8月 - らが登頂し、周辺のが整備されるようになった。 (大正9年)秋 - 小林喜作らにより、から槍ヶ岳に向かう当時最短ルートであった喜作新道が開設された。 (大正11年)6月 - 小林喜作が殺生小屋(現在の殺生ヒュッテ)を開業。 日本百名山の著者であるが登頂。 夏 - 土橋荘三・中山彦一パーティーが小槍南面フェイス右ルートを初登攀。 冬 - のパーティーが槍ヶ岳冬期初登頂。 (大正13年)冬 - がで登頂。 (大正15年)8月 - 穂苅三寿雄によりが建造された。 (2年) が小槍単独初登攀。 (昭和9年)12月4日 - 山域は、中部山岳国立公園に指定された。 その特別保護地区に指定されている。 (昭和11年)1月 - が北鎌尾根で遭難。 (昭和34年) - - 山岳部員が北鎌尾根を登山中にに遭遇し、9名が死亡した。 (昭和43年)5月 - が『槍ヶ岳開山』 の播隆上人を主人公とした伝記小説を から出版した。 (17年)秋 - 左俣谷からへ登るが新設された。 これにより、から左俣谷沿いの道を遡り奥丸山から稜線づたいに槍ヶ岳に至る新たなルートとなった。 三角点の扱い [ ] 山頂の祠との山々。 2015年 主な一般登山ルート [ ] 東鎌尾根(ルート) --大天井岳-東鎌尾根-槍ヶ岳 西鎌尾根(ルート) -------西鎌尾根-槍ヶ岳 西鎌尾根() -------西鎌尾根-槍ヶ岳 槍沢ルート ----槍沢ロッジ-槍ヶ岳 槍平・飛騨沢ルート -右俣谷-槍平-飛騨沢-槍ヶ岳 わさび平ルート 新穂高温泉-左俣谷---中崎尾根-槍ヶ岳 槍穂高縦走ルート• 上高地---------槍ヶ岳• 上高地()------------槍ヶ岳 頂上付近の登り坂は急勾配な岩場であるため、危険箇所には鎖やハシゴが設置されている。 槍ヶ岳の肩から頂上までは、多くの区間で、西側の登り専用と東側の下り専用にルートが仕分けられている。 狭い平らな山頂からは並行した2本の長い鉄製のハシゴが設置されている。 以前は、一本のハシゴしかなく、登山道が渋滞する原因の一つとされていた。 バリエーションルート [ ] (バリエーション・ルート) --千天出合-北鎌のコル-北鎌尾根-槍ヶ岳、東鎌尾根の貧乏沢のコル及び水俣乗越から天上沢へ下り北鎌のコルに取付く場合もある。 槍ヶ岳東稜(バリエーション・ルート) 天上沢から大槍に突き上げる岩稜。 冬季のみ。 大槍東南稜(バリエーション・ルート) 槍ヶ岳西稜(バリエーション・ルート) 小槍基部-小槍-曾孫槍-孫槍-大槍 山頂の狭い北端には、が設置されている。 山頂からは、、、、、、及びなどのをほとんど望むことができる絶好の展望台となっている。 周辺の山小屋 [ ] 槍沢のキャンプ指定地 槍ヶ岳は、登山口からのアプローチが長いため、日帰りで往復することが難しく、を利用したり、を携帯し指定地を利用して、山中で数泊して登られることが多い。 最寄りの山小屋は、山頂直下の南西にある南部で最大規模の槍ヶ岳山荘である。 名称 所在地 槍ヶ岳からの 方角と 収容 人数 キャンプ 指定地 双六岳と樅沢岳との鞍部・双六池畔 北西 5. 1 2,550 200 60張 槍ヶ岳山頂直下南側の肩 南西 0. 2 3,060 650 30張 山頂直下の槍沢上部 南東 0. 4 2,910 100 50張 東鎌尾根・雷鳥平 南東 0. 8 2,870 100 なし 右俣谷の南岳新道取付 南西 2. 6 1,990 80 50張 南岳山頂直下南 南 2. 8 2,970 80 30-40張 西岳山頂直下南 東 3. 0 2,680 70 30張 槍沢の下部左岸・赤沢山南 南東 4. 2 1,820 150 30-40張 上高地奥の横尾・梓川左岸 南東 7. 1 1,615 250 約100張 周辺の高山植物 [ ] 花の百名山に選定されている槍ヶ岳の登山道周辺には、以下の多くの高山植物が自生している。 7月の雪解けから8月末頃までが、開花時期である。 槍ヶ岳山頂周辺(東鎌尾根): 、、、など• 槍沢上部: 、、、、、、など• 飛騨乗越周辺: 、、、など• 飛騨沢上部登山道: 、など• 西鎌尾根周辺: 、、、など• 天狗池(氷河公園)周辺: 、、など 地理 [ ] 周辺の主な山 [ ] 中央左に位置する槍ヶ岳 飛騨山脈の主稜線上にあり、東鎌尾根、西鎌尾根、北鎌尾根、南方の穂高岳へ連なる尾根の頂点である。 