証拠 隠滅 罪。 証拠隠滅罪について

証拠隠滅罪(しょうこいんめつざい)とは

証拠 隠滅 罪

原則として労基署の対応をしてもらっても時効は中断しませんので、早急に労働問題をよく担当している弁護士に相談して時効中断のための内容証明郵便を発送していないのでしたら、発送して頂ければと思います。 現時点では証拠を隠滅したとまでは言えないと思います。 実際に破棄したら裁判での心証は(会社にとって)非常に悪くなることは間違いないです。 全期間がなくても一定期間の立証で全てを立証したことにするというやり方もありますし、一般的には破棄まで行うリスクを冒す会社は極めて少数だと思います。 勤めながら戦っておられるのでしたら、様々な妨害や嫌がらせが予想されますので、可能でしたら最近退職した方や現職の運転手との連携(一緒に残業代を請求する)をして複数名で会社に対峙するのがベターです。 2015年11月15日 17時20分 関東 関西 東海 九州・沖縄 北海道・東北 中国 北陸・甲信越 四国 この相談に近い法律相談• トラック運転手です。 勤めは大阪,本社は埼玉です。 受理され捜査が始まります労基職の方々に告訴状出しましたが,警察と違い人数少ないので反応が遅いような。 また厳密で計算して頂いたら,何と3ヶ月で約100万円の未払い発生しており過労死してもおかしくないレベルらしいです。 で,相談は日報等の証拠を隠滅して陸自法違反の方が軽微だと... 交通事故裁判で判決がでました。 過失割合私0:相手100です。 相手保険会社から免責証書が送られてきました。 もし免責証書を送り返すのを忘れた場合、何か罪に問われるのでしょうか。 何度もすいません。 業務上横領判決での追加です。 罪名 業務上横領 被害額 415万 被害弁済なし 求刑3年 実刑を求む 会社の上司が連帯保証人と今月末に300万弁済可能の状態ですが5日に判決を控えております。 弁論再開に関して証人は必ず出廷でしょうか?連帯保証人の文書や身分証明を提出では難しいでしょうか?もしくは、出廷日を... 業務上横領の時効、示談書について教えて下さい。 元従業員によるおおよそ800万円の横領が発覚しました。 私は会社のオーナーで、元従業員は雇われ社長として働いていました。 9月上旬に発覚し、雇用契約違反にあたるとして本人の了解を得て9月末日にて解雇。 解雇日に以下のような返済誓約書を交わしました。 (1)元従業員が会社の売上金を着服していたという事実を双方が...

