長谷川 慎。 ヤマハデジタル音楽教材 箏授業 【DVD

Chevron

長谷川 慎

youtube. テラスハウス入居時、長谷川慎さんは 明治学院大学の4年生で硬式野球部に所属していました。 将来の夢は実業団に入って社会人野球をすることだそうです。 野球選手になる夢を持って頑張っていて、さわやかな印象ですね! 性格は基本的に温厚で自然体な性格から親しみやすいです。 IN THE CITY編が始まったころには、なんと 女子メンバー全員が長谷川慎さんのことを気になっておりモテモテでした。 裏表なく、自然体な性格が魅力的に映ったのでしょうか? しかしこの人気も長くは続きませんでした。 内原達也さんが女子メンバー3人とデートに行くことに対して「あんな誘いに簡単に乗るなんて理解できない」と話していました。 早田悠里子さんと内原達也さんがデートに行った時のことでした。 男子部屋で「気を遣った」という言葉を内原達也さんが感想として話すと、長谷川慎さんはそれをそのまま早田悠里子さんに伝えてしまいました。 後日それを知った内原達也さんは激怒しますが、長谷川慎さんは謝るどころか逆ギレ。 これ以降メンバーからの信頼度は下がっていきました。 中田みのりさんからは「 メッキがはがれてきたね」と言われていました。 youtube. ポジションは小中高とずっと ピッチャーです。 中学3年生の時に野球肘になって、投げられなった時もあるが高校1年生の時に手術して怪我と付き合いながら野球を続けてきたようです。 高校は東京の 佼成学園高等学校出身で偏差値が64と高く野球部もなかなか強かったそうです。 そして明治学院大学からはプロ野球選手も出ております。 野球が下手ではずっとピッチャーはやらせてもらえませんし、実力的には実業団で野球を続けられる可能性はありそうでした。 しかし、長谷川慎さんは大学の野球部に入ってから先輩と関係を悪くして、練習に行かなくなってしまった時期があるそうです。 それから4年になって、監督さんに頭を下げて許してもらい野球を続けていました。 ただ部内では1年生と同じような扱いで、まずスカウトにアピールするための試合に出る機会もなかなか作ってもらえなかったそうです。 そこから1軍入りを目指すと話していた長谷川慎さんですが、夜はメンバーと一緒にお酒を飲んだり、お菓子を食べたりしていました。 完全に矛盾していますね。 一軍の野球選手になるのであれば、練習の前日は早く寝るし食事にも気を使いますよね。 男子メンバーで飲みに行っている時にも、やる気のなさは露呈します。 「うっちーとかゆうきにも言われたしさ、野球やんなきゃいけないっていうのがあるからさ」と話す長谷川慎さん。 一体誰のために野球をしていたのでしょうか? 結局1軍に入ることがないまま、大学野球を終えたそうです。 卒業後のインタビューでは、1軍を目指すと言いながらお酒にタバコと不摂生を続けていたことに関してこう話していました。 「どうしても楽なほうに逃げてしまい、まだまだ子供な部分がある」 テラスハウスでの共同生活を経て、自分の未熟な部分を理解し次のステップにつなげられるよう考えていて安心しました。 しかし、卒業後も悪い噂が出ていました。 しかも画像付きではっきりと長谷川慎さんと判断できるような投稿でした。 本人は自分が投稿したものではないと弁明していますが、仮にそれでもこういった画像を流出させてしまっていること自体が問題なのではないのでしょうか? 追い打ちをかけるように長谷川慎さん本人と思われるような 「アダルトビデオ」も流出しており、話題になっていました。 こちらはテラスハウス出演以前の映像である可能性が高いため、どうしようもありませんね。 この件に関しては長谷川慎さんは芸能活動を続けるわけでもないので、特に支障はないようです。 テラスハウス卒業後は、ストレートで卒業できずに4年生の2回目をしていた、とのこと。 今はしっかり卒業できたのでしょうか?(笑) SNSは時々更新されていて元気にやっているみたいですね。 ライター:K.

次の

‪THE RAMPAGE‬ 長谷川慎 金髪に!SNSでは好評の声が!!

