香典 辞退 文例。 家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介|終活ねっと

香典返礼品:辞退の仕方、不要な場合、断り書きの書き方、郵送する際、添えるお礼状の書き方

香典 辞退 文例

香典返しの辞退について 葬儀の際にお供えいただいた香典のお返しとして、品物を渡すことを『香典返し』といいます。 葬儀が無事に終わったことの報告と参列に対する感謝の気持ちが込められているため、参列者は有難く受け取るのが一般的ですが、シチュエーションによっては辞退することもあります。 香典返しは辞退してよいのか 香典を辞退する遺族はいますが、逆に参列者が「香典返しを断ってもいいのだろうか」と迷う人もいるかと思います。 結論からいえば、香典返しをお断りしても問題はありません。 その際は、遺族の失礼にあたらないようにきちんと言葉を添え、礼儀を尽くすことが大切です。 遺族側も、お返しを受け取らない参列者もいるということを念頭に置いておきましょう。 そのような人は『遺族への配慮』を理由にしていることがほとんどです。 感謝してその気持ちを受け取るようにして下さい。 『香典返しはいらない』という人の具体的な事例について見ていきましょう。 香典返しを辞退する主なケース 香典返しを辞退する理由は様々です。 香典返しの品物は、いただいた香典の2分の1から3分の1程度の値段が常識ですが、香典金額が3,000円以下と少ない場合は、香典返しのお品が、香典を上回る可能性が出てきます。 遺族に金銭的な負担をかけないために、「お返しは結構です」と言う人が多いようです。 これと同じように、会社の同僚やサークルなど、『連名』で香典を出した際も「複数で少しずつ出したから」と言って、断ることがあります。 とりわけ大黒柱を亡くし、幼い子供と母親だけが残された場合、香典を葬儀の費用や今後の生活にそのまま充てて欲しいと考える知人・友人達もいます。 どちらも『遺族に金銭的な負担をかけないこと』が理由ですが、その一方で、政府関係者や公的機関に勤務している人など、職場の規則で香典返しの受け取りが禁止されているケースもあります。 香典返しの辞退方法とマナー 相手に気を遣わせずに、スムーズに辞退するにはどうしたらよいのでしょうか。 いくつかの方法があるので、相手の状況に合わせるようにして下さい。 受付で失礼がないように辞退の意向を伝える 香典返しを辞退する時は、その旨を遺族にしっかりと伝えることが大切です。 葬儀で香典を持参した際、受付で「お返しは不要」ときちんとお話ししましょう。 最近は、あらかじめ香典返しを用意しておき、葬儀日にお返しする『当日返し』が多くなっています。 その際は、理由をきちんと述べた後に、「勝手で申し訳ございませんが、辞退させていただきます」と伝えれば問題はありません。 香典袋に香典返し辞退の意向を書いて渡す 葬儀当日は遺族にとって非常に慌ただしい1日となります。 辞退の意向を口頭で伝えても、すっかり忘れてしまうこともあり得るでしょう。 「誰が不要だったのか?」と後で遺族を悩ませないように、口頭ではなく文面で伝える方法も覚えておきましょう。 香典袋に香典返し辞退の意向を書き、受付で渡すのが基本です。 詳しい書き方については、次の項で説明をします。 香典の額を少額にし辞退の意向を示す 香典の金額が多い場合、遺族は必然的に香典返しをすることを考えます。 遺族側は「こんなにいただいたのに、お返ししないのは申し訳ない」と逆に恐縮してしまうこともあるのです。 遺族側に気を遣わせたくない時は、あらかじめ香典を少額にし、お返しを不要とする方法もあります。 香典返し辞退の一筆箋や手紙の書き方 遺族に確実に辞退の意を伝えるためには、文面で示すのが1番です。 一筆箋を添える方法や香典袋に直接記載する方法、郵送で送る方法の3つに分けて解説していきます。 香典袋に入れる一筆箋の書き方 1つ目は、香典袋の中に一筆箋を添えて渡す方法です。 香典袋に直接書くことに抵抗がある人は、縦書きの簡単な一筆箋を用意し、香典袋の中に入れて下さい。 故人との関係にもよりますが、通常は以下のような短文を添えて下さい。 香典返しのご配慮は不要です。 お返しは、辞退申し上げます。 「少しでもお役立て下さい」や「お悔み申し上げます」といった遺族の心情に配慮した言葉があると尚、よいでしょう。 香典袋と熨斗袋の書き方と書く場所 2つ目は、香典袋や熨斗袋に直接書いて渡す方法です。 香典袋や熨斗袋の裏面(中央寄り)には、住所や氏名を記載するのが通常です。 香典辞退の主旨は、住所や氏名の左側のスペースに書いて下さい。 一筆箋と違い、書くスペースが限られていますので、辞退する旨を簡潔に書くのが理想です。 文言は上記にある通り、「香典返しは、辞退申し上げます」などの一言のみでOKです。 使用する筆は、濃墨ではなく、『薄墨』を使うようにして下さい。 