厄年 女性。 厄年早見表

女性の30代は半分以上が厄年|厄年・厄除け厄祓いドットコム のブログ

厄年 女性

厄年とは? 厄年とは災難や不幸に遭遇することが多いと言われる年齢のことで、陰陽道の考えに基づいて平安時代に広がりました。 厄年の年齢は男女で異なりますが、体調面でも社会的役割面でも大きな変化が起こりやすい年齢なので、現在でも厄年を意識する人が多いのです。 厄年の前年を「 前厄」といい厄の前兆があらわれるとされています。 厄年に当たる年を「 本厄」といい、災いに遭う確率が高いとされています。 本厄の後年を「 後厄」といい、厄の恐れが薄らぐとされています。 これらの3年間は警戒すべきとされています。 また、特に男性の42歳は「死に」に、女性の33歳は「散々」に通じることから「大厄」とされています。 2020年 令和2年 の女性の厄年は何歳?早見表 厄年かどうかの年齢は、 数え年で判断します。 数え年とは、お母さんのお腹にいた年を0歳とし、生まれた時に1歳となります。 その後、誕生日ではなく1月1日で1歳ずつ歳をとっていきます。 誕生日前なら満年齢にプラス2歳、誕生日後ならプラス1歳で考えると分かりやすいですね。 毎年神社などにお参りに行くと、厄年の年齢と生まれ年が書かれている場合があるので、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。 ちなみに、2020年の女性の場合の本厄、前厄、後厄は以下の表の通りです。 自分の干支に該当する13歳、25歳、37歳、49歳、61歳、73歳、85歳、97歳を厄年としている地域もありますし、見解の異なる寺社もあります。 厄年女性がやってはいけないことは? 厄年には、結婚、家の新築、引っ越し、転職などといった、 何か新しいことを始めてはいけないといわれています。 ただ、妊娠・出産については「子が厄を落とす」と言われており、逆に行った方がいいといわれています。 しかし、「厄年だから・・・」と気にしてばかりいては、人生のチャンスを逃してしまうことになります。 結婚や転職も相手があってのことです、せっかくプロポーズされたのに厄年だから・・・と断ってしまうと結婚の機会も失ってしまうことになりかねません。 ですので、厄年の女性が本当にやってはいけないことは• 厄年ということを気にし過ぎて消極的になる• 上手くいかないことがあったら、厄年のせいにする• 厄年を気にしている人の気持ちを考えない• 厄年を気にしていない人にお祓いなどを無理強いする などです。 ただ、厄年というのは昔から信じられてきた風習です。 女性も男性も 身体に変化が起こりやすい年齢に厄年となるので、病気には注意するようにしましょう。 これまでの生活を見つめなおし、規則正しい生活を心がけることで防げることなので、厄年はいい機会と捉えるといいのではないでしょうか。 厄祓いは必要?どういうことをする? 「厄祓いに行った」という話を耳にすると、自分も行った方がいいのではないかと不安に駆り立たれる人も少なからずいると思います。 33歳の女性の場合は、そういうことに敏感な年なので、友人と連れだって行く人も・・・。 ちなみに厄祓いとは災厄をもたらす罪やけがれを祓うために、身を清めたりお祓いを受けたりします。 その他にも災厄が近づかないよう、強い神様に守ってもらう「厄除け」や大事なもの(賽銭やお餅など)をわざと落としたり、ご馳走をふるまって他人に得をさせて自分に損をさせるといった、自ら災厄をつくりだし今後の厄を減らす(落とし)「厄落とし」もあります。 一番簡単なのは、神社やお寺で厄祓いや厄除け祈願をすることです。 いつ行うかは地域によってことなりますが、主に元旦、旧正月、節分などに行われますが、思い立ったときに行っても構いません。 一番多いのは初詣の時に行い、後厄の翌年に災厄から守ってくれた御礼を神様にお礼参りをするといいでしょう。 また、厄年の節分には厄の象徴である鬼を退治する豆まきをして、厄祓いをしましょう。 他にも• 元旦のおとそは、皆から厄を祓う力をもらう意味もあって飲む順番を最後にする。 正月と小正月、または正月と節分に厄落としをする。 正月が2回きたことになるため厄年もお終いと考えます。 厄除けとなるものを身につける。 (肌身離さず持てるもの、長いもの、うろこ模様のもの、七色のものがよいとされる) などがあります。 また、大厄の年齢は、社会的責任や子育てなどで心身ともに疲労する時期と重なり、体力や肉体も低下しやすいので、これを機に健康チェックをするなど、健康に留意するのも厄年にはおすすめです。 ちなみに、私、大厄の年に出産を経験しています。

