グレート スロー 3 回 投げる。 【ポケモンGO】パッチールの模様は9種類!パッチールの入手方法と図鑑の埋め方まとめ

【ポケモンGO】エクセレントの出し方を解説【固定投法】|ゲームエイト

グレート スロー 3 回 投げる

モンスターボールの投げ方 ポケモンが出てきたら、モンスターボールを投げます。 投げ方は、表示されているモンスターボールを上から押さえるように指を置き、ポケモンに向かってスワイプします。 その強弱で、距離が決定します。 こればかりは慣れるしかありませんので、練習していきましょう。 また、投げる方向を左右にすると、その方向に向かって飛んでいきます。 基本は、真っすぐ投げるように指をスワイプしましょう。 『ナイススロー』の出し方 出し方というよりは、投げたらほとんど『ナイススロー』判定となります。 正確に説明すると、白い輪の中にある色つきの輪にボールが入ると『ナイススロー』となります。 ボーナスとして、10XPを貰うことができます。 『カーブボール』の出し方 こっちのほうが『ナイススロー』より難しいです。 ボールを掴んだ時、指を回すとボールが回転します。 『カーブボール』は、この状態で当たると表示されるボーナスですが、回転が加わっているとその方向にボールが曲がります。 右回転なら右へ、左回転なら左に曲がって進みます。 普通にやると難しいですが、ポケモンを中央ではなく端に表示させた状態で投げると当たりやすくなります。 (ポケモンを中心から外せるのは、AR使用中のみ) 『ナイススロー』と同じく、10XPのボーナスが貰えます。 スポンサーリンク 『グレートスロー』の出し方 判定がとてもシビアなので、なかなか出ない評価です。 まず、ポケモンをスマホの中心に持ってきます。 そして、モンスターボールを放る時に現れる、輪っか(白ではなく、その中にある色のついた輪っか)の中にボールが当たるように投げます。 ただし、色つきの輪っかの大きさによって『ナイススロー』判定となってしまいます。 大きさの基準は、白い輪の半分の大きさで投げ入れることです。 70~100%以上だと『ナイススロー』となり、30~70%だと『グレートスロー』となります。 また、飛んだり防いだりするポケモンもいるので、慎重に投げましょう。 判定は本当にシビアなものなので、なかなか狙っても出ないのが現状のようです。 めげずに、自分の中でコツを見つけてスローインしてみましょう。 『グレートスロー』判定が出れば、50XPのボーナスを貰うことができます。 そして、その上をいく『エクセレントスロー』という判定も存在します。 『エクセレントスロー』のやり方はで詳しく説明しています。 関連記事.

次の

グレートスローを3回投げると?投げるコツは?狙いやすいのは?

グレート スロー 3 回 投げる

613 タスクの達成方法 「グレートスローを3回投げる」は、ポケモンをゲットするときに グレートまたはエクセレントサークルの中にボールを投げるとカウントされます。 グレートスローを投げるコツ ポケモンにボールを当てる時の「グレート(Great)」判定は、ボールを投げるときの赤いサークルの大きさが以下画像のように サークルの外側白枠から中心までの真ん中より少し外側です。 これより広くなると判定が「ナイス(Nice)」となりカウントされません。 狙いやすいポケモンを選ぶ 早めにタスクを達成したいのであれば、やるべきことは1つです。 それは、 「 グレートを狙いやすいポケモンを選んで投げる」ことです。 ポケモンの大きさが小さい・距離が遠過ぎる・距離が近過ぎる・上下や左右に動くポケモンはグレートを狙いにくいので、野生で出現しているポケモンから狙いやすいポケモンをタップしてボールを投げていきましょう! 「グレートスローを3回投げる」のタスク達成は ボールにカーブをかけることは必須ではありません。 カーブをかけるの苦手であれば真っ直ぐ投げても OK です。 また、 連続で成功する必要もありませんので、気楽にいきましょう。 耐久力の低さは難点ですが、攻撃力の高さは大きな魅力ですので、個体値厳選や強化用のアメ確保のためにタスクをこなしていきましょう! スペシャルリサーチ用 スペシャルリサーチ 「メルタンの謎を解け!」をクリアするために「 リリーラかアノプスを2匹捕まえる」というタスクがあります。 「リリーラ」と「アノプス」は野生での出現率がそれほど高くありません。 しかし、この 「グレートスローを3回投げる」のタスクを達成して「リリーラ」か「アノプス」を合計2匹ゲットすれば「リリーラかアノプスを2匹捕まえる」タスクも達成できます! スペシャルリサーチを進めるために、このタスクをやっていきましょう! 色違いの可能性あり 報酬となる各ポケモンには 色違いが存在し実装されています!.

次の

【ポケモンGOQ&A】グレートスローの投げ方を教えて下さ...[No184833]

グレート スロー 3 回 投げる

エクセレントスローの出し方 固定投法で投げるのが最も確実 固定投法でボールを投げる方法が最もエクセレントスローを出しやすいです。 固定投法とはポケモンのサークルを固定して、威嚇が終わる瞬間に投げる方法のことです。 レイドボスのゲットチャンスで非常に有効な投げ方なので、ぜひチャレンジしてください。 エクセレントスローの判定を把握する エクセレントスローはポケモンごとに範囲が違いますが、 サークル全体の30%未満で統一されています。 「グラードン」や「ルギア」などの 体が大きいポケモンはサークルが大きいため、相対的にエクセレントの範囲も広いです。 逆に「キャタピー」や「ケムッソ」のような サークルが小さいポケモンはエクセレントになる判定が狭いです。 慣れてくるとポケモンのサークルを見るだけでエクセレントスローになる範囲がわかるようになるので、始めたての方はたくさん投げて練習しましょう。 ナナのみを使うと動きを鈍くできる 道具 効果 ポケモンに与えると動きが遅くなるきのみ。 ナナのみを使うことでポケモンの動きを鈍くして捕まえやすくできます。 「動きが鈍くなる」とはポケモンが 上下左右に移動したり威嚇するなどの動きが少なくなることです。 動きが鈍くなるので、自分のタイミングで投げやすいのがポイントです。 固定投法の具体的な投げ方 エクセレントの範囲でサークルを止める 固定投法は最初にエクセレントスローの判定になる範囲でサークルを止めます。 エクセレントスローになる判定はサークル全体の30%未満なので、ポケモンごとで見極めましょう。 ポケモンの威嚇モーションを把握 固定投法はポケモンの威嚇が終わった瞬間に投げる方法なので、ポケモンごとの威嚇モーションを把握する必要があります。 「グラードン」や「レックウザ」は威嚇し終わった後に少しラグがあるので、投げるタイミングをずらさないといけません。 威嚇モーションを把握するのは固定投法を行うにあたって非常に重要なので、じっくり観察してからボールを投げましょう。 威嚇が終わる瞬間にボールを投げる ポケモンの威嚇モーションを把握し終わった後はいよいよボールをエクセレントの範囲内に投げるだけです。 ボールの投げ方は練習するのみですが、 ポケモンごとの遠近感を掴むのもエクセレントスローをを投げるコツと言えます。 エクセレントスローのメリット ポケモンの捕獲率が上昇する スローの種類 捕獲率 エクセレントスロー 1. 7倍〜2倍の間 グレートスロー 1. 3倍〜1. 7倍の間 ナイススロー 1倍〜1. 3倍の間 カーブスロー 1. 7倍 エクセレントスローを投げることでポケモンの捕獲率が飛躍的に上昇します。 伝説レイドのポケモンはエクセレントスローがほぼ必須になってきます。 注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の