教師いじめ カレー。 教師いじめ激辛カレー強要動画に別の人物は誰?顔画像や名前の特定は?|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

須磨東小の教師いじめ問題・・対策は給食のカレー禁止?どういうこと?

教師いじめ カレー

激辛カレーの教師いじめ動画がヤバい 東須磨小学校の20代男性教師いじめ問題でいじめられていたの内容の一つの激辛カレーを食べさせる動画がテレビで報道されていました。 その動画がこちらです。 神戸の小学校の教職員間で起こった激辛カレー強要の動画。 見たけど、はじめは言葉も出なかった。 そして次に感じたのは怒り。 いじめを無くさないといけない立場にいる教師がいじめ? 何やってんの? 馬鹿じゃないの? こういう人たちが小学生を育ててるんでしょ? 日本の将来が心配です。 — 松尾一輝 RCtimers フジテレビで流れてた東須磨小学校の教員いじめで、激辛カレーを食べさせる動画がやばすぎた。。 羽交い締めにしてキャッキャしながら激辛カレーを食べさせたり、とても大人がしている映像とは思えませんでした。 しかも教師という立場の人間がこんなことを。。 これはいじめというより犯罪じゃないですか? — リナ 0XvSTHLdrqzRpRi これらの動画はいじめ加害者教師が撮影したものだそうです。 嫌がっているところを体を抑えて無理やりカレーを食べさせており、見ていてあまりにも酷いです。 激辛カレーを食べさせるいじめのいきさつは加害者教師らが開催して家庭科室での激辛カレー試食会。 そこには何種類もの激辛カレーが被害教師の前に用意されており、辛い物が苦手な被害教師に目や口にカレーをこすりつけた上に服を脱がして胸にもカレーを塗ったとのことです。 東須磨小学校教師いじめの加害者教師は誰? 東須磨小学校の教師いじめの加害者教師は一体誰なのか? それについてはまだ報道されていません。 激辛カレー動画についても顔にモザイクがかかっていました。 また卒アルの写真なども報道がありましたがすべてにモザイクがかかっているため判明していません。 分かっているのは年齢だけで30代~40代の男性教師3人と女性教師1人だそうです。 何か情報が分かり次第追記していこうと思います。 ネット上の声 子供達には 「教師でも間違えることがある。 悪いことをしたら、きちんと罪を償わなければならないんだ」と教えるべき話であって、罪を隠して「臭いものに蓋をする」のは間違いでは? 無関係な先生への誤解や風評被害を防ぐ意味でも、加害者の顔と実名を報じるべきでは? — アオリChance Chance3735963 誰にでもチャンスを与えるべきだとか、更正したら許されるべきだと言う人もいますが、 教師同士で同僚のいじめを起こした教師からは永久に人を教育する資格は剥奪し、 なおかつ暴行で逮捕するべきだと思う。 有給の後、転勤で再出発とか、 「いじめの容認」の見本にしたいのかな。 — タガメ@沼の底から tagamekamo 教師による教師へのいじめ。 これ、40代女性教師も加わっていたのに驚きだし吐いてる姿が面白かったって生徒に話してたとか頭おかしい。 いじめの内容も本当に酷くてこっちも吐き気するわ。 実名報道すべき。 あといじめじゃなくて傷害ね。 — eiko🍄 eiko09082028 ワテや。 教師のいじめの記事を読んで思いましたが、あれって障害事件やないんか? ええ歳した大人、しかも教師が同僚にした酷いことを「いじめ」と表現するには軽すぎや思いますわ。 ただでさえ痛さを知らん甘やかされた子供が暴力振るう時代や。 もう、ああいう事件は障害事件でニュースにしなはれ。