次の

2020年の女性の厄年!これはやって良い?悪い?贈り物は何がいい? | 厄年

厄年 女性

33歳の厄年(本厄)はこの中でもとくに災厄にあいやすい、最も災厄に見舞われやすい 『大厄』とされており、多くの女性がこの大厄を気にし、神社・お寺などで厄除け・厄祓いを行ったり、厄除けになるようなことを行ったりします。 厄年という概念は中国から伝わった外来思想が元になっているともいわれており、日本では古くから広く知られていました。 現在は、女性19歳・33歳・37歳・61歳、男性25歳・42歳・61歳(いずれも数え年)が厄年と一般的にされていますが、古くは地域・時代によって年齢や儀式も様々であったとされ、今のような厄年の年齢設定が一般的になったのは江戸時代とも言われています。 厄年という考え・風習自体は平安時代にはもうすでに日本に会ったので、年の数え方は「数え年で」がその時代から当たり前で、今なおその風習が残っているのです。 日本人の多くの人がこの厄年を気にしており、神社や寺院(お寺)に厄除け・厄祓いの祈祷・祈願を行うことは一般的であり、また日本国内の多くの神社・お寺でも厄除け祈願祭など厄年の人向けの祭事を多くのところで行っています。 現代人にとってこの厄年は、非常に関心の高い人生儀礼の一つとなっています。 数えで19歳は満年齢で17〜18歳、高校卒業で大学に進む子は今までの地元中心から離れて見知らぬ土地で一人暮らしや、通学を始めたり。 就職する子はそれこそ、学生から社会人にと大きく自分の環境が変わる年です。 また女性の大厄(数えで33歳)を含めた、30代は前厄・本厄・後厄を含めると、 30代の半分以上が厄年 であり、仕事についている女性も、結婚し家庭を持っている女性もその30代で大きく人生が変わる、子育てや仕事の立場も変わる、という時期と厄年の時期が重なります。 また30代女性から身体的な変化も、個別に大きく出始め、女性特有の成人病(子宮頸がんや乳がんなど)が早い人で出始め、また30代後半には出産に対するリミットも迫るなど、女性としての身体の変化も大きくでるころです。 こういった環境だけでなく、身体的な変化などが心や体に及ぼす影響は小さくないので、厄年に当たる時期に災厄に見舞われやすく、またその災厄自体をもっと「厄年だぁ…」と多くの女性を思わせてしまう時期です。 61歳も子の独立や仕事も定年、成人病から老人として入り口を迎える時期であり、大きな変化の時期でもあります。 ただし同時に、「還暦」のお祝いの時期でもあり、第三の人生が始まる時期でもあり、この頃になると悲観的なことばかりではなくなる時期でもあります。 女性の厄年 関連ページ 厄年の過ごし方:44. この2つは根底でつながってる部分があります。 不摂生や不規則な生活などを続けていると、この厄年の年齢ころにそれらが一気に病気や体の変化として現れてくる、ということをみな分かっているのです。 気になる厄年をどう過ごすか?以下に乗り切り病気や健康上の不具合に見舞われないようにするかを多くの女性が気にします。 ・厄年の転職 も多くの女性が気にしており、とくに30代女性の転職適齢期に厄年に転職していいものなのか、を気にする方が多いことを物語ってます。 出産・育児休暇後の復職と厄年が重なり気にしている方も多いのかもしれません。 ・厄年の結婚 ・厄年の出産 は気にする女性は深く気にするのでしょうが、全体的に見れば気にしている方自体はそんなに多くないという結果でもあります。 とはいえ、とくに30代女性は結婚適齢期でもあり、また30代後半には出産へのリミットも近づいてくるなど、このあたりのことも厄年の女性が大きく気になる点でもあります。 とくに初婚や初めて出産するという厄年の女性にとっては、深刻な悩みでしょう。 しかし現代では上述のように、多くの女性がその時期に男性と変わらず働いていたり、家庭を切り盛りしている時期でもあり、厄年であることを気にしすぎては、かえって生活に支障をきたし、またいろいろな機会を逃してしまいます。 厄年だからと言って消極的になりすぎず、しかし身体的な変化や周りの環境の変化などもある時期なので、無精を改めたり、規則正しい生活を心がけるなどして過ごされるのがベストでしょう。 またお伝えしたように、女性は19歳の厄年〜33歳・37歳の厄年の間で20代・30代で子宮頸がんや乳がんなど女性特有の成人病のリスクが大きく跳ね上がるため、定期検診をしっかり受けることや、病気に気をつけて、食生活や適度な運動するなどして、健康維持にも意識を配り過ごすことも大事になります。 