香月京子。 香月京子さんの運勢

香月京子さんの運勢

香月京子

白陵柊学園3年生。 割と成績も良く、夕呼に目を付けられているという点を除けばそつのない学校生活を送っている。 「バルジャーノン」という対戦型ロボットゲームに夢中で、腕前は上級クラス。 家が隣で、部屋も向かい側。 性格は極めて明るく、ドジで騙され易い。 協調性を重んじるが、武に対してのみお節介で強気。 必殺技は「どりるみるきぃぱんち」で、武を成層圏外まで吹っ飛ばすほどの威力。 感情の起伏に合わせてが変化する。 長い髪を襟足で纏めており、使っている大きな黄色のリボンがトレードマーク。 普段のおっちょこちょいとは裏腹に、毎日欠かさず日記を付けているという一面も持つ。 『マブラヴ』本編は彼女の日記から始まる。 突然武の家に転がり込んでくる。 『』のヒロイン大空寺あゆとは令嬢同士の面識がある描写が見られるが、金持ちという立場を鼻にかけることのない正反対の性格。 無現鬼道流剣術を極め、常に御剣家に伝わる宝刀「皆琉神威(ミナルカムイ)」を帯刀している。 侍従の月詠による偏った教育と勘違いのせいで、周囲には天然ボケとして見られる一面もある。 反面教養は深く、優秀な頭脳の持ち主。 落ち着いた物腰で動じないなど純夏とは対照的な性格ではあるが、人間性はシンプルで、ある意味似た者同士。 その単純明快にして揺るがない姿勢は、後々まで武に大きな影響を与えることになる。 生真面目で口うるさくおせっかいだが、周囲の人望は厚い。 しかし、クラスメイトの彩峰慧とは犬猿の仲。 元部部長で、同じ学年のとはライバルであり親友。 生真面目すぎる性格には、複雑な家庭環境が深く関わっている。 家事全般をそつなくこなす。 足元まで届きそうな長い髪は普段三つ編みに結っているが、私服の時にはおろしていることがある。 私服でいるときには眼鏡をかけていないことも。 餌付けと称して武に競争率の高い焼きそばパンをくれる。 高いところが好きで、屋上でサボることが多い。 遅刻とサボリの常習犯。 反体制的で規律を重んじる千鶴とは当然のごとく馬が合わないが、すぐムキになる彼女をからかって楽しんでいるようなフシもある。 運動能力が抜群で、体術にも長ける。 意外と手先が器用で、負傷に対する処置も保健委員も真っ青なくらい手際が良い。 料理も人並み以上にこなせる模様。 バルジャーノンについても、武を接近戦で簡単に圧倒するほどの腕前。 焼きそばと焼きそばパンには一家言あり、そのこだわりは尋常ではない。 黒髪をシャギーカットにしている。 かなりの猫好き。 「みんな仲良し主義」で榊千鶴と彩峰慧の争いにいつもハラハラしている。 部所属で実家も弓道場であり相当な実力の持ち主だが、極度のあがり症であるため大会ではいまいち実力を発揮できない。 小柄で華奢な体型だが、よく食べ物の話題が出るため食事量はそれなりと思われる。 尻尾とツインテールが大きな特徴だが、これらは感情によって形状が変化する。 トレードマークの大きな鈴は夕呼がつけたもの。 これらのアイテムは制服時にのみ使っているが、その状態で尻尾が外れるとバランスが崩れてまともに歩けないらしい。 遅刻寸前の駆け込み常習犯のためか、足がものすごく速い。 お菓子作りは不得手なようだが料理はできるらしく、重箱に詰めて持ってくる。 マイペースで人の話を聞かない。 冒険家の父親に無理矢理拉致され学校を欠席することが多い。 基本的には心優しい美少年。 女子だけでなく男子からの人気も高い。 日本文化に異様な程詳しい。 大きめの学生服を着用している。 白陵柊には2年生の時に転入してきた。 武からは「まりもちゃん」と呼ばれるが、しっかりとしたお姉さん的存在。 反面、やや堅物で融通が利かないところもある。 香月夕呼とは学生時代からの旧知の仲で、行事などで何かある度に巻き込まれ、弱みを握られていく。 彼女を攻略することは可能だが、どのルートを進んでもバッドエンドになる。 また酒豪であり、「狂犬」の異名を持つ。 白陵大学で数々の男たちを酒の海に沈めてきた。 酔った彼女には普段は主導権を握っている夕呼も恐怖を抱く。 性格は過激で、面白いことが大好き。 かなりの天才だが、学会からは黙殺されている。 神宮司まりもとは腐れ縁。 愛車は。 作中これで純夏を吹き飛ばしたりしたが、まったく悪びれていない。 グラウンドを代わりに使っている。 アナーキーではあるものの、武にとっては良き理解者であり、彼女自身生徒に対する思い入れもあるようである。 いささか生真面目で堅いところがあるまりもと比べても、はるかに柔軟な対応力を見せる。 『』『』の香月モトコ、ミツコの妹でもある。 ただ、作中ではモトコを「知り合い」とのみ言っている。 武に対する冥夜の色仕掛けは彼女の発案によるところが多いものの、本人は男性経験には乏しい。 逆上すると人が変わり、丁寧だった口調も、荒々しいものへと変わる。 冥夜のために尽力するが、他人を陥れる様なことは絶対に行わず、正義感が強い。 短刀を使わせたら右に出る者はいない程の腕前。 60mものを手足の様に操る。 かつては関東のカリスマ的なであったが、その当時の腕を見込まれて御車役に就くこととなった。 仕事中もを携帯し、日々「送迎最速理論」の研究をしている。 名の由来は「大空を舞う俊敏な鷹の嘴たれ」という意味から。 周囲の人間は彼の頼みもあって名前で呼んでいるが、冥夜曰く「全く違和感がない」。 通称「三バカ」の1人。 褐色の肌とストレートな毒舌が特徴。 勘違いが多く、はた迷惑なことばかりを引き起こす。 武に仕えているという自覚が足りておらず、タメ口で話す事も多い。 なお巴・戎と連携することで絶技「噴射気流殺」を繰り出すことができるなど、御剣家に仕えるだけの力量は持ち合わせている模様。 通称「三バカ」の1人。 真横に尖った茶髪が特徴。 悪巧みによって立場が悪くなると、他の2人から人柱にされる場面も多い。 通称「三バカ」の1人。 お団子頭と金髪の巻き毛が特徴。 おっとりした口調で残酷な事を口走る。 元部部長で委員長。 武のクラスの榊千鶴とはライバルであり親友。 前作『君が望む永遠』のメインキャラクターでもある。 ゲーム上での関わりも多いが、ある人物のルートでは特に深く関わることになる。 スポーツ推薦枠で大学への推薦が決まっている。 活発でサバサバした性格が好かれ、男性はもとより女性からも人気がある。 弟らからは ハルーと呼ばれている。 また弟たちの影響でゲームなどに詳しい。 石沢 主将(いしざわ しゅしょう) 声: 弓道部の主将。 元3年F組。 EXTRA番外編 [ ] マブラヴ・サプリメント [ ] 紅蓮 醍三郎(ぐれんだいざぶろう) 冥夜に無現鬼道流を叩き込んだ師匠。 非常に厳格で、常に冥夜の覚悟を問う。 戦闘能力も凄まじく高く、冥夜の無茶苦茶な戦闘能力はこの男の修行によるところが大きい。 しかし冥夜の体を見て鼻血を吹き出すなど相当初心な人物。 無現鬼道流の奥義の数々を操るほか、「宇宙乃雷」、「反重力乃嵐」といった我流の必殺技を持っている。 御剣 雷電(みつるぎ らいでん) 御剣財閥の現当主。 冥夜の祖父。 その立場に相応しい威厳を持ち、厳格な性格ではあるが、冥夜に対する愛情は深い。 初登場時に冥夜に斬られる(無事だったが)。 本編中ではその実力のほどを示すことはないが、「ランブリングエンジェル」では「神乃剛弓」、「神乃怒声」といった必殺技を持っている。 