山容 山名 標高 m 等級 基準点名 槍ヶ岳からの 方角と距離 km 備考 2,762. 85 二等「燕岳」 北東 9. 3 2,860. 29 二等「中俣岳」 北西 6. 4 2,921. 91 三等「天章山」 東北東 5. 4 2,755 北西 4. 5 西岳 2,758 東 2. 9 2,857 東南東 7. 4 2,899 北北東 1. 4 槍ヶ岳 3,180 二等「鎗ケ岳」 (亡失) 0 3,101 南南西 0. 7 3,084 南 1. 4 3,032. 68 三等「北穂高」 南 2. 6 2,439. 46 三等「犬公望」 南西 3. 2 3,190 南 5. 9 日本百名山 2,897. 48 二等「笠ケ岳」 西南西 9. 2 日本百名山 飛騨山脈の主な山は、を参照。 源流の河川 [ ] 飛騨乗越に設置されている道標 源流となるは、へ流れる。 槍沢(の)• 天上沢、千丈沢(の支流)• 蒲田川(の支流) 周辺の峠 [ ]• 水俣乗越 - 西岳との鞍部(東鎌尾根)• 千丈沢乗越 - 左俣岳との鞍部(西鎌尾根)• 飛騨乗越 - 大喰岳との鞍部(飛騨山脈の主稜線) 交通・アクセス [ ] 上高地バスターミナルの北10. 7 km、から北西23. 0 km、の西北西28. 9 km、新穂高温泉バス停の北東9. 2 km、の東北東42. 1 km、の北西31. 8 kmに位置する。 が安曇野市穂高有明字矢村から中房温泉まで通り、終点が表銀座の登山口となる。 上部の区間は冬期閉鎖される。 の終点新穂高温泉駅付近から右俣林道が、白出小屋まで延びる。 右俣林道は一般車両の通行が禁止されている。 松本市域の字槍ヶ岳はによりに指定されており、地外から郵便物を送付することは出来ない。 槍ヶ岳の山容と風景 [ ]• 蝶ヶ岳より 槍沢のカールと槍ヶ岳 テレビ番組 [ ] やなどにより、槍ヶ岳に関するが多数放送されている。 『日本百名山 槍ヶ岳』 、1994年10月10日放送• 『花の百名山 槍ヶ岳 ハクサンイチゲ』 NHK衛星第2テレビジョン、1995年10月23日放送• 『青春の頂へ〜槍ヶ岳〜シリーズ山の歌 1 』 、、2000年9月3日放送• 『飛騨山脈 槍ヶ岳』 NHK総合テレビジョン、、2003年2月9日放送• 『週刊 日本の名峰 槍ヶ岳』 、2006年10月29日放送• 『槍ヶ岳の』 NHKデジタル衛星ハイビジョン、、2008年9月22日放送• 『夏の飛騨山脈 あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』 NHK総合テレビジョン、2009年9月23日放送• 『わんぱく日和』 長野朝日放送、2010年5月29日放送• ゴーランドが初登頂したその日は播隆が開山してから丁度50年目。 出典 [ ]• 2011年1月12日閲覧。 『新日本百名山登山ガイド〈下〉』 (著)、、2006年、、pp32-35• 『新日本山岳誌』 (編)、、2005年、、pp931-934• 日本アルプスの登山と探検』 ウォルター・ウェストン(著)、青木枝朗(訳)、、1997年、• 『日本の山1000』 、、P422• 『日本女性登山史』 、1992年、、女性登山史年表1• 『わが山旅五十年』 田部重治(著)、、1996年、• 『北アルプス山小屋物語』 出版局、1995年、、pp79-83• 『コンサイス日本山名辞典』 、、P535• 出版:文藝春秋 、著作:新田次郎『槍ヶ岳開山』• 『花の百名山地図帳』 山と溪谷社、2007年、、p62• 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2012年3月2日時点のよりアーカイブ。 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2009年2月20日時点のよりアーカイブ。 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2016年11月13日閲覧。 