次の

激辛カレー“教師いじめ”見て見ぬふり 女性校長「パワハラ認識甘かった」

教師いじめ カレー

75 ID:Y8wDJxpiM 東須磨小のイジメ加害教諭が「クビかも」「軟禁状態」と不満漏らす 〈週刊朝日〉 男性教諭に激辛カレーを強制的に食べさせるなどの暴行疑惑が持ち上がった 神戸市立東須磨小学校の加害側4教諭に対し、市教委は10月31日付で給与を差し止める分限休職処分とした。 外部有識者らでつくる審査会が処分に反対していたが、押し切った異例の決定だった。 4人の加害教諭は問題が発覚した当初から「有給休暇」を取得して休んでいたが、 10月29日に神戸市議会は条例を改正。 4人の加害教諭の給与を差し止めた。 神戸市議がこう解説する。 「イジメをやめさせないとアカン。 イジメを率先してやっている加害教諭に対して、市民の税金から給料が払われるというのはまずい。 市にも抗議がたくさんあった。 世論に動かされた格好ではあるが、条例改正は当然だろう」 そんな中、加害教諭の1人、Aの最近の動向がわかった。 話した知人らによれば、被害者の男性教諭に対し、「なんでこっちばっかり悪いんや」「あれがイジメか、冗談やろ。 (被害教諭も)楽しんでたぞ」「マスコミが騒ぎすぎや」などと話していたという。 だが、自宅にマスコミが取材に訪れたりするようになると、Aが姿をくらませた。 「Aは『いつまで騒動が続くんや。 外にも出れない、軟禁やな』とぼやいていました。 第三者委員会の処分を気にしていたようで『こんなんでクビになるのかな』と不安も口にしていた。 その一方で『教員免許は取り上げられないだろうから、ほとぼりさめたら、またどこかで教えられる。 今は先生のなり手が少ないからな』とあまり反省のない様子でしたね」(前出のAの知人) 東須磨小学校では、激辛カレーイジメの動画が報じられると、学校給食からカレーを外して献立を変更していた。 しかし、保護者からの批判を受けて、11月からカレーを復活させるという。 保護者の一人はこう話す。 「10月中頃にプリントが配布されて、カレーやカレー粉を使用したメニューを変更すると書かれていた。 例えば、大豆入りチキンカレーは大豆の洋風煮込み、カレーうどんは煮込みうどんと変わっていた。 カレーは子供たちも大好きですよ。 被害教諭以外にもイジメを受けた先生もいる。 カレーに変わる献立に知恵を絞る前に、教育委員会はもっと他にすべきことがあるのではないか」 加害教諭4人の処分は、現在、第三者委員会で調査されている。 前出の神戸市議はこう話す。 「聞くところ、イジメの中心人物だった女性教諭ら2人が懲戒免職。 あとの2人は停職処分だとみられている。 ただ、6か月の停職だと、実質的には『辞めてください』という退職勧告ですよ。 4人とも、教壇から追放される可能性が高い」 姿をくらませている4人の加害教諭に対する怒りを前出の保護者はこう語る。 「これだけの騒動を引き起こした4人の加害教諭は、謝罪にも出てきません。 クビで幕引きなんてことはあってはいけない。 10 ID:vSV1T6mA0 前校長逃げ切りそうな雰囲気か。 06 ID:FYrIgxyGa さすが神戸県民だな。 92 ID:sgxUSVcx0 維新と親和性よさそうじゃん。 次は大阪市の教員とか。 校長の先行採用とかありえそう。 イジメを率先してやっている加害教諭に対して、市民の税金から給料が払われるというのはまずい。 >市にも抗議がたくさんあった。 (教育の目標) 第二条 教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。 一 幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。 二 個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。 三 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。 四 生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。 五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。 64 ID:G9j9G5OR0 >その一方で『教員免許は取り上げられないだろうから、ほとぼりさめたら、またどこかで教えられる。 12 ID:8mmQeJGo0 >「なんでこっちばっかり悪いんや」「あれがイジメか、冗談やろ。 69 ID:5qixMXoe0 日本人は陰湿な集団イジメが大好きなんだから こんなのマジでどこでもやってる コイツらだけじゃ無い.

次の

神戸の教員間いじめ、児童の面前でも「暴行」

教師いじめ カレー

神戸市の小学校で、教員間で、暴言・暴力などのいじめ行為や、性的な嫌がらせなどのハラスメント行為が相次いでいたことが報じられています。 30~40代の教員4人が、20代の教員を羽交い締めにして激辛カレーを食べさせたり、同僚の女性教員にわいせつLINEを送れと強要。 ほかにも20代の教員3人が被害に遭ったことも発覚しました。 一体なぜこのようなことが起きたのでしょうか。 公立小学校に13年勤め、「型破り教師」として話題となった森田太郎さんに毎月第2、第4月曜公開しているFRaU Webでの連載ですが、急遽予定を変更し、教員を取り巻く環境の実態とどうすれば改善できるのかを提案してもらいました。 でも、ぼく自身、驚きはありません。 氷山の一角が出ただけのことだと感じています。 なぜならば、10年間の教員生活で、似たような話をたくさん見聞きしてきたからです。 互いに「先生」と呼び合う学校ですが、実は中身は階層社会です。 校長や副校長、主幹といった管理職やベテランの教員が、若手教員に対し抑圧的にふるまうことも珍しくありません。 もちろん、ぼくの元上司だった校長のように尊敬できる人物もいますが、自分の肩書きを武器にする「位置(役職)エネルギー」で動く人もいるのです。 管理職だけではありません。 神戸の一件のように、リーダー的存在の教員による若手への嫌がらせや、指導という名目で理不尽な要求をしてくるケースは多いと思われます。 友人の教員が転任した先には、学校を牛耳っているベテランの教員がいました。 そのがやってきたことと違うことをすると、強烈ないじめが始まります。 子どもたちの実態に合わせて様々な挑戦をし、 トライ&エラーを繰り返しながら、子どもたちによりよい教材や授業を提供するという当たり前が許されないのです。 そのベテランの教員は、必要もないのに、常に友人の教室に来ては、 険しい顔で授業を観察し、強烈な剣幕で授業内容を否定するのです。 それは、職員室内にとどまらず、時には、 子どものいる前で声を荒げたことも少なくなかったそうです。 職場で大勢の前で聞こえるように否定されることは辛い。 いわんや教え子の前で他の教員から否定されると……(写真の人物は本文と関係がありません)Photo by iStock そのため、子どもたちも自分たちの担任がいじめられていることに気づいていました。 「子どもは鋭いよ。 1年間よく耐えたと思う」 友人はそう話していましたが、 彼のように自分の力で乗り越えられる教員は非常にまれです。 もうひとつは、ぼくと同じタイミングで初任者として東京都の教員になった仲間の話。 その彼は、新人育成を担当する指導教官の先生に恵まれませんでした。 「子どもたちの主体性を大切にする指導」を大切に考えていた彼は、 自分のやり方に徹底的に合わせるように強要する指導教官とは考えが合わなかったのです。 学年を共に組む間柄でもありますから、ここの歯車が狂うと精神的に追い詰められていきます。 本来、新人の育成に関わるべき管理職を含む職場の多くの教員たちが助言や手だてを講じることもなく、彼は2学期の途中に休職となり、退職していきました。 夢にまでみた教員生活が、わずか半年で終わったのです。

次の