デイトレ 予想。 勝ち株ナビ〜株予想〜

毎日デイトレ10銘柄公開!!明日の注目株価上昇予想リスト

デイトレ 予想

寄り付き前、指標チェックは欠かせない 朝一番、米国株式市場をチェック アメリカ市場の前日の値動きは、次の日の日本市場の値動きに影響を及ぼす可能性が高いです。 私は、スイングを仕込んでいることもあるので、 朝起きて「ひぇ~~~!」ということも 笑 毎朝、チェックすることを習慣にしましょう。 日経平均株価の、一日の動きを予測する 予測と言っても、 株価が予想通りに動くとは限りません。 監視銘柄の板の動きから、相場全体が、低く寄り付きそうかどうかはなんとなく分かります。 個別株は、指標の動きに左右されやすいので、寄り付き前に値動きの予測はしています。 注意する点としては、 新興市場は、日経平均と全く違う動きをすることも多いので、必要以上に指標に左右され過ぎないように気を付けましょう。 私は、自分自身で予測するのではなく、のメールサービスを利用しています。 マーケットメール(朝刊)では、寄り付き前(8時~8時半ごろ)に、海外の主要指数、NY市場の動向、今日の視点などを分かりやすく伝えてくれるので、時短になります。 マーケットメール(夕刊)もチェックしています。 今日の相場について、明日への視点などを配信しています。 他にも、登録しておくと面白いWEBセミナーや、取り扱いIPO情報などが配信されるので、メール配信だけでも、マネックス証券は、口座を開設する価値が十分にありますね。 手数料が安ければ、取引にも利用するのですが… 情報取得源として、必須の証券会社です。 ニュースは、ほとんど見ていません 監視銘柄を中心に、デイトレをしているので、世界情勢にかかわるような、大きなニュース以外、ほとんど見ません。 監視銘柄探しに、日経新聞は、読んでいます。 個別銘柄にニュースが出たからといって、上がるとは限りません。 良いニュースでも、下がるときは下がります。 ただ、監視銘柄にニュースが出ると、 他の人も注目してくれるので、いつもより値動きが良くなる可能性があります。 そうすると、ぐっと握力強く握っていようと気合が入りますね。 前日か、当日の朝に監視銘柄のチェック デイトレをする際、監視銘柄のチェックは、欠かせない作業です。 私は、監視銘柄の確認をしていない時は、トレードをやりません。 デイトレを始めた当初は、子どもが寝た後に、数時間かけて監視銘柄のチェックしていました。 慣れてきてからは、ザラ場が終わった直後や、子どもの習い事中に、チェックをしていました。 だんだん慣れてきて、子どもが寝た後か、朝の用意が終わった後に、パッパッとチェックをすることもできるようになりました。 今は、前日でも、朝でも、子どもが起きているときにチェック。 寝た後は、自分の時間です。 楽になりました。 デイトレを優位に進めるための、前日までの銘柄チェックの利点は、 「自分の時間の都合に合わせてできること」です。 自分の都合でできる作業は、主婦にとって、助かりますよね。 デイトレ初心者の時は、チャートの見方も分からず、時間もかかります。 しかし、銘柄探しに時間をかけるほど、チャートを見る目を養うことができますし、チャンスを、多く見つけられるようになります。 監視銘柄探しを一番重要視して下さいね。 8時15分から9時ギリギリまで 8時過ぎから、板情報を見ることができます。 しかし、 ここからどう動くかは、9時直前まで分かりません。 監視銘柄をそろえているのなら、寄り付き前に、板読みで、高く寄り付くか、低く寄り付くかのチェックができます。 ある程度板が出そろった、8時半ごろからが、一番忙しいです。 ギリギリまでチャートの入れ替えに追われます。 板と日足チャートを見比べて、 より強い株や、より弱い株を、一番目立つポジションに置き、直ぐに対応できるようにするためです。 だからと言って、 外れることも多々あるんですけどね。 ほんと、株はギリギリまでどう動くか分かりません。 寄り付き前は「この株!!」と決めていたのに、直前になって、変化し、監視から外すことも、毎日のようにあります。 せっかく前もって下調べして、チャートをチェックしているのですから、見逃さないことが大切。 直前まで、こまめに入れ替えましょう。 寄り付き前の時間が、一番頭を使い、手を使い、思考する時です。 監視銘柄が多くても、全てのチャンスを生かすことができるわけではありませんが、間違いなく、優位にトレードを進めていくことができます。 監視銘柄を用意しておけば、用意した銘柄に「当たり」と「はずれ」があっても、 「やるべきことができていれば」「やってはいけないことをしなければ」 トータルで利益を得る可能性が高まります。 デイトレーダーは、寄り付き直前が勝負!ぎりぎりまで銘柄選択をしようのまとめ 私が、寄付きギリギリまで監視銘柄の板やチャートのチェックをしているのは、 動き出す初動を捉えて、エントリーをしたいからです。 今日上がりそうな株、今日下がりそうな株に注目していても、 その株が、「今日が上がる日なのか?」「明日が上がる日なのか?」「動かず下がるのか?」誰にも予測はできません。 出来ることは、出てきた結果に従うだけ。 出てきた結果に、素直に従うために、「より強い株」「より弱い株」を、寄り付き直前まで、探しています。 「これ!」と思っていた銘柄の値動きが、直前に変化して、悲しい思いをすることもあります。 でも、先に監視しているからこそ、他の銘柄で探し直すこともできますし、一度下がったとしても、乗りなおすことができるのです。 人には見せられないくらい、寄り付き直前はバタバタ(汗) でも、最後の30秒だけは心落ち着けるように深呼吸して… 9時を迎えています。