NHK. 2012年2月25日閲覧。 - のとのが、からまでの縦走した際に槍ヶ岳に登頂。 2009年9月14日に放送されたの全国放送版。 長野朝日放送. 2014年8月12日時点のよりアーカイブ。 2012年2月25日閲覧。 NHK名古屋放送局. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2012年9月16日閲覧。 関連図書 [ ]• 『槍ヶ岳 日本の名山 』 、、(編)、博品社、1997年、• 『槍・燕岳を歩く フルカラー特選ガイド 』 山と溪谷社、2000年、• 『飛騨山脈黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集』 槍ヶ岳山荘(編)、、2002年、• 『槍ヶ岳 白い凶器』 (著)、ワンツーマガジン社、2005年、• 『ヤマケイ アルペンガイド7 槍・穂高連峰』 山と溪谷社、2008年、• 『改訂版 岐阜県の山』 山と溪谷社、2009年、• 『槍ヶ岳開山』 (著)、文春文庫、2010年、• 『槍ヶ岳・穂高岳 上高地(山と高原地図37)』 、2010年、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 、、、• ・第5位、• 主な(、、)• 主な登山口(、、)• 外部リンク [ ]• 2020年1月11日閲覧。 2020年1月11日閲覧。

次の

山小屋のご案内

槍ヶ岳 山荘

と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。 (中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう。 — 深田久弥、『日本百名山』 [ ] と述べている。 開山者は、上人( - )である。 開山と登山道整備の歴史は当該項目を参照されたい。 宗教目的以外での初登頂はので、のがそれに続いた。 槍ヶ岳は四方に尾根と沢を伸ばしている。 尾根は東西南北に、東鎌・西鎌・槍穂高・北鎌の四稜、沢は東南に槍沢、南西に飛騨沢(槍平)、北西に千丈沢、北東に天上沢の四沢である。 源流部の槍沢上部標高2,500m付近の天狗原に、天狗池があり周辺は氷河公園と呼ばれている。 周辺は(カール)地形となっている。 人間史 [ ]• (11年) - 上人が初登頂ししたとされる。 (11年)7月28日 - が外国人としての初登頂。 (明治25年)8月 - が登頂。 (明治35年) - が登頂し、以後多くの日本人が登頂するようになった。 (2年) - 夏にウォルター・ウェストン夫妻が登頂。 ウェストン夫人が女性としての初登頂。 らが島々から徳本峠を越えて、上高地を経てまでの大縦走の際に登頂した。 (大正4年) - が、日本人女性としての初登頂。 (大正5年)8月 - らが登頂し、周辺のが整備されるようになった。 (大正9年)秋 - 小林喜作らにより、から槍ヶ岳に向かう当時最短ルートであった喜作新道が開設された。 (大正11年)6月 - 小林喜作が殺生小屋(現在の殺生ヒュッテ)を開業。 日本百名山の著者であるが登頂。 夏 - 土橋荘三・中山彦一パーティーが小槍南面フェイス右ルートを初登攀。 冬 - のパーティーが槍ヶ岳冬期初登頂。 (大正13年)冬 - がで登頂。 (大正15年)8月 - 穂苅三寿雄によりが建造された。 (2年) が小槍単独初登攀。 (昭和9年)12月4日 - 山域は、中部山岳国立公園に指定された。 その特別保護地区に指定されている。 (昭和11年)1月 - が北鎌尾根で遭難。 (昭和34年) - - 山岳部員が北鎌尾根を登山中にに遭遇し、9名が死亡した。 (昭和43年)5月 - が『槍ヶ岳開山』 の播隆上人を主人公とした伝記小説を から出版した。 (17年)秋 - 左俣谷からへ登るが新設された。 これにより、から左俣谷沿いの道を遡り奥丸山から稜線づたいに槍ヶ岳に至る新たなルートとなった。 三角点の扱い [ ] 山頂の祠との山々。 