七瀬 凜(ななせ りん) 白陵柊学園2年A組所属。 風紀委員。 純粋な意味でのEXTRAの人員ではなく、極めて近い別世界『マブラヴデュエリスト』のキャラクター。 『マブラヴ』世界に存在するかは不明。 『』デュエリストとしては校内屈指の腕前(学年では十指に入る)。 武に『ランブリングエンジェル』をレクチャーしてくれる。 超実践主義によって秩序を失った白陵を救うため、たった一人で戦い、その体には大きなダメージが蓄積している。 兄がおり、ブラコン。 兄のためなら盲目的に突っ走る。 ハルコマニアックス [ ] 柏木 太一(かしわぎ たいち) 柏木晴子の上の弟、中学三年生。 シスコンで妄想癖あり。 真田沙希によく吹っ飛ばされている。 柏木 健二(かしわぎ けんじ) 柏木晴子の下の弟で小学生。 カードゲーム好きなどの子供ぽい面がある。 真田 沙希(さなだ さき) 声:沢菜りょう 下記の真田久信の妹でブラコン。 えぐるように太一をよく殴り、飛ばしている。 真田 久信(さなだ ひさのぶ) 男子バスケットボール部の部長で、赤城奈緒とは恋人同士。 さわやか系だが、変態趣味が原因で妹に引かれている。 赤城 奈緒(あかぎ なお) 声:松本奈穂 女子バスケットボール部の部長。 UNLIMITED編 [ ] 「EXTRA」編で登場している人物は、ほとんどが「UNLIMITED」編にも登場している。 言動や態度、性別などが異なる人物もいるが、本質的な性格はほぼ同一と考えられる。 白銀 武 主人公。 白陵柊学園3年生。 割と成績も良くそつない学校生活を送っていたが、ある日突然に入り込み、地球外生命体「BETA」に蹂躙された戦場の中で生きていくこととなる。 当初は厳しい訓練の中で他のメンバーの足手まといになることが多かったが、バルジャーノンで得た経験が戦術機の操縦技術において遺憾なく発揮されることとなる。 戦術機適性は歴代最高であり、戦術機シミュレーター内で眠ることを考えるほど優れている。 Episode11では任官しており、階級は少尉。 榊に代わり横浜地区207分隊の分隊長に就任している。 御剣 冥夜 国連太平洋方面第11軍横浜基地衛士訓練学校 第207衛士訓練部隊所属の訓練兵。 得意技は抜刀術。 帯刀の描写はないが皆琉神威は所持している模様。 「EXTRA」編と比べると一般的な常識を持っており、行動も落ち着いている。 物語序盤では「EXTRA」編と違い、武への恋愛感情は持ち合わせていない。 Episode11では任官しており、階級は少尉である。 コミカライズ版のヒロイン。 榊 千鶴 207分隊の訓練兵で分隊長。 「EXTRA」編同様、規律・統率を重んじ、指揮能力の高さも窺わせる。 個の状況判断を優先する彩峰とは意見が合わない。 当初は足手まといで半端な覚悟しか持ち合わせていなかった武のことを快く思っていなかったが、武の急成長振りや戦術機の操縦に関する才能を目の当たりにしてからは、徐々に彼に信頼を寄せるようになる。 Episode11では任官しており、階級は少尉である。 彩峰 慧 207分隊訓練兵。 得意技は格闘術全般。 口数が少なく、一風変わった言動を取り、周囲を翻弄する。 状況判断を第一に行動するため、榊とは意見が合わない。 Episode11では任官しており、階級は少尉である。 珠瀬 壬姫 207分隊訓練兵。 極東一の射撃テクニックを持つが、「EXTRA」編同様極度のあがり症である。 後にそれは徐々に克服されていく。 Episode11では任官しており、階級は少尉である。 鎧衣 美琴(よろい みこと) 207分隊訓練兵。 得意技はサバイバル術。 鎧衣尊人に瓜二つの女の子。 外見だけではなく、性格やしゃべり方なども鎧衣尊人と同じ。 そのため、元の世界にいた武が困惑することもしばしば。 ただし武曰く「尊人よりも話は聞く」とのこと。 Episode11では任官しており、階級は少尉である。 神宮司 まりも 国連太平洋方面第11軍横浜基地衛士訓練学校教官。 階級は。 Episode11では少佐に昇進している。 「EXTRA」編とは正反対で武たち訓練兵に鬼のような厳しい態度を取り、一切の妥協や手抜きを許さない。 但し異なるのは言動のみで、内面の優しい部分は同一。 元々は「EXTRA」編同様に心優しい態度で訓練兵に接していたが、自分の教え子たちが次々と戦死していく様を目の当たりにしたことが彼女のトラウマとなってしまい、それが原因で教え子たちにこれ以上死んで欲しくないという想いから、武たちには一転して必要以上に厳しく接するようになってしまった。 『オルタネイティヴ5』発動後は教官の職を辞し、日本帝国軍に少佐として復帰。 後日談である『マブラヴ アンリミテッド ザ デイアフター』にも登場。 香月 夕呼 国連太平洋方面第11軍横浜基地副司令。 武に様々な便宜を図り、この世界の一般的な知識を武に教え込む。 周囲からは「香月博士」と呼ばれている。 突拍子な言動も多い。 実質上、横浜基地のトップに近く、権限も強い。 Episode11では行方不明となっているが、コミカライズ版では「オルタネイティヴ5」に参加する。 階級は技術大佐相当官。 月詠 真那 帝国斯衛軍中尉で、冥夜の侍従長にあたる。 「EXTRA」編と異なり周囲に厳しい態度を取る人物となっている。 神代 巽、巴 雪乃、戎 美凪 3人とも帝国斯衛軍少尉で。 月詠の部下。 月詠同様に3人とも帝国軍人としての威厳が前面に出たキャラクターとなっている。 社 霞(やしろ かすみ) 声: 国連横浜基地地下19階にいる少女。 ひょんなことから武と出会い、毎朝起床ラッパ前に武を起こしに来る。 通常香月博士と行動を共にしている。 武が持つ過去の記憶・知識を共有していることも多く、その存在や行動に謎が多い。 基地司令(きちしれい) 声: 国連軍横浜基地の司令官。 「オルタネイティヴ4」の終了、「オルタネイティヴ5」の発動を伝えに来る。 『マブラヴ オルタネイティヴ』では、パウル・ラダビノッドという名である事が判明。 階級は国連軍准将。 京塚 志津恵(きょうづか しづえ) 声: 国連軍横浜基地PXにいる「食堂のおばちゃん」。 階級は臨時。 かつては柊町2丁目に住み、柊町駅の近く商店街沿い踏切の手前の角で「京塚食堂」を経営していた。 衛士の息子がおり転属を繰り返している。 疎開中は、北海道網走で食料不足に苦しむ。 横浜基地に住み込みで働いている。 武の分の食事の量を(無理矢理)増やしてくれる。 マブラヴ オルタネイティヴ [ ] 主要登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 アプリ『ストライク フロンティア』関連は『SF編』として記述する。 方面第11軍横浜基地第207衛士小隊B分隊所属の訓練兵。 UNLIMITED編との違いは、衛士として3年間の経験を積んでいることと、一部欠落しているが3年分の出来事の記憶があるということ。 残された断片的な記憶を頼りにこの世界を救おうと決意し、並行世界が辿った悲劇的な未来を知る者として、夕呼や霞と共に歴史改変に関与していくこととなる。 なお、並行世界に住んでいた本来の武は純夏以外の登場人物と面識のない一般人で横浜に侵攻したBETAによって純夏と捕らわれ、実験のために兵士級BETAが純夏を連行しようとした所を庇おうとして殺されている。 