まんぷく 感想。 まんぷく第146話あらすじ「売れない」感想

まんぷく22話感想ネタバレ有り!萬平は川に電気を流して魚を大量ゲットする!

まんぷく 感想

Nintendo Switchのダウンロード専用ソフト「大繁盛!まんぷくマルシェ」をプレイしたので、紹介と感想です。 この作品は食材の仕入れや料理の開発・販売を行ってマルシェを経営していくシミュレーションゲームとなっていますが、ゲームの流れがかなりシンプルな上にシビアな要素もないので、複雑なことをせずにプレイすることができます。 ゲームを起動していないときも用意した料理の販売が自動で行われるようになっているので、少しの時間でも手軽に遊べる内容になっています。 食材の仕入れでは、行く場所を選んだ後の操作が画面の指示に合わせてAボタンとLスティックを使うのみと簡単なので、食材集めに苦労するということはありません。 たまに成功すると食材が大量に入手できるミニゲームのようなものが発生しますが、操作は難しくなく、もし失敗しても通常よりは多めの食材が入手できます。 仕入れに行くときは時間回復制のスタミナを消費することになりますが、スタミナが空になる前には十分な量の食材を集めることができ、最大値の増加やアイテムによる回復も行えるので、スタミナの残量をほとんど気にすることなくプレイできると思います。 料理開発は集めてきた食材を使って行うことができ、開発時には使用する食材のヒントを見ることができるようになっています。 ヒントを見るには「CP」というものを消費する必要がありますが、ゲームを進めていると大量に余るぐらいなので特に気にせず行えるようになっています。 開発できる料理はゲーム内で「ネオ料理」と呼ばれていて、様々な食材を組み合わせたかなり奇抜なものになっているので、食材やシェフが増えるたびに新しいレシピを試してみたくなるような内容になっています。 また、料理の開発に成功したときには各シェフの独特なリアクションが見られるので、料理の名前や外見と合わせて楽しむことができると思います。 完成した料理を販売するときは、店頭に並べるだけで自動で行われるようになっています。 操作しなくても料理は売れていくので、プレイヤーはどの食材が少なくなっているかを確認して、再び仕入れを行うだけでマルシェの経営をすることができます。 ゲームを起動していないときでも料理は売れるようになっているので、ゲームを終了する前に食材をある程度ためておけば、少しの時間しか起動できないという場合でも手軽に遊ぶことができるようになっています。 並べている料理が売り切れてしまってもお金が入らなくなるだけなので、料理に必要な食材を仕入れればすぐに販売が再開できるため、シビアに管理する必要はありません。 マルシェを経営していくための手順はシンプルですが、新しい料理の開発や販売枠の拡張、稼いだお金を「魔法のバルーン」に使って訪れる客や入手できる食材を増加させることなどで収入を増やすことができるので、地道にゲームを進めて作業を効率化していくのが楽しめる人には向いているような内容だと思います。 イベントやシェフとの会話 ゲーム内には進行とともに発生するイベントや、シェフと食材の仕入れに行くことで出現する会話が多数存在します。 ゲームを進めると登場する6人のシェフはどのキャラもかなり個性的なので、キャラゲーとして楽しむこともできるような内容になっていると思います。 まとめ ジャンルはシミュレーションですが、簡単な操作でプレイすることができて複雑なシステムもないので、ゆるく遊べるゲームや少しずつ進められるゲームを遊びたい場合にはちょうどいいような内容になっていると思います。 ゲーム内には時間で回復するスタミナが存在しますが、足りなくて困ることが起きにくいようなバランスなので、あまり意識せずにプレイすることができます。 登場するキャラが全員かなり個性的で、発生するイベントや会話、開発した料理を試食したときのリアクションも独特なので、キャラゲー好きな人ならより楽しめると思います。