2015年 主な一般登山ルート [ ] 東鎌尾根(ルート) --大天井岳-東鎌尾根-槍ヶ岳 西鎌尾根(ルート) -------西鎌尾根-槍ヶ岳 西鎌尾根() -------西鎌尾根-槍ヶ岳 槍沢ルート ----槍沢ロッジ-槍ヶ岳 槍平・飛騨沢ルート -右俣谷-槍平-飛騨沢-槍ヶ岳 わさび平ルート 新穂高温泉-左俣谷---中崎尾根-槍ヶ岳 槍穂高縦走ルート• 上高地---------槍ヶ岳• 上高地()------------槍ヶ岳 頂上付近の登り坂は急勾配な岩場であるため、危険箇所には鎖やハシゴが設置されている。 槍ヶ岳の肩から頂上までは、多くの区間で、西側の登り専用と東側の下り専用にルートが仕分けられている。 狭い平らな山頂からは並行した2本の長い鉄製のハシゴが設置されている。 以前は、一本のハシゴしかなく、登山道が渋滞する原因の一つとされていた。 バリエーションルート [ ] (バリエーション・ルート) --千天出合-北鎌のコル-北鎌尾根-槍ヶ岳、東鎌尾根の貧乏沢のコル及び水俣乗越から天上沢へ下り北鎌のコルに取付く場合もある。 槍ヶ岳東稜(バリエーション・ルート) 天上沢から大槍に突き上げる岩稜。 冬季のみ。 大槍東南稜(バリエーション・ルート) 槍ヶ岳西稜(バリエーション・ルート) 小槍基部-小槍-曾孫槍-孫槍-大槍 山頂の狭い北端には、が設置されている。 山頂からは、、、、、、及びなどのをほとんど望むことができる絶好の展望台となっている。 周辺の山小屋 [ ] 槍沢のキャンプ指定地 槍ヶ岳は、登山口からのアプローチが長いため、日帰りで往復することが難しく、を利用したり、を携帯し指定地を利用して、山中で数泊して登られることが多い。 最寄りの山小屋は、山頂直下の南西にある南部で最大規模の槍ヶ岳山荘である。 名称 所在地 槍ヶ岳からの 方角と 収容 人数 キャンプ 指定地 双六岳と樅沢岳との鞍部・双六池畔 北西 5. 1 2,550 200 60張 槍ヶ岳山頂直下南側の肩 南西 0. 2 3,060 650 30張 山頂直下の槍沢上部 南東 0. 4 2,910 100 50張 東鎌尾根・雷鳥平 南東 0. 8 2,870 100 なし 右俣谷の南岳新道取付 南西 2. 6 1,990 80 50張 南岳山頂直下南 南 2. 8 2,970 80 30-40張 西岳山頂直下南 東 3. 0 2,680 70 30張 槍沢の下部左岸・赤沢山南 南東 4. 2 1,820 150 30-40張 上高地奥の横尾・梓川左岸 南東 7. 1 1,615 250 約100張 周辺の高山植物 [ ] 花の百名山に選定されている槍ヶ岳の登山道周辺には、以下の多くの高山植物が自生している。 7月の雪解けから8月末頃までが、開花時期である。 槍ヶ岳山頂周辺(東鎌尾根): 、、、など• 槍沢上部: 、、、、、、など• 飛騨乗越周辺: 、、、など• 飛騨沢上部登山道: 、など• 西鎌尾根周辺: 、、、など• 天狗池(氷河公園)周辺: 、、など 地理 [ ] 周辺の主な山 [ ] 中央左に位置する槍ヶ岳 飛騨山脈の主稜線上にあり、東鎌尾根、西鎌尾根、北鎌尾根、南方の穂高岳へ連なる尾根の頂点である。 山容 山名 標高 m 等級 基準点名 槍ヶ岳からの 方角と距離 km 備考 2,762. 85 二等「燕岳」 北東 9. 3 2,860. 29 二等「中俣岳」 北西 6. 4 2,921. 91 三等「天章山」 東北東 5. 4 2,755 北西 4. 5 西岳 2,758 東 2. 9 2,857 東南東 7. 4 2,899 北北東 1. 4 槍ヶ岳 3,180 二等「鎗ケ岳」 (亡失) 0 3,101 南南西 0. 7 3,084 南 1. 4 3,032. 68 三等「北穂高」 南 2. 6 2,439. 46 三等「犬公望」 南西 3. 2 3,190 南 5. 9 日本百名山 2,897. 48 二等「笠ケ岳」 西南西 9. 2 日本百名山 飛騨山脈の主な山は、を参照。 源流の河川 [ ] 飛騨乗越に設置されている道標 源流となるは、へ流れる。 槍沢(の)• 天上沢、千丈沢(の支流)• 蒲田川(の支流) 周辺の峠 [ ]• 水俣乗越 - 西岳との鞍部(東鎌尾根)• 千丈沢乗越 - 左俣岳との鞍部(西鎌尾根)• 飛騨乗越 - 大喰岳との鞍部(飛騨山脈の主稜線) 交通・アクセス [ ] 上高地バスターミナルの北10. 