ノルウェージャン・フォレストキャット。 メインクーンとノルウェージャンの違いとは?どっちが飼いやすい?

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャン・フォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットの体格 ノルウェージャンフォレストキャットは、猫の中で最も大きな体型に分類される 猫の体格は以下の5つに分かれていますが、ノルウェージャンフォレストキャットは、最も体が大きく全体的に胴が長い「ロングアンドサブスタンシャル」に属します。 「雷神が連れ去ろうとしたが、あまりに大きく重くて持ち上げられなかった猫」として北欧神話に登場するノルウェージャンフォレストキャットは、平均的な猫を大きく上回る大型種なのです。 コピー• セミコピー• フォーリン• オリエンタル• ロングアンドサブスタンシャル ノルウェージャンフォレストキャットは成長に3~4年を要する 一般的な猫は生後6か月までにぐんぐん体が大きくなり、6か月を過ぎると成長のスピードがゆっくりになりますが、1歳まで成長が続きます。 1歳を過ぎると成長がほぼ止まり、食生活や飼育環境が大きく変わらなければ、体重が急激に増えることはありません。 ところが、ノルウェージャンフォレストキャットは大きく成長する代わりに、成長のスピードがとてもゆっくりです。 普通であれば1歳には成長がほぼ止まり、成猫の体が完成するのに、ノルウェージャンフォレストキャットは1歳を過ぎてもなお成長が続いて体が大きくなります。 ノルウェージャンフォレストキャットの場合、成猫の体が完成するまでには3~4年を要し、中には5歳になっても体が大きくなく個体も存在します。 成猫の体重は3. 5~7kg ノルウェージャンフォレストキャットの成猫の平均体重は、オスが4. 5~7. 0kgほど、メスは3. 5~5. 5kgほどあります。 オスはメスよりも大きく成長し、10kgを超える個体も存在します。 猫の平均体重は3~5kgほどですから、ノルウェージャンフォレストキャットはその1. 5~2倍の体重があることになります。 10kg以上の個体も珍しくないメインクーンにはさすがに負けますが、猫の平均体重を大きく超える重量級の猫種と言えるでしょう。 成猫の体長は40~60cm ノルウェージャンフォレストキャットの成猫の平均体長(胸からお尻までの長さ)は、オスが45~60cm、メスは40cmほどあります。 猫の平均体長は25~30cmほどですから、ノルウェージャンフォレストキャットは1. 5倍の体長があり、胴が長い体格であることを示しています。 とは言え、猫の体長は個体差が大きく、50cmを超える胴長の個体もそれほど珍しくありません。 ノルウェージャンフォレストキャットは飛びぬけて胴が長い猫種とは言えないでしょう。 実際、同じロングアンドサブスタンシャルのメインクーンは体長100cmを誇ります。 胴が飛びぬけて長くないのにノルウェージャンフォレストキャットが大きく見えるのは、厚くがっしりした胴回りと骨太な四肢とよく発達した筋肉のおかげです。 ヨーロッパラインとアメリカラインで体つきが異なる ノルウェージャンフォレストキャットは、ヨーロッパラインとアメリカラインのふたつの系統が存在します。 これはもともとヨーロッパのみで繁殖され、人気の上昇によってアメリカでも繁殖が行われたためです。 ヨーロッパラインは、たくましく頑丈な骨格、長い胴と尻尾が特徴的です。 一方のアメリカラインは、やや胴が短く、ヨーロッパラインよりも華奢な体つきが特徴的です。 月齢ごとの体重推移 次に、ノルウェージャンフォレストキャットの月齢ごとの体重推移を見てみましょう。 産まれたばかりのノルウェージャンフォレストキャットの子猫の体重は140~210g 産まれたばかりのノルウェージャンフォレストキャットの体重は140~210gほどあります。 もちろん個体差があり、母親の大きさも影響するので、これよりも軽い猫も重い猫も存在します。 しかし、一般的な猫の産まれたときの平均体重は100~120gほどですから、お母さん猫のお腹から出た時点で、すでに明らかな体重差があることがわかります。 ノルウェージャンフォレストキャットは生後6か月で5kgを超えることも では、ノルウェージャンフォレストキャットの子猫はどのように体重が推移していくのか見てみましょう。 『日本と世界の猫のカタログ 2019年版 成美堂出版』によると、以下のように体重が増加していきます。 生後1か月 500g 生後3か月 1700g 生後6か月 3000~5500g ちなみに、一般的な猫の体重は、生後3か月で1kgほど、生後6か月で2. 5kgほどになります。 対して、ノルウェージャンフォレストキャットは生後6か月で5kgを超えるのですから、スケールの大きさに驚かされます。 なお、この数値は海外の大きな個体を含めているので、やや高い数値になっています。 個体差がありますし、食生活や生育環境によって体重が変化することを留意してください。 ノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由 ノルウェージャンフォレストキャットが、平均的な猫よりもかなり大きいことがおわかりいただけたでしょうか。 そこで気になるのがノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由です。 ノルウェージャンフォレストキャットの体の大きさは深い森を生き抜くため ノルウェージャンフォレストキャットは、ペルシャやヒマラヤンのように人為的に作られた猫種ではなく、自然に発生した猫種です。 ちなみに、同じロングアンドサブスタンシャルのメインクーンも自然発生の猫種です。 人の手が加わっていないにも関わらず、これほど大きな体になったことに驚かされます。 ノルウェーの奥地に広がる深い森には、古くからノルウェージャンフォレストキャットがたくさん生息していたと言われています。 ただし、猫の北限はスコットランドとされていることから、昔からノルウェーに生息していた猫ではなく、ねずみ捕り用に人間が持ち込んだと考えられています。 もともとは今ほど体が大きくなく、スカンジナビア半島の厳しい環境を生き残った猫が、交配を繰り返すうち体の大きな猫が誕生したという説が有力です。 「ノルウェーの森の猫」の愛称をもつノルウェージャンフォレストキャットは、北欧の厳しい自然環境を生き抜くために大きな体が必要だったのです。 寒さと水気から身を守る豊かな被毛が体を大きく見せている ノルウェージャンフォレストキャットは体格だけでなく、長毛の豊かな被毛も特徴的です。 この被毛はダブルコートであり、トップの毛はやや硬く長めで防水性があり、背中から側面にかけて垂れ下がるように生えています。 アンダーはふわふわとしていて厚さがあり、厳しい寒さに耐えられる優れた断熱性を備えています。 北欧の厳しい寒さと深い雪から身を守る豊かな被毛が、ノルウェージャンフォレストキャットをより大きく見せているのです。

