日比谷 時計。 日比谷・第一生命前の渡辺力氏がデザインしたポール時計を訪ねる

日比谷の時計:ホーム

日比谷 時計

日比谷の地名の由来 千代田区有楽町に日比谷駅があります。 日比谷公園や、皇居の堀である日比谷堀などにその名を残す「日比谷」。 地名の由来は諸説ありますが、江戸時代初期の地形が関連するものがあります。 この辺りは当時漁民がすむ村落でした。 漁民が海苔をとり、魚をとらえるために海の中に立てる竹の小枝のことを「ひび」と言います。 「ひび」がたつ入江 谷 であったことから日比谷という地名に転じた、というものがそれです 竹内誠編 東京の地名由来辞典。 江戸時代の入江、日比谷入江 家康が江戸に入城したころ、日比谷あたりには入江が入り込んでいました。 日比谷公園ができた経緯に、江戸の地形も多少関係しています。 官庁集中計画においては日比谷ヶ原にも官庁の建設が予定されたが、元々入江だったため地盤が悪く、大掛かりな建物の建設には不向きと判断された。 同年11月、内務省東京市区改正委員会において古市公威・芳野世経により公園地としての利用が提案され、翌年には日比谷公園を第一とする第四十九までの公園の整備を盛り込んだ市区改正が告示された。 wikipedia 徳川家康が江戸に入城した1590年、この辺りは日比谷入江と呼ばれ、海が入り込む場所でした。 日比谷入江の東側 現在の銀座 には入江を形成していた、江戸前島という半島が突き出していました。 このように日比谷一帯は昔入江であり、その入江を埋めた軟弱地盤であるため、後々の都市計画にも影響を与えることにりました。 家康による日比谷入江の埋立 日比谷入江が埋め立てられたのは家康による江戸開府の頃です。 当時の江戸は湿地帯が広がり、大都市として繁栄していくには不適切な場所でした。 家康は本郷台下の小石川の低湿地の開拓等、湿地帯を整備を行い、街づくりを行っていきます。 そして、文禄元年 1592年 、日比谷入江の埋立が実施されます。 埋立には西の丸 現在の皇居あたり の築城工事で出た廃土を用いています。 埋め立てられた面積は三十余町 1町がおよそ10000 m 2 であったとされており、非常に広い面積が埋め立てられています。 埋立によりできた土地には内町 内の町屋敷 と呼ばれる町が開かれました。 内町は武家屋敷の消費を賄うためにその近くに成立する町のことで、幕府も積極的に内町を奨励し、江戸の町の発展に貢献したようです 東京百年史 第一巻。 日比谷公園に見られた地盤沈下 2011年、東日本大震災、東京でも震度5の揺れに襲われました。 震災発生後、日比谷公園近くを通ったのですが、多少の地盤沈下と思われる段差を見つけました。 歴史の名残がこんなところにも出てしまったのかもしれません。 東京に残された江戸時代に由来する地名 この記事で紹介した以外にも、東京には江戸時代に由来する地名が多く残されています。