戸籍上では1年以上生死不明のまま失踪扱いになっていた。 後に少尉に任官し、A-01に配属された後は突撃前衛(ストーム・バンガード)となる。 主な搭乗機は97式高等練習機「吹雪」、A-01部隊編入後は94式戦術歩行戦闘機「不知火」。 「桜花作戦」時はXG-70d「凄乃皇・四型」(砲撃手兼操縦士)。 SF編 2016年から後のC分隊の面々が現れ、当初は友好的であったが徐々に夕呼の興味が自身よりも彼らに向けられることに内心嫉妬に近い対抗心が芽生える。 トライアル試験に起きたBEAT脱走事件においてC分隊にまりもと共に救われ、稼働したばかりで不安定だった純夏を親身に支える姿を見て本当の意味で戦友となる。 白銀に接触したことによる記憶の流入によっは207B分隊員ら以外にも霞・柏木・真那とも恋人になった世界が存在することが発覚し、なりを潜めていた『恋愛原子核』性質が浮き彫りになっている。 恋愛感情とまではいかずとも伊隅みちるやピアティフからも大人の女性から未熟な男子として面倒をかけられる。 階級は少尉。 この世界の純夏はBETAに人体実験に供されるため捕獲された後、快楽を調査するために触手に凌辱された。 不要な部分を削除され脳髄のみの状態にされて試験管に入れられていたが横浜ハイヴ制圧後に発見・保護された。 疑似生体組織を維持するのに必要なODLを定期的に濾過しなければならない点を除けば、人間と同様の生活を送ることができる。 最初は感情に著しい欠損が見られた(BETAへ敵意と憎悪だけが残っていた)ものの、武や霞と触れ合う内に、次第に人間的な感情を取り戻していくに至った。 量子電導脳の性能は非常に高く、既存のコンピュータでは制御が不可能と言われていたXG-70「凄之皇」シリーズのムアコック・レヒテ機関やラザフォード場の制御を可能とし、理論上は世界中のあらゆるコンピュータをハッキングすることも可能。 また、「オルタネイティヴ3」のデータもフィードバックされているため、リーディング・プロジェクション能力も非常に高い。 純夏のトレードマークでもある黄色いリボンはその能力を制限するためのデバイスとなっている。 武と同様に全ての事実を受け入れた上で、彼と行動を共にする事を決意し「桜花作戦」に参加する。 搭乗機はXG-70b「凄乃皇・弐型」(甲21号作戦時)、「凄乃皇・四型」(機関士、桜花作戦時)。 SF編 稼働時のケアに機密を除いた事情を説明された207B分隊やC分隊の面々も加わったことで原作より早い安定と仲間との親密な関係を築く。 しかし原作とは異なる原因不明のエラーを起こし(実は『白銀と冥夜が結ばれた世界』の記憶が流入した)精神的負荷がかかってしまう。 日本帝国の政威大将軍、煌武院 悠陽(こうぶいん ゆうひ)のの。 帝国を統治する家の遠縁としか身分は明かされていなかったが、武は12・5事件をきっかけに全てを知ることになる。 接近戦が得意。 名刀・皆琉神威の使い手で、剣術のスペシャリスト。 高貴で冷静沈着な性格だが、「将軍家縁者」として遠慮がちに接してくる人間が多い中、いきなり「冥夜」と呼び捨て馴れ馴れしく接してきた武を不思議に思いながらも、次第に仲間として信頼するようになる。 主な搭乗機は「吹雪」、A-01部隊編入後は「不知火」。 なお、207B分隊が総合戦技評価演習に合格したことで悠陽より00式戦術歩行戦闘機「武御雷」R型(紫)が譲渡された際、特別扱いされることを嫌った冥夜は「武御雷」への搭乗を拒み、桜花作戦時にのみ「武御雷」に搭乗した。 SF編 純夏の精神的ケアに機密を除いた事情を説明されて加わった為、表面上には原作以上に友好な関係を築けたが、前述した予期せぬ事態を招いてしまう。 B分隊の分隊長であり、任官後は少尉(A-01でのポジションは強襲掃討(ガン・スイーパー))となる。 日本帝国、榊 是親(さかき これちか)の娘。 規律と命令を重んじており、犬猿の仲である彩峰とは事あるごとに対立する。 訓練兵に不相応な高い能力と教養を示す武に隊内でただ一人懐疑的だったが、徐々に信頼を寄せるようになる。 主な搭乗機は「吹雪」、A-01部隊編入後は「不知火」。 桜花作戦時は「武御雷」F型(赤)に搭乗。 元帝国陸軍、彩峰 萩閣(あやみね しゅうかく)の娘。 近接格闘戦に優れる。 作戦よりも状況判断を優先し、そのことで榊と対立している。 無口で考えが読みづらいが、感情が行動に出ている。 主な搭乗機は「吹雪」、A-01部隊編入後は「不知火」。 桜花作戦時は「武御雷」A型(白)に搭乗。 国連、珠瀬 玄丞齋(たませ げんじょうさい)の娘。 一の腕を持つ。 極度のあがり性だが、自力でそれを克服した。 主な搭乗機は「吹雪」、A-01部隊編入後は「不知火」。 桜花作戦時は「武御雷」A型(白)に搭乗。 情報省外務二課、鎧衣左近(よろい さこん)の娘。 スキルが高い。 前作では新米同様の武を見事にカバーし、その危機対応能力を存分に見せ付けた。 武のいた『元の世界』の尊人と酷似しているが性別は女。 分隊のムードメーカーでもある。 マイペースという言葉を具現化したような存在。 主な搭乗機は「吹雪」、A-01部隊編入後は「不知火」。 桜花作戦時は「武御雷」A型(白)に搭乗。 は軍曹。 A-01部隊の衛士は全員彼女の教え子である。 夕呼とは横浜基地が国連軍に接収される前の帝国軍白陵基地時代からの付き合い。 帝国陸軍にいた当時の階級はで、一時期富士教導隊にも所属していた。 12・5ではXM3を搭載した77式「撃震」で、クーデター部隊の94式「不知火」を撃破する程の優秀な衛士でもある。 しかし、XM3認証試験で失態を見せ落ち込んでいた武を励ましていたところ、彼の目の前で突然現れた兵士級BETAの襲撃によって殉職。 彼女の死は武の心に深い傷を刻み、急性PTSDを患う原因となった。 SF編 原作に存在しなかった207C分隊の狙撃手・白川美乃莉の手で間一髪救われる。 この結果からSF編は白銀の回想曰く完全に『未来が分岐した世界』となる。 以降も白銀らB分隊を影ながら支える。 階級は大佐。 武を207部隊に編入させた張本人で、武にレベルの高いを持たせるなど、いろいろと便宜を図ってくれた。 しかし、その目的は不明。 「オルタネイティヴIV」の完遂を全てに優先しており、その為にはあらゆる犠牲を容認し、冷酷な決断をも下す。 常にクールな佇まいを崩さず、本心を表に出す事は滅多に無い。 自身の研究以外にも、武のコンセプトを発展・実用化させたOS「XM3」の開発を始めとした兵器の改良や作戦立案など、多方面に才能を発揮する天才。 なお、ヒロインキャラクターではないものの、物語の鍵を握る 中心的人物であるために劇中では最もが多い [ ]。 SF編 アプリ『ストライク フロンティア』は彼女が『元の世界』の未来から流れ着いたスマートフォンを解析して作成したシミュレーターというメタストーリー。 主人公や美乃莉から聞いた「元の世界」の情報を基に広報部のオルソンと共謀して軍全体を巻き込む大掛かりな行事を画策などもしている。 神空地まりもの生存によって『未来が分岐した世界』での明星作戦の後、何者かによる暗殺未遂で致命傷を負ってしまう。 無事だった脳は養子の結城優子によって回収され、自らの遺志で00ユニットの予備躯体とされた。 