新幹線 から 在 来 線 suica。 在来線同士の乗り換えにおけるSuicaの精算方法は?

運賃計算の特例:JR東日本

新幹線 から 在 来 線 suica

先日、は初めてで金沢まで帰ったのですが、新幹線から在来線への乗り継ぎの仕方がなかなか難しかったのでまとめておきます。 「東京都区内」切符を持っているひとは、在来線にも切符で乗ります 「東京都区内」などと書かれた乗車券を持っているひとは、在来線の改札でもこの乗車券を入れて通ります。 切符を見ると路線図が書いてあるので、当てはまってればOK。 小岩で在来線の改札に乗車券のみ入れる(ちなみにも入れてみたことありますけど特に問題はないです)• 東京駅の新幹線乗換改札で、と乗車券を入れる 帰りは• 東京駅の新幹線乗換改札で、と乗車券を入れる• 乗車券だけ出てくるので、小岩で出るとき乗車券を入れる という手順になります。 べつで乗車券買わなくていいので便利! 注意点としては、 「東京都区内のでの途中下車は無効」ということです。 たとえば、• 小岩で乗って東京駅で「改札の外に出て」用事をすませるのはできない(たぶん改札口でエラーになります)• 帰りに、東京駅から、一旦で降りるのはできない(までで乗車券回収されてしまいます) ので、お気をつけを。 「東京都区内」切符で、外から乗るときは、で入ってOKです そして今回のの場合です。 まず、をネットで購入するにはので購入します。 その場合、 行きと帰りでマナーが異なるのでご注意ください。 ではふだん使っている(またはなど、なんでもよし)で入場する• 新幹線乗換改札で、・乗車券を重ねて投入、そのあとすかさずをタッチ• では・乗車券を改札に投入(いりません) という手順。 画像引用元: 改札口でもしつこく書いてありましたので、慣れない北陸出身者でも大丈夫かと思いますが、 「切符が先、があと」です。 (一生懸命かざしてたら、いりませんよーって言われました) そのため帰りはこんな手順になります。 で・乗車券を投入• このとき、現金ではなくも使えます。 精算機に切符入れると「で精算」という画面がでてくるので、それを選択し、をかざします。 この画面、初めてみたので裏ステージみたいでおもしろかった。 ご参考まで。 基本的な新幹線の乗り方はこちらをどうぞ。 tamura38.

次の

普通列車の定期券を使って新幹線に安く乗る方法!お得なSuica定期券用特急料金を使おう!