次の

【もふもふ】ノルウェージャンフォレストキャットの性格、特徴、大きさは?|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

ノルウェージャン・フォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットを飼うなら、魅力のひとつでもある毛のお手入れは重要です。 ノルウェージャンフォレストキャットの毛は、ふさふさとして量が多いのが特徴。 様々な猫種の中でも抜け毛が多い方なので、定期的なブラッシングやシャンプーが欠かせません。 成猫に成長してからだと、ブラシやシャンプーになかなか慣れない場合があります。 子猫の頃から少しずつ慣らすのがおすすめです。 また、抜け毛が多い猫種はグルーミング(毛づくろい)の際に飲み込んだ毛が体内に留まってしまう「毛球症」になりやすい傾向があります。 毛球症予防のためにも、日頃から毛のお手入れは大切。 一人暮らしでノルウェージャンフォレストキャットを飼いたい方は、毎日のブラッシングに時間を割けるかどうかも判断基準のひとつとしましょう。 一人暮らしの場合、日中は愛猫に留守番をさせていることが多いでしょう。 ノルウェージャンフォレストキャットは、飼い主に忠実で甘えん坊な性格ですので、帰宅後は留守番ができたことを褒め、たくさんスキンシップをしてあげてください。 スキンシップが不足すると、ストレスをためてしまいます。 抜け毛が増える、夜に鳴き続けるなど、いつもと行動が見られたら要注意。 ノルウェージャンフォレストキャットと一緒に過ごす時間を増やして、気持ちを落ち着かせてあげましょう。 また、二重構造の被毛(ダブルコート)を持つノルウェージャンフォレストキャットは、寒さには強く暑さには弱い性質です。 夏場に留守番をさせるときは、熱中症にかからないようエアコンで適温をキープするようにしましょう。 体格が大きいオスには、犬用のキャリーがおすすめ ノルウェージャンフォレストキャットが成猫に成長した際の平均体重は、オスが4. 5~8. 0kg、メスが3. 0~4. 0kg程度。 若干幅がありますね。 メスは一般的な成猫のサイズとほぼ変わりありませんが、オスは猫の中でも大型です。 大きな体は成熟しきるまで5年程かかると言われています。 通院やお出かけ時に使うキャリーは、メスの場合は猫用でかまいませんが、オスは体が大きく力があるため、犬用など大き目のキャリーがおすすめです。 キャリーが苦手なノルウェージャンフォレストキャットには、普段から慣れさせておくことがポイントです。 入口を開けた状態で部屋に置き、自由に出入りできるようにしておくと、キャリーへの抵抗感が薄れることが期待できます。 寝床の代わりに使用するのもいいでしょう。