社 霞(やしろ かすみ) 声:栗林みな実 横浜基地の19階、香月の執務室の隣にある特殊な部屋にいる謎の少女。 香月博士と行動を共にする「オルタネイティヴ4」の重要人物。 そのため、の袖章には通常の「YOKOHAMA BASE」ではなく「ALTERNATIVE IV」と書かれている。 毎朝、起床ラッパ前に武を起こしに来るなど謎の行動を取る。 基本的に無口であまり感情を見せず、話す時もポツリポツリと言葉を紡ぐ事が多い。 ウサギの耳と尻尾のような飾りを着けている。 高い教養を持ち、「XM3」の開発にも参加している。 その正体は、ソ連で実施された「オルタネイティヴ3」によって開発された第6世代型の人工ESP(Extra-Sensory Perseption=超感覚能力)発現体であり、自身の寄与する思い出をほとんど持たない。 「社霞」は夕呼がつけた日本人としての名前で、本名はトリースタ・シェスチナ(第6世代300番の意)。 桜花作戦では臨時少尉に任じられ、「凄乃皇・四型」に管制官として搭乗する。 階級は。 ポジションは迎撃後衛(ガン・インターセプター)。 完璧主義的な堅苦しい印象とは裏腹に面倒見がよく、とても部下思いな人物である。 部下の色恋沙汰に関する読みは外したことがないらしい [ ]。 伊隅四の次女で、長女・やよいは日本帝国内務省に在籍しており、三女・まりかと四女・あきらの2人は帝国陸軍の衛士。 四姉妹の全員が同じ幼馴染の前島正樹に好意を寄せている。 「甲21号作戦」において、回収不可能となった凄乃皇弐型を手動で爆破させ、自らの命と引き換えに甲21号目標の排除とBETAの本土上陸を阻止した。 なお自爆する直前に中隊長として最期のアドバイスを部下たちに残した。 『マブラヴサイドストーリー 継承』では、名前とあきら達の回想で姿のみ登場。 A-01の中隊長を務めていることは極秘扱いで、表向きには「日本帝国軍からの出向扱いで教導隊へスカウトされた」という偽装の経歴で横浜基地に赴任していたことが明らかにされた。 書類上の配属先は国連軍。 姉・やよいが国連軍より受領した死亡通知には「2001年12月25日15時27分、戦術機による戦闘訓練中の爆発事故により死亡」と記載されており、その際、跳躍ユニットの爆発が増槽に誘爆し遺体が残らなかったと説明された。 なお、桜花作戦の数週間後、遺族には事実(一部機密情報を除く)が知らされた。 『君がいた季節』のヒロインの1人。 SF編 原作には存在しなかった207訓練C分隊の活躍によって帝都クーデター以降の戦いから彼女を含む中隊員は全員生還した。 個別シナリオでは先達の女として白銀をリードする顔も見せる。 階級は。 実力は部隊ナンバー3で、C小隊長を務める。 中性的な外見が魅力的だが、冗談とも本気とも取れない発言が多く得体が知れない。 京都出身でから見る京の風景が好き。 いつも飄々としているが、実はロマンチスト。 武に突撃前衛としての心構えを説いたり、時には新人達を一喝したりと、軍人としては優秀。 風間と行動を共にする事が多い。 「横浜基地防衛戦」において凄乃皇四型の台座崩壊に巻き込まれた風間の救出を試みるが、その際に残存していたBETAの攻撃を受け重傷を負ったため「桜花作戦」には参加できず、ヴァルキリーズの数少ない生き残りとなった。 『君がいた季節 リメイク版』のヒロインの1人。 視野が広く大人しそうな物腰だが、実は早飯喰らい。 個性派揃いの戦乙女中隊の中で、緩衝材として前衛と後衛の間を取り持っている。 を趣味としており、腕前も相当なもの。 よく他の隊員に呼ばれては、その腕を披露している。 音楽という文化を後世に残す為に戦っている。 宗像と行動を共にする事が多い。 「横浜基地防衛戦」において凄乃皇弐型の主機停止作業に当たるが、同四型の台座崩壊に巻き込まれ重傷を負ったため「桜花作戦」には参加できず、ヴァルキリーズの数少ない生き残りとなった。 2000年、国連軍入隊。 『君がいた季節 リメイク版』のヒロインの1人。 涼宮 遙(すずみや はるか) 声:栗林みな実 特殊任務部隊A-01のCP将校(コマンド・ポスト・オフィサー)として戦域管制()を担当。 階級は中尉。 中隊内でのコールサインは「ヴァルキリー・マム」。 水月とはで。 同期の鳴海に想いを寄せていた。 見た目はおっとりしているが、とても芯が強く、怒ると怖い。 総合技術演習の際に事故で重傷を負い、両足の切断を余儀なくされた。 疑似生体による再生によって、現在は日常生活に支障がない程度には回復している。 「横浜基地防衛戦」にて反応炉の停止作業中、制御室に侵入した闘士級BETAの攻撃により戦死。 『君が望む永遠』のメインヒロインの1人。 階級は中尉。 B小隊長を務める、中隊のナンバー2。 同期の鳴海に想いを寄せており、親友の遙とは恋のでもあった。 には極めて弱く、酔うと誰かしらに絡む。 直情型で感情の起伏が激しいため宗像によくからかわれているが、必要な時にはその感情を完璧に抑える事が出来る強さと、軍人としての優秀さを兼ね備えている。 「横浜基地防衛戦」において反応炉停止作業を担当するが、様々な障害により反応炉を停止させることは不可能と判断、武に最後のアドバイスを送った後、自らの命と引き換えにS-11(戦術機搭載型の高性能指向性爆弾)を手動で起爆させ反応炉を破壊した。 『君が望む永遠』のメインヒロインの1人。 階級は。 遙の妹。 千鶴とは親友で同期(茜は207A分隊長)だったが、千鶴達のB分隊が総合技術演習に不合格となったことで、結果的に2ヶ月ほど早く任官している。 水月に憧れており、水月と同じ突撃前衛となった武にライバル心を燃やす。 同じA分隊出身の同期である柏木とは仲が良く、行動を共にする事も多い。 「横浜基地防衛戦」で遙の戦死の報告を聞いて動揺していたところ、残存BETAの攻撃を受けて死亡したと思われたが、奇跡的に生還しヴァルキリーズの数少ない生き残りとなった。 しかし、「桜花作戦」には参加できないほどの重傷を負ったため戦線を離脱し、「桜花作戦」に参加する武たちを見送った。 『君が望む永遠』のヒロインの1人。 武がいた『元の世界』の彼女と比べると、少し子供っぽい一面が見られる。 階級は少尉。 茜とは同期で、同じ207A分隊の出身。 普段から朗らかで人懐っこいが、常に冷静な視点で物を捉え、時には非情とも思える考えを持つこともある。 それが周りの人間にとってあまり気持ちの良いものでないことも自覚しているようで、任官前は分隊長である茜に合わせていた。 任官後は「訓練時代と同じ考えではいけない」と、茜と口論する場面もあるが、基本的に仲は良い。 もうすぐ年齢を迎える達を気にかけている。 好物は。 「甲21号作戦」において伊隅の凄乃皇破壊作業を邪魔させないために単機防戦するが、要塞級BETAの触手攻撃により戦死。 SF編 キャラ個別シナリオで記憶の流入が起こり、密かな好意を抱いていた白銀と念願叶って恋人になった世界が存在することが判明した。 流入が進む内に白銀も自身と同じ現象に悩まされている事を確信し、記憶同様とまでいかずとも彼を支える為に距離を縮めることにした。 鳴海 孝之(なるみ たかゆき) 声:(『マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ』PV) 涼宮遙・速瀬水月・平慎二の同期で、遙と水月の想い人。 同期の慎二とは親友。 