長谷川 慎

今やJr. EXILE世代を牽引する16人組ダンス&ボーカルグループ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)。 ワイルドなビジュアルやアグレッシブな楽曲、大人数で繰り広げるダイナミックなパフォーマンスが印象的な彼らだが、1人1人のキャラクターやメンバー同士の関係性を探ってみると、そこには意外な魅力が溢れている。 そんな彼らの魅力を伝える、THE RAMPAGEメンバー分析。 第12回目は、パフォーマーの長谷川慎について紹介していく。 長谷川慎 長谷川慎は、1998年7月29日生まれで神奈川県出身。 幼少期から好奇心旺盛で、幼稚園の頃は宇宙飛行士や忍者、小学校に上がってからは父親の職業である美容師になりたかったという。 そんな彼がダンスを始めたのは、小学校4年生の時。 初めは習い事感覚でやっていたが、EXPG東京校に入校し、仲間達と切磋琢磨していくうちに本気でアーティストになることを夢見るようになったそうだ(参照:)。 幼稚園の頃からリレーの選手をやっていたほど身体能力が高く、好きなことを突き詰めるためなら努力を惜しまない彼が特待生に選ばれたのは、必然だったと言えるだろう。 特待生になると、キッズダンサーとしてEXILEのMVなどに出演するようになり、中学時代にはGENERATIONS from EXILE TRIBEのサポートメンバーに抜擢され、岩谷翔吾、藤原樹、浦川翔平らとともに数々のMVやライブに出演。 年上のダンサーに負けじと、夢に続く階段を駆け上がっていった。 そして、2013年、世界基準で活躍できるアーティストを育成することを目的としたオーディション「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」に挑戦。 その後、THE RAMPAGEの候補生に選出され、その後THE RAMPAGEの正式メンバーとなった。 ちなみに、ボーカルのRIKUは、EXPG東京校で同時期に特待生になり、ほとんど同じ道のりを歩んできた同志。 年齢的にはRIKUのほうが4つ年上だが、程良く雑な絡みが2人の付き合いの長さを物語っている。 得意とするダンスジャンルは、クランプ。 4月に配信されたインスタライブ「STALI HOMIES」によると、長谷川がクランプを始めたのは、EXPGの生徒時代にJUN(Twiggz)に出会ったことがきっかけ。 1年くらい続けた後に一度やめるが、THE RAMPAGEが始動してからJUNと再会し、ダンサーとしての武器にするため、再びクランプを始めたそうだ。 なおかつ、THE RAMPAGEにおいてはボーカルの川村壱馬とパフォーマーの武知海青もクランパーだが、それぞれ得意とするスタイルが異なり、武知曰く「慎はトリックというスタイルで、僕はパッション系、エナジー全開系」(引用:)とのこと。 2人の持ち味を生かすように、長谷川、武知、山本彰吾が振付を担当した6thシングル曲「HARD HIT」では、武知がパワフルでダイナミックな振付、長谷川は変化を加えるようなトリッキーな振付を考案した。 同曲にはエモーショナルで荒々しい場面と硬く無機質な場面が表現されているが、その二面性を振付でも表現している。 そのほか、5thシングル『Fandango』のカップリング曲「Dream On」も、鈴木昂秀と共に振付を担当している。

次の

THE RAMPAGEの長谷川慎くんがアメリカに行くか、ランペになるか...

長谷川 慎

DVDからインストールすれば授業でそのまま使える! 器楽授業教材の決定版が登場 『箏 こと 授業』は、PC・タブレット端末で触って学べる、DVD-ROM付きの器楽授業向け教材です。 DVD-ROMからアプリをインストールするだけで楽器を簡単に教えられて、分かりやすく学べるようになります。 専門家による丁寧な解説・演奏動画が授業をアシスト。 演奏動画はアングルの切替えや速度の変更ができ、ポイントをしっかりと確認しながら学習できます。 また、授業でおなじみの2楽曲 3種類 を収録しており、短くフレーズに区切って効果的に練習できます。 爪のはめ方や姿勢・構え方など基礎的な知識のほか、いろいろな奏法を動画で詳しく学べます。 正面、右手でアングルを切替したり、速度を落として再生したり、ポイントを押さえた学習が出来ます。 生徒1人1人のペースに合わせて学習できます。 静岡大学教育学部音楽教育講座准教授。 東京藝術大学、愛知教育大学、長崎大学、常葉大学各講師。 専門は音楽教育学、日本音楽、和楽器実技。 東京藝術大学音楽学部邦楽科箏曲生田流専攻卒業。 同大学院音楽研究科音楽教育専攻修士課程修了。 演奏家として、各地でのリサイタル及び演奏活動を行うほか、これまでに国際交流基金人物派遣によりコートジボワール共和国、ドイツ等で演奏し海外での日本文化普及活動を行う。 柳川三味線・京地歌を中澤眞佐に師事。 2012年国立劇場主催公演「三曲の会」に出演。 2014年、NHK-FMオーディションに地歌「正月」で合格し、NHK-FMから全国放送。 箏曲宮城会、日本三曲協会、生田流協会、柳川三味線による地歌「やなみ会」各会員。 研究業績としては、中学校教科書や大学など教科教育関連テキストの執筆多数。 全国各地教育研究会での研究助言のほか、研修会講師を数多くつとめる。 地歌箏曲に関する研究としては「箏曲実演家の手ほどきの調査研究」「楽器としての地歌三味線の変遷」「古態の楽器による地歌箏曲の演奏表現」をテーマとしている。 2013年には長らく実態が不明であった大阪の地歌三味線である野川三味線を復原、各地で演奏し好評を博す。 宮城会コンクール一般部秀位受賞。 アルバム「Inlandsea」で北米デビュー。 日本ブラジル移民百周年記念オープニング開会式にて演奏をするなど、中国、アメリカ、メキシコ、フランス等、海外での公演を多数行う。 楽曲は、CM、ドラマ、映画音楽に多数起用される。 2009年より「吉永真奈」としてソロ活動も開始。 1stアルバム「玉響」を発売。 また、早乙女太一主演朗読活劇レチタカルダ「六月は深紅の薔薇」、「晩夏の舞」に出演するなど、嵐、KAT-TUNなど有名アーティストのレコーディングに多数参加し、秋川雅史、ジョン健ヌッツォなど国内の著名なアーティストとの共演も多数行う。 国内外で箏を使った新しい音楽創造の活動を行い、CM、テレビ等にも多数出演するとともに、自身の門下生をもつなど伝統邦楽の普及にも力を注いでいる。 また、2013年より2年間東京藝術大学アートリエゾンセンター教育研究助手に就任し、学校教育の場での和楽器の普及にも努めている。 生田流箏曲宮城社師範。

次の