クレア 打ち方。 クレアの秘宝伝2 設定判別 確定演出 打ち方 演出法則 解析まとめ

クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~ パチスロ スロット

クレア 打ち方

差枚数 設定1 設定6 +5000枚以上 0. 09% 2. 32% +3000~ +4999枚 2. 55% 18. 03% +1000~ +2999枚 20. 16% 44. 31% +1~ +999枚 22. 56% 19. 87% 10. 78% -1000~ -2999枚 26. 80% 4. 54% -3000~ -4999枚 2. 95% 0. 11% -5000枚以下 0. 高設定ほどボーナス確率が優遇されています。 設定 通常モード ハイモード 1 100% — 2 100% — 5 97. 5% 2. 5% 6 95. 0% 5.

次の

クレアの秘宝伝3 設定判別 確定演出 打ち方 カスタム 解析

クレア 打ち方

【技術介入要素】 通常時に、スイカとチェリーを取りこぼさないようにする。 BIG中は、一度だけ14枚役を獲得する。 【ペナルティ】 ペナルティは存在しない。 【天井】 天井は存在しない。 筺体・リール配列 - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] 筺体 リール配列 C DAITO GIKEN, INC. 左リールにスイカが出現した場合は、中・右リールにもスイカを狙う。 中・右リールともに、青いピラミッド絵柄を狙えばスイカをフォローできる。 ピラミッドが揃えば強チャンス目。 その他の場合は、中・右リールともに適当打ちでOK。 払い出し枚数が344枚を超えると終了、純増枚数は約311枚。 ・REG 「黄7・黄7・BAR」揃い、「赤7・赤7・BAR」揃い。 払い出し枚数が105枚を超えると終了、純増枚数は約104枚。 成功すれば14枚役獲得となる。 一度14枚役を獲得したら、あとはすべて順押し適当打ちで消化。 [REG中] 順押し適当打ちでOK。 高確率演出について - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] クレアの秘宝伝の通常時には、ボーナス告知の演出として「高確率」が用意されている。 あくまで演出であるため、実際に高確率でボーナスが抽選されているわけではない。 高確率演出へは、通常時のレア小役成立後に移行する可能性がある。 高確率演出は、「通常高確率」・「超高確率」・「極高確率」の3つ。 極高確率ならば、もはやボーナスは貰ったも同然! 小役とボーナスとの重複当選 - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] クレアの秘宝伝には、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選率は以下の通り。 8 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] ART機だった前作から、ノーマルタイプとして生まれ変わって登場した本機。 ノーマル機ということで、設定判別のメインはボーナス出現率。 若干REGの方が設定差が大きい。 6 立ち回りの基本となるのは、この数値。 単純に、ボーナス出現率の高い台を狙っていこう。 また、通常時の小役確率にも設定差が設けられている。 特に注目なのはベル確率。 5 ごらんの通りそこそこの設定差があるため、カウントは必須となる。 こちらも、高設定ほど出現率が高くなる。 そして、特定ボーナスについて。 重複ボーナスのうち、スイカ+ボーナスに注目。 設定1と6とでは倍以上の設定差がある。 2 早い段階でスイカ+ボーナスが複数回引けたならば、粘る価値アリ。 最後に、高設定確定要素について。 REG消化中は、合計で4枚のカードが選択されるのだが、このカード選択にて 一度でも「オヤジカード」が選択されれば設定4以上が確定する。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

