サステナブル 建築 物 等 先導 事業。 サステナブル建築物等先導事業とは?わかりやすく解説

サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)

サステナブル 建築 物 等 先導 事業

家庭部門・業務部門のCO2排出量が増加傾向にある中、住宅・建築物において、より効果の高い省エネ・省CO2技術の採用、複数技術の最適効率化による組み合わせ、複数建物によるエネルギー融通、健康・介護、災害時の継続性、少子化対策などに係る先導性の高い省エネ・省CO2対策を強力に推進することが期待されています。 さらには、単身世帯の増加、少子高齢化、介護分野の人材不足等の社会状況を踏まえ、IoT技術等の活用による住宅や住生活の質の向上、住生活関連の新たなビジネス市場の創出・拡大の促進による住生活関連産業の成長が求められています。 「サステナブル建築物等先導事業」では、IoT技術等の活用により、住宅の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図る取組に対して、「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」として支援を行います。 こうした取組について関係主体が事業の成果等を広く公表し、取り組みの広がりや意識啓発に寄与することを目的とします。 主な事業要件• IoT技術等を活用した住宅等であること• 公募年度に事業着手するもの• 「IoT技術等を活用した次世代住宅懇談会とりまとめ」を踏まえたものであること• 補助対象費用• 調査設計計画費(IoT技術等を活用した設計に係るシミュレーション費用など)• 建設工事費(先導的なIoT技術等の導入に係る費用等)• マネジメントシステムの整備費用• 効果の検証等に要する費用 等• 選定方法 応募提案については、学識経験者等からなる「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)評価委員会」による評価結果を踏まえ、国土交通省が採択事業を決定します。 過去の公募状況 平成29年度第1回公募を平成29年6月19日から7月28日まで実施。 平成29年度第2回公募を平成29年11月2日から11月30日まで実施。 平成30年度第1回公募を平成30年4月2日から5月11日まで実施。 平成30年度第2回公募を平成30年7月2日から7月31日まで実施。

次の

サステナブル建築物等先導事業とは?わかりやすく解説

サステナブル 建築 物 等 先導 事業

提案応募及び補助金を受給される皆様へ 本補助金は、国庫補助金である公的資金を財源としており、社会的にその適正な執行が強く求められます。 当然ながら、補助金に係る虚偽や不正行為に対しては厳正に対処します。 従って、本補助金に対し提案応募をされる方、採択されて補助金を受給される方は、「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和30年8月27日法律第179号)」をよくご理解の上、以下の点についても十分にご理解された上で、提案応募及び補助金の受給に関する手続きを適正に行っていただきますようお願いします。 本募集要領や採択後に通知する補助金交付の手続きに関するマニュアル等で定められる義務が果たされないときは、改善のための指導を行うとともに、事態の重大なものについては交付決定の取消を行う場合があります。 1 提案応募者及び補助金交付申請者が提出する書類には、如何なる理由があってもその内容に虚偽の記述、事実と異なる内容の記載を行わないでください。 2 国土交通省から資料の提出や修正を指示された際は、速やかに対応してください。 適切な対応をいただけない場合、交付決定の取消等を行うことがあります。 3 補助事業の適正かつ円滑な実施のため、その実施中又は完了後に必要に応じて現地調査等を実施します。 4 補助事業に関し不正行為、重大な誤り等が認められたときは、当該補助金に係る交付決定の取消を行うとともに、支払い済の補助金のうち取消対象となった額を返還していただきます。 5 補助金に係る不正行為に対しては、適正化法の第29条から第32条において、刑事罰等を科す旨規定されています。 6 採択又は交付決定された事業内容からの変更は、原則、認められません。 7 補助事業にかかわる資料(提案応募並びに交付申請に関わる書類、その他経理に関わる帳簿及び全ての証拠書類)等は、事業完了の属する年度の終了後、5年間保存していただく必要があります。 8 補助金で取得し、又は効用の増加した財産(取得財産等)を、当該財産の処分制限期間内に処分(補助金の交付目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、担保に供し、又は取壊すことをいう。 )しようとするときは、事前に処分内容等について、大臣の承認を受けなければなりません。 9 事業完了後も、本募集要領に規定する適正な財産管理、木造化に関する積極的な普及啓発などが必要です。 (1)公募する事業の種類 建築物における木造化(以下「木造化」という。 )の推進に向けたモデル性、先導性が高いプロジェクトとして選定されたものを補助の対象とします。 (2)事業の要件 次の【1】から【6】までの全ての要件に該当するものであることが必要です。 なお、設計のみでその後の整備を伴わないプロジェクトは対象となりません。 【1】 構造・防火面で先導性に優れた設計又は施工技術が導入される事業計画であること。 【2】 使用する材料や工法の工夫により整備コストを低減させるなどの、木材利用に関する建築生産システムについて先導性を有する計画であること。 【3】 主要構造部に木材を一定以上使用するものであること。 【4】 建築基準法令上、構造・防火面の特段の措置を必要とする規模以上のものであること。 【6】 令和元年度に事業に着手するものであること。 公募期間 本事業への応募は、上記1(2)の要件を満たす事業を行う者(地方公共団体を含む、建築物の建築主)が行うこととします。 応募した事業提案が採択された場合、3.3に示す内容に従って補助金の交付に係る手続きを行い、事業を実施していただくことになります。 したがって、具体の実施体制が確保されていないアイデアのみの提案や事業を実施する予定のない評価のみを目的とした提案は受付けられません。 補助を受ける者は、事業提案を行い、採択を受けた建築主となります。 事業提案や諸手続において、建築主と書面による代理契約を交わした者が関係者として実務を遂行することを排除しません。 に記入して下さい。 補助金の交付後に、当該申告の内容に虚偽等が存することが判明した場合には、本補助金の返還(補助金の交付から返還時までの法定利息に係る分を含む)を求めることがあります。 応募方法等の詳細.

