剣盾 ギルガルド 育成論。 【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策【ソードシールド】

スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

剣盾 ギルガルド 育成論

耐性は、構築で一貫させたくないパーを含む全最高の12個を所有しており、加えて無効タイプも3つと申し分ない。 実質720と、高火力と先制技、行動保障があり殴り合える相手が広く、 対面性能が非常に高い。 Zの火力はすさまじく、 高い崩し性能を持つ。 相手が考慮しなければいけない型が多く、 それぞれの型の役割を通しやすい。 攻撃後のブレードフォルム時にキングシールドを選択することを強いられ、隙が大きく、相手が「積みをするか、攻撃をするか」の 択を発生させやすい。 小さな負担で大きな負荷をかけることができる、 ローリスクハイリターンなである。 その分、択の発生など弱みもあるが、それを上回る高いスペックを持っている。 恒常的な回復による受け性能の向上• 耐久と耐性が優秀でキングシールドを多用すると相性が良い。 また、毒選択時はフォルムチェンジしないため、隙を与えることなく負荷をかけていくことができる。 サイクルパーツとしての役割が大きいので、一緒に採用されるはある程度サイクルを回せるが多い。 かげうち採用ならば、控えめか冷静か生意気か。 臆病にするとみがわりポリ2やガルドミラーに強くなる。 穏やかや生意気にするとゲコやテテフ、などに強くなる。 @1はみがわりかかげうち。 みがわり etc… かげうち 落とし漏らしへの詰め。 対面性能や詰め性能が上がる。 91~準速に関しては明確なラインもなく、ガルドやみがわりポリ2の上をとるためのいたちにしかならないので、、最速にするか環境のガルドポリ2のSラインを読み切るかして決めてください。 テテフやに強くなり、ゲコにも誤魔化せる可能性のあるD補正も多い。 以下、調整案。 対面性能の向上• 行動保障を盾に幅広い相手に殴り勝つことができ、一貫性の高い高火力Z技で安易な受け出しも許さないため、早々に数的有利を狙いやすい。 カグヤやバナなど、等倍が取れる耐久サイクル程度なら崩すこともできる。 残りは無タイプに打つ毒が多い。 詳しくは下記の調整案をご参照を。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 対面性能の向上• 有利対面を選択し、サイクルを破壊する。 似た役割として鋼Zと珠があるが、相違点は以下のようになる。 ごくまれに陽気。 サブウェポンは霊との攻撃範囲を補える聖剣。 詳しくは下記の調整案をご参照ください。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 対面性能の向上• 有利対面を選択し、サイクルを破壊する。 似た役割として霊Zと珠があるが、相違点は以下のようになる。 ごくまれに陽気。 キンシ切りでシャドクロや聖剣もなしではない。 詳しくは下記の調整案をご参照ください。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 サイクル構築への崩し性能の向上• Zは崩し主体の性能を持つが、珠はステロと絡めて抜きエースのような役割となることが多い。 似た型として霊Zと鋼Zがあるが、相違点は以下のようになる。 サブウェポンは霊との攻撃範囲を補える聖剣。 詳しくは下記の調整案をご参照ください。 ミラーなどを意識したい場合は、何かのを削ってSラインを上げてください。 以下、調整案。 対面性能の向上• ストッパー性能の向上• 炎勢などへの不利関係の逆転• さらには、マイナーな型であるため、相手視点の見えている択(キンシをするかどうか)とこちらの選択肢に相違があり、ミによるeasywinを狙いやすい。 DLや手裏剣を意識したおっとりが多い。 めざ氷準確定。 @1は、ゲコ意識の聖剣が多い。 雪崩は炎勢に強くなる。 S振りだと、ランドやレ、ドランなど中速勢の上をとれる可能性がある。 A振りだと、やサザンなどに勝てる可能性があり、かげうちによる縛り性能も向上する。 以下、調整案。 処理ルートを分散できると広い範囲に対応できます。 ポリはみがわり前提。 残飯ガルドなら、みがわりや挑発から起点。 はで高乱数で落とせるため、ノーマル勢の中でのvsガルド性能は特に優秀。 与える負荷は大きいが、霊Zなどでこちらの後だしもきかないことが多いので、うまく対面を合わせる立ち回りが必要。 HDみがわりだと、霊Z特殊、ともに対応できる。 呑気はHP管理をしながら安全圏からを打つか、他のに役割を任せる。 ポリはみがわりでカビは免疫。 カバマンダガルドのガルドが残飯が多い時代は強力な詰ませ性能があり強かったが、型が多様化しつつある今は微妙。 採用するなら誤魔化し程度で。 裏にや、、テテフ、のようなガルド以外でなかなか止まらないようなを置けると役割集中の形が作れ一貫を狙いやすい。