次の

ノルウェージャンフォレストキャット 人気ブログランキングとブログ検索

ノルウェージャン・フォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史 ノルウェージャンフォレストキャットは何百年、何千年という歴史があり、 北ヨーロッパのスカンジナビア半島(ノルウェーがある半島)で自然発生し進化してきました。 ノルウェー語で「森の猫」を意味する「Skogkatt」という名称で長い間呼ばれていました。 ノルウェージャンフォレストキャットは 北極圏の厳しい寒さに適応するために、 厚くて水を弾くフカフカの被毛になったと考えられています。 20世紀に入ると ノルウェーを代表する猫として品種の保護活動が始まり、順調に繁殖が進みました。 1979年にはノルウェーからアメリカに輸出され、 1984年には猫種登録団体であるTICAにより猫の種類として認定されました。 歴史のポイント• 何千年も前にノルウェーのあるスカンジナビア半島で自然発生した• 北ヨーロッパの厳しい寒さに適応して被毛がフカフカに進化した• ノルウェーでは国を代表する猫として保護されてきた• 1984年に猫の種類として正式に登録された ノルウェージャンフォレストキャットの特徴と性格 ノルウェージャフォレストキャットの特徴は体が大きいことと、長くて厚い被毛を持っていることです。 鼻筋はすっきりとまっすぐで、クールな印象の見た目です。 耳と耳、耳とあごをつないでみると、 逆正三角形に見える顔の形をしていています。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格はフレンドリーで穏やかです。 ヒザや肩の上に乗ってくる子は少ないですが、飼い主に良くなつくでしょう。 頭も性格も良いので飼いやすい猫です。 特徴と性格のポイント• 体が大きく、フカフカの被毛をもっている• 鼻筋はまっすぐで顔の形は逆正三角形に近い• フレンドリーで穏やかな性格で飼い主に良くなつく ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方 ノルウェージャンフォレストキャットは寒い環境で長く生きてきたからか、 暑いことが苦手な猫です。 夏などの暑い時期にはエアコンを使うことや風通しを良くすることで 気温と湿度の調整をしてあげましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの被毛は長いので抜け毛は目立ちますが、 シルクの様になめらかな毛質で、もつれにくいです。 抜け毛は毛玉になりやすいですが、 1日1回程度ブラッシングをしてあげれば毛をきれいに保つことができるでしょう。 高いところに登るのが好きな子が多いので、 キャットタワーなどの遊具を用意してあげると喜ぶでしょう。 ノルウェージャンフォレストキャットは大きな猫なので、頑丈な遊具を用意してあげましょう。 飼い方のポイント• 暑さが苦手なので気温と湿度を調整してあげよう• 1日1回程度はブラッシングして被毛をキレイに保とう• 高いところに登れる環境を作ってあげよう ノルウェージャンフォレストキャットと似ている猫の種類 ノルウェージャンフォレストキャットに似ている猫の種類は、 メインクーンや ラガマフィンが挙げられます。 ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンは見た目が非常に良く似ています。 見分けるのは難しいですが、耳の先や鼻筋、顔の形から違いが判断できます。 個体差はありますが、 ノルウェージャンフォレストキャットはメインクーンよりも耳先のタフト(飾り毛)は少なめです。 鼻筋はノルウェージャンフォレストキャットは真っ直ぐ通っていますが、 メインクーンの場合は緩やかにカーブしている場合が多いです。 顔の形も見分けるポイントで、ノルウェージャンフォレストキャットは逆正三角形の顔の形ですが、 メンクーンはやや縦長の顔の形をしています。 ラガマフィンもノルウェージャンと同じく大型で長毛の猫です。 こちらもノルウェージャンフォレストキャットと見分けるのは難しいです。 個体差はありますが、 ラガマフィンはノルウェージャンよりも耳先が丸く、小さめ耳を持つ子が多いです。 顔の形はラガマフィンの方が横幅の広い顔つきをしています。 ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の値段や入手場所 ノルウェージャンフォレストキャットの流通量は多く、 ペットショップ、ブリーダーのどちらでも簡単に見つけることができます。 ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の価格帯は15〜20万円くらいが多いです。 流通量が多いので、探せば10万円以下でも入手することも可能です。 ノルウェージャンフォレストキャットは様々な色や柄のタイプがあるので、 まずはペットショップに足を運んでたくさん見てみることをおすすめします。

次の