次の

補助制度一覧

サステナブル 建築 物 等 先導 事業

提案応募及び補助金を受給される皆様へ 本補助金は、国庫補助金である公的資金を財源としており、社会的にその適正な執行が強く求められます。 当然ながら、補助金に係る虚偽や不正行為に対しては厳正に対処します。 従って、本補助金に対し提案応募をされる方、採択されて補助金を受給される方は、「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和30年8月27日法律第179号)」をよくご理解の上、以下の点についても十分にご理解された上で、提案応募及び補助金の受給に関する手続きを適正に行っていただきますようお願いします。 本募集要領や採択後に通知する補助金交付の手続きに関するマニュアル等で定められる義務が果たされないときは、改善のための指導を行うとともに、事態の重大なものについては交付決定の取消を行う場合があります。 1 提案応募者及び補助金交付申請者が提出する書類には、如何なる理由があってもその内容に虚偽の記述、事実と異なる内容の記載を行わないでください。 2 国土交通省から資料の提出や修正を指示された際は、速やかに対応してください。 適切な対応をいただけない場合、交付決定の取消等を行うことがあります。 3 補助事業の適正かつ円滑な実施のため、その実施中又は完了後に必要に応じて現地調査等を実施します。 4 補助事業に関し不正行為、重大な誤り等が認められたときは、当該補助金に係る交付決定の取消を行うとともに、支払い済の補助金のうち取消対象となった額を返還していただきます。 5 補助金に係る不正行為に対しては、適正化法の第29条から第32条において、刑事罰等を科す旨規定されています。 6 採択又は交付決定された事業内容からの変更は、原則、認められません。 7 補助事業にかかわる資料(提案応募並びに交付申請に関わる書類、その他経理に関わる帳簿及び全ての証拠書類)等は、事業完了の属する年度の終了後、5年間保存していただく必要があります。 8 補助金で取得し、又は効用の増加した財産(取得財産等)を、当該財産の処分制限期間内に処分(補助金の交付目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、担保に供し、又は取壊すことをいう。 )しようとするときは、事前に処分内容等について、大臣の承認を受けなければなりません。 9 事業完了後も、本募集要領に規定する適正な財産管理、木造化に関する積極的な普及啓発などが必要です。 (1)公募する事業の種類 建築物における木造化(以下「木造化」という。 )の推進に向けたモデル性、先導性が高いプロジェクトとして選定されたものを補助の対象とします。 (2)事業の要件 次の【1】から【6】までの全ての要件に該当するものであることが必要です。 なお、設計のみでその後の整備を伴わないプロジェクトは対象となりません。 【1】 構造・防火面で先導性に優れた設計又は施工技術が導入される事業計画であること。 【2】 使用する材料や工法の工夫により整備コストを低減させるなどの、木材利用に関する建築生産システムについて先導性を有する計画であること。 【3】 主要構造部に木材を一定以上使用するものであること。 【4】 建築基準法令上、構造・防火面の特段の措置を必要とする規模以上のものであること。 【6】 令和元年度に事業に着手するものであること。 公募期間 本事業への応募は、上記1(2)の要件を満たす事業を行う者(地方公共団体を含む、建築物の建築主)が行うこととします。 応募した事業提案が採択された場合、3.3に示す内容に従って補助金の交付に係る手続きを行い、事業を実施していただくことになります。 したがって、具体の実施体制が確保されていないアイデアのみの提案や事業を実施する予定のない評価のみを目的とした提案は受付けられません。 補助を受ける者は、事業提案を行い、採択を受けた建築主となります。 事業提案や諸手続において、建築主と書面による代理契約を交わした者が関係者として実務を遂行することを排除しません。 に記入して下さい。 補助金の交付後に、当該申告の内容に虚偽等が存することが判明した場合には、本補助金の返還(補助金の交付から返還時までの法定利息に係る分を含む)を求めることがあります。 応募方法等の詳細.

次の