プロジェクタースクリーン 人気。 【2020年版】家庭用プロジェクターのおすすめ15選。用途別に人気モデルをご紹介

人気おすすめのスマホ対応プロジェクター10選|コスパ・操作簡単・きれい

プロジェクタースクリーン 人気

タグ CROSS 布団クリーナー 柔軟剤入り洗剤 柔軟剤 枕 旅行用電気ケトル 携帯テレビ 掃除機 折りたたみ傘 小型プロジェクター 洗濯 家庭用プロジェクター 国内旅行 全自動コーヒーメーカー 上司 一人暮らし ロボット掃除機 レンタル ルンバ 油性ボールペン 洗濯ボール リモワ 空気清浄機 静音掃除機 電気ケトル 部屋干し 車用掃除機 超短焦点プロジェクター 象印 花粉症 精米機 短焦点プロジェクター 洗濯槽クリーナー 目覚まし時計 男性 無添加 炊飯器 海外旅行 洗濯洗剤 洗濯機の選び方 洗濯機 ルーロ ヨガラグ アイスコーヒー ゲルインク スーツケース ジェルボール洗剤 ジェルインク サムソナイト コーヒーメーカー コーヒー コードレス掃除機 ゲーム用プロジェクター トラベル ゲーム クロス ギフト カー用品 エスプレッソマシン エース ウォーターマン アイロボット テレビ ドラム式洗濯機 ヨガマットスプレー ホームシアター ヨガマットケース ヨガマットクリーナー ヨガマット ヨガタオル モバイルプロジェクター まな板 ボールペン ホームプロジェクター ポータブルテレビ ドリップコーヒー ヘアアイロン プロジェクタースクリーン プロジェクター プレゼント ビジネスプロジェクター パナソニック ハウスダスト パーカー 高級ボールペン 目次• 家庭用プロジェクターで生活がこんなに豊かに! 最新の映画やお気に入りのアーティストのライブ映像を、 大画面で観る迫力は圧倒的。 普段とは違った休日の過ごし方をすることができますよ! スポーツ観戦やゲームも、テレビでは味わえない興奮度。 友人を呼んで、楽しいひと時を過ごすのもいいですね。 また、NetflixやHulu、YouTubeなどスマホやタブレットで楽しんでいた動画コンテンツを、自宅の大画面で見るのもおすすめです。 プロジェクターも入門用のやつだし、凝ったオーディオ機器も無いけど、それでも十分すぎるほど格段に映画が楽しくなるのでみんな軽率にホームシアターにチャレンジして欲しい。 ほんと、大型テレビ買うよか断然安いよ。 工夫すればそんなでかい部屋じゃなくてもいけるよ。 — マロン kurikou02 家庭用プロジェクターの基礎知識 家庭用プロジェクターを選んでいく前に、これだけは知っていた方が良い!という情報をお伝えしていきます。 プロジェクターの価格相場を知ろう!• プロジェクターの他に必要なものは? 家庭用プロジェクターの価格は? 「自宅にプロジェクターが欲しいけど、予算が心配…。 」という悩みをよく聞きます。 けれども、ご安心してください。 かつては非常に高価だった家庭用プロジェクターですが、現在では高品質ながら比較的 手に入れ易い価格帯のモデルが多く店頭に並ぶようになってきています。 安いモデルの中には、 1万円台~購入することができるものも発売されています。 ただし、一般的にホームプロジェクターの 売れ筋モデルは、5万円~12万円程度のものが多くなっています。 高画質で使い勝手の良い家庭用プロジェクターをお求めの方は、これくらいの予算を見ておくと良いでしょう! 家庭用プロジェクターの使用に必要なアイテム 続いて、プロジェクターで映画やスポーツ観戦をする際に、必要なアイテムについて解説をしていきます。 プロジェクター本体• AV機器• HDMIケーブル 基本的には、「プロジェクター本体」とレコーダーやBlu-ray Discプレーヤーといった「AV機器」、そしてその二つを接続する「HDMIケーブル」の 3アイテムがあれば、準備万端です! それに加えて、音にこだわりたいのであれば、「外部スピーカー」が必要。 また映像を綺麗にみたい 、本格的なホームシアターを作りたいという人はプロジェクタースクリーン」を用意するといいでしょう! プロジェクタースクリーンって何を選べばいいかわからない!という方に向け、ご家庭で映画やスポーツを綺麗に視聴することのできる製品をピックアップしてご紹介しています。 