プロコン 分解 ボタン。 構造上の欠陥?白い粉は原因じゃなかった!Nintendo Switchプロコンの動きが悪くなったので分解してみたらすごいことになってた|スーログ

Nintendo Switch プロコンの左スティックがまた調子悪くなってきたので分解して掃除した

プロコン 分解 ボタン

【注意事項】 必ず成功する保証はありません。 あくまで、素人なりに私が実際に経験したことをお伝えします。 ゲームによっては、ボタンを連打する必要があったりしますよね。 私もかなりガチャガチャとボタンを酷使していたせいか、ある日突然、〇ボタンが埋まってしまいました。 もうこうなると、戻って来なくなったボタンを爪でひっかけたり、コントローラーを振ってみたり、叩いてみたりと、原始的アプローチで直ることを期待したのですが、まったく無意味でした。 しょうがないので買い換えようとしたんですが、純正のコントローラーって結構良い値段しますよね? そこで、「ダメ元で修理してからでも遅くないか」という気持ちで、自分で修理してみることにしました。 コントローラーの中身にも少し興味ありましたしね。 作業開始 と、その前に、 必要なものリストをみて、「静電気対策の手袋はなくても良いかな~」と思ったりしませんでしたか? PCを自作する人にとっては、静電気の怖さを知ってると思いますが、実際私が作業を行ったときは、この重要性を軽視していました。 もうお気付きだと思いますが、私は、 静電気対策用手袋をしなかったせいで回路をショートさせコントローラーの修理に失敗しました 悲。 部品自体はうまく交換することが出来たんですが、コントローラーがまったくPS4に反応しなくなったんですよね・・・ なので原因はショートによるところでしょう。 静電気対策をやっていれば上手くいっていたかもしれませんので、これからやろうと思ってる方に、同じ轍を踏ませないように、少々くどくなりましたがお伝えしました。 では本当に作業開始! まず、コントローラー裏側の4か所のネジを精密ドライバーで外します。 次に、コントローラーの横の繋ぎ目の部分を手で外します。 ある程度力を入れて行う必要があります。 隙間にマイナスドライバーを嚙ませたりしても良いでしょう。 グレーの電池パックを横にずらし、3か所あるネジのうち、基盤のさらに奥までコントローラーの片側と固定されているネジを外します。 すると、白い十字型のクッションが見えるはずです。 ボタンはそのままにクッションだけ隙間から手を入れ取り出します。 クッションを見てみると、〇ボタンの箇所にあったクッション部分が千切れそうになっていました。 ボタンが戻らない原因はどうやらこれだったようです。 この十字クッションを丸ごと交換すればOKです。 根気よくどこに使われてる部品かを確かめながら元にもどしていきましょう。 すべての操作パーツの感触、PS4との接続に問題なければ無事に完了となります。 まとめ いかがでしたでしょうか? 原因だったクッション部分の交換自体は簡単ですが、コントローラーをもとの形に戻すまでの過程で、部品が外れ、それを元に戻したり、いざ戻してみたらパーツの感触がおかしかったりと、調整が大変な場合が多いと思います。 私は、キャットタワーを傾けて完成させるほど、手先が器用な方ではないので、手こずりました・・・ 繰り返しますが、「上手く成功すればラッキー、失敗したらしょうがない」と割り切りましょう! また、今回はボタンクッションの交換方法を解説しましたが、ボタン、アナログスティック、Rトリガーの交換もパーツがあれば基本的には今の流れで対応できるかと思います。 そして私は無事? 赤いコントローラーを買いました。

