タイト ロープ 映画。 ドキュメンタリー映画「タイトロープ〜アウトサイダーという生き方〜」

映画『タイトロープ』はクリント・イーストウッド主演作品で最も陰惨な映画である。また俳優として転換期であった。

タイト ロープ 映画

被害者は娼婦メラニーで両手首には手錠の跡があり、前から後ろから犯されたたあと首を絞められ殺害されたものとみられます。 レイプセンターのベリルが訪ねてきて「同じ犯人による連続殺人ではないか」と意見を述べてくるが捜査情報を話すわけにはいかないと帰らせます。 ブロックは聞き込みを始めるが娼婦の誘惑に乗ってしまいます。 ネクタイを忘れた事に気付くが被害者が出た報せを受け現場に向かいます。 ブロックは3つの事件の犯人は同一人物であり注意するようマスコミに発表しました。 今のところ三人の被害者は娼婦である事から共通点を探ろうとするが聞き込み先の娼婦に挑発され手錠をかけて遊び快楽を覚えてしまいます。 朝食を摂っていると娘2人から「最近帰ってくるの遅いね」と心配されます。 別れた妻は再婚が決まり娘たちを引き取る予定なのでブロックは知っていたのかと娘から責められるが初耳でした。 4人目の被害者がでたと報告が入り現場に向かうとブロックが楽しんだ事がある娼婦でした。 署に戻ると「じきに被害者が出る。 ちょっと頭をひねれば分かるだろう」と書かれた名刺と手錠を付けた人形が届きます。 ブロックはすぐに向かうとサムと名乗る女性から鞭を渡されお願いされます。 そんな趣味はないと伝えると胸に黒い花をつけられプラリーンの店へ行けと言われます。 酒を飲んでいると自分と同じ黒い花を身に付けるゲイの人を見つけます。 自分を買ってくれた人はブロックと楽しんだあと倉庫まで金を取りに来いと言われていました。 男を抱く趣味はないブロックは済んだ事にしてさっさと倉庫に行けと言いました。 倉庫に行けば犯人に会えると思いブロックは向かうが先ほど会った男の死体を発見します。 署に戻ったブロックは何気なく「頭をひねれば分かるだろう」を目にし人形の頭をひねると中からアイスの棒が出てきました。 ブロックが楽しんだ相手の中にアイスの棒をいつも加えていた娼婦がいたのを思い出します。 そして娼婦の死体が発見され現場に向かうと近くの銅像には自分のネクタイが結ばれていました。 被害者は顔見知りなのかと上司から聞かれたブロックは否定するが娘2人が心配になります。 ブロックは心が通じ合う仲となったベリルを誘い娘2人をカーニバルに連れて行き楽しみます。 ベリルから犯人を追っているうちに自分も感化されちゃう事はないのかと聞かれブロックは手錠を嵌めたい衝動にかられます。 ブロックは背後から犯人に襲われるが必死に抵抗すると逃げて行きました。 自分に恨みを持つ者といえば自分の手によって逮捕された人しか考えられない。 そう思ったブロックはビール瓶のガラスの粉末がすべての現場から発見されたと知りビール工場で働く従業員にロルフという男がいないか調べてもらいます。 ロルフは2人の少女を暴行し11年も服役していたが警官だったのでブロックは事件を覚えていました。 予想は的中しロルフの家に行くと留守ではあったが机の中から赤いリボンを発見します。 現場に残されていた赤い繊維と一致し犯人で間違いないと確信します。 娘2人は保護されているのを確認したがベリルの見張り役と連絡が取れないので急いで向かいます。 ブロックが駆け付けるとベリルは必死に抵抗していました。 逃げ出したロルフを上空のヘリが照らしブロックは執拗に追いかけます。 そして線路上で取っ組み合いとなり反対車線の列車が通り過ぎると犯人の腕だけが残っていました。