決して安い買い物ではない「家庭用プロジェクター」。 買ってからうまく活用できなかったら、悲しいですよね…。 そんなわけで、選び方はとっても重要。 モノハック編集部が失敗しない家庭用プロジェクターの選ぶポイントを解説していきます! 画面の「明るさ(ルーメン)」を確認 家庭用プロジェクターを選ぶ際に、 まずチェックしたいのは、「ルーメン」と呼ばれる数値。 これはプロジェクターが映し出す画面の明るさを表す値です。 つまり、このルーメンが高ければ、くっきりと鮮明に映像を映し出すことができます。 ルーメンの目安は、以下の数値を参考にすると良いでしょう! 画面サイズ 明るい部屋 暗い部屋 80インチ 2,000lm~ 1,000lm~ 100インチ 2,500lm~ 1,500lm~ 映し出す画面のサイズにもよりますが、基本的に明るいお部屋で視聴するのであれば 、2,500ルーメン(lm)以上のモデルをおすすめしています! ただし、お部屋を完全に暗くできるのであれば、そこまで重視しなくてもいいでしょう。 この程度の解像度があれば、TV番組からブルーレイのDVD、HuluやNetflixなどの動画配信サービスもストレスフリーで楽しむことができるでしょう! 奥行き感を出す「コントラスト比」にも注目! また解像度だけでなく、コントラスト比もいわゆる「画質の良さ 」にかかわってきます。 コントラスト比は、画面の白い部分と黒い部分の明るさの比率を示す数値です。 この コントラスト比が低いと、全体的にボヤっとした印象の映像になり、映像の奥行も感じられなくなってしまします。 コントラスト比の 目安は、「10,000:1」。 これ以上のコントラスト比があると、引き締まった映像を視聴する事ができますよ! 狭いお部屋であれば「短焦点」モデル 家庭用プロジェクターを購入する際に心配なのが、「部屋の広さ」ですよね。 一般的なモデルで100インチの画面を投影しようと思ったら、プロジェクターから投影面まで直線で約3m~6mの距離が必要になっていきます。 一軒家の場合だと可能かもしれませんが、アパートやマンションだとちょっと確保するのが難しい距離。 そんな時におすすめなのが、投影面(壁やスクリーン)から至近距離で投影することのできる「短焦点プロジェクター(超短焦点)」と呼ばれるタイプです。 このタイプのプロジェクターであれば、 約1. 5mの距離から100インチの大画面に投影することができます。 また最新のモデルには、約22cmの距離で80インチの投影が可能な超短焦点モデルも発売されています。 真正面に設置できない場合は、「台形補正機能」が必須! お部屋の形状やレイアウトによっては、必ずしも壁やスクリーンの真正面にプロジェクターを設置できるわけではないですよね。 そんな時に便利なのが、「台形補正機能」です。 この機能があれば、投影面に対して斜めにプロジェクターを設置しても、綺麗な長方形に調整することができます。 「持ち運び」が可能なモデルかを確認 キャンプをはじめとするアウトドアで、プロジェクターを活用する人も増えています! 「アウトドアシアター」「シアターキャンプ」という言葉も話題になっており、需要が高くなっています。 自宅外での使用を検討している場合は、「内蔵バッテリー」 を搭載しているモデルを選ぶようにしましょう。 モデルにもよりますが、 フル充電で約2時間~4時間程度の再生が可能。 コンセントの無い状態でも、映画を1本楽しむことができます。 またカバンやリュックに入れても負担にならない軽量でコンパクトなタイプのモデルも多く発売されているので、注目が必要です! Amazonのベストセラーにも輝いたことがあるのが DR. J LEDから発売されている小型プロジェクターです。 価格を抑えながらも、USBやHDMI端子にしっかりと対応。 PCやゲーム機、スマホやタブレットなどあらゆる機器と接続することができます。 (変換アダプターは別途必要) また本体下部に三脚穴もあるので、カメラ三脚に設置することも可能。 この価格帯のプロジェクターとしては、異例の3,000ルーメンを超えるスペックを持っています。 明るいお部屋でもくっきりと投影できるので一般の家庭で使用するには十分な性能といえるでしょう。 ユーザーからは「ピント調節が簡単にできる!」