本作では名前のみの登場。 同年8月上旬に実施された「明星作戦」に参加中、戦死したとされている(A-01の任務の都合上、戦死時の詳細については明らかにされていない )が、味方部隊救出のために待機命令を無視して慎二とともに横浜市内に突入、交戦中 に G弾の起爆に巻き込まれたものと思われる [ ]。 「明星作戦」では「不知火」に搭乗し、慎二とエレメント(部隊編成の最小単位・2機分隊のコンビ)を組んだ。 遙と水月が任官したのは、「明星作戦」で孝之と慎二が戦死してから20日後。 『君が望む永遠』の主人公。 平 慎二(たいら しんじ) 涼宮遙・速瀬水月・鳴海孝之の同期。 同期の孝之とは親友。 彼と同様に国連軍A-01連隊の隊員だったが、ヴァルキリーズとは別の中隊(孝之と同じ中隊)に所属していた。 「明星作戦」では「不知火」に搭乗し、孝之とエレメントを組んだ。 『君が望む永遠』の主要人物の1人。 築地 多恵(つきじ たえ) 涼宮茜と柏木晴子の同期で、207A分隊の一人。 横浜事件(XM3トライアル演習中のBETA襲撃事件)で戦死しており、本編では名前が登場するのみ。 なお、インテグラルワークスに掲載されているサイドストーリー「追憶 Recollection」で訓練生時代のエピソードが涼宮茜の回想という形で描かれている。 また、コミック版ではepisode12(2巻)序盤のブリーフィング時や、12・5事件の際に出撃している姿(5巻)が描かれている。 階級は。 神代巽・巴雪乃・戎美凪の3人の部下を引き連れている。 代々将軍家及び五摂家の守護を担当する有力武家の出身で、や将軍家、五摂家に忠誠を誓っており、政威大将軍・煌武院悠陽の勅命により冥夜を護衛する任務に就いている。 非常に真面目で自他共に厳しいではあるが、根はとても優しい人物である。 甲21号作戦では斯衛軍第16大隊に所属し、ウィスキー部隊に参加する。 「武御雷」F型(赤)を駆り、衛士としての実力も極めて高い。 SF編 キャラ個別シナリオで記憶の流入によって白銀と恋人になった世界の月詠真耶が存在することが判明した。 自身は記憶の意味が分からずともオルタの世界での彼の成長を素直に喜ぶ気持ちを自覚する。 冥夜と上官である月詠に絶対の忠誠を誓っている。 3人とも階級はで、「武御雷」A型(白)に搭乗。 五摂家(煌武院、斑鳩、斉御司〈さいおんじ〉、九條〈くじょう〉、崇宰〈たかつかさ〉)の1つ、斑鳩家の当主でもある。 The Day Afterでは日本帝国政威軍監。 「武御雷」R型(青)に搭乗。 1998年の京都防衛戦では82式「瑞鶴」R型(青)に搭乗し、第16斯衛大隊(殿部隊)の指揮官として月詠真耶中尉と共に作戦に参加している。 月詠 真耶(つくよみ まや) 声: 月詠真那中尉の従妹。 帝国斯衛軍所属。 階級は。 通常は政威大将軍・煌武院悠陽の警護についているが、1998年の京都防衛戦では皇族と将軍家の帝都脱出を支援するため第16斯衛大隊に配置転換となり、斑鳩とともに作戦に参加している(当時は「瑞鶴」F型(赤)に搭乗)。 The Day Afterでは、真那と同様「武御雷」F型(赤)に搭乗。 横浜基地関係者 [ ] パウル・ラダビノッド 声:若本規夫 横浜基地の司令官。 前作で主人公達に「オルタネイティヴIV」の終了を告げた人物。 の出身で、階級は。 かつてインド亜大陸の激戦を潜り抜けた猛将でもある。 『桜花作戦』開始直前に実施した演説では「諸君ら若者を過酷な戦場に送り出さなければならない、戦う術しか教えられなかった我々を許すな」と語った。 イリーナ・ピアティフ 声: 横浜基地通信士官で階級は中尉。 香月副司令のも勤める。 京塚 志津江(きょうづか しづえ) 声:喜田あゆ美 横浜基地ののおばちゃん。 階級は臨時。 柊町駅の近くで食堂を経営していた。 BETAの侵攻で町が壊滅したため、横浜基地の食堂で働いている。 階級はあるものの、彼女自身は「おばちゃん」と呼ばれることにこだわりがあるらしく、基地の面々は階級に関係なく彼女をそう呼ぶ。 まりもや夕呼らも頭が上がらないらしい。 基本的に「マブラヴ オルタネイティヴ」の世界ではBETAの侵略により動植物が激減しているため合成食品が主要な食料となっており、美味しいものではないが、横浜基地においては彼女の手でそこそこの味まで引き上げられており、基地の面々は恵まれた食生活を送ることができている。 A-01部隊で戦死者が出たときは戦死者の好物を部隊全員有無を言わさず大盛りにするなど、彼女なりのやり方で死者を悼んでいた。 雅美という一人娘がいる模様。 まりもの戦死以来、急性PTSDを患った武の精神治療を担当した。 『君が望む永遠』のヒロインの一人。 BETA [ ] 重頭脳級BETA(「あ号標的(あごうひょうてき)」) 声:不明 カシュガルにあるオリジナルハイヴ最深部に存在する固着型超大型頭脳種(オリジナルハイヴ・コア)であり、唯一の知的BETA種。 地球上の全BETAを統括している。 「あ号標的」という識別名は日本帝国軍が暫定的に付けた名称で、日本帝国軍と在日国連軍ではこの名称で呼ばれている。 過去に人類を研究するため、横浜ハイヴのBETAに現地の人類を捕らえさせて様々な人体実験を行わせていた。 脳髄に性的快楽に相当する電気信号を送り続ける実験に供された純夏も、その人体実験の犠牲者である。 基本的に本能のみで動いている他のBETAと違い、高度な知識と自我、驚異的な分析能力を有しており、人類の兵器や戦術を迅速に分析し、各地のBETAを指揮・統括する役目を担っている。 BETAが人類に対して常に優位に立っているのはこの「あ号標的」の存在による所が大きい。 桜花作戦において自身と同様の存在が宇宙に10の37乗いると話しているが、これがBETAの総数なのか重頭脳級BETAの総数なのかは不明であり、 もし後者であればBETAの総数は更に8桁程増える計算である [ ]。 冥夜の双子の。 本来の『元の世界』では3歳の頃に交通事故に巻き込まれて死亡しているが、この世界では存命している。 煌武院家では「双子は世を分ける忌児」とされ、妹の冥夜は遠縁の御剣家へと出された。 高貴で冷静沈着な性格だが、妹の冥夜より幾分穏やかな側面もある。 彼女と政府との有り方が12・5事件の一因になった。 戦術機への搭乗資格を得た冥夜に自身の専用機である武御雷(紫)を下賜したりするなど、離れ離れの妹を深く想っている。 立場上「双子の妹の存在」を認めることができない悠陽は冥夜のことを「あの者」と呼んでいる。 12・5事件後、武に姉妹の証である人形を託した。 アニメ版(トータル・イクリプス)では、巌谷 榮二と99式電磁投射砲の事について議論していた。 神出鬼没でな性格だが、悠陽の信頼も厚い実力者。 権謀術数に極めて長ける。 美琴には情報省に勤務していることを内緒にしており、表向きは城内省御用達の貿易商として動き回っている。 12・5事件後に一時姿をくらますが、桜花作戦後には姿を見せている。 『TE』にも登場しており、帝国軍と国連軍(横浜基地)の間を取り持つなど、裏で暗躍している。 日本主導による「オルタネイティヴIV」の完遂を望む一方、「G弾ドクトリン」による焦土化戦略を提唱する米国に不信感を抱きつつも、極東防衛線を維持するには米軍の力が必要だと考えている。 