筆ペンで小さな文字を書くのが苦手な人は、万年筆やボールペンなどを使っても可とされています。 郵送で香典を送り香典返しを辞退する場合 遠方に住んでいて葬儀に参列できない時など、香典を郵送(現金書留専用封筒)で送るケースがありますが、その際、一筆箋や便箋に、香典返しを辞退する旨を書き添えます。 便箋や一筆箋は、明るい色や派手なものを避け、白無地やグレー、薄紫などの落ち着いた色を選びましょう。 文房具コーナーでは、不祝儀用の手紙セットなども販売されています。 香典返しを辞退された場合の対応 『香典返しを辞退する方法』について説明してきましたが、次は、遺族側の対応の仕方について解説します。 参列者への感謝の気持ちを忘れずに、丁寧に対応することがポイントです。 遺族への配慮で辞退されたら 相手が香典返しを辞退したら、無理に渡そうとしたり、余分に用意したりする必要はありません。 「少しでも今後の生活の足しにして欲しい」という遺族への心遣いで辞退された場合は、せっかくのご厚意を無駄にしないようにしましょう。 相手が葬儀の受付などで辞退を申し出た時は、その場で丁寧にお礼を述べて下さい。 しかし、いただいた香典が高額だった場合は、相手が辞退を申し出ても香典返しをすることがあります。 相手との関係性を見ながら、臨機応変に対応するのがよいでしょう。 また、香典袋の中に「辞退します」の一筆箋が添えられていた場合は、葬儀後に礼状などを送るのがマナーです。 この書き方については、次の項で説明します。 また、香典返しではない別の方法や別の機会にお返しするという方法もあります。 会社の都合で受け取れない方への対応 政府機関や公的機関に勤務している人の中には、勤め先の規則で香典返しが受け取れないという人もいます。 香典返しはせずに、その場では丁寧にお礼の言葉を述べましょう。 「いただいた金額が高額だったから」という理由で、無理に香典返しを用意する遺族もおられますが、会社で禁止されている場合に限っては、逆に相手を困惑させてしまう可能性があります。 お中元やお歳暮など、別の機会に品物を送りたいと考える人もいるでしょう。 しかし、こうした会社は香典返しだけでなく、贈答自体が禁止されています。 葬儀が終わり、ひと段落ついた後に、お礼の手紙を送るのが理想です。 香典返しを辞退された方へのお礼 香典返しを辞退された方へのお礼の方法は1つだけではありません。 手紙、お中元やお歳暮、会食など、相手に合わせた形で感謝の気持ちを伝えましょう。 香典返しを辞退された方へのお礼状の文例 最近は香典の『当日返し』が増えてきていますが、本来は香典のお礼と、四十九日法要が無事終わった報告を兼ねて、『品物』と『礼状』を両方お渡しするものです。 相手は物品の受け取りを断ったわけですから、このタイミングで『礼状のみ』を送りましょう。 お礼状はあくまでも『略式』ということを示し、丁寧な挨拶でしめくくります。 以下は、文中に入れた方がよい一例です。 相手との関係性によって、他の言葉も添えるようにして下さい。 〇〇の葬儀に際し 御香料を賜わりまして深く感謝申し上げます• 四十九日法要を滞りなく営むことができました• 本来であればお目にかかりお礼申し上げるべきところ失礼ではございますが 略儀ながら書中をもってお礼とご挨拶を申しあげます お中元やお歳暮でお礼をする 高額な香典をいただいた場合は、何らかの形でお返ししたいと考えるものです。 そのような時は、香典返しではなく、お中元やお歳暮など別の機会にお返しをするようにしましょう。 お中元は6月下旬~7月15日までに贈り、お歳暮は12月初め~25日までに贈るようにします。 お中元やお歳暮の一般的な相場は、3,000円~5,000円とされていますので、いただいた香典の金額も考慮して決めましょう。 本来は相手の家や会社に直接赴き、挨拶を交わすのが通常ですが、購入したお店から直接配送してもらうというケースが増えています。 品物を送る前に、感謝の気持ちと品物を送る主旨を書いた手紙を出しておくと丁寧です。 会食や贈り物でお返しをする 会社の同僚やサークルなど、連名で香典を送り、且つ香典を受け取らなかった人達には、会食や贈り物などでお返しをするのが理想です。 1人ずつに個別でお返しをするよりも、菓子折りなどを『差し入れ』として持っていくとよいでしょう。 また仲の良い友人グループであれば、会食に招くという方法もアリです。 一方で、「参列できない人の香典を会葬者が代表して持ってきた」という場合は、まとめてではなく、1人1人に謝意を伝え、お返しをするようにしましょう。 まとめ 昔は、香典(金品)ではなく、食料を持ち寄るという風習がありました。 僧侶などの会食や遺族の食事に充て、苦しい時期を『相互扶助』で乗り越えていたのです。 香典返しをお断りする背景には、参列者の様々な思いがあります。 これからも良いお付き合いができるように、遺族側も参列者も、気持ちをしっかりと言葉で伝えることが大切です。