次の

連続テレビ小説 まんぷく

まんぷく 感想

今日のあらすじ 結婚はまだまだ先!1 舞台は1938年の大阪。 高等女学校を卒業したヒロインの福ちゃんは、三人姉妹の末っ子。 お母さんの鈴さんと一番上の咲姉ちゃんと3人で暮らしていました。 お父さんを早くに亡くしていたので、家計を支えようとホテルの電話交換手として働き始めた福ちゃん。 初めてとった電話の相手が、後に夫婦となって共に世紀の大発明を成し遂げる萬平さんなのでした!福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/咲:内田有紀 (YAHOO! テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用) 今日のあさイチ受け 台風情報が入ったため、受けはありませんでした。 今日の解説と感想 まんぷくの見方 これまでの朝ドラでは、徹底的にネタバレを回避しようとしてきたので、公式HPもあまり見ないようにしていました。 (朝ドラって、公式HPでも「え!?言っちゃうの!?」って思うようなネタバレしてくることがあるんですもん…) けど、それはそれでやりづらいところもありましたので、今回の朝ドラは、NHKさんから公式に発表される内容については知っていこうと思います。 でも、先に発表されている「あらすじ」を先々までチェックすることはしないつもりです。 朝ドラの場合は、一体「ネタバレ」とは何なのか分からなくなるくらいNHKさんが先々の情報を出してきてりするので、さじ加減が難しいんですが…自分から強いてガンガン先のことを調べていくことはしないけど、情報を遮断することもしない…という感じですかね。 事前情報で知っていましたが、いざ朝ドラで若い声のナレーションを聞くと一瞬びっくりしました。 芦田愛菜ちゃん起用の理由を以前 ネットニュースで見かけたんですが、『ひとりの少女が、おばあちゃんから聞いた話を友達に話して聞かせている』という設定で、「語り継がれていく」イメージみたいです。 かわいらしいナレーションにまだ慣れないですが、今後聞き馴染んでいくのが楽しみです。 福ちゃん 主人公の福子は、公式発表のあらすじにも「福ちゃん」と表記されています。 なんか可愛らしいですね。 福ちゃんは、予想していたより、ポヤ~ッとしていたので笑ってしまいました。 ) 電話交換室の先輩を演じておられた芸人のなるみさん。 なんでお嬢様学校に行ったんでしょうね?しかも、お父さんが早くに亡くなっている家庭なので、お嬢様学校に通うなんて経済的にも随分難しそうに思いますが…。 「べっぴんさん」の主人公であるすみれ達は13歳くらいなので、まだキアリス(すみれたちが起こす会社)は誕生していません。

次の

【まんぷく139話】ネタバレ感想。~レオナルド結婚で幸ちゃん失恋~

まんぷく 感想

「僕たちは皆さんに祝って貰って再婚したいんです。 」 「咲さんのことは聞いています。 綺麗で優しくて、わたしと全然違う方やったって。 」 真一さんが好美さんと再婚したいと思ったのは、忠彦さんが描いてくれた桜の絵を、咲の形見だと見せたとき、 「この絵はいつまでも大切に飾ってください。 もし結婚しても大事に飾ってください。 」 と言うてくれたこと。 「真一さん自身も、真一さんの前の奥様も、真一さんが大事にされている皆さんも全部好きになりたい。 」 と言う好美さん。 「どうか好美との結婚をお許しください。 」 「咲のことそんなに大事に思ってくださるなら私はそれだけで嬉しいわ。 お二人の結婚を心から祝福します。 」 鈴さんも祝福。 そこで萬平さんがスープの試作品をお披露目。 鶏ガラに胸肉をミックス! すると・・・・鈴さんも 「おいしい!!」 スープが完成しました!!! 好美さんは洋裁で生計を立ているそうです。 昔の人は洋裁が得意な人が多いんでしょうか・・・。 女の子ならとにかく裁縫ができないといけなかったんですかねぇ。 良かった、その時代に生まれていなくて(苦笑) ほんま、苦手w だけど、刺繍を始めたいって思ったりすることがあるのよねぇ。 しかし洋裁だけではなく編み物も得意なわけやんね。 好美さん、すげーな。 さて、咲姉ちゃんがまた夢枕に。 咲姉ちゃんは幻想よね。 献身的すぎて、自分のことは二の次で。 もっとドロドロしているもんやと思うけれど・・・。 ま、朝ドラだし、加地谷(愛之助)と世良の初期はドロドロしていたから・・・。 スープは完成。 今日の鈴さんは、みんなに優しかった。 萬平さんのスープに「まずい!」って言ってやりたかったでしょうが、合格。 よく頑張ったねぇ(爆) 次は麺。 麺とスープの兼ね合いも重要。 その次は量産。 そしてアメリカに世良がチキンラーメンを輸出。 ランキングに参加しています。 応援して頂けると嬉しいです。

次の