次の

刑事重要判例資料集 解説付き「犯人の意義 隠匿・証拠隠滅 虚偽供述etc.」

証拠 隠滅 罪

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 免責事項もお読みください。 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪 法律・条文 刑法103条-105条の2 保護法益 国の刑事司法作用 主体 人 客体 各類型による 実行行為 各類型による 主観 故意犯 結果 抽象的危険犯 実行の着手 各類型による 既遂時期 各類型による 法定刑 各類型による 未遂・予備 なし テンプレートを表示 ・ ・ 犯罪論 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 刑罰論 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 目次• 概説 [編集 ] 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪は「罪」に規定されている。 に対する罪に分類される。 犯人蔵匿罪 [編集 ] 以上の刑に当たる罪を犯した者又は中にした者を蔵匿し、又は隠避させた者は、3年以下の又は30万円以下の罰金に処せられる()。 客体 [編集 ] 本罪の客体は「罰金以上の刑に当たる罪を犯した者」又は「拘禁中に逃走した者」である。 罰金以上の刑に当たる罪を犯した者 又はにしか当たらない罪(、違反など)を犯した者は、本罪の客体にならない。 「罪を犯した者」の意味については大きく分けて、真犯人に限るとする説(A説とする)、真犯人及び犯罪の嫌疑を受けて中又は中の者とする説(B説とする)、真犯人及び蔵匿・隠避時の態様によって真犯人であると強く疑われる者であるとする説(C説とする)がある。 はB説を採る(最判昭和24年8月9日刑集3巻9号1440頁)。 において行為時標準説を採用しているのと整合性がある。 一方、A説も有力に主張されている。 その根拠は、条文の文言である。 拘禁中に逃走した者 「拘禁中に逃走した者」には他者の奪取により拘禁状態を脱した者も含まれる(広島高判昭和28・9・8高形集6巻10号1347頁)。 行為 [編集 ] 本罪の行為は「蔵匿」又は「隠避」である。 ・通説によれば、蔵匿とは、の発見・を免れるような隠れ場を提供することをいい、隠避とは、蔵匿以外の方法により官憲による発見・逮捕を免れさせるべき一切の行為を含む(大判昭和5年9月18日刑集9巻668頁)。 具体的には、犯人として逮捕・されている者をさせる行為も隠避にあたるから、身代わり犯人を仕立てることは隠避にあたるとされた(最決平成元年5月1日刑集43巻5号405頁)。 一方、の牧会 活動が正当業務行為としてとなりうる(神戸簡判昭和50年2月20日刑月7巻2号104頁)とされた例もある。 共犯の問題 [編集 ] 犯人の他人への教唆 犯人の自分に対する蔵匿・隠避は不可罰だが(が低い)、他人を指示して自己に蔵匿・隠避を行わせた場合については争いがある。 教唆罪成立説と不成立説が対立している。 判例は、教唆罪成立説を採る(最決昭和40年2月26日刑集19巻1号59頁等)。 一方、不成立説の根拠の主たるものは、として行った場合が不可罰だから、それより軽いとして行った場合は当然に不成立だというものである。 犯人の共犯者への教唆 者に対する蔵匿・隠避については、自己及び他の共犯者の利益のために蔵匿・隠避を行った場合、共犯者に対する犯人蔵匿・隠避が自身のための証拠隠滅としての側面を併有しているからといって、そのことから直ちにこれを不可罰とすることはできないとした下級審の判決がある(旭川地判昭57年9月29日刑月14巻9号713頁)。 罪数 [編集 ]• 同一事件で犯人が数名いる場合、数個の行為で犯人それぞれに蔵匿・隠避を行った場合、犯人一名ごとに独立の一罪を構成する(大判大正12年2月15日刑集2巻65頁)。 同一人を蔵匿し、かつ隠避させるのはとなり、数人の犯人を一個の行為で蔵匿し又は隠避させたときはとなる(最判昭和35年3月17日刑集14巻3号351頁)。 証拠隠滅罪 [編集 ] 他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し、し、若しくはし、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる()。 これらの行為によって犯人やの利益になるか否かは問わず、無実の人間を陥れようとする場合にも成立する(証拠隠滅によりに不利益を与えた事例として、参照)。 客体 [編集 ] 本罪の客体は「他人の刑事事件に関する証拠」とされている。 自己の刑事事件に関する証拠の隠滅はが低く本罪を構成しない。 他人の刑事事件 「刑事事件」は現に係属中のものはもちろん将来刑事訴訟事件となりうるものを含む(大判明治45・1・15刑録18輯1頁)。 共犯者の証拠を隠滅した場合について本罪が成立するか否かで争いがある。 成立説、不成立説、自己のためにする意思があれば成立しないとする折衷説に分かれている。 時代の判例は判然としないが、成立説を採っていたとされる(大判大正7年5月7日刑録24輯555頁)。 但し、自己のためにする意思が欠けるときは成立するとした判例もある(大判大正8年3月31日刑録25輯403頁)。 戦後、では明快に折衷説を述べた判決が下されている(東京地判昭和36年4月4日判時274号34頁等)。 なお、自己の刑事事件について、他人に虚偽の偽証をさせることは、偽証教唆罪を構成し、証拠隠滅罪は成立しない(最決昭和28年10月19日刑集7巻10号1945頁)。 証拠 捜査段階の参考人も「証拠」にあたる(最決昭和36年8号17頁刑集15巻7号1293頁)。 行為 [編集 ] 本罪の行為は「隠滅」、「偽造」、「変造」、また、偽造もしくは変造した証拠の「使用」である。 隠滅 判例・通説によれば、物理的な滅失のみならず、証拠の効力を滅失・減少させるすべての行為を指し、証拠の蔵匿も含む(大判明治43年3月25日刑録16輯470頁)。 共犯の問題 [編集 ] 犯人蔵匿・隠避罪と同様に、他人を指示して自己の刑事事件に関する証拠を隠滅させた場合につき、教唆罪成立説と不成立説が対立しているが、判例は教唆罪成立説を採っている(最決昭和40年9月16日刑集19巻6号679頁)。 親族間の特例 [編集 ] 犯人蔵匿罪(刑法第103条)及び証拠隠滅罪(刑法第104条)については、間の犯罪に関する特例があり、犯人又は逃走した者の親族がこれらの者の利益のために犯したときは、その刑を免除することができる()。 要件 [編集 ] 犯人又は逃走した者の親族がこれらの者の利益のために犯人蔵匿罪(刑法第103条)及び証拠隠滅罪(刑法第104条)を実行した場合に刑法105条の適用がある。 同時に親族関係にない他人の刑事事件に関係する証拠でもあることを認識して隠滅した場合には本条による刑の免除はないとするのが判例(大判昭和7年12月10日刑集11巻1817頁)であるが、少なくとももっぱら自己又は親族の利益のためのときは本条の適用を認めるべきとする反対説もある。 効果 [編集 ] 刑の任意的免除である()。 歴史的には儒教思想のもとでは不可罰とされてきたが、このような行為は期待可能性は小さいが本人ほどでなく違法性も大きいことから、1947年(昭和22年)の刑法改正により刑の任意的免除に改められている。 共犯の問題 [編集 ] 本条の適用をめぐっては教唆が関わったときに複雑になる。 本人(犯人)、その親族、他人の三者関係について三つのケースが考えられる。 他人が本人の親族を教唆した場合(親族が正犯、他人が教唆犯)• 被教唆者たる本人の親族には本条の特例が適用される。 教唆者たる他人については親族関係は及ばず、本条の特例を適用できないとするのが通説的見解である。 本人の親族が他人を教唆した場合(他人が正犯、親族が教唆犯)• 被教唆者たる他人に親族関係はなく本条の特例は適用できない。 教唆者たる本人の親族に特例が適用されるかについては争いがあるが、判例は、犯人隠避のケースについて、親族に犯人隠避教唆罪が成立するとした(大判昭和8年10月18日刑集12巻1820頁)。 但し、昭和22年に105条の条文が「之ヲ罰セス」から改正される前の事件であることに注意が必要である。 本人が親族を教唆した場合(親族が正犯、本人が教唆犯)• 被教唆者たる親族には本条の特例を適用できる。 教唆者たる本人については、他人を教唆した場合に教唆罪が成立しない説(「共犯の問題」で既述)を採れば、そもそも親族特例の問題とならない。 成立説も、正犯が刑を免除されうるのに準じて、教唆犯も刑を免除されうるべきであると主張している。 なお、親族が本人を教唆した場合、本人の行為は元々不可罰であるから、教唆者も不可罰になると考えられている。 証人等威迫罪 [編集 ] 自己若しくは他人の刑事事件の捜査若しくはに必要な知識を有すると認められる者又はその親族に対し、当該事件に関して、正当な理由がないのに面会を強請し、又は強談威迫の行為をした者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる()。 による「」を防止するため、に行われた刑法一部改正の際に新設された犯罪類型であり、国の刑事司法作用に加え、個人(証人等)の意思決定の自由や私生活の平穏も保護法益とする。 客体 [編集 ] 本罪の客体は「自己若しくは他人の刑事事件の捜査若しくはに必要な知識を有すると認められる者又はその親族」である。 行為 [編集 ] 本罪の行為は面会の強請あるいは強談威迫である。