次の

デイトレード専門株式分析サイト デイトレ株マップ.com

デイトレ 予想

寄り付き前、指標チェックは欠かせない 朝一番、米国株式市場をチェック アメリカ市場の前日の値動きは、次の日の日本市場の値動きに影響を及ぼす可能性が高いです。 私は、スイングを仕込んでいることもあるので、 朝起きて「ひぇ~~~!」ということも 笑 毎朝、チェックすることを習慣にしましょう。 日経平均株価の、一日の動きを予測する 予測と言っても、 株価が予想通りに動くとは限りません。 監視銘柄の板の動きから、相場全体が、低く寄り付きそうかどうかはなんとなく分かります。 個別株は、指標の動きに左右されやすいので、寄り付き前に値動きの予測はしています。 注意する点としては、 新興市場は、日経平均と全く違う動きをすることも多いので、必要以上に指標に左右され過ぎないように気を付けましょう。 私は、自分自身で予測するのではなく、のメールサービスを利用しています。 マーケットメール(朝刊)では、寄り付き前(8時~8時半ごろ)に、海外の主要指数、NY市場の動向、今日の視点などを分かりやすく伝えてくれるので、時短になります。 マーケットメール(夕刊)もチェックしています。 今日の相場について、明日への視点などを配信しています。 他にも、登録しておくと面白いWEBセミナーや、取り扱いIPO情報などが配信されるので、メール配信だけでも、マネックス証券は、口座を開設する価値が十分にありますね。 手数料が安ければ、取引にも利用するのですが… 情報取得源として、必須の証券会社です。 ニュースは、ほとんど見ていません 監視銘柄を中心に、デイトレをしているので、世界情勢にかかわるような、大きなニュース以外、ほとんど見ません。 監視銘柄探しに、日経新聞は、読んでいます。 個別銘柄にニュースが出たからといって、上がるとは限りません。 良いニュースでも、下がるときは下がります。 ただ、監視銘柄にニュースが出ると、 他の人も注目してくれるので、いつもより値動きが良くなる可能性があります。 そうすると、ぐっと握力強く握っていようと気合が入りますね。 前日か、当日の朝に監視銘柄のチェック デイトレをする際、監視銘柄のチェックは、欠かせない作業です。 私は、監視銘柄の確認をしていない時は、トレードをやりません。 デイトレを始めた当初は、子どもが寝た後に、数時間かけて監視銘柄のチェックしていました。 慣れてきてからは、ザラ場が終わった直後や、子どもの習い事中に、チェックをしていました。 だんだん慣れてきて、子どもが寝た後か、朝の用意が終わった後に、パッパッとチェックをすることもできるようになりました。 今は、前日でも、朝でも、子どもが起きているときにチェック。 寝た後は、自分の時間です。 楽になりました。 デイトレを優位に進めるための、前日までの銘柄チェックの利点は、 「自分の時間の都合に合わせてできること」です。 自分の都合でできる作業は、主婦にとって、助かりますよね。 デイトレ初心者の時は、チャートの見方も分からず、時間もかかります。 しかし、銘柄探しに時間をかけるほど、チャートを見る目を養うことができますし、チャンスを、多く見つけられるようになります。 監視銘柄探しを一番重要視して下さいね。 8時15分から9時ギリギリまで 8時過ぎから、板情報を見ることができます。 しかし、 ここからどう動くかは、9時直前まで分かりません。 監視銘柄をそろえているのなら、寄り付き前に、板読みで、高く寄り付くか、低く寄り付くかのチェックができます。 ある程度板が出そろった、8時半ごろからが、一番忙しいです。 ギリギリまでチャートの入れ替えに追われます。 板と日足チャートを見比べて、 より強い株や、より弱い株を、一番目立つポジションに置き、直ぐに対応できるようにするためです。 だからと言って、 外れることも多々あるんですけどね。 ほんと、株はギリギリまでどう動くか分かりません。 寄り付き前は「この株!!」と決めていたのに、直前になって、変化し、監視から外すことも、毎日のようにあります。 せっかく前もって下調べして、チャートをチェックしているのですから、見逃さないことが大切。 直前まで、こまめに入れ替えましょう。 寄り付き前の時間が、一番頭を使い、手を使い、思考する時です。 監視銘柄が多くても、全てのチャンスを生かすことができるわけではありませんが、間違いなく、優位にトレードを進めていくことができます。 監視銘柄を用意しておけば、用意した銘柄に「当たり」と「はずれ」があっても、 「やるべきことができていれば」「やってはいけないことをしなければ」 トータルで利益を得る可能性が高まります。 デイトレーダーは、寄り付き直前が勝負!ぎりぎりまで銘柄選択をしようのまとめ 私が、寄付きギリギリまで監視銘柄の板やチャートのチェックをしているのは、 動き出す初動を捉えて、エントリーをしたいからです。 今日上がりそうな株、今日下がりそうな株に注目していても、 その株が、「今日が上がる日なのか?」「明日が上がる日なのか?」「動かず下がるのか?」誰にも予測はできません。 出来ることは、出てきた結果に従うだけ。 出てきた結果に、素直に従うために、「より強い株」「より弱い株」を、寄り付き直前まで、探しています。 「これ!」と思っていた銘柄の値動きが、直前に変化して、悲しい思いをすることもあります。 でも、先に監視しているからこそ、他の銘柄で探し直すこともできますし、一度下がったとしても、乗りなおすことができるのです。 人には見せられないくらい、寄り付き直前はバタバタ(汗) でも、最後の30秒だけは心落ち着けるように深呼吸して… 9時を迎えています。

