ウィルソン ブレード 2019。 【Wilson】ブレード2019 V7.0 インプレッション!【比較・レビュー】

2019年後半発売の最新テニスラケットまとめ 各メーカー(ウィルソン、バボラ、ヨネックス、プリンスなど)

ウィルソン ブレード 2019

名前 Name ステファノス・チチパス Stefanos Tsitsipas 年齢 Age 21 1998. コーチのアポストロス・チチパスはお父さん。 両親は共にテニス選手だったそうです。 お母さんはロシア出身で、ジュニア時代には世界1位、ソビエト代表としてフェドカップにも出た・・・というまさにテニス一家。 キャリアタイトル数は4。 2019年にマルセイユ、エストリル、Finalsの3つ、2018年はストックホルムで優勝しています。 また、2018年は若手のみの上位選手で争われるNextGen Finalsを制覇しています。 ツアータイトルとしてはカウントされない模様。 NextGen Finalsを制した1年後に、ATP Finalsを制するという爆発的な成長を見せた1年になりましたね! チチパスのラケット:ウイルソン BLADE チチパスが使用しているのは ウイルソン・ブレード。 しなりを生かして威力のあるボールを生み出すこのシリーズ。 市販品のスペック&チチパスが実際に使用しているスペック パーソナルスペック)についてまとめました。 0です。 また、前モデルで採用されていたCV カウンターヴェイル は不要になったそうで、搭載されていません。 詳しい商品解説は以下のリンクからご確認頂けます。 参照元: フレーム おそらく旧型ブレード 重さ 315g グリップテープ含む バランス 317 mm スイングウェイト 308 ストリングなし) 343 ストリングあり カスタム内容 グリップ内に10gの型取り用樹脂を充填 中身はどうやら旧型のブレードを使っている模様。 グリップテープ含めて315gだとしたら、BIG4のラケットに比べると随分と軽い事が分かります。 そしてグリップの内部には、樹脂が充填されているようです。 ウェイトのチューニングにはシリコン材が使われる事がほとんどなんですが、情報が正しければそれよりも硬質な樹脂を使用しているようなので、振動減衰性能などに違いがあるかもしれませんね。 ギリシャカラーバージョンも使ってました。 ブレードのv7. 0が登場するまでは、こちらのギリシャカラーバージョンを使用していました。 もちろん使っていたのは チチパスだけの限定モデル。 海外ではウイルソンラケットのカラーカスタマイズが出来るので、お金さえあればこんな風に自分専用のデザインにして購入する事が出来ます。 ええなぁ・・・ 笑 チチパス使用ストリング:ルキシロン4G チチパスのツイッターにこんなやりとりがありました! I use personalized rackets. I use Luxilon 4G as my strings. — Stefanos Tsitsipas StefTsitsipas 「ラケットは市販品、それともパーソナライズドされたものを使ってるの?ストリングとテンションは?」 「パーソナライズドされたラケットを使ってるよ。 ストリングは4Gだね。 本人が答えてるので信頼性は高いんじゃないでしょうか!.