次の

プロコンの左スティック不具合を自分で分解修理したよ

プロコン 分解 ボタン

工場へ送るための送料がかかる(約1,000円) 2週間近くプロコンでスプラトゥーンできなくなる 保証期間でも修理費がかかる可能性がある(4,000円など実例あり) 自分で壊したわけでもないですし、2週間遊べない上、5,000円以上かかるなんて正直納得いきません。 新しいコントローラをもう1台買ったところで、結局同じモデルのプロコンになるので、 不具合が起きるリスクは変わらないわけですし。 プロコンを修理できる方法を模索してみた プロコンの修理が完了して俺のイカが3ヶ月ぶりに前に走るようになった… —. スティック周りの粉が原因? ネット上の記事や、Twitterなどで同様のケースについて調べてみると、どうやらスティックが削れて発生する白い粉がセンサー部に入り込むことによって誤動作を引き起こしているようです。 (あくまで一説ではありますが、元々の原因が任天堂から正しく伝えられていない) つまりは、 プロコンを分解しこの粉を取り除くことで、誤動作が起きない状況を作るのが今回の作業内容になります。 プロコンの不具合は10分で直せる上、作業難易度は低い 実際に修理してみたところ、10分足らずで作業が終わった上、難しい部分はありませんでした。 3ヶ月間ほど不具合を我慢していた時間は一体何だったんだと思うほど。 「 分解っていうと難しい作業があったり、壊しちゃうんじゃないの…?」と思うかもしれませんが、作業は本当に簡単でした。 具体的には ネジを外すだけです。 他のサイトではコネクタも外して清掃しているようですが、 コネクタ部を外さずに作業を完了できます。 サイズは「 #0」のものを使いましょう。 大きさが違っているとネジ穴を破壊しかねません。 プロコンのネジは結構固く締められています。 グリップの付いたドライバーを選びましょう。 この時電池パックを外しておきましょう。 通電しなくなるので安全かつ故障のリスクが下がります。 爪を入れるとカパッと開きます。 平たく長いコネクタが前面カバーと本体を繋げていますが、今回のメンテでは 無理に外す必要はありません。 繋がったまま作業します。 センサーが露出するのでこの部分を掃除します。 私の場合、水滴がかからないよう強く息を吹きかけても復活しましたが、「」や「」を使って細かい粉を飛ばすのが最適解です。 黒くて長いネジ2本:左右グリップ 銀のネジ4本:半透明な裏蓋4箇所 黒くて短いネジ:それ以外の箇所 【まとめ!】プロコン修理方法比較 ここまで長々と説明してきましたが、自前で修理するかどうかは個人で判断してもらうことになるかと思いますので、そのためのメリット・デメリットを整理しておきます。 正規の修理なので安心できる• 必ず修理されたものが戻ってくる• 工場へ送るための送料がかかる(約1,000円)• 梱包など手間がかかる• 2週間近くプロコンでスプラトゥーンできなくなる• 保証期間でも修理費がかかる可能性がある(4,000円など実例あり)• 費用がかからない、安い• 5〜10分の作業時間で良く、手間も時間もかからない• スプラトゥーンできない時間が少ない• 自己責任での作業• 保証対象外になる• 自分で手を動かすしかない (が、修理でも5,000円位かかるリスクがあるので、もし壊れても新品を買えばよいのでは?と思う) 【追記】スティックの基板から修理する方法もある 不具合の元凶となっている基板から修理する方法もあります。 難易度はとても高そうですが…。 パーツは。

次の

PS4コントローラーを自分で分解・修理する方法

プロコン 分解 ボタン

ZLボタンは戻して、Zボタンのチェック こちらは、突起部にシリコンボタンの穴がはまっている形になっています。 とくに汚いこともないのでそのまま戻します。 左側をやったので、右のR、ZRボタンも同じように外して、基板側の接点部とシリコンボタンの裏側を綺麗に清掃しました。 Rボタンを押しても反応しにくい問題 R、L、ZR、ZLのトリガー系ボタンの中でも、RボタンとZLが劣化しやすいです。 スプラトゥーン2を1年以上遊べば、力の入るボタンから、おかしくなります。 症状は、 本来、プロコンのR、L、ZR、ZLは、クリック感とともにONになる感度の良さがあります。 ゆっくりとボタンを人差し指でおしていくと、スコンとクリック感があってボタンはONになります。 ところが、クリック感があってもONにならないことがあります。 しっかりと押せば問題なく動作します。 軽くポンと押した時に反応しないんです。 半年以上使い込んだPro コンのほとんどが、同じ問題をかかえるようになります。 原因は、酷使したために起きた シリコンボタン部の変形による「わずかな浮き」です。 変型が主たる原因なので交換しかありませんが、新品の交換部品が売られていないので直せません。 しっかりと押せば反応するので、気にならない人、気づかない人が多いと思います。 ABXY、十字キーなどのボタン部の分解 ボタン基板を外して清掃 前面パネルのABXY、十字キーなどボタンの基板を外します。

次の