「字幕がくっきりと見える!」との意見が見られました。 お部屋に置いていても、スペースを取らないので気軽に導入することができます。 また、内臓バッテリーを搭載し、アウトドアで使えるモデルを中心にピックアップしています。 3D映像の再生に対応!「LGエレクトロニクス Minibeam PH550G」 自宅に本格的なホームシアターを構築したいという方におすすめなのが、エプソンのハイクオリティモデル 「EH-TW8400W」。 メーカー独自の4Kエンハンスメントテクノロジーによって、4K相当の映像を出力。 通常の4Kプリジェクターよりも、色鮮やかな映像を実現しているのが特徴です。 00~6. 2kg バッテリー — 通信 — スピーカー内蔵 — 価格の目安 ネット価格:¥356,400~ 家庭用プロジェクターに関するQ&A ここでは、みなさまから寄せられる疑問や、よく耳にする疑問について解決していきます! 家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターって何が違うの? 家庭用プロジェクターの場合は、映画やテレビ鑑賞を主な使用用途として設計されているモデルがほとんどです。 そのため 画質にこだわったモデルが多いのが特徴。 その反面、部屋を暗くしての使用が想定されているので「ルーメン(明るさ)」は低くなっています。 一方のビジネス用のプロジェクターは、明るい会議室での使用を前提。 また映像でなくパワポやExcelなどの静止画を映し出すことを想定として設計されています。 そのため画質に関しては、ある程度で抑えられているモデルが多く、はっきりと資料が確認できるように「ルーメン(明るさ)」が高くなっています。 プロジェクターの接続端子について教えてください! 家庭用プロジェクターのほぼすべてに HDMI端子が付いています。 これによってDVDレコーダーやTVといったAV機器との接続を行います。 また他には、USB端子やVGA端子(音声のみ)が付いているモデルも一部あります。 「液晶」「DLP」「LCOS」など投影方式による特徴の違いについて教えてください! 実はプロジェクターが映像を映し出す方式には、3つのタイプが存在します。 それぞれに特徴がありますが、最近では各メーカーの努力によって、タイプごとの性能の違いはあまり見られなくなりました。 あまり重要ではありませんが、興味のある方は頭に入れておくといいかもしれません。 投影方式 メーカー 特徴 液晶(3LCD) エプソン 高ルーメンで明るい映像を映し出すことができる。 また価格が安くエントリーモデルに採用されることが多い。 その反面に解像度は高くなく、黒の再現が苦手というデメリットを持つ。 DLP BenQ 遅延のない滑らかな映像を得意とします。 またコントラスト比を高くすることができ、メリハリのある映像を映し出すことができます。 ゲーム用プロジェクターとして人気。 ただし、一部モデルでレインボーノイズと呼ばれる虹色の模様が映像に見られる。 LCOS 高級機種 高解像度で綺麗な映像を楽しむことできる。 4K対応のプロジェクターで採用されていることが多い。 ただし、価格が高価。 プロジェクターはテレビの代わりになりますか? テレビの代わりにプロジェクターを使用したい!という相談もよく受けます。 先にいうと、プロジェクターは問題なく テレビの代わりを果たすことができます。 むしろスポーツ中継などは、テレビの画面よりも迫力のある映像を楽しむことができます。 ただし、昼間の使用に関しては、外からの光が差し込んで画面が見えづらくなることが予想されます。 しっかりと 遮光ができる環境をつくること、そして ルーメンの高いモデルを選ぶことが快適に使うポイントです。 詳しい接続の方法などを知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね! 外部スピーカーって必要ですか? 家庭用プロジェクターの内臓スピーカーは、人によっては物足りなく感じてしまうでしょう。 特に本格的なホームシアターを構築したいと考えているのであれば、外部スピーカーは必須になってきます。 その際には、 Bluetoothスピーカーにワイヤレスで接続できるとケーブルの煩わしさなしにスマートな環境をつくることができますよ! まとめ ここまで2019年に自信をもっておすすめしたい家庭用プロジェクターについて解説をしてきました。 家庭用プロジェクターはまだまだ高価なモデルが多いですが、自宅にあると生活をより快適にしてくれるアイテムです。 「安さ」や「画質」「ゲーム」などご自身のニーズに合わせて最適なモデルを見つけてくださいね!•