次の

家族葬 会社】連絡・参列・香典・職場・会社の人・報告・供花・対応・断り方

香典 辞退 文例

遺族マナー 作成日:2018年07月02日 更新日:2020年01月23日 家族葬の場合、会社への連絡は?会社としての対応は?遺族と会社の付き合い方• 通常の葬儀であれば、故人や遺族の会社関係者が大勢弔問に訪れる姿もよく見かけますが、家族葬を行う場合、会社への連絡はどうすれば良いのでしょうか。 都市部を中心に家族葬が増え、会社と、社員家族のお葬式への関わり方も変化しています。 双方が相手の立場を気遣って、スムーズに家族葬が行えるよう配慮するのがマナーです。 この記事では、家族葬を行う場合に会社に連絡・報告をする時の注意点と、家族葬の知らせを受けた会社側がとるべき社内での通知や香典・弔電などの対応についてまとめました。 葬儀・告別式から火葬までの葬儀の進め方、特に周囲への連絡のしかたが、一般的なお葬式とは少し異なります。 家族葬の場合の臨終、葬儀の連絡について 家族葬では、参列してほしい方以外には、葬儀の日時や場所を知らせないのが一般的です。 これは、予定外の参列を避けるためで、知らせを受け取った方に気を遣わせないためでもあります。 家族葬を行った場合は、葬儀後になどにて、「故人が逝去したこと」や「家族葬で葬儀を執り行ったこと」などを報告するようにします。 会社への逝去の連絡 参列してもらう方以外には連絡しないと言っても、故人が会社員だった場合、または遺族が会社員の場合は、会社に連絡が必要です。 亡くなった本人が会社員の場合は、会社側も特に対応を迫られることになるので、家族葬で身内だけの葬儀を行うのであれば、その旨をきちんと伝えましょう。 このときも、会社によっては香典や弔問の段取りをすることがあるので、家族葬であり、弔問は辞退する旨を伝えるようにしましょう。 家族葬で行うなら。 会社に対してするべきこと 会社へ連絡するときは、直属の上司か総務担当者に、ひとまず電話にて報告することが望ましいです。 誰が亡くなったのかを伝え、忌引休暇を取得するための手続きについて指示を仰ぎましょう。 葬儀を家族葬で行うことも忘れずに伝えましょう。 連絡のポイント 葬儀を家族葬で行う場合、会社へ連絡を入れる際に伝えるべき最も重要なポイントは、 弔問や弔電、供花、香典などについて、会社が対応を判断できるようにすることです。 家族葬ではそれらを辞退するのが一般的なので、その旨を明確に伝えておきましょう。 電話で連絡した後、改めてメールを送って文面にしておくとより確実です。 会社関係者の弔問を避けるため、家族葬の場合は、手続き上必要がなければ敢えて葬儀の日時や場所は伝えなくても良いでしょう。 また、特に家族が亡くなって忌引休暇を取る場合は、そうした事情があまり多くの人に伝わらないよう、関係者に配慮してもらうのもひとつでしょう。 香典をもらった場合、会社の人が訪問した場合 香典を辞退すると伝えた場合は、もし持参されたとしても受け取らないのが通常ですが、会社名義でいただく香典は通常、香典返しが不要なので、状況によっては受け取っても良いと言えます。 ただし、会社名義ではなく個人や部署の連名などの香典については、お礼としてお返しをすると良いでしょう。 会社によっては、規則で香典が定められていることがあります。 この場合は福利厚生のひとつなので、受け取っても問題ありません。 何かの行き違いで、家族葬であることが伝わらず会社関係者が弔問された場合は、弔意を受け入れて感謝を述べつつ、弔問や香典を丁重にお断りするか、可能な範囲で参列してもらいましょう。 家族葬を行う遺族への会社関係者の対応 社員から「 身内が亡くなり家族葬を行う」と連絡を受けた場合、会社側は 家族の意図をしっかりと ヒアリングする必要があります。 通常の葬儀では必要に応じて弔電や香典を用意したり、弔問したりすることもありますが、家族葬の場合はそれらを辞退されるケースが多いからです。 社内での通知 家族葬との連絡を受けた担当者は、会社関係者が個人的に弔問して遺族に迷惑をかけることのないよう配慮します。 まずは、訃報の知らせを会社内でどこまで伝えても良いのか、遺族に確認を取りましょう。 その上で、社内に通知する場合は家族葬であることや、弔問や香典を辞退される意向であることを、確実に伝えるようにしましょう。 香典・弔電などの対応 家族葬の申し出があっても、場合によっては会社として何か対応をした方が良いケースもあります。 香典や弔問、供花は辞退されていても、弔電は明確に辞退していないこともあるので、そうした場合は確認の上、弔電を送っても良いでしょう。 また、香典を辞退している場合でも、会社の規則で弔慰金を香典として渡すことが定められている場合は、それに従って対応します。 担当者は確認の上、段取りや手続きを行うようにしましょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