7 km、から北西23. 0 km、の西北西28. 9 km、新穂高温泉バス停の北東9. 2 km、の東北東42. 1 km、の北西31. 8 kmに位置する。 が安曇野市穂高有明字矢村から中房温泉まで通り、終点が表銀座の登山口となる。 上部の区間は冬期閉鎖される。 の終点新穂高温泉駅付近から右俣林道が、白出小屋まで延びる。 右俣林道は一般車両の通行が禁止されている。 松本市域の字槍ヶ岳はによりに指定されており、地外から郵便物を送付することは出来ない。 槍ヶ岳の山容と風景 [ ]• 蝶ヶ岳より 槍沢のカールと槍ヶ岳 テレビ番組 [ ] やなどにより、槍ヶ岳に関するが多数放送されている。 『日本百名山 槍ヶ岳』 、1994年10月10日放送• 『花の百名山 槍ヶ岳 ハクサンイチゲ』 NHK衛星第2テレビジョン、1995年10月23日放送• 『青春の頂へ〜槍ヶ岳〜シリーズ山の歌 1 』 、、2000年9月3日放送• 『飛騨山脈 槍ヶ岳』 NHK総合テレビジョン、、2003年2月9日放送• 『週刊 日本の名峰 槍ヶ岳』 、2006年10月29日放送• 『槍ヶ岳の』 NHKデジタル衛星ハイビジョン、、2008年9月22日放送• 『夏の飛騨山脈 あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』 NHK総合テレビジョン、2009年9月23日放送• 『わんぱく日和』 長野朝日放送、2010年5月29日放送• ゴーランドが初登頂したその日は播隆が開山してから丁度50年目。 出典 [ ]• 2011年1月12日閲覧。 『新日本百名山登山ガイド〈下〉』 (著)、、2006年、、pp32-35• 『新日本山岳誌』 (編)、、2005年、、pp931-934• 日本アルプスの登山と探検』 ウォルター・ウェストン(著)、青木枝朗(訳)、、1997年、• 『日本の山1000』 、、P422• 『日本女性登山史』 、1992年、、女性登山史年表1• 『わが山旅五十年』 田部重治(著)、、1996年、• 『北アルプス山小屋物語』 出版局、1995年、、pp79-83• 『コンサイス日本山名辞典』 、、P535• 出版:文藝春秋 、著作:新田次郎『槍ヶ岳開山』• 『花の百名山地図帳』 山と溪谷社、2007年、、p62• 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2012年3月2日時点のよりアーカイブ。 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2009年2月20日時点のよりアーカイブ。 2012年2月25日閲覧。 NHK. 2016年11月13日閲覧。 NHK. 2012年2月25日閲覧。 - のとのが、からまでの縦走した際に槍ヶ岳に登頂。 2009年9月14日に放送されたの全国放送版。 長野朝日放送. 2014年8月12日時点のよりアーカイブ。 2012年2月25日閲覧。 NHK名古屋放送局. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2012年9月16日閲覧。 関連図書 [ ]• 『槍ヶ岳 日本の名山 』 、、(編)、博品社、1997年、• 『槍・燕岳を歩く フルカラー特選ガイド 』 山と溪谷社、2000年、• 『飛騨山脈黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集』 槍ヶ岳山荘(編)、、2002年、• 『槍ヶ岳 白い凶器』 (著)、ワンツーマガジン社、2005年、• 『ヤマケイ アルペンガイド7 槍・穂高連峰』 山と溪谷社、2008年、• 『改訂版 岐阜県の山』 山と溪谷社、2009年、• 『槍ヶ岳開山』 (著)、文春文庫、2010年、• 『槍ヶ岳・穂高岳 上高地(山と高原地図37)』 、2010年、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 、、、• ・第5位、• 主な(、、)• 主な登山口(、、)• 外部リンク [ ]• 2020年1月11日閲覧。 2020年1月11日閲覧。

次の