次の

家庭用プロジェクターのおすすめ人気ランキングTOP10!【自宅でも映画をダイナミックに!】

プロジェクタースクリーン 人気

モバイルプロジェクターの基本情報 まずはモバイルプロジェクターとはどんなものなのか。 その特徴と、どんな人におすすめか、購入する場合どのくらいの価格なのかなど基本情報をお話しします。 そもそもモバイルプロジェクターとは? モバイルプロジェクターの価格帯 そもそもモバイルプロジェクターとは? モバイルプロジェクターは、 携帯に便利な小型のプロジェクターです。 バッテリー内蔵のものが多く、電源不要。 HDMIケーブルやVGAケーブル以外にもWi-Fiでの接続に対応しているものも増えており、 スマホからの出力も容易になっています。 画質は一般的なプロジェクターには劣りますが、ビジネスシーンでもプライベートでも活躍するアイテムです。 持ち運びなどの利便性を重視したい人、アウトドアのような電源のない場所で使いたい人におすすめですよ! モバイルプロジェクターの価格帯 価格は安いものだと1万円以下、高いものだと15万円程するものもあり価格帯は広いです。 欲しい機能や性能にもよりますが、高機能高スペックを求めなければ高くても5万円前後で十分いいものが買えるでしょう。 また、 激安のプロジェクターに特化した記事もおすすめです! モバイルプロジェクターの選び方 モバイルプロジェクターを選ぶ基準は、重量、投影サイズ、明るさなどいくつかポイントがあります。 使いたいシチュエーションを考えて適切なものを選びましょう!• 持ち運ぶなら軽さをチェック!!• 投影サイズも確認!• 原稿サイズをチェック!• 明るさをチェック!• 画素数もチェック! 持ち運ぶなら軽さをチェック!! ひとくちにモバイルプロジェエクターと言っても、 重量は200g以下のものから2kg近いものまで様々。 持ち運びを重視するなら、500mlのペットボトルと同等の500g前後であれば負担にならないでしょう。 軽ければ軽いほど持ち運びには便利ですが、性能が上がると重さも増える傾向にあります。 軽さを気にしすぎて満足のいく使い方が出来ないのはもったいないですので、必要なスペックとの兼ね合いを考えて選んでみてください! 投影サイズも確認! 投影サイズとは、プ ロジェクターで映し出される画像や映像の大きさのこと。 テレビやモニターのように〇型もしくは〇インチで表記されています。 投影サイズをみるときは、必ずスクリーンからプロジェクターのレンズの距離『投影距離』を確認しましょう! 投影サイズが大きいほど投影距離が長く、投影距離1mで35インチ、3mで100インチほどのものが多いです。 もし狭い場所で大きく投影したい場合は、短い投影距離で使用できる『単焦点』のものを探すといいでしょう。 原稿サイズをチェック! 投影する原稿サイズによっても、選ぶプロジェクターは変わります! プロジェクターには対応可能な解像度が設定されています。 原稿となる投影データの解像度が 対応可能範囲から外れてしまうと画面の端が切れてしまったり、比率がおかしくなったり、最悪表示出来ない可能性も。 プロジェクターを選ぶ際は原稿サイズと後述する画素数が出来るだけ一致するものを選ぶと問題が起こりにくいでしょう。 明るさをチェック! プロジェクターの明るさは 『ルーメン』という単位で表示されています。 この数値が高いと明るい場所での投影が適しており、低い場合は暗い場所での使用が前提となります。 この数値が高いほど大きく写したときにきれいに見えますが、比例して価格も上がってしまうのが難点。 モバイルプロジェクター人気おすすめモデルランキング10 人気でおすすめでモバイルプロジェクターを10選紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 第10位 iCODIS RD-813 プロジェクター 小型• 3000ルーメンの明るさ!