次の

デイトレ

デイトレ 予想

48ドル高の25,828. 45ドルで取引を終え。 83ドル高の40. 65ドルで引け。 1ドル高の1,790. 0ドルで取引を終え。 NYダウは、高値を更新したところから超急落。 月足では、雲の下限に達した。 月足では、調整の範囲。 原油は、月足で雲の下限を下に落ち、20年来の安値に達した。 金価格は、上昇から下落。 週足で雲の上限に達したが調整中。 The day before:前日の日足(Close time:クローズ時点) Open(オープン)「74. 300」~Closed(クローズ)「74. 440」で、price range(値幅は)「0. 140」。 H(Overpriced:高値)「74. 702」~L(Bottom price:底値)「74. 179」で、price range(値幅)「0. 523」。 Daily(日足は)、 white candlestick(陽線)になった。 30を中心にレンジ。 21時頃から小幅に上昇し、74. 70まで上昇。 しかし、NY時間には74. 20近くまで再下落した。 その後はもとに戻った。 この動きは、米雇用統計発表までの警戒で小動きとなったが、発表後も大して動かなかったのは、米の独立記念日による本日はアメリカが休場という事で、ポジションを閉じる動きによるものだと考えている。 また他の要因として、その休場や、週末とあって、コロナ第2波、米中問題、地政学的リスク、などの不安、不透明感が根強いため、何があってもおかしくないという、警戒感が強いからだと感じている。 (個人的な視点や考えを入れない) 「1時間足」: 雲の上を横ばいレンジ。 雲の支えられている感もある。 (MACDは、フラット。 スローストキャスティクスは、50。 ) 「4時間足」: 雲の若干上で横ばいレンジ中。 (MACDは、フラット。 スローストキャスティクスは、70。 ) 「8時間足」: 雲の上限辺りで、横ばいレンジ中。 (MACDは、プラス圏。 スローストキャスティクスは、80。 ) 「日足」: 雲の上を急上昇後調整下落し、横ばいレンジ気味。 (MACDは、マイナス圏からフラットへ。 スローストキャスティクスは、70。 ) 「週足」: 雲の下で下落した後、長い下ヒゲをつけ上昇し、雲の若干上まできたが、強めの下落。 雲の下まできたが、何とか持ち直して、雲の中まで入ったところ。 (MACDは、プラス圏。 スローストキャスティクスは、80。 ) 「月足」: 雲の下で下落し、長い下ヒゲをつけ強めの3月連続陽線後の現在。 先月の長めの上ヒゲ部分に行くか、実体部分に行くか、というところ。 (MACDは、プラス圏。 スローストキャスティクスは、70。 85」 「75. 30」 「75. 60」 「76. 00」 「76. 30」 「76. 50」 「77. 00」 「77. 50」 2、In case of decline:下落の場合(Support value:サポート値) 「74. 10」 「73. 70」 「73. 50」 「73. 20」 「73. 00」 「72. 80」 「72. 50」 「72. 00」 「71. 80」 「71. 00」 「70. 75」 「70. 50」 「70. 20」 「70. 10」~「74. 85」 For medium width(中幅の場合):「73. 70」~「75. 30」 In case of large(大幅の場合):「73. 50」~「75. 