次の

タイトロープ (映画)とは

タイト ロープ 映画

解説 美女連続殺人事件の犯人を追う刑事の捜査活動を描く。 製作はクリント・イーストウッドとフリッツ・マーネイズ。 監督・脚本は「アルカトラズからの脱出」(79)の脚本を書いてイーストウッドに認められたリチャード・タッグル。 撮影はブルース・サーティーズ、音楽はレニー・ニーハウスが担当。 出演はイーストウッドの他に、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ダン・ヘダヤ、クリントの12歳の実娘アリソン・イーストウッドなど。 日本版字幕は岡枝慎二。 テクニカラー、ビスタサイズ。 1984年作品。 1984年製作/アメリカ 原題:Tightrope 配給:ワーナー映画 ストーリー ニューオリンズ。 夜の歓楽街フレンチ・クォーターで働く赤毛の娼婦が殺された。 市警のウェス・ブロック刑事(クリント・イーストウッド)は署から呼び出しをうけて現場に赴く。 彼は妻と離婚し、アマンダ(アリソン・イーストウッド)とペニーという2人の娘と暮らしていた。 その夜は、娘たちとフットボールの試合を見に行く約束をしていたのだが…。 娼婦は手錠をはめられ、前後から犯された上、赤いリボンで首をしめられていた。 美女連続殺人事件の2人目の犠牲者であった。 その後、ブロックはレイプ・センターのベリル(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)という女性から面会を求められて捜査の手ぬるさをなじられた。 夜、聞き込み捜査を再開し、ある娼婦の挑発にのり身をゆだねる。 ネクタイを忘れて店から出てきた彼を、スニーカーをはいた男が見つめていた。 第3の犠牲者が発見された。 ブロックは聞き込み先の娼婦に手錠をかけてセックスし、快感を覚えるようになった。 第4の犠牲者、それはブロックが関係した娼婦であった。 アスレチック・クラブでベリルに再会したブロックは、ミシシッピ川をゆく遊覧船で食事をともにし、互いに心が通じあうのを感じる。 署に犯人からの殺人予告がきた。 予告のタイプされた名刺をたよりに彼はサムの店へ行き、そこからプラリーヌの店へ行った。 近寄ってきたゲイの1人から倉庫で犯人と会うということを聞き出した。 彼は約束の時間に倉庫に行き、ゲイの死体を発見した。 つづいて2人の犠牲者が出た。 第7の犠牲者の近くにはブロックのネクタイがあった。 次の夜、ブロックは娘2人、べリルと一緒にカーニヴァルを楽しむ。 そんな4人を、スニーカーをはいたピエロ姿の風船売りがじっと見つめていた。 犯人像がしぼられ、ビール工場勤務者というところまで判明する。 夜、ブロックが帰宅すると家政婦が殺され、アマンダは両手に手錠をはめられ犯されていた。 彼の背後から犯人が襲いかかってくる。 必死に抵抗すると、犯人は逃げ出した。 ビール工場につとめるロルフという男が浮かびあがってきた。 彼は元警官で、2人の少女をレイプしてブロックに逮捕された男だった。 警察はベリルの家を見張るが、ロルフは見張りの警官を殺して侵入しベリルを殺そうとする。 ブロックが駆けつけ、ロルフを長い追跡の末に鉄道線路でつかまえ手錠をかけた。 ロルフはなおも暴れ、そこへ列車が通過。 ブロックが立ちあがると、ロルフの手首だけが残っていた。 (ワーナー映画配給亨一時間五四分) 内容がつまらないので、ちょこちょこエロい場面を入れたり、可愛いロリっ子を出したりして男の鑑賞者になんとか満足してもらおうという、最低な映画。 サスペンス映画としては『羊たちの沈黙』のような「本物」の足元にも及ばず、エロを貫く潔さ、格好良さという点ではAVやAV女優に完敗している。 この作品は銃をバンバン撃つような内容ではないが、この時期の作品を後にクリント・イーストウッドは『ミスティック・リバー』の際のテレビインタビューで「銃をバンバン撃つような刑事ものには飽き飽きしていた」と述べており、ようするに出ている役者もつまらない、観る客もつまらない状態なわけだ。 飽き飽きしているなら出るなよ!結局、金貰えるから出てたんだろうが。 クリント・イーストウッドはアメリカで日本車が売れまくってアメ車が売れなくなったとき、『グラン・トリノ』というオナニー以外の何物でもない作品を作り、最低なチンピラが乗る車をわざとホンダ車にした。 本田宗一郎に対する敬意など微塵も無い。 『パーフェクト・ワールド』もひどいオナニー映画だったし、やたら評価が高い『ミスティック・リバー』は、明らかに「銃をバンバン撃つ映画に出ている、知的じゃない人」というイメージからの脱却と映画賞を露骨に狙いにいった作品なので、俺は評価していない。 もちろん、あの映画の3人のメインキャストの演技は最高に素晴らしいが。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

「タイトロープ」ネタバレあらすじと結末/1人の刑事と関わった女性が次々と殺害される!!

タイト ロープ 映画

概要 [ ] 「タイトロープ」とはの綱のことで、その上を歩くような危険なを行う秘密捜査官の活躍を描いたテレビドラマ。 主人公ニック・ストーンは身分を隠して全米各地の犯罪組織に潜入し、内部から壊滅的な打撃を与えて、地元警察に通報、彼らが到着する前に姿を消す。 スラックスの背中に小型拳銃を隠しておき、正体がバレそうになったらあらかじめ用意しておいた拳銃を引き渡して敵を油断させ、隙を突いて背中から拳銃を引き抜き、目にも止まらぬ早さで銃撃するという、ストーンの巧みなガンアクションが売りであった。 人気はあったものの、暴力的な描写が多かったことや、放送局側が提示した放送時間枠の変更と60分ものへの拡大、主役に相棒を付けるなどの設定の変更にコナーズが難色を示したこともあり、1シーズンで打ち切りとなった。 あらすじ [ ]• 1960年10月3日付け「」下部の番組広告。 29—30 Weaver, Tom Mike Connors Interview in Eye on Science Fiction, 2003, McFarland• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) 系 月曜20時台前半枠 前番組 番組名 次番組.

次の