将軍を蔑ろにして干犯を繰り返す内閣や軍上層部に反感を抱く帝国軍将校による勉強会「戦略研究会」の主宰を務め、12・5事件の首謀者としてクーデターを実行する。 彩峰萩閣(あやみね しゅうかく)元の下で軍務に就いていた時期があり、慧とは彼女が幼い頃から交流があった。 最後は月詠の武御雷とのの末、戦死した。 駒木 咲代子(こまき さよこ) コミック版及びHobby JAPAN連載の『TSFIA』のみに登場する(ゲーム本編には登場していない)キャラクターで、帝国本土防衛軍帝都防衛第1師団・第1戦術機甲連隊所属の衛士。 階級は中尉。 12・5事件の首謀者である沙霧大尉の。 上官である沙霧が抱く憂国の想いに共感するだけでなく、沙霧が過去を悔やみ、死に場所を探し求めている危うさをも感じ取っており、戦場で肩を並べるうち沙霧に対して上官や同志として以上の感情を抱くようになる。 12・5事件では厚木基地から空挺強襲を行う沙霧大尉ら本隊の動向を隠すため、地上追撃を演じる陽動部隊の指揮官として箱根で伊隅戦乙女中隊と対峙、「不知火」同士が争う混戦の中で伊隅大尉の「不知火」に敗北するが、本隊が空挺強襲するための時間稼ぎを成功させた。 アルフレッド・ウォーケン 声: 12・5事件の際、一時的に国連軍に編入された米国陸軍第66戦術機甲大隊の指揮官。 階級は少佐で、コールサインはハンター1。 合理主義的な思考の持ち主で、12・5事件に介入した際、脱出を優先させるあまり加速度病で体調を崩した悠陽への投薬を命じたことで月詠たちと対立することになるが、部下の中に事件の泥沼化を目論む諜報機関の工作員が潜んでいたことを知ってからは、自らの力不足を恥じて政威大将軍暗殺を阻止するために奔走する。 「ラプター」を駆る優秀な衛士だったが、沙霧大尉が操縦する不知火との交戦中、工作員が仕掛けたトラップによって機体が機能不全に陥り撃墜された。 階級は少尉で、コールサインはハンター2。 出身の戦災難民で、BETAによって壊滅した祖国を再建することを願って難民キャンプから米軍に志願した。 性格は温厚で、フィンランドの宿敵ロシアを打ち負かした唯一の国である日本帝国に対して興味と親近感を抱いており、任務中に親しくなった壬姫に「平和になって、祖国・フィンランドが再建されたら招待する。 その時まで、お互い生き延びること」と約束している。 後催眠暗示の発動によって政威大将軍・煌武院 悠陽とクーデター首謀者・沙霧 尚哉の謁見場所を狙撃し、交渉を決裂させて事件を泥沼へと導くが、その直後の戦闘で「将軍狙撃犯だけは許せない」と激怒したクーデター部隊からの集中攻撃を受け戦死する。 後催眠暗示発動中(将軍狙撃時)の記憶はなく、撃墜される直前まで自分が将軍を狙撃した事実を知らないまま、最後まで壬姫たちを守ろうとした。 新井(あらい) 声: 『マブラヴサイドストーリー 贖罪』とコミック版に登場する、神宮司まりもの訓練兵時代の同期。 下の名前は不明。 徴兵前に結婚の約束をして別れた恋人がおり、女は戦場に出るべきではないと強く思っている。 当初はまりもに辛く当たり反発しあっていたが、次第に打ち解け互いを認め合い、共に成長していくようになる。 初陣となる「九-六作戦(1993年に大陸で実施された中韓連合軍による要撃作戦。 日本帝国軍も側面支援として参加した)」において、突如襲い掛かってきたBETAと交戦し、まりもに撤退を進言する。 進言を受け後退しようとした時に重光線級BETAに狙われたまりもを庇って戦死した。 伊隅 あきら(いすみ あきら) 声: 伊隅四姉妹の四女(国連軍A-01第9中隊長・伊隅みちるの妹)で帝国陸軍の衛士。 階級は少尉。 甲21号作戦では第133連隊クラッカー小隊の衛士としてウィスキー部隊に参加、奮戦するも小隊が壊滅、自身は間一髪の所で月詠らが所属する斯衛軍第16大隊に救われ無事生還する。 桜花作戦から数週間後、国連軍将官から次姉・みちるの数少ない遺品を受け取ると同時に、断片的ながらみちるの死に関連する真相に触れることができ、長女・やよいが集めた情報と遺品の中にあったヴァルキリーズの部隊章から、みちるが率いた特務部隊が人類を救ったことと、その戦いの最中にみちるが戦死したという事実を確信するに至った。 『君がいた季節』のヒロインの一人。 伊隅 やよい(いすみ やよい) 声: 伊隅四姉妹の長女で、帝国内務省に勤務している。 四姉妹の中で次女・みちるの死を最初に知った人物であり、 作中のあきら達の会話を見る限り、夕呼によって改ざんされた「在日国連軍の教導部隊にスカウトされその隊長を務めており、戦術機を使用した戦闘訓練中の爆発事故に巻き込まれ殉職した」というみちるの死亡記録について真っ先に疑問を持ち、真相を探っていたと思われるが、努力の甲斐むなしく真相にたどり着けないまま無念の末に断念し [ ]、妹達にみちるの死亡通知と共に涙ながらに伝えた。 『君がいた季節』のヒロインの一人。 伊隅 まりか(いすみ まりか) 声:笠原准 伊隅四姉妹の三女で、帝国陸軍所属の衛士。 階級は中尉。 「甲21号作戦」当時、本州の第二防衛線に配属されていた(「甲21号作戦」には不参加)。 「甲21号作戦」終了後、防衛ラインの変更に伴い九州の防衛ラインに異動することになった。 『君がいた季節』のヒロインの一人。 前島 正樹(まえじま まさき) 帝国陸軍の衛士で、伊隅四姉妹の想い人。 本編ではみちるの台詞で彼の存在がわずかに語られるのみで、『マブラヴサイドストーリー 継承』でも名前のみ登場。 「甲21号作戦」の影響で防御ラインの再編が始まり、彼の所属している部隊が西部戦線の九州防衛ラインの増強に回ることになった事実がまりかの口から語られている。 『君がいた季節』の主人公。 桜花作戦時、軌道降下中に光線属種からのレーザー照射を受けた凄乃皇・四型の盾となって艦と運命を共にする。 小沢艦長 声: 大型巡洋艦(作戦旗艦)「最上」艦長。 甲21号作戦で帝国軍を指揮する。 アニメ「トータル・イクリプス」第2話に登場。 に配備された第二艦隊旗艦「尾張」より京都に襲来したBETAに対して艦砲射撃を指揮した。 武たちの戦域離脱を援護するべく、第2戦隊を率いて湾内に突入。 戦艦乗りの誇りをかけて奮戦し、生還する。 アニメ「トータル・イクリプス」第2話に登場。 に配備された第二艦隊旗艦「尾張」の副官を務め、独断で艦砲射撃を行い、撤退する唯依たちを狙う光線級BETAの群れを駆逐した。 安部艦長とは士官学校の同期で親友。 井口艦長 帝国連合艦隊第3戦隊、戦艦「武蔵」の艦長。 以上4人の艦長はかつてBETAに佐渡島を占領された戦いにおいて最後まで艦隊指揮を執っていた軍人である。 大田艦長 帝国海軍強襲潜水艦(81式強襲歩行攻撃機「海神」の潜水母艦)「崇潮」の艦長。 マブラヴアンリミテッド ザ・デイアフター [ ] 日本帝国 [ ] 第1戦術機甲連隊第1大隊第17小隊"ウォードッグ" [ ] 龍浪 響(たつなみ ひびき) 声:無し(episode:01)、新沢真(episode:02以降) ウォードッグ小隊の小隊長を務める、『episode:01』以降の主人公。 日本帝国陸軍ので、コールサインは「ウォードッグ1」。 94式戦術歩行戦闘機「不知火」に搭乗。 大海崩以前は帝国陸軍欧州派遣隊の一員として、千堂柚香少尉らとともに欧州に派遣されていた。 