• 最大180インチまで投影可能!• 接続端子が多彩! iCODIS RD-813 プロジェクター 小型の評価とレビュー 明るい場所でも使える!高輝度モバイルプロジェクター 重量が多少上がっても、明るい場所で使用したい!そんなかたにおすすめなのがこの製品です。 67 Kgとモバイルプロジェクターとしては大きく重いのが難点ですが、明るさは3000ルーメン、最大投影サイズ180インチと一般的なプロジェクターにも劣りません。 無線での接続は出来ませんが、HDMIやUSBをはじめ、4種類のポートで接続出来るのも魅力。 バッテリーも最大2時間使用可能です。 第9位 LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS• フルHDの高解像度!• Bluetoothでワイヤレス接続に対応!• USBファイルのドキュメント再生可能! LG LED ポータブル プロジェクター PF50KSの評価とレビュー life style VGP金賞受賞のハイスペック! モバイルプロジェクターには珍しいフルHDが特徴の製品です。 YouTubeやNetflixなどの再生にも対応しているため、より高解像度で映画を楽しみたい人におすすめ。 Bluetooth対応でヘッドホンもワイヤレスで使用できるのも嬉しいですね。 1kgと重めですが、持ち運びにも許容範囲でしょう。 バッテリーは最大2. 5時間駆動。 USB Type-C端子付きで起動しながらの充電も可能なので、安心して使用できます。 第8位 サンワダイレクト モバイルプロジェクター 200ANSIルーメン• 片手で持てるコンパクトサイズ!• スピーカー内蔵!• 大容量バッテリーでスマホへの充電も可能! サンワダイレクト モバイルプロジェクター 200ANSIルーメンの評価とレビュー 必要機能をしっかり備えたシンプル機! 片手で持てて、長時間持ち歩いても気にならない約300gの軽さが魅力の本製品。 持ち運びが多いけど解像度は高いものがいい!というかたにおすすめ。 スピーカーが内蔵されているため、プロジェクターからの音声の再生も可能。 ルーメンは明るさの最大値であることが多い。 第7位 ソニー SONY ポータブルスマートプロジェクター Xperia Touch• Android OS搭載!• 投影画面をタッチ操作できる!• 超単焦点レンズ短い距離でも大きく投影! ソニー SONY ポータブルスマートプロジェクター Xperia Touchの評価とレビュー Android OSとスマートスクリーン機能でゲームも大画面で楽しめる! 狭い場所でも大きく投影できる、超単焦点レンズのプロジェクターです。 スクリーンから約ラ25cm離せば、約80インチの投影が可能というハイスペックぶり。 しかしながら明るさが低く投影サイズ小さめのため、プライベートでの活用向けです。 HDMIのほか、無線LANにも対応しており接続も簡単。 バッテリーの持ちは1時間程度と控えめです。 GoogleストアのアプリがDLできたり、投影画面がタッチ操作できたりと楽しい機能満載なので、面白い製品が好きな方におすすめです。 第6位 Vivitek LEDモバイルプロジェクター QUMI Z1V• Bluetooth対応でスピーカーとしても使える!• 重さ660gと持ち歩きやすく、バッテリーの持ちも動画再生で2時間駆動してくれます。 Bluetooth接続すればスピーカーとして使用が可能で、映像面と比べ劣りがちな音質面もしっかりカバーしています。 世界初のAndroid TV OS搭載!• 豊富なワイヤレス接続に対応!• 同梱の充電器で高速バッテリー充電可能! Anker Nebula Capsule IIの評価とレビュー 世界初のAndroid TV搭載プロジェクターでエンターテインメントを楽しもう! Android TVのOSが搭載されている本製品は200ANSIルーメンの明るさと100インチまで対応の投影サイズ、さらに 8W スピーカーと十分な画質、音質でAmazon Prime Video、Netflix、Huluほか、3,600以上のアプリが楽しめます! 