葬儀で香典を辞退する場合の対応や文例はどうすればいいの?

香典 辞退 文例

最近では、故人の意向または小規模で 葬儀を終えたいという家族の希望により 家族葬を行う機会が増えてきています。 私の叔母は昨年末に急病で 亡くなりました。 叔母本人の意向により家族葬を行い、 香典はすべてお断りしました。 叔母の死は年末の仕事が忙しい 時期でした。 そして、突然の病死。 叔父も私も悲しみにくれる暇もなく 葬儀の対応に追われたのを 覚えています。 決して喜ばしいことではありませんが、 このようなことは誰にでも 起こりうることなんだと実感しました。 家族葬を行うにあたり香典辞退は、 のちのちのトラブルを防ぐためにも、 明確に伝える必要があります。 親族だからこそトラブルは絶対に 避けたいものですよね。 そこで、今回は 家族葬で香典辞退を伝える文例を ご紹介するとともに、それを 誰にいつどうやって知らせるべきか について、解説いたします。 家族葬で香典を辞退すると失礼? 香典をお断りすることは 失礼にあたるのでしょうか? 実は、香典を辞退することは 故人や家族の意向であれば 全く問題ありません。 そもそも香典とは日本の昔からある 文化の1つです。 昔は、遺族が弔問客やお坊さんに対し、 葬儀で食事などを振舞うことが 常識でした。 しかし、それでは遺族の負担が 大きいため、近所の方が弔問客や お坊さんに食事などを 振舞うようになっていきました。 やがてそれが、 現代のように香典という形で 遺族の金銭面を手助けする という形になったのです。 生活スタイルも個人の価値観も変化した 現代において、家族葬や香典の 辞退というのは1つの文化の変化では ないでしょうか? そして、近年ではその様な価値観をもつ方 も増えてきています。 しかし、その時代の変化についていけず、 家族葬や香典辞退に違和感を 抱く人がいるのも事実です。 だからこそ、 「故人の遺志」により 香典辞退とさせていただいていることを 相手にお伝えする必要があるのです。 私の叔母は生前の元気なときから、 延命治療はしない 家族葬で周りの負担を少なくする 香典は受け取らない、と 明確に意思表示していました。 そして、それには叔父も全面的に同意 していました。 そのため、私たち家族は皆、 叔母の意向を最優先し、 家族葬・香典辞退を行いました。 近しい親戚のみで行った家族葬でしたが、 周囲からは理解も得られ、 反発などはなく終えることができました。 ただし、生前の故人にお世話になり、 見送りの気持ちを込めてと 香典を用意される方もいます。 そのため、相手の誠意はしっかりと 受け取っていることや 故人または家族の意向である という態度を示すことは大切です。 香典をお断りするときの文例 家族葬であること、香典をお断り する際の例文において、 定型文は決まっていません。 死亡通知状に必要項目• 冒頭は故人の関係と故人の氏名 (時候の挨拶は不要です)• 死亡年月日、時刻• 葬儀の参列者のみ日時、場所• ただ、私の叔母の場合は突然の 病死であったため、記載しました。 そうすることで、周囲から 他界までの経緯を根掘り葉掘り 聞かれることがありませんでした。 そのことは、精神的にとても 助かったと感じています。 家族葬で香典辞退を誰にいつどうやって知らせるべき? 家族葬や香典の辞退などは、 事前に通知していおくことが 大切です。 なぜなら、事前に通知しておくことで、 相手に嫌悪感を抱かせることなく、 トラブルを予防できるからです。 