新幹線 から 在 来 線 suica

広告 タッチでGo! 新幹線を利用する Suicaで新幹線に乗れる代表的なサービスは「タッチでGo! 新幹線」です。 Suica、PASMOなど手持ちの交通系ICカード乗車券を登録しておけば、新幹線特急券などをいちいち購入せずに、普段の電車に乗るように新幹線に乗車できます。 登録は自動券売機などで可能です。 東北・上越・北陸新幹線の首都圏限定のサービスです。 詳しくは「」のページをご覧ください。 新幹線eチケットを利用する JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」に手持ちのSuica、PASMOなど交通系ICカード乗車券を登録し、新幹線eチケットを購入すると、そのICカードで新幹線に乗車できます。 えきねっとへの登録はインターネット上で無料で可能です。 東北・北海道・上越・北陸・秋田・山形新幹線限定のサービスです。 タッチでGO! 新幹線と違い、遠距離でも使えます。 詳しくは「」のページをご覧ください。 スマートEXを利用する 「スマートEXサービス」に手持ちの交通系ICカード乗車券を登録し、事前に新幹線のチケットを「スマートEX」で購入すると、そのICカードで新幹線に乗車できます。 東海道・山陽新幹線限定のサービスです。 詳しくは「」のページをご覧ください。 そのほかに新幹線を利用できるSuicaとしては、「Suica FREX定期券」「新幹線区間が含まれるSuica定期券」「モバイルSuica特急券」の3つがあります。 これら以外のSuicaで新幹線には乗れません。 普通のSuicaで最寄駅から電車に乗り、途中で新幹線に乗り換える場合は、新幹線乗換改札口で精算しなければなりません。 Suicaで新幹線駅まで来て、紙の特急券で新幹線に乗る 上記のような新幹線のきっぷを持たずに、最寄駅から普通のSuicaでJR線に乗車した場合はどうなるのでしょうか。 八王子駅でSuicaで中央線に乗車し、東京駅で新幹線のきっぷを購入し、新幹線乗換改札口から新幹線ホームに入る、といったケースです。 このときは、最寄駅からSuicaで乗車し、東京駅新幹線きっぷ売り場でSuicaを提示すれば、精算してくれます。 そのきっぷ売り場で新幹線の紙のきっぷを購入し、新幹線に乗りましょう。 新幹線のきっぷを買ってある場合 新幹線の紙のきっぷは買ってあるけれど、Suicaで最寄駅に入場する場合もあると思います。 たとえば、東京都区内発の新幹線回数券が手元にあり、都区外からSuicaでJR在来線に乗車する場合などが考えられます。 この場合は、最寄駅でSuicaを使って電車に乗り、東京駅の新幹線乗換口の自動改札機に回数券を挿入した後にSuicaをかざします。 すると、最初の駅から東京都区内までの運賃がSuicaから自動精算されます。 たとえば、川崎駅からSuicaで東海道線に乗り東京駅まで行き、東京駅から東北新幹線に回数券で乗車する場合を例に考えてみます。 この場合は、Suicaで川崎駅に入場し、東京駅の新幹線乗換口で回数券を自動改札機に挿入し、SuicaをかざせばOKです。 Suicaで品川駅まで行って、東海道新幹線に乗る場合なども同様です。 Suicaで東海道新幹線には乗れませんが、東海道新幹線乗換改札口での精算は可能です。 紙のきっぷで新幹線に乗り、Suicaで降りる 上記の逆のケースを考えます。 たとえば、仙台から東京都区内まで新幹線回数券(紙のきっぷ)を利用して、川崎駅で下車する場合にSuicaが使えるか、ということです。 この場合は、下車時にSuicaで自動改札口をを通り抜けることはできません。 紙のきっぷで川崎駅まで行き、川崎駅の精算機で精算する必要があります。 広告 「Suica FREX定期券」「Suica FREXパル定期券」で新幹線に乗る 「Suica FREX定期券」「Suica FREXパル定期券」は、Suicaを使ったJR東日本の新幹線定期券です。 これらは新幹線定期券「FREX」にSuicaの機能が付いた定期券で、券面のFREX区間内で、新幹線自由席に乗車できます。 新幹線停車駅が2駅以上含まれる「Suica定期券」 在来線用の普通の「Suica定期券」であっても、 新幹線停車駅が2駅以上含まれる場合はJR東日本の新幹線を利用できます。 ややわかりにくいので具体的に説明しますと、たとえば東京駅から宇都宮駅までの在来線のSuica定期券を持っていたとして、これを新幹線自動改札口にかざすことで、同区間の新幹線自由席に乗車できます。 このとき、新幹線の特急料金はSuicaから差し引かれます。 つまり、 Suica定期券区間内に含まれる新幹線停車駅相互間のみ、新幹線自由席を利用できるのです。 ただし、新幹線入場時にチャージ残額が1,000円未満の場合は、新幹線自動改札機を入場することはできません。 また、東海道新幹線は利用できません。 これは、東海道新幹線がJR東海に所属するからです。