豊富な接続手段でワイヤレス接続も簡単。 バッテリーの持ちも約2. 5時間と長めな上、同梱されているPower Delivery対応のUSB充電器を使用すれば、約3時間で充電可能です。 エンターテインメント性の高いモバイルプロジェクターがほしい人におすすめですよ! 第4位 LG PH30JG コンパクトポータブル LEDプロジェクター• 三脚不要のマルチアングルヒンジ !• 4時間再生可能なバッテリー!• スマホ接続も簡単! LG PH30JG コンパクトポータブル LEDプロジェクターの評価とレビュー 三脚いらずの投影と長時間の再生が可能なバッテリーが売り! マルチアングルヒンジがついたモバイルプロジェクターは天井への投影も三脚いらず。 250ルーメンの明るさと、100,000:1の高いコントラスト、HDの投影サイズで鮮明な画面を映し出します。 147 x 86 x 37 mm、490gと小型で軽量でありながら最大4時間の再生が可能という大容量バッテリー!長時間の会議や映画にも充電不要で使用できます。 バッテリーの持ちを重視する人に一押しの製品です。 第3位 ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクター• HDMI接続モデルとUSB接続モデルの2種類展開!• 最大120インチの投影サイズ!• 5時間の投影時間で長時間電源いらず! ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクターの評価とレビュー ポケットサイズなのに120インチ、最大5時間の投影ができる! モバイルバッテリーにもなる本製品は、最大5時間の投影が可能。 明るさは150ルーメン、投影サイズは120インチまで対応しています。 iPhone用にHDMIモデル、Android用にUSBモデルの2種類があるのが特徴。 スペックも悪くなく、スマホと変わらぬサイズで約307gと軽いうえ、比較的手の出しやすい価格の製品です。 外出先で使用する可能性のある人はモバイルバッテリー代わりに持つのもおすすめですよ! 第2位 ソニー SONY モバイルプロジェクター USB給電機能搭載 MP-CD1• 約5秒で起動!約2秒でシャットダウン!• 無駄のないシンプルな機能とデザイン!• 机に置いたまま、三脚なしでも投影可能! ソニー SONY モバイルプロジェクター USB給電機能搭載 MP-CD1の評価とレビュー 高速起動、高速シャットダウンでストレスフリー! とにかく機能は最小限に、さっと起動してさっと終了できるストレスフリーなモデルです。 入力がHDMIのみとシンプル。 約2時間持つバッテリーを備えながら、約280gの軽さでポケットに入れても持ち歩けるのは快適ですね。 105ANSIルーメンの輝度で最大120インチまで投影でき、台形補正機能のおかげで三脚がなくても投影が可能です。 明るさも低めで大きな会議やプレゼンには向きませんが、少人数で会議したい場合にはスマートに使え、重宝するでしょう。 第1位 Q-PRO プロジェクター 小型 Wi-Fi Android搭載 小型プロジェクター• 55mm四方の超小型!• 有線、無線で簡単ミラーリング!• 55mm四方と驚くほどの小ささと、200gを割る軽さを誇り、バッテリーも約2時間の持ち。 明るさは100ANSIルーメンと実用するには少し低めですが、120インチまで投影可能、台形補正機能あり、ミラーリング機能あり、BluetoothとWi-Fiに対応、Android OS搭載と驚きの多機能さです。 携帯性抜群なので、暗い場所での使用ならビジネスにもプライベートにもおすすめですよ! まとめ いかがでしたか?大きくて重い印象だったプロジェクターは、今や軽量小型で持ち運びも簡単なアイテムになりました。 ビジネスでもプライベートでも活躍間違いなしのモバイルプロジェクター。 手軽に大画面での鑑賞を楽しみたいかた、電源や持ち運びに苦労しているかたはぜひ購入を検討してみてください。 Android OSが入っていればアプリが使用できますし、投影された画面をタッチできたり3Dに対応しているものもあり、使い方は無限大ですよ! 合わせて読みたい!!.