大海崩後、アメリカの揚陸艦「ボクサー」に回収され米軍と共同戦線を築いたが、フランス・カナダ連合軍の攻撃を受けた際、敵の戦術機の特攻で「ボクサー」の部隊は壊滅、徒歩でシアトルまで行くことを余儀なくされることになる(約3000km)。 この生還劇がきっかけとなり、日米の「英雄」的存在となる。 千堂 柚香(せんどう ゆずか) 声: 日本帝国陸軍ので、コールサインは「ウォードッグ2」。 不知火に搭乗。 龍浪中尉とともに3000kmの大陸横断をした。 龍浪中尉とはかなり長い仲の模様。 衛士としても高い力量を持つ。 『episode:03』で響と恋仲となった。 エレン・エイス 声: 日本帝国陸軍ので、コールサインは「ウォードッグ3」。 不知火に搭乗。 カナダからの亡命兵。 自身を政治に利用する両親に反発して軍人となった。 大海崩以前には軌道降下兵団に所属していたようで、衛士としての実力は優れている。 本名はジョセット・ダンベルクール。 愛称はジョゼ。 フランス=ケベック出身の元フランス第五共和国軍の中尉。 ローラン・ダンベルクール元上院議長の娘。 バビロン作戦時にはブダペストハイヴ攻略に参加する予定であった。 第六共和国政府によるクーデターにより上院議長を務めていた父が国賊として処刑された為フランス軍に戻れなくなり、リーナ・テルヴォの手引きでシアトルに軌道降下するも、大気圏突入カプセルが分離せず、本物のエレンがジョセットのカプセルを120mmで排除するが、その破片がエレンの戦術機に直撃、機体損傷により生存の見込みがなくなったエレンから「ローラン・ダンベルクールの娘だと分かればただでは済まないであろうから、自分の身分を使って亡命しろ」と告げられ、墜落死した彼女に成りすまして日本に亡命した。 美桜乃 雫(みおの しずく) 声: 日本帝国陸軍ので、コールサインは「ウォードッグ4」。 不知火に搭乗。 帝国の衛士不足により、多量の薬物を用いられて成長を急速化させられている。 その影響で、生理不順などが日常化している。 また、戦争孤児であるため自分がいらないと思われることに、極度の恐怖を覚えている。 なお龍浪中尉曰く「任官半年にしてはかなりいい筋」。 大上中尉とは同郷の出身で、越野兄妹の元に預けられていた。 第1戦術機甲大隊 [ ] 神宮司 まりも 声:南綾香 日本帝国陸軍ので、タコマ租借地の統治責任者。 第1戦術機甲大隊長。 不知火に搭乗。 マブラヴUNLIMITED編では、香月夕呼副司令の要請により国連軍横浜基地で教官をしていた。 そのため一時的に軍曹に降格していたが、オルタネイティブ5発動とともに日本帝国陸軍少佐に復帰した。 S-11の秘匿所持が発覚し、更迭された。 更迭後は管理局勤務となる。 香月レポートの一部を所有しており、それの引き渡しを拒絶したため物資横領の罪を着せられ斑鳩らに拘束された。 駒木 咲代子 声: 日本帝国陸軍ので、まりもが更迭された後に臨時で第1戦術機甲大隊長に着任した。 不知火に搭乗。 オルタネイティブ5発動前は沙霧尚哉大尉(当時)と同じ部隊にいた。 彼らのクーデター直前、沙霧らが決起に失敗した際に組織を再建するための要員として残される。 龍浪中尉にきつくあたる一方で、まりもと自分を比較して日々苦悩している。 松風 諒一(まつかぜ りょういち) 声: 日本帝国陸軍の。 不知火に搭乗。 龍浪中尉とは訓練学校時代からの腐れ縁で、たまに街に出て龍浪中尉と酒を呑む仲。 まりもが更迭された直後、龍浪中尉とともに酔っ払い、「神宮司少佐讃歌」なるものを歌った。 バビロン作戦以前は、九州に配属されていた。 日本脱出時、脱出しようとした民間人の排除命令を出した斑鳩に不信感を抱いている。 第2戦術機甲大隊 [ ] 大上 律子(おおがみ りつこ) 声:柚原みう 日本帝国陸軍ので第2大隊第2中隊第3小隊長。 雫とは同郷の出身で、破天荒な性格だが、仲間思いでもある。 『』のヒロインの一人。 『episode:02』後はプラント占拠事件での負傷から、腕と足の移植を待ち、入院している。 第1後方支援連隊 [ ] 楠本 さやか(くすもと さやか) 声: 日本帝国陸軍の軍曹。 第1戦術機甲大隊の整備支援を担当している。 些細な噂話まで網羅するほど部隊の事情に詳しい。 明るい性格で、衛士たちをメンタル面でも支えている。 政威大将軍とその側近 [ ] 煌武院 悠陽(御剣 冥夜? ) 日本帝国全権代理政威大将軍。 本来なら00式「武御雷」R型(紫)に搭乗するはずだが、作中での発言によるとその「武御雷」は失われているか、所有権を喪失している模様。 また、作中でのまりもの発言などから、御剣 冥夜(悠陽の双子の妹)が影武者を務めている可能性が高いものと思われる。 月詠 真耶(つくよみ まや) 帝国斯衛軍。 「武御雷」F型(赤)に搭乗。 月詠 真那中尉の従妹。 真那と比べて非常に厳し性格をしており、将軍を馬鹿にする者はたとえそれが上官だとしても容赦しない。 かつての京都防衛戦を生き残った猛者で、衛士としてはトップクラスの実力を誇る。 神代・巴・戎 3人とも帝国斯衛軍。 「武御雷」A型(白)に搭乗。 真耶とともに将軍の護衛を務めている。 日本帝国斯衛軍 [ ] 斑鳩 崇継 日本帝国政威軍監、コールサインは「ホーンド1」。 「武御雷」R型(青)に搭乗。 大海崩直前にクーデターを起こして閣僚たちを粛清した沙霧らを鎮圧した後、日本帝国の実質的な最高権力者として権力を掌握、日本帝国軍を帝国斯衛軍の指揮下に編入した。 大海崩直前に河崎重工を含む軍需企業関係者に人員と物資を保有する艦艇に積載し脱出するように命令していたことなどから、香月博士がまとめたオルタネイティブ5計画発動による大海崩を予知したレポート「バビロン作戦考察(香月レポート)」の記録もしくは、そのコピーの一部を所持していたのではないかと疑われている。 世界の主導権を握るべく、人類延命の鍵となる香月レポートの収集を行っている模様。 香月博士の才幹を高く評価しているが、その反動として香月博士の活動を理解せず、妨げていた旧閣僚や旧軍幹部に対して強い憎悪と絶望を抱いていたことがJFKハイヴ攻略戦時に明らかになる。 若いころは色々とやんちゃをしていた。 真壁 介六助 日本帝国斯衛軍中佐、真壁 清十朗(参照)の兄で、「武御雷」(赤)に搭乗、コールサインは「ホーンド2」。 斑鳩の側近で、若いころから彼に付き合ってやんちゃしていた。 白銀 武 マブラヴシリーズ本編の主人公。 日本帝国斯衛軍中尉、コールサインは「ホーンド3」、現在は斯衛軍に所属しており、真壁介六助の懐刀的な立場にいる。 また、家柄ではなく技量によって斯衛軍所属に抜擢されている為、「武御雷」C型(黒)に搭乗する。 戦術機操縦の腕は突出しており、フランス軍のラファール複数機を相手に一方的にあしらい、JFKハイヴ攻略戦では軽々と要塞級を裁断していった。 その他の人物(日本帝国) [ ] 千堂専務 千堂柚香の父で、河崎重工専務。 古手川先生 雫の居た孤児院の先生。 一郎 雫の居た孤児院の子供。 『episode:02』では孤児院の仲間たちの為に食料を手に入れるため、そうとは知らずプラント占拠をたくらむ工作員らに情報を提供していた。 アメリカ合衆国 [ ] 米国第66戦術機甲大隊 [ ] アルフレッド・ウォーケン 声:前島貴志 米国陸軍ので、日本帝国駐留軍との折衝役を担当している。 第66戦術機甲大隊長。 F-22E「ラプター」に搭乗。 