60」 Forecast and position taking,point,At the time of publication(予想とポジション取り、ポイント、公開時点での) あくまでも、「デイトレ」なので、「1時間足」、「4時間足」、「8時間足」のローソクを中心に見る。 特に、「4時間足(デイトレでは6本)」と「8時間足(デイトレでは3本)」のオープン時とクローズ時は、当然のように頭に入れておく。 1、Assumption pattern only for today,point(本日限りの想定パターン、ポイント) 【In case of rising:上昇の場合】 1、75. 00前後でクローズ 2、75. 30前後でクローズ 【For range:レンジの場合】 1、74. 10~74. 80辺りでクローズ 【In case of decline:下落の場合】 1、73. 80辺りでクローズ 2、73. 10」~「74. 85」 For medium width(中幅の場合):「73. 70」~「75. 30」 In case of large(大幅の場合):「73. 50」~「75. 60」 3、Point of position acquisition:ポジション取りのポイント (以下、どれもチャートの勢いや、ローソク足の実体部分の動向によるが) 【When buying:買いの場合】 1、74. 10に近づけて買い、74. 00未満で撤退 2、73. 60にできるだけ近づけて買い、73. 50未満で撤退 3、74. 70になると、高値掴みをするつもりで、順張り買い、74. 50未満で撤退 【For selling:売りの場合】 1、74. 60に近づけて売り、74. 75越えで撤退 2、74. 10まで下がると、底値掴みをするつもりで、順張り売り、73. 50くらいで撤退 3、75. 00を越えると、売り、75. 40で撤退 4、「Daily:日足」を中心とした、「Strategy and foundation:戦略・基盤」(point:ポイント) 1、本日は週末、米独立記念日とあって、重要指標も無いという事で、小幅にレンジ。 またはマイナス要因の大きなニュースがあれば下落になると思われる。 上昇はきついかな、と考えてはいる。 2、よって基本的には、売り方針で。 しかし損切りは必須。 70越えは上昇も考える事。 3、週明けの窓開けには注意 4、週足、74円台でクローズできて、雲の中で終われるかは注目。 のオープン値(73. 35)は覚えて置く事。 5、好悪ニュースにはは注意 5、(add to:追加)Swing medium- to long-term perspective:スイング的中長期的視点 1、Looking at the weekly foot(週足を見ると)、雲の上限は、75. 30前後。 それを超すと、上昇基調になり易く、下支えしやすくなる。 また再度73. 50未満は、再下落に繋がる可能性もある。 2、Looking at the moon feet(月足を見ると)、先月6月のローソク足の形状で、上ヒゲ部分か、実体部分かで大きく変わる。 75円乗りで上昇基調。 50未満は下落、またはレンジと思われる。 場合によってはレバレッジを上げる。 しっかり戦略を立て、強弱をはっきりさせる事。 取れなければ、しっかり諦める。 焦って自分視点で物事を見るな。 悔しさで焦らず、スケールをでっかく持て。 (適当なポジションを持たない。 市場に生き残り、何度も挑戦できることが吉)。 執着するな。 素直に負けを認める事。 自分の負けパターンを理解せよ。 自分を信じろ。 小さくまとまるな。 少しの我慢をしろ。

次の