次の

プロジェクタースクリーンの選び方

プロジェクタースクリーン 人気

プロジェクターは投影距離がある程度必要になってくるため、設置場所やどこに映像を投影するのかなどをあらかじめ考えておく必要があります。 三脚が取り付けられるタイプのものもあるので、設置方法も必ず確認しておきたいポイント。 目安として投影スクリーンから本体が2m以上距離を取れるか確認しましょう。 もし、スペースの確保が難しい場合には、単焦点プロジェクターがおすすめです。 スクリーンとプロジェクターの距離が1m以下と短くても、場所を選ばず使用することができます。 ただ、通常のホームプロジェクターよりも性能のいいレンズを使っているため、本体価格はやや高めになってきます。 【popIn Aladdin】ポップインアラジン PA18U02VN アメトーークの家電芸人で取り上げられました。 フロアライトとプロジェクターが一体化した画期的な製品「ポップインアラジン PA18U02VN」 一体化のおかげで無駄な配線や置き場所に困ることなく、最大120インチの大画面かつ高音質スピーカーでテレビ番組やネット動画を楽しむことができます。 また昼間など明るい部屋での投影でも十分な視認性があるため、リビングにも設置できます。 価格は7万円台だと高額ですが、フロアライトとテレビの代わりになると考えれば導入コストもそれほど高くないでしょう。 ちなみに楽天やAmazonで買うとそれぞれ10%のポイントが付くキャンペーン中です。 またRentio レンティオ というレンタルサービスだと7泊8日で5980円でレンタル可能なので、どれくらい使えるものなのか試すのもありでしょう。 小型ながら1800ルーメンと家の中など暗い環境を作れる場所で十分な明るさ、1080Pの高解像度で映像を楽しむことが可能です。 接続はUSB、SDカード、HDMI、AV端子、VGAと様々な方法で接続できるのが特徴。 小型で軽量なので外出先でプロジェクターを使用する際に持ち運び便利です。 投影しながら上部のダイアルで台形補正、ピント調整が簡単にできるので難しい操作は必要ありません。 電源や音量調節は付属のリモコンがあるので離れていても操作できます。 最新の冷却システムによってファンの音が小さく、低発熱・低消費電力が魅力です。 こちらのプロジェクターはレビュー記事にしているので、ご覧ください。 【ExquizOn】CL760プロジェクター 大画面でありながら、色と音質がきれいな映像が楽しめるプロジェクターです。 2Wのスピーカーが搭載されているので音質も良いです。 大事なレンズの部分にはスライド式の防塵キャップが付いているのでレンズ汚れる心配が少ないです。 インターフェイスも充実しており、USB、HDMI、VGA、AV、3. 5㎜オーディオ出力もできるので互換性が高く、映画やゲームの他にスマホの映像を見ることが可能です。 省エネ設計のLED使用で約50000時間の寿命、交換しなくても約6年使用できます。 高さ調節用のねじが付属されているので高さを簡単に変えることができます。 【POYANK】プロジェクター スマホやタブレットとの接続をケーブル無し ワイヤレス で行える特徴を持つプロジェクターです。 ワイヤレス接続が可能なので配線を気にすることなく使用でき、操作も簡単です。 さらにスマホの充電ケーブルを使って有線で使用する事もできます。 これによりご家庭で簡単にスマホの画像を大画面で見ることができます。 小型ながら2つのスピーカーが搭載されているので臨場感のある音質を楽しめ、さらに2000ルーメンの明るさ、高解像度の1080P対応で持ち運び便利なプロジェクターの中でも高画質が魅力です。 三脚穴が付いているので標準的なカメラの三脚を使用できるのでベストな高さで使用することができます。 長時間寿命のLED使用しており約50000時間使用可能です。 デザインもスマホのように薄く、かさばることが無いので荷物になりません。 リチウムイオンバッテリーを搭載しており、フル充電で約2時間使用できます。 充電しながらも映像を投影できるので電源が切れる心配をする必要がありません。 