次の

乗り継ぎ料金制度

新幹線 から 在 来 線 suica

【在来線】 営業キロ 100キロまで 200キロまで 201キロ以上 グリーン料金 1,050円 1,600円 2,570円 DXグリーン料金 1,680円 2,720円 3,770円 グリーン個室料金 2,100円 3,200円 5,140円• また、DXグリーン料金について、佐賀~長崎間をご利用の場合は1,680円、別府~宮崎間 100キロまでの区間は、1,680円 は2,720円です。 グリーン車をご利用の場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 九州新幹線と東海道・山陽新幹線(東京~博多間)を、新幹線の改札口を出ないで乗り継ぐ場合(直通して乗車する場合を含みます)のグリーン料金は、九州新幹線のグリーン料金と、東海道・山陽新幹線のグリーン料金を合計した額です。 【東海道・山陽新幹線のグリーン料金】 営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで 800キロまで 801キロ以上 グリーン料金 1,300円 2,800円 4,190円 5,400円 6,600円 7,790円• 博多~宮崎空港間 鹿児島本線・日豊本線経由に限ります のグリーン券は、別府駅または大分駅で改札口を出ないで乗り継ぐ場合、通しの料金でご利用になれます。 ただし、DXグリーンまたはグリーン個室をご利用の場合のグリーン券を除きます。 JR九州内の普通列車のグリーン料金は、50キロまで780円、51キロ以上は1,000円です。 特急券• 特急料金には、ご利用になる座席により指定席特急料金と自由席特急料金があります。 指定席特急料金はシーズン別となっており、ご利用になる日によって、通常期・繁忙期・閑散期に分けられ、ねだんが異なります。 また、自由席特急料金やグリーン車、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金の530円引きです 通年同額です。 特急料金には、新幹線の特急料金と在来線の特急料金があります。 なお、JR九州の在来線には繁忙期・閑散期はありません。 区間によっては、おトクな特急料金もあります。 こどもの特急料金は、おとなの半額(端数切り捨て)です。 指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。 自由席特急券は、1列車1回に限り1日間有効です。 シーズン別の指定席特急料金• ・閑散期に新幹線・特急の普通車指定席をご利用の場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。 繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなります。 ・九州新幹線をご利用の場合• ・JR九州内の在来線をご利用の場合 閑散期・繁忙期はありません(通年同額です)。 九州新幹線の特急料金 ・新幹線の特急料金は駅間ごとに決めています。 ご利用になる区間の料金は、でお調べいただけます。 ・全区間自由席をご利用の場合の自由席特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 一部区間指定席をご利用のときは全区間指定席特急料金になります。 ・新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いでも特急料金は新幹線の全乗車区間を通しで計算します。 在来線の特急料金 JR九州内で在来線特急列車をご利用の場合の特急料金は、列車ごとに、実際にご利用になる区間の営業キロによって次の表をご覧ください。 在来線の特急料金表 営業キロ 25キロまで 50キロまで 75キロまで 100キロまで 150キロまで 200キロまで 300キロまで 301キロ以上 指定席特急料金 840円 1,160円 1,370円 1,480円 1,780円 1,940円 2,050円 2,210円 自由席特急料金 310円 630円 840円 950円 1,250円 1,410円 1,520円 1,680円• 特急〔あそぼーい!〕の「パノラマシート」または「白いくろちゃんシート」ならびに特急〔かわせみ やませみ〕の「やませみベンチシート」の指定席をご利用の場合の指定席特急料金は、指定席特急料金に210円増しした額です(通年同額)。 おトクな特急料金表 おトクな特急料金表 門司港または下曽根・小倉~博多間の停車駅相互間 25キロまでの区間を除く の特急料金 指定席 1,050円 自由席 520円 博多~直方間 篠栗線・筑豊本線経由 の停車駅相互間 25キロまでの区間を除く の特急料金 自由席 420円 宮崎~南郷間の停車駅相互間 25キロまでの区間を除く の特急料金 指定席 1,050円 自由席 520円 国分~鹿児島中央間、霧島神宮~重富間または吉松~隼人間の停車駅相互間の特急料金 指定席 840円 自由席 310円 上記以外の霧島神宮または吉松~鹿児島中央間の停車駅相互間の特急料金 指定席 1,050円 自由席 520円• 博多~宮崎空港間 鹿児島本線・日豊本線経由に限ります の特急券は、別府駅または大分駅で改札口を出ないで乗り継ぐ場合、通しの料金でご利用になれます。 乗継割引 以下に紹介する条件で、JR線の特急列車や急行列車を乗り継ぐと特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 特急グリーン(個室を除きます)、特急寝台(2人用の個室及び一部の列車を除きます)をご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。 なお、10円未満の端数は切り捨てとなります。 出発前に、乗車券及び乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります(乗車券をすでにお持ちの場合はご呈示ください)。 乗車後はこのお取扱いはいたしません。 なお、JR線とJR以外の会社線を乗り継ぐ場合は、このお取扱いはいたしません。 新幹線と在来線の乗継割引 東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅、東北新幹線の新青森駅、上越新幹線の長岡駅・新潟駅、北陸新幹線の長野駅、直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、金沢駅、津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、大阪駅 新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります 、坂出駅・高松駅 坂出駅及び高松駅は岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります または青森駅 新青森駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります で新幹線から在来線の特急・急行列車にその日に乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。 新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高い方の料金が割引となります。 九州新幹線には乗継割引はありません。 指定席券• JR九州内の普通列車の指定席料金は次の表のとおりです。

次の