次の

証拠隠滅罪について

証拠 隠滅 罪

証拠隠滅罪は、刑法104条に定められています。 この罪は、他人の刑事事件に関する証拠を、隠滅・偽造・変造した場合に、成立します(偽造なら証拠偽造罪、変造なら証拠変造罪と、それぞれ名称は変わります)。 法定刑は、2年以下の懲役、または20万円以下の罰金です。 なお、自分で証拠を隠滅・偽造・変造した場合に限らず、偽造・変造された証拠を使用した場合も、同様に処罰されます。 この罪でいう「証拠」とは、物はもちろんですが、証人や参考人などの人も含まれ、例えば証人を隠すような行為も、証拠隠滅罪に該当します。 証拠は、「他人の」刑事事件に関する証拠であり、自分の事件についての証拠を、隠滅や偽造等をしても、この罪は成立しません。 これは、自分の刑事事件について、証拠を隠そうとするのは、黙秘権等、犯人の防御権の範囲内ともいえるほか、人の性としても、無理もない面があるから、とされています。 ただし、自分で行うのではなく、他人に指示をして、隠滅等をさせた場合には、証拠隠滅罪の教唆犯(そそのかして行わせる罪)が成立すると考えられています。 これは、自分で行うだけであればともかく、他人を利用してまで行う場合は、もはや上記の趣旨を超え、本人だけの問題にはとどまらず、相当とはいえないから、とされています。 次に、証拠は、他人の「刑事事件」に関する証拠であり、民事事件についての証拠を、隠滅や偽造等をしても、この罪は成立しません。 刑事事件に関する証拠であれば、裁判段階、捜査段階、それ以前の段階の、どの段階での証拠かは問いません。 ちなみに、この罪には特例があり、犯人または逃走した人の親族が、それらの人の利益のために、証拠の隠滅・偽造等を行った時は、その刑が免除される可能性があります。 これは、親族の犯罪について、これらの行為を行ってしまうのは、身内の性として、無理もない面があるから、とされています。 ただし、条文の規定上は、「免除をすることができる」とされているだけなので、絶対に免除がされるとは限りません。 なお、刑法上は、証拠隠滅罪に続けて、証人等威迫罪も規定されています。 すなわち、自己もしくは他人の刑事事件の捜査、もしくは審判に必要な知識を有すると認められる人、またはその親族に対し、その事件に関して、正当な理由がないのに、面会を強請し、または強談威迫の行為をした人は、1年以下の懲役、または20万円以下の罰金に処する、とされています。 おおむね、「強請」=「強要」、「強談」=「言葉により、自分の希望に従うよう強要すること」、「威迫」=「勢力を示す言葉や動作により、相手を困惑させ、不安感を生じさせること」、をそれぞれ意味します。 この罪は、他人の刑事事件に関してだけではなく、自分の刑事事件に関して行った場合にも、成立する点で、証拠隠滅罪とは異なりますが、いずれも、適正な刑事司法手続の遂行を守るための規定といえます。

次の