USB-Cケーブル、USB-Cアダプター、HDMIケーブルが付属されていて、様々な機器と接続できます。 専用ケースも付属されているので持ち運びする際に便利です。 クイックスタート対応という特徴があり、電源を入れてから画像を投影するまでに約5秒という短い時間しかかからないので会議などでも素早く準備することができます。 【ASUS】ZenBeam E1 ポケットLEDプロジェクター 厚さが29㎜、重量約307gの持ち運びに便利なポケットサイズのプロジェクターです。 デザイン賞を受賞しており、見た目もおしゃれです。 寿命約30000時間のLED使用、内臓バッテリーは6000mAhでフル充電後5時間使用可能なので電源がなくても時間を気にせず楽しめます。 このバッテリーはモバイルバッテリーとしても使えるのでご自分のスマホなどの充電もできる大変便利な機能もついています。 小型ながら150ルーメンの明るさ、1080PフルHD対応で高画質な映像を楽しめます。 HDMIやMHL対応で簡単にPCなどの機器と接続することができ、映像の他ゲームも最大120インチの大画面で投影できます。 スピーカー搭載のため投影中に音声も楽しむことができ、イヤホンポートもあります。 【Anker】Nebula Capsule 持ちやすいデザインで重量約470gと小型で、ホームシアターとして楽しめるプロジェクターながらAndoroid7. 1が搭載されているのでより多くのコンテンツを楽しめる特徴を持っています。 YouTubeもこのプロジェクターを使って最大100インチの大画面で楽しむことができます。 大容量のバッテリーが搭載されているのでフル充電 2. 5時間 で動画約4時間、音楽再生約30時間使用可能です。 リモコンでの操作も便利で、さらに専用アプリを使うことでご自分のスマホで操作をすることが可能になります。 HDMIとUSBポートで接続でき、Wi-Fiも使用でるのでスマホやタブレットとも簡単に接続できます。 【EPSON】プロジェクター EB-W05 明るさが3200~3600ルーメン、コントラスト比が15000:1というスペックで明るい部屋の中で投影しても画面が見やすいプロジェクターです。 カーテンを閉めるなど部屋を暗くする準備に時間を費やす必要がなくなります。 スピーカーが内蔵されているので、投影中に音声を流すこともできます。 ピタッと補正機能により、画像がぶれることなくはっきりと確認できます。 3LCDという機能で、白とカラーの明るさを同じにし、最大10億7000万色の色再現性により映像高画質で写し出してくれるのでプレゼンテーションや会議に使用するプロジェクターとしておすすめです。 【BenQ】ホームプロジェクター HT2550 830万画素という高解像度で4K UHD対応のプロジェクターです。 最大の特徴は細部まで高画質な映像投影が可能なところです。 1080PのフルHDと比べて4倍の解像度なので映像がぼやけたりすることもなく、残像や影もない鮮明な画像、映像を楽しむことができます。 100インチの大画面、さらには4K画像を見ることができるので映画やゲームも家庭にいながら大迫力の中で体感することができます。 スピーカーも内蔵で迫力の画面を見ながら目と耳で高画質、高音質を楽しむことができます。 4K プロジェクターの中でコンパクトサイズなので設置場所に困ることはありません。 ファンの音も静かなので機械音を気にすることなく楽しめます。 自動の縦台形補正機能により設置場所に困ることもなくなり、映像の歪みもなくクリアに見えます。 プロジェクターの選び方やおすすめ商品を紹介してきましたが、それでもどれを選んだらいいかわからないという方には「」が一番おすすめです。 解像度も高くフルHDにも対応しているので、大画面でキレイな映像を楽しむことができます。 これ1台で映画が充分楽しめスマホやタブレットの直接接続にも対応し、価格とのバランスも良いプロジェクターです。 コンパクトなものから、高画質なものまで揃っているプロジェクター。 どんな使い方がしたいかによって選び方も異なってきますので、用途に応じて最適なものを選びたいところですね。 ぜひプロジェクター選びの参考としてみて下さい。

次の