次の

【Wilson】2019 新型BLADE(ブレード) V7 情報 #BLADERの覚醒

ウィルソン ブレード 2019

名前 Name ステファノス・チチパス Stefanos Tsitsipas 年齢 Age 21 1998. コーチのアポストロス・チチパスはお父さん。 両親は共にテニス選手だったそうです。 お母さんはロシア出身で、ジュニア時代には世界1位、ソビエト代表としてフェドカップにも出た・・・というまさにテニス一家。 キャリアタイトル数は4。 2019年にマルセイユ、エストリル、Finalsの3つ、2018年はストックホルムで優勝しています。 また、2018年は若手のみの上位選手で争われるNextGen Finalsを制覇しています。 ツアータイトルとしてはカウントされない模様。 NextGen Finalsを制した1年後に、ATP Finalsを制するという爆発的な成長を見せた1年になりましたね! チチパスのラケット:ウイルソン BLADE チチパスが使用しているのは ウイルソン・ブレード。 しなりを生かして威力のあるボールを生み出すこのシリーズ。 市販品のスペック&チチパスが実際に使用しているスペック パーソナルスペック)についてまとめました。 0です。 また、前モデルで採用されていたCV カウンターヴェイル は不要になったそうで、搭載されていません。 詳しい商品解説は以下のリンクからご確認頂けます。 参照元: フレーム おそらく旧型ブレード 重さ 315g グリップテープ含む バランス 317 mm スイングウェイト 308 ストリングなし) 343 ストリングあり カスタム内容 グリップ内に10gの型取り用樹脂を充填 中身はどうやら旧型のブレードを使っている模様。 グリップテープ含めて315gだとしたら、BIG4のラケットに比べると随分と軽い事が分かります。 そしてグリップの内部には、樹脂が充填されているようです。 ウェイトのチューニングにはシリコン材が使われる事がほとんどなんですが、情報が正しければそれよりも硬質な樹脂を使用しているようなので、振動減衰性能などに違いがあるかもしれませんね。 ギリシャカラーバージョンも使ってました。 ブレードのv7. 0が登場するまでは、こちらのギリシャカラーバージョンを使用していました。 もちろん使っていたのは チチパスだけの限定モデル。 海外ではウイルソンラケットのカラーカスタマイズが出来るので、お金さえあればこんな風に自分専用のデザインにして購入する事が出来ます。 ええなぁ・・・ 笑 チチパス使用ストリング:ルキシロン4G チチパスのツイッターにこんなやりとりがありました! I use personalized rackets. I use Luxilon 4G as my strings. — Stefanos Tsitsipas StefTsitsipas 「ラケットは市販品、それともパーソナライズドされたものを使ってるの?ストリングとテンションは?」 「パーソナライズドされたラケットを使ってるよ。 ストリングは4Gだね。 本人が答えてるので信頼性は高いんじゃないでしょうか!.

次の

ウィルソン ブレード98(16×19)をインプレ!

ウィルソン ブレード 2019

名前 Name ステファノス・チチパス Stefanos Tsitsipas 年齢 Age 21 1998. コーチのアポストロス・チチパスはお父さん。 両親は共にテニス選手だったそうです。 お母さんはロシア出身で、ジュニア時代には世界1位、ソビエト代表としてフェドカップにも出た・・・というまさにテニス一家。 キャリアタイトル数は4。 2019年にマルセイユ、エストリル、Finalsの3つ、2018年はストックホルムで優勝しています。 また、2018年は若手のみの上位選手で争われるNextGen Finalsを制覇しています。 ツアータイトルとしてはカウントされない模様。 NextGen Finalsを制した1年後に、ATP Finalsを制するという爆発的な成長を見せた1年になりましたね! チチパスのラケット:ウイルソン BLADE チチパスが使用しているのは ウイルソン・ブレード。 しなりを生かして威力のあるボールを生み出すこのシリーズ。 市販品のスペック&チチパスが実際に使用しているスペック パーソナルスペック)についてまとめました。 0です。 また、前モデルで採用されていたCV カウンターヴェイル は不要になったそうで、搭載されていません。 詳しい商品解説は以下のリンクからご確認頂けます。 参照元: フレーム おそらく旧型ブレード 重さ 315g グリップテープ含む バランス 317 mm スイングウェイト 308 ストリングなし) 343 ストリングあり カスタム内容 グリップ内に10gの型取り用樹脂を充填 中身はどうやら旧型のブレードを使っている模様。 グリップテープ含めて315gだとしたら、BIG4のラケットに比べると随分と軽い事が分かります。 そしてグリップの内部には、樹脂が充填されているようです。 ウェイトのチューニングにはシリコン材が使われる事がほとんどなんですが、情報が正しければそれよりも硬質な樹脂を使用しているようなので、振動減衰性能などに違いがあるかもしれませんね。 ギリシャカラーバージョンも使ってました。 ブレードのv7. 0が登場するまでは、こちらのギリシャカラーバージョンを使用していました。 もちろん使っていたのは チチパスだけの限定モデル。 海外ではウイルソンラケットのカラーカスタマイズが出来るので、お金さえあればこんな風に自分専用のデザインにして購入する事が出来ます。 ええなぁ・・・ 笑 チチパス使用ストリング:ルキシロン4G チチパスのツイッターにこんなやりとりがありました! I use personalized rackets. I use Luxilon 4G as my strings. — Stefanos Tsitsipas StefTsitsipas 「ラケットは市販品、それともパーソナライズドされたものを使ってるの?ストリングとテンションは?」 「パーソナライズドされたラケットを使ってるよ。 ストリングは4Gだね。 本人が答えてるので信頼性は高いんじゃないでしょうか!.

次の