山形 大学 逮捕。 加藤紘貴 山形大医学部生逮捕!顔画像や動機は?女性眼科医師、矢口智恵美さん殺害事件

東北公益文科大学

山形 大学 逮捕

山形大は29日、来年4月の学長交代に伴って任期満了となる各学部長人事を内定したと発表した。 全6学部のうち4学部長と医学部付属病院長が新任される。 いずれも規定に基づき、次期学長予定者の玉手英利小白川キャンパス長の意向を踏まえ、小山清人学長が内定者を決めた。 就任は来年4月1日付。 新任は人文社会科学部長(大学院社会文化システム研究科長)に是川晴彦副学部長、医学部長(大学院医学系研究科長)に上野義之副病院長、工学部長(大学院理工学研究科長)に中島健介副学部長、農学部長(大学院農学研究科長)に村山秀樹副学部長、医学部付属病院長に佐藤慎哉副病院長。 地域教育文化学部長(大学院地域教育文化研究科長、大学院教育実践研究科長)の大森桂氏、理学部長の大西彰正氏、大学院有機材料システム研究科長の伊藤浩志氏は再任となる。 任期は医学部付属病院長のみ3年間で他は2年。 内定者の主な経歴は次の通り。 是川 晴彦氏(これかわ・はるひこ)埼玉大経済学部卒、東北大大学院経済学研究科博士課程前期修了。 1994年に山形大人文学部(現人文社会科学部)講師となり、2016年から人文学部副学部長。 さいたま市出身。 59歳。 専門は理論経済学、公共経済学。 大森 桂氏(おおもり・かつら)横浜国立大教育学部卒、同大大学院教育学研究科(修士課程)家政教育専攻修了。 2002年に山形大教育学部(現地域教育文化学部)講師となり、19年から現職。 東京都八王子市出身。 47歳。 専門は食教育、健康教育。 大西 彰正氏(おおにし・あきまさ)福井大大学院工学研究科修士課程電子工学専攻修了。 京都大大学院を経て1994年に山形大理学部助手となった。 理学部副学部長を務め、2019年から現職。 滋賀県彦根市出身。 54歳。 専門は光物性、電子物性。 上野 義之氏(うえの・よしゆき)東北大医学部卒、同大大学院医学系研究科修了。 米国メーヨクリニック研究員、JR仙台病院医師などを経て2011年に山形大医学部教授となり、16年から現職。 埼玉県東松山市出身。 59歳。 専門は消化器内科学。 中島 健介氏(なかじま・けんすけ)日本大理工学部卒。 東北大電気通信研究所助教授、弘前大理工学部教授などを経て2007年に山形大大学院理工学研究科教授となり、15年から現職。 秋田県にかほ市出身。 62歳。 専門は超伝導電子デバイス、電子材料。 伊藤 浩志氏(いとう・ひろし)山形大工学部卒、同大大学院工学研究科高分子材料工学専攻博士前期課程修了。 東京工業大助手などを経て2007年に山形大大学院理工学研究科准教授となり、16年から現職。 米沢市出身。 53歳。 専門は高分子成形加工など。 村山 秀樹氏(むらやま・ひでき)京都大農学部卒、同大大学院農学研究科修士課程修了。 県技術吏員を経て1990年に山形大農学部助手となり、准教授、教授を務め、2015年に現職に就いた。 天童市出身。 56歳。 専門は農産物生理化学。 佐藤 慎哉氏(さとう・しんや)東北大医学部卒。 1998年に山形大医学部助手となり、同大大学院医学系研究科教授などを経て2012年から現職。 山形大医学部総合医学教育センター長なども務めている。 北海道室蘭市出身。 57歳。 専門は脳神経外科学。 山形新聞からお知らせ• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の