地元の氏神様の神社はもちろん、厄除けのご利益で有名な神社やお寺などでも祈祷を申し込んで受けることができます。 神社やお寺でも新年になると厄年の方向けに早見表を掲示したり、祈祷を案内する掲示や放送が流れたりします。 厄年が気になる災厄に見舞われないよう、厄を祓ってもらいたい、という女性はぜひ 神社・お寺という神聖な場所で祈祷を受け、厄を祓ってもらう ようにしましょう。 厄除けを含めこうした祈祷を受けること、厄を祓ってもらうことなどに「科学的根拠がない」と言って否定する人がいますが、 要は心の持ちよう、精神の問題です。 厄除けの祈祷を受けて(厄を祓ってもらって)女性が気持ち的に晴れやかになり、安心してその年(2020年)を過ごせる様になるのであれば、それは意味があり、ご利益があった と言えるでしょう。 厄年の女性はいつから? その年に厄年にあたる女性の生まれ年は いつから厄年となるでしょうか? その答えは 元旦1月1日から厄年に当たる女性は厄年になる です。 ですので、年が明けて1月1日の元旦から「厄年」として厄除け・厄祓いの祈願を全国の神社・お寺で受けることができます。 全国の神社・お寺では年が明けて元旦を迎えると同時に「厄除祈願祭」と銘打って厄年になったばかりの女性・男性に厄除けの祈願の案内やお勧めがあります。 ちなみにこの数え年の考えに「早生まれ」の概念はないので、早生まれの人もそうでない人も一様に厄年を迎えます。 厄年の女性、厄除けはいつまでに? 厄年は1月1日の元旦の日から厄年になること、1月1日から厄年として厄除け・厄祓いの祈祷を受けることができることはわかりました。 では、「いつまでに(厄除けを受ければいいの)?」ということが厄年女性の方も考えると思います。 いつまでに?の回答としては 2月3日の節分の日までに というのが答えの一つとしてあります。 その名残が現代でも厄除けは、上記にある 元旦1月1日〜2月3日の節分までに行う という習慣、考え方が一般的になりました。 もちろん、実際は日本全国どこの神社・お寺でもこの時期を過ぎても厄除けの祈祷を受けることができますし、時期を過ぎて祈祷を受ける厄年の人も多くいます。 厄除け・厄祓いでの女性の服装について 厄年の女性が神社・お寺で厄除け・厄祓いの祈祷をお願いする際、服装は基本的には お出かけ着が最適 です。 フォーマル目のスーツやビシッとした格好だとかえってかしこまりすぎてしまいます。 ただし仕事で普段スーツを着ている女性であれば、きちんとクリーニングにかけたビジネス用のスーツであれば問題ありません。 フォーマル、正装用のスーツなどでは場に浮いてしまいます。 また逆に駄目なのが Tシャツやジャージ、部屋着のような格好はNG です。 ジーンズもダメージジーンズなどはNGです。 (白Tシャツも清潔な感じがしますが、こういう場ではあまり好まれません) 本殿や本堂という神聖な場所、神様・御仏の前に向き合って祈祷を受ける、お祓いを受けるのですから、やはりTPOで場にあった服装が好ましいです。 厄除け・厄祓いの初穂料(祈祷料)について 初穂料とは神社で祈祷をお願いする際に神社側にわたす謝礼のことです。 (お寺では祈祷料・御布施と呼びます) 初穂料は渡す際、のし袋(金封)に包んで渡す、紅白蝶結びの水切りのものを使うなど細かなしきたりがあります。 初穂料の金額の相場としては 5,000円〜、7,000円〜となっているところが多く、 大きな有名神社などでは、10,000円〜というところもあります。 (お寺の祈祷料も概ね同じくらいの相場) 金額の違いによって、授与物の内容が異なる神社・お寺も多くあります。 金額の相場やのし袋の書き方、初穂料の渡し方など詳しく解説しています。 【神社様・寺院(お寺)様へ】 「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのにて掲載のご希望送付下さい。 喜んで掲載させていただきます。 【NOTICE】 昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。 そのようなサイトに対しては、こちらの「」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。 またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのから教えていただけると嬉しい限りです ページ各所の広告枠掲載についてはこちら.