次の

【ポケモン育成論まとめ】ギルガルドの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

剣盾 ギルガルド 育成論

シールドフォルムであれば、弱点をつかれてもなかなか倒れることはないので「じゃくてんほけん」を持たせて火力アップを狙っていましょう。 パーティによってせいなるつるぎと入れ替えましょう。 ギルガルドは特攻によせる方が多いので不意を付くことができます。 また、今作から「ギルガルド」は「」を覚えるようになったので、前作より悪タイプやノーマルタイプにも強気に立ち回れるようになりました。 エスパーやゴーストを意識する場合はインファイトと入れ替えましょう。 ギルガルドの役割と立ち回り 基本的に素早さを低くする 「ギルガルド」は特性の「」の仕様上、相手の攻撃を防御と特防の高い「シールドフォルム」で受けられる後攻が良いです。 ですから、基本的に素早さに下降補正がかかる「ゆうかん」や「れいせい」にし、努力値も振らないようにしましょう。 高火力、高耐久のアタッカー 「ギルガルド」は高火力と高耐久を兼ね備えている上に、技範囲が広いのでアタッカーとして活躍します。 タイプ相性も優秀なので、「」などフェアリータイプや草タイプに後出ししやすいです。 ギルガルドの対策 タイプ相性で受けよう 「ギルガルド」は高威力の技を多く持っていたり、持ち物も火力アップ系を持つことが多いので、等倍で受けても大ダメージをくらってしまいます。 そこで、ギルガルドには必ずタイプで半減できるキャラで攻撃を受けましょう。

次の

スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

剣盾 ギルガルド 育成論

シールドフォルムであれば、弱点をつかれてもなかなか倒れることはないので「じゃくてんほけん」を持たせて火力アップを狙っていましょう。 パーティによってせいなるつるぎと入れ替えましょう。 ギルガルドは特攻によせる方が多いので不意を付くことができます。 また、今作から「ギルガルド」は「」を覚えるようになったので、前作より悪タイプやノーマルタイプにも強気に立ち回れるようになりました。 エスパーやゴーストを意識する場合はインファイトと入れ替えましょう。 ギルガルドの役割と立ち回り 基本的に素早さを低くする 「ギルガルド」は特性の「」の仕様上、相手の攻撃を防御と特防の高い「シールドフォルム」で受けられる後攻が良いです。 ですから、基本的に素早さに下降補正がかかる「ゆうかん」や「れいせい」にし、努力値も振らないようにしましょう。 高火力、高耐久のアタッカー 「ギルガルド」は高火力と高耐久を兼ね備えている上に、技範囲が広いのでアタッカーとして活躍します。 タイプ相性も優秀なので、「」などフェアリータイプや草タイプに後出ししやすいです。 ギルガルドの対策 タイプ相性で受けよう 「ギルガルド」は高威力の技を多く持っていたり、持ち物も火力アップ系を持つことが多いので、等倍で受けても大ダメージをくらってしまいます。 そこで、ギルガルドには必ずタイプで半減できるキャラで攻撃を受けましょう。

次の