参列する家族への連絡 逝去後に葬儀場や日時が決定すれば、 できるだけ早急に、参列する家族には 伝えましょう。 逝去は突然のことなので、電話連絡で 問題ないです。 親族のみで行うこと• 香典は辞退すること 上記を、故人の遺志により行うことを 伝えておくことが大切です。 私は参列する親族にのみ電話で、 葬儀の日時と場所を伝えました。 しかし、余裕があればFAXを送信するなど 目に見える形で案内を出すほうが親切です。 香典辞退の意向は葬儀会社にも 伝えておくと、辞退を表示する看板を 作成してもらえます。 私は、親族に香典の辞退をする意向を 伝えていました。 しかし、実際には香典をお持ち いただくこともありました。 お断りするさいに、 「本人の意向ですので」と 看板をお見せすることで、 スムーズに対応することができました。 私は親族間で香典を辞退したことによる トラブルはありませんでした。 それは、生前よりずっと叔母が• 家族のみでの葬儀• 香典は受け取らない という思いを打ち明けており、 親族間で共通理解があった からだと思います。 香典は金銭的なものであり、 トラブルのおこりやすい問題です。 また、香典辞退の通知を受け、 どのように対応するべきなのか わからない方も多くいます。 叔母の死は突然でした。 しかし、生前からの遺志表示があった ため、問題なく葬儀を終了できました。 この経験からも事前にお伝えすること の大切さを実感しました。 参列しない人への連絡 参列しない親族または 知り合いなどへの連絡は、 死亡通知状でお伝えする方法が あります。 死亡通知状の郵送は友人であれば 葬儀前でも葬儀後でも、 どちらでも大丈夫です。 会社などにも特別な理由がない限り、 葬儀前に伝えておいたほうが良いです。 私の叔母は専業主婦だったため、 葬儀終了後に郵送しました。 叔母の死は年末だったこともあり、 死亡通知状の代替えとして 年賀状の欠礼ハガキで行いました。 ここでも、 死亡通知状に 香典辞退の一文を 記入しておくと良いです。 また、葬儀終了後に郵送する場合は 家族葬で葬儀を終了したことを お断わりする文面を入れると丁寧です。 死亡通知状を送付した後に、 自宅へお線香を手向けに 来てくださる方もいらっしゃります。 昔からの風習、一応の礼儀として 必ずと言っていいほど、 香典をご用意されてこられます。 しかし、はじめにお伝えしておくことで、 悪意を持たせることなくお断りしやすく、 お断りしても変な雰囲気になることも ありませんでした。 死亡通知状は以下のようにネットから 注文して届いたはがきに 宛名を書いて出状できます。 まとめ• 家族葬で香典辞退を伝える文例の要点 ・故人、家族の意向により家族葬にすること ・香典はお断りすること• 家族葬であること、香典を辞退する意思が あることを事前にしっかりと伝える。 葬儀会社にも伝えておくと、対応がスムーズになる。 参列される方には、電話連絡後に FAXまたは手紙を郵送する。 参列されなかった方には、 死亡通知状を郵送する。 なお、辞退しているのにも関わらず、 それでも手渡されることもあります。 私は、郵送で自宅に届いたことも ありました。 親族だからこそ、家庭の経済状況や 葬儀にかかる費用を 気にかけてもらえました。 そのため、お断りしてもお気遣い 頂いたのだと思っています。 その場合は、無理に拒否することは 失礼にあたりますので、 49日が過ぎたあたりで、 お香典返しをするようにしましょう。 なお弔電も辞退したい場合は、 以下の記事を参考にして下さい。

次の