クレアの秘宝伝3 スロット|天井・スペック・打ち方・解析・評価

クレア 打ち方

9 98. 1 99. 2 104. 0 108. 公式サイト・PV動画 公式サイト: 天井恩恵 新台のクレアの秘宝伝3には天井が搭載されてません。 天井狙い目 今までのクレアの秘宝伝シリーズと同じく天井が搭載されていない以上、 天井狙いは不可能です。 ゾーン振り分け スロット「クレアの秘宝伝3 女神の夢と魔法の遺跡」は、天井を含めて規定ゲーム数到達時(ゾーン)に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。 ゾーン狙い目 ボーナス当選に関わるゾーンは存在しないため、 ゾーン狙いはできません。 やめどき 通常時かつボーナスが成立していなければいつやめてもOKです。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に BAR狙い。 角チェリー停止時は、中&右リールに ピラミッド絵柄を狙う。 上段スイカ停止時も、中&右リールには ピラミッド絵柄を目安にしてスイカをフォロー。 上段ピラミッド絵柄停止時も、中&右リールは ピラミッド絵柄を狙えばOK。 下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ちで消化する。 チェリーフラグは中&右リールの中段にピラミッド絵柄が止まるかどうかで判別でき、どちらかにピラミッド絵柄が止まればチャンスチェリーとなります。 スイカに関しては右下がりに揃うスイカがスイカA、中段に揃うスイカがスイカBとなっており、スイカハズレはチャンス目。 ピラミッドハズレもチャンス目となり、ピラミッド揃いは強チャンス目となります。 ボーナス察知(最速入賞)手順 1. ボーナス成立を察知したら、右リール中段付近に BAR狙い。 中段BARorクレア絵柄停止時は、左&中リールは適当打ちで消化。 枠下BAR停止時も、左&中リールは適当打ち。 下段BAR停止時は左リール上段付近に 赤7を狙い、停止形に応じて中リールを打ち分ける。 左リール上段or下段にBAR停止時は、中リールにも 赤7を狙う。 中段赤7停止時は中リールに スイカを狙い、次ゲームで REGを揃える(狙う)。 右リール上段にクレア絵柄停止時は、左リール上段付近に 赤7狙い。 スイカテンパイ時は、中リールにも スイカを狙う。 角チェリー停止時は中リールは適当打ちで消化し、次ゲームで クレア揃いBIGor 赤異色BIGを狙う。 下段赤7停止時は、中リールにも 赤7を狙う。 ボーナス中の打ち方 【BIG中】 1. 1手順を 2回成功させたら、順押し適当打ちで消化する。 【REG中】 1. 1手順を 1回成功させたら、順押し適当打ちで消化する。 技術介入回数に注意 クレアの秘宝伝3のボーナス中には簡単な技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで10枚役を獲得できます。 REG中に関しては技術介入を1回成功させれば枚数調整が完了し、最大枚数を獲得することができますが、 BIG中は技術介入を2回成功させなければ最大枚数を獲得できない点に注意してくださいね。 強チャンス目は設定差が大きいですが、分母が大きくサンプルを集めづらいのがネックになりますね。 また、RT中のハズレ確率にも設定差が付けられており、設定が上がるにつれて段階的に出現率がアップします。 9 設定判別要素 クレアの秘宝伝3のボーナス確率は、設定1と設定6の差は約1. 2倍と大きくはないので、ボーナス確率だけを参考に設定を絞り込むのは難しいです。 6 クレア頭ボーナスは偶数設定で、赤7頭ボーナスは設定5で出現しやすいといった特徴あり。 設定1のみ出現率が均等となっている点には注意しなければいけませんが、ある程度サンプルを集められれば補助的な奇数or偶数設定判別要素として活用できますね。 各ボーナス確率解析は「」を参照。 7 チェリー、スイカA、強チャンス目とボーナスの同時成立確率に設定差あり。 なお、スイカAは右下がりに揃うスイカです。 設定差のある小役確率 設定狙いの際にはベルとチェリー確率を要チェック! ベル確率はサンプルを集めやすく設定1と設定6では 約1. 1倍の差が付けられており、チェリー確率は設定1と設定6で 約1. 2倍の差が付けられています。 小役確率の詳細解析は「」を参照。 設定示唆演出 ・クレアの秘宝伝3では、REG消化中のキャラカードやRT終了画面で設定を示唆。 REG消化中 REG中のキャラクターカードの色で設定を示唆しており、赤カードは出現時点で 設定5以上確定。 キャラカードの詳細解析は「」を参照。 RT終了画面 RT終了画面には複数のパターンが存在し、中には出現時点で特定設定以上が確定となる終了画面もあり。 終了画面の詳細解析は「」を参照。 通常時 スロット「クレアの秘宝伝3」の基本的なゲーム性は前作と同じ。 チャンス目成立を契機に移行する プチRT【高確率】は健在で、高確の種類によってボーナス期待度が異なる点も引き継がれています。 高確率 ・チャンス目を契機に突入する、クレアの秘宝伝シリーズではお馴染みのプチRT状態。 ボーナス スロット「クレアの秘宝伝3」のボーナスは、大きく分ければBIGボーナスとREGボーナスの2つ。 ただ、BIGボーナスは揃った絵柄によって獲得枚数が異なり、クレア揃いと赤7揃いの獲得枚数は最大302枚、「クレア・クレア・赤7」揃いと「赤7・赤7・クレア」揃いの獲得枚数は最大203枚となっています。 また、全てのボーナス中に技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで最大枚数を獲得することができます。 REG終了後にはRTに突入しないのも、前作と同じですね。 BIGボーナス ・揃った絵柄によって獲得枚数が異なり、クレア揃いor赤7揃いなら最大302枚獲得可能、「クレア・クレア・赤7」揃いと「赤7・赤7・クレア」揃いは最大203枚獲得可能。 ・消化中には技術介入要素あり。 ・消化後はRTに突入する。 ・BIG突入時にはストーリーBB、ミュージックBBのいずれかを選択可能。 REGボーナス ・最大105枚獲得可能のボーナス。 ・消化中には技術介入要素あり。 REG中のキャラカード カードの色 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定示唆(弱) 金 高設定示唆(強) 赤 設定5以上確定 オール銀以上 設定5以上濃厚 クレアの秘宝伝3のREG中は、前作までのようにキャラカードの色によって設定を示唆します。 赤カードに関しては、1度でも出現すればその時点で 設定5以上確定です! また、カードの出現はシナリオで管理されており、 1回のREGですべて銀以上のカードが出現した場合は設定5以上濃厚となります。 ハイモードは設定5以上でのみ選択されますが、どちらのモードでも全て銀カードが出現する可能性があるため、設定5以上が確定するのは赤カード出現時のみ。 しいて言えば、通常モードの5G目に出現することのある神秘の秘湯の選択率は、低設定と高設定で2倍の差が付けられているため、確認できるほど高設定期待度が上がりますね。 また、5G目に教授が出現すれば設定6期待度が大幅アップします。 通常モード 通常モード・1G目 設定 子供 クレア (通常) 大人 クレア (通常) オールド レオン (通常) 1 19.

次の