山形大学学生 特殊詐欺の受け子で逮捕。これによって…: 山形大学研究家のブログ

山形 大学 逮捕

Contents• 山形・女医殺害事件で山形大学の学生を逮捕 今回の事件の詳細です。 【山形・女医殺害】山形大学に通う20代学生の男を逮捕 マンションの一室で眼科医の女性が頭を殴られ死んでいるのが見つかった事件。 これまでの捜査で、2人の間に接点はなかったとみられている。 — ライブドアニュース livedoornews 殺人と住居侵入の疑いで逮捕されたのは、 山形大学4年の加藤紘貴容疑者(23)。 警察の調べによると加藤容疑者は先月19日早朝、山形県東根市のマンションの一室で、この部屋に住む眼科医・矢口智恵美さん(50)の頭部を鈍器で何度も殴打し、殺害した疑いがもたれている。 警察が防犯カメラの解析などの捜査を進めたところ、加藤容疑者が浮上した。 捜査関係者によるとこれまでの捜査で、矢口さんと加藤容疑者との間に接点はなかったとみられ、警察は今後、動機などを詳しく調べることにしている。 yahoo. いったい、なにが目的だったのでしょうか? 山形大学に「また逮捕?」の声。 過去の事件や犯罪は? 今回の事件を受けて、こんな反応がたくさん見られました。 そこで、過去にはどんな事件があったのか思い出してみることにしました。 山形大学学生が住居侵入で逮捕される 米沢署は2013年に住居侵入の疑いで、米沢市堀川町、 山形大大学院理工学研究科1年 佐藤章 也容疑者(23)を 現行犯逮捕した。 本年度逮捕された山形大の学生は7人目。 逮捕容疑は、同日午前0時半ごろ、同市御廟3丁目の民家に、 無施錠の玄関から侵入した疑い。 同署によると、 佐藤容疑者は酒に酔っており、「親戚の家だと思った」と話しているという。 民家の住民が茶の間にいたところ、 佐藤容疑者が侵入してきたため、110番通報した。 yahoo. 再逮捕容疑は昨年9月20日午後10時45分ごろ、山形市上桜田3丁目の路上で、20代女性に抱きつき、体を触るなどした疑い。 容疑者は、昨年12月12日午後、同市小立1丁目の路上で、止めた車の中にいた40代の会社員女性に露出した下半身を見せたとして、2月1日に公然わいせつ容疑で逮捕された。 別に強制わいせつの被害届が出されており、追及したところ、容疑を認めた。 同署によると、「気持ちを抑えきれなかった」との趣旨の供述をしているという。 php 準教授を強制わいせつ罪で懲戒解雇処分 2016年おととし、山形大学の准教授が指導していた女子大学生の体を触ったとして強制わいせつなどの罪に問われた裁判で、執行猶予付きの有罪判決が確定し、大学は17日付けで准教授を懲戒解雇の処分にしました。 山形大学で学生の飛び降り相次ぐ 2017年 山形大(山形市)で10月4日と24日、男子学生2人が相次いで校舎から飛び降りて死亡したことが25日、分かった。 山形署は自殺の可能性があるとみて調べている。 また、2015年11月に工学部(山形県米沢市)の4年の男子学生が同市内の公園で首をつって自殺した。 遺族が男性助教による「アカデミック・ハラスメントがあった」として、大学と助教に損害賠償を求める訴訟を山形地裁に起こしている。 sankei. html 酒気帯び運転と窃盗未遂容疑で学生を逮捕 今年に入り、同学部では酒気帯び運転容疑と窃盗未遂容疑で男子学生2人が逮捕されるなどした。 php さらにこれは2013年のデータだそうですが、その1年だけで学生がらみの逮捕だけでこれだけの記録があるそうです。 「理学部男子学生=建造物侵入と窃盗で逮捕」 「医学部男子学生=建造物等損壊で逮捕」 「人文学部男子学生=住居侵入で逮捕」 「医学部女子学生=窃盗で逮捕」 「人文学部男子学生=窃盗で逮捕」 「医学部男子学生=公然わいせつで逮捕」 ざっと思い出してみただけで、これだけの事件が見つかりました。 たしかに…山形大学ではなにか物騒なことが起こっている印象です。 山形大学での事件はハラスメントも原因? 山形大学で事件や逮捕者が多い理由は何なのでしょう? もちろん、事件や犯罪は当事者自身の性格や周囲の人間関係・環境がかかわるものですから、明確な理由などはわからないということが前提です。 しかし、いろいろな要素を考えてみると、なにかの関連性は見いだせる可能性はあるかもしれません。 たとえば、山形大学は東北地方随一の国立大学ですから、医学部をはじめとした各学部の偏差値も高く、頭のよい学生が多いのではないでしょうか?受験勉強はもちろん、在学中にも勉学に真面目に取り組む人が多く、その反面ストレスもたまりがちなのかもしれません。 (過去の逮捕を見ると、医学部が多い印象もあります) さらに、2015年から2017年にかけて4名の学生の自殺者を出している学内でのアカデミックハラスメントも問題になっています。 すべての学部や教授がこのように学生に圧力をかけているわけではありませんが、もし、実際にハラスメントがあるとしたら、そのような学びの環境もストレスの原因になると思われます。 2015年11月に男子学生が自死していたことが公になったのは、遺族が大学を訴え、裁判が始まった後の2017年8月になってからだった。 自死の原因は、学内でのアカデミックハラスメントの可能性がある。 男子学生は、卒業研究の指導を受けていた助教から、繰り返しハラスメントを受けていたのだという。 ismedia. <性格> 「山形男性の性格は、まさに保守的。 ルールや規律に厳しい傾向があります。 『自分は怒りっぽいほうだ』は1位。 口下手でありながら血の気は多めです。 多くを語らずこつこつと物事を積み重ねていくところは、まわりにドライな個人主義と映ることも。 本当は人に好かれたいのに、それをストレートに表現できない不器用さがあります。 php?

次の

教職員一覧|山形大学 工学部 高分子・有機材料工学科

山形 大学 逮捕

昨日、山形の民放 テレビユー山形が、と報じました。 山形大学は先月も、殺人容疑で学生が逮捕されたばかりです。 これによって、山形大学の学長である小山清人氏の進退にかかわるかもしれません。 というのも学内では、学長が小山さんに代わってから(もっと言えばその前の結城さんに代わってから)工学部ばかり優遇して、文系学部、ひいては文系学部のある小白川キャンパスに冷や飯を食わせているともっぱら言われているからです。 冷や飯を食わされた部署(小白川キャンパス)内は、かなり人身が乱れていると聞きます。 もはや隠しようがありません。 では工学部のある米沢キャンパスではわが世の春を謳歌してるのかというと、そうでもありません。 工学部は工学部で選択と集中を徹底して一部の優秀な部門にのみ資本を投下し、そこに優秀な人材と優秀な部下・弟子を集めて派閥化し、その優秀な派閥グループが工学部全体を指揮ってコントロールしつつあります。 彼らは非常に意識が高く、神経質で、学生や教職員に対して高いレベルを要求します。 彼らは「1を聞いて10を知る」または「1を聞いたら10動く」のが当然だと思っています。 1を聞いて1しか動かなかったり、ましてや10聞いて5か6しか理解できなかったら、その場で容赦なく罵倒(ばとう)されます。 工学部のアカハラ自殺事件や、パワハラ事件も、こうした環境で起きたものといわれています。 当然山形大学学内には不満が鬱積(うっせき)しています。 その不満を作り出した代表者は他でもない、小山清人学長です。 小山さんのやり方で山形大学が世間的に高く評価されるんだったら文句はないでしょう。 だけど不祥事事件が起きたりすれば、話は別です。 今回の事件は、小山学長退任論の引き金になりそうが気がします。

次の