次の

日比谷の時計の実物

日比谷 時計

日比谷の地名の由来 千代田区有楽町に日比谷駅があります。 日比谷公園や、皇居の堀である日比谷堀などにその名を残す「日比谷」。 地名の由来は諸説ありますが、江戸時代初期の地形が関連するものがあります。 この辺りは当時漁民がすむ村落でした。 漁民が海苔をとり、魚をとらえるために海の中に立てる竹の小枝のことを「ひび」と言います。 「ひび」がたつ入江 谷 であったことから日比谷という地名に転じた、というものがそれです 竹内誠編 東京の地名由来辞典。 江戸時代の入江、日比谷入江 家康が江戸に入城したころ、日比谷あたりには入江が入り込んでいました。 日比谷公園ができた経緯に、江戸の地形も多少関係しています。 官庁集中計画においては日比谷ヶ原にも官庁の建設が予定されたが、元々入江だったため地盤が悪く、大掛かりな建物の建設には不向きと判断された。 同年11月、内務省東京市区改正委員会において古市公威・芳野世経により公園地としての利用が提案され、翌年には日比谷公園を第一とする第四十九までの公園の整備を盛り込んだ市区改正が告示された。 wikipedia 徳川家康が江戸に入城した1590年、この辺りは日比谷入江と呼ばれ、海が入り込む場所でした。 日比谷入江の東側 現在の銀座 には入江を形成していた、江戸前島という半島が突き出していました。 このように日比谷一帯は昔入江であり、その入江を埋めた軟弱地盤であるため、後々の都市計画にも影響を与えることにりました。 家康による日比谷入江の埋立 日比谷入江が埋め立てられたのは家康による江戸開府の頃です。 当時の江戸は湿地帯が広がり、大都市として繁栄していくには不適切な場所でした。 家康は本郷台下の小石川の低湿地の開拓等、湿地帯を整備を行い、街づくりを行っていきます。 そして、文禄元年 1592年 、日比谷入江の埋立が実施されます。 埋立には西の丸 現在の皇居あたり の築城工事で出た廃土を用いています。 埋め立てられた面積は三十余町 1町がおよそ10000 m 2 であったとされており、非常に広い面積が埋め立てられています。 埋立によりできた土地には内町 内の町屋敷 と呼ばれる町が開かれました。 内町は武家屋敷の消費を賄うためにその近くに成立する町のことで、幕府も積極的に内町を奨励し、江戸の町の発展に貢献したようです 東京百年史 第一巻。 日比谷公園に見られた地盤沈下 2011年、東日本大震災、東京でも震度5の揺れに襲われました。 震災発生後、日比谷公園近くを通ったのですが、多少の地盤沈下と思われる段差を見つけました。 歴史の名残がこんなところにも出てしまったのかもしれません。 東京に残された江戸時代に由来する地名 この記事で紹介した以外にも、東京には江戸時代に由来する地名が多く残されています。

次の

日比谷・第一生命前の渡辺力氏がデザインしたポール時計を訪ねる

日比谷 時計

モダニズムの名作 現在も日比谷交差点に立つ、第一生命本社のポール時計 1972 は、自他共に認める渡辺 力氏の代表作です。 その当時、西洋建築には装飾的な時計をあわせるというのが常でした。 重厚な石積みの西洋建築に、どう対処するか。 考えた結果、彼がたどり着いたのは極限まで切りつめられた、シンプルで力強いモダンデザインでした。 正方形の黒いインデックスは、視認性の高さと同時に環境への調和を両立し、国内外を問わず公共時計の手本となる存在です。 ポール時計のデザインから40周年を迎えた2012年。 晩年の渡辺 力が、自らの手で家庭用にリデザインを行い、この「日比谷の時計」が生まれました。 シンプルですが、確かな存在感を感じさせる美しい時計です。 場所を選ばないデザイン 古い重厚な建築をモダンな感性で再定義したこの時計には、いくつもの表情があります。 重厚さ、可愛さ、無骨さ、繊細さ、相反する要素が上手く調和して安定感のあるデザインが構成されています。 サイズも2種類用意されていますので、どんなインテリアでもご利用いただけます。 <第一生命本社> 1938年に第一生命の本社として建てられた、歴史的な建造物です。 戦後の1945年にはGHQの庁舎として接収され、1952年に接収が解除されています。 マッカーサーは東京に進駐した9月8日当日に、複数あった候補の中から機能的なこのビルを選んだとされており、現在でもマッカーサー総司令官室が保存されています。 1970年代後半には、警視庁本庁舎新築に伴い仮庁舎として使用されたこともあります。 1995年に大規模な増築が行われ、現在は『DNタワー21』の一部として保管されています。 <日比谷第一生命ポール時計> 1972年、皇居前に位置するこの歴史的な建造物の前にパブリッククロック(公共の時計)が設置されることになりました。 そのデザインを手がけたのが、当時服部時計店 現在のSEIKO)でデザインを手がけていた渡辺 力でした。 彼がデザインしたこの時計は重厚な建物に調和しながらも、現代の街並みにあったモダニズムを併せ持ち、『渡辺氏の代表作』として国際的に評価されています。 視認性の高さはもちろん、建築との調和、さらに景観への配慮といった要素をうまくバランスさせたこの時計のデザインは、その後のパブリッククロックに多大な影響を与えたといわれています。 Purchase カートへ入れる レムノス 1947年、富山で真鍮鋳物のメーカーとして創業。 SEIKOの時計枠の製造などを経て、オリジナルブランドを設立。 渡辺 力、安積 伸、川崎 和男、塚本 カナエなど、国内の有名デザイナーを起用した製品は、国内だけでなく海外でも高い評価を獲得している。 数多くの製品がグッドデザイン賞に選出されるなど、日本を代表するインテリアクロック・ブランド。

次の