次の

女性の30代は半分以上が厄年|厄年・厄除け厄祓いドットコム のブログ

厄年 女性

最も危険だと言われている大厄は、女性は33歳(さんざん)の年、男性は42歳(しに)の年になります。 女性の場合、33歳の厄年に、婦人科系の病気になる人が多く、また離婚率も、厄年に当たる31〜33歳が高くなっており、身体も心のバランスも崩しやすい年といえるかもしれません。 61歳の厄年は地域や宗派によって男性だけの場合もありますが、4度目の厄年を含めると、前厄、本厄、後厄を合わせ12年間あります。 そして、厄年の半分は、30代に訪れます。 数え年の年齢になります。 数え年の場合、母親のお腹にいる月日も命と考えますので、生まれた年は0歳ではなく1歳になります。 地域や宗派によって違いはありますが、厄年は旧暦で考えられており、立春から始まります。 したがって、立春前に生まれた人は、前の年が生まれた年になります。 たとえば、昭和53年1月11日生まれは、昭和52年生まれになります。 不安な方は神社で尋ねると教えてくれると思います。 女性の厄年は30代で6年間もあります。 6年はとても長かったです。 私は6年間きちんと厄払いしていただきました。 何故なら、私の母親は大厄のとき、母親を病気で亡くしました。 仲良し親子だったので、母親の落ち込みは激しく、厄払いしなかったことを悔いて、自分を責めていました。 それから、きちんと厄払いしていましたが突然の死だったので悔しかったみたいです。 そんな母親を見ていたので、私は毎年厄払いをしました。 それでも婦人科系の病気と甲状腺の病気を患いました。 痛くて動けなくなりつらい日々も過ごしました。 ただ命の危機に陥るような症状ではなかったのは厄払いのおかげだと思います。 気持ちの問題だと思いますが、厄払いをしておけば、悲観的に考えることもあまりなく、気持ちも落ち着きました。 災難が降りかからないよう意識して行動していたと思います。 できることなら厄払いはしておいたほうがいいです。 参考にしてください。 お正月に初詣に行けば、ほとんどの神社やお寺に厄年早見表が飾られていますし、厄除け厄払いをしてくれますので、近所の神社やお寺を訪ねてみてくださいね。

次の