親日派であり、まりもとともに龍浪中尉のことを高く評価している。 衛士としても優秀であり、「ラファール」に搭乗した沙霧大尉と死闘を繰り広げ見事生還した。 出身はコロラドであり、妻と息子もいた模様。 ヒル 米国陸軍の。 「ラプター」に搭乗。 龍浪中尉と、ある事件をきっかけに出会いそれ以降交流がある。 ウォーケン少佐が沙霧大尉と死闘を繰り広げている際、ウォーケン少佐を援護した。 ケネディ海軍駐留拠点(ソルティーベース) [ ] 米国海兵隊"ブラックナイヴス" [ ] ウィルバート・コリンズ 声: 米国海兵隊第318海兵戦術機隊ので『episode:00』の主人公。 F-18E「スーパーホーネット」に搭乗。 ソルティーベースにおけるBETA迎撃戦の最中、乗機の跳躍ユニットが破損したためカタパルトでの戦域離脱が不可能となり、リリアの脱出を援護するため戦場に残り戦死。 リリア・シェルベリ 声:瀬那 元米国海兵隊第26海兵戦術機甲群の、後に米国海兵隊。 「スーパーホーネット」に搭乗。 戦術機母艦「ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(JFK)」を中心としたソルティーベースの唯一の生存者。 まりもに救出され、米本土にて海兵隊の再建に尽くす。 JFK脱出の際、艦長から「ゴルフセット(試製99型電磁投射砲)」と呼ばれる機材に関連するデータの一部を受け取っている。 勝ち気な性格で、まりも更迭後も特に行動を起こさない龍浪中尉にきつく当たる。 ダリル・マクマナス 声:松本ゆかり 米国海兵隊第318海兵戦術機隊のでブラックナイヴスの隊長。 「スーパーホーネット」に搭乗。 ソルティーベースでのBETA迎撃戦で戦死。 その他の人物(米軍関係者) [ ] メルヴィナ・アードヴァニー 声:紅月ぴこ 豪州海軍の。 駆逐艦「シドニー」の乗組員。 ソルティーベースにおけるBETA迎撃戦で「シドニー」をBETAにより撃沈され戦死。 ジョージ・オールストン 声: 米国海軍の。 戦術機母艦「ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(JFK)」艦長。 ソルティーベースにおけるBETA迎撃戦で「ゴルフセット」をリリアに託し艦と運命を共にし戦死。 フランス・カナダ連合 [ ] レア・ゲグラン フランス軍の衛士で、階級は少佐。 ラファールに搭乗。 フランス国内急進派の人間で、占拠事件では指揮官として戦い、NORAD奪還後は戦犯としてアメリカ側に引き渡された。 彼女の目的はフランスが国民に最善となる形で敗戦国となる事により、アメリカ・日本連合から食糧援助を受け、次の収穫までに国民の大半が餓死するという危機的状況からフランスを救う事であった。 ベルナデット・リヴィエール(ベルナデッド・ル・ディグレ・ド・ラ・リヴィエール) The Euro Frontの登場人物。 フランス軍の衛士で、階級は大尉。 ラファールに搭乗。 休戦を訴える響に攻撃しようとした部下を制止した。 沙霧 尚哉 フランス・カナダ連合に参加している衛士で、元日本帝国本土防衛軍大尉。 ラファールに搭乗。 大海崩直前にクーデターを起こすも斑鳩によって鎮圧され、残った仲間たちと共にフランス・カナダ連合に参加した。 その後フランスには戻らず所在不明である。 権力を掌握するための駒として政威大将軍を利用し、私腹を肥やしてきた斑鳩と斯衛軍に対して激しい憎悪を抱いている。 国連宇宙軍 [ ] リーナ・テルヴォ 声:赤林櫻子 スペース・ワンに搭乗する国連軌道艦隊所属の兵士で、階級は中尉。 フランスに密通していた搭乗員を排除し、核による地上への再攻撃を阻止する。 マブラヴオルタネイティヴ トータル・イクリプス [ ] 日米共同新型戦術機開発チーム"アルゴス試験小隊" [ ] ユウヤ・ブリッジス 声:、(幼少期) 誕生日: 本作の主人公。 ・戦技研部隊からアルゴス試験小隊に転属してきた。 階級はで、コールサインは「アルゴス1」。 アメリカ人と日本人の。 幼少時に日本人である父親が姿を消したことが原因で、祖父母を始め周囲から差別され続けたため、日本そのものに対して異様なまでの憎しみとコンプレックスを抱いている。 アメリカ製戦術機とはまったく違う運用方針の日本製戦術機の操縦に苦戦し、自分の技量が通用しない事実を突きつけられてもそれを認めず、機体の運用思想にケチをつけるなど荒んでいた。 日本人である唯依に対しても事ある毎に反発していたが、基地での一件や、ソビエトでの実戦、ラトロワとの出会いと別れを通して、次第にその心境に変化が表れ始める。 実戦経験こそないものの、F-22「ラプター」などを乗りこなす技量の高さと、対人戦のプロフェッショナルとしての経験を買われてこの計画に抜擢される。 アルゴス小隊配属当初は高等練習機である97式「吹雪」に搭乗して慣熟訓練を実施した後、XFJ-01a「不知火・弐型(1番機)」にメインテストパイロットとして搭乗。 日米共同開発によって生まれた「不知火・弐型」には、自身の出生とイメージを重ねて強い愛着を持つ。 篁 唯依(たかむら ゆい) 声: 誕生日: 本作のヒロイン。 アルゴス試験小隊に配属された、日本の譜代武家出身の女性士官。 斯衛軍の装備実験部隊「白き牙中隊 White Fangs 」中隊長で階級は。 20歳に満たない若い士官だが、プロミネンス計画の一環として日米間で進められている「XFJ計画」の日本側開発主任として、ユウヤたちと共に新型戦術機の開発に関わることになる。 戦術機の操縦者としての技量も優秀で、コールサインは「ホワイトファング1」。 基本的には礼儀正しく凛々しい女性だが、その内には気弱な面もあり、他者にそれを見せようとはしない。 実は料理が得意で、特には絶品。 また、アルゴス小隊の仲間内では「ユイ姫」というあだ名がつけられている。 日本や日本人にきわめて侮蔑的な感情を抱くユウヤとは反りが合わず、その精神的な甘さも含めて「未熟者」と評していたが、グアドループ基地での一件でユウヤに助けられてから、XFJ計画とユウヤへの想いの狭間で心が揺れ動くことになる。 00式「武御雷」F型(山吹色)に搭乗し、特に近接戦闘においては抜群の操縦技量を発揮する。 帝都燃ゆでは、京都にある斯衛軍衛士養成学校に通う訓練生時代が描かれている。 この当時は髪をショートカットにしていた。 1998年、BETAの本土上陸に伴い首都・京都の防衛ライン構築のため、訓練生でありながら繰り上げ任官で少尉に任ぜられ、嵐山守備中隊の第2小隊長として嵐山補給基地の防衛任務に駆り出される。 この時の乗機は82式「瑞鶴」F型(山吹色)で、衛士強化装備も同色のものを使用している。 この戦いで親友と恩師を失い、たった一人生き残ったという悲惨な経験が描かれた。 その3年後「二度と涙を見せない」と誓い、XFJ計画の開発主任としてアラスカ・ユーコンへと旅立つ。 タリサ・マナンダル 声: 誕生日: 陽気で活発だが、ケンカっ早い一面も持つの少尉。 コールサインは「アルゴス2」。 勘とフィーリングに頼った操縦を行うため、管制官からの指示を無視することも少なくないが、機体に適度な負荷をかけながら問題点を見極め、した機体を冷静な判断で立て直すなど、ネパール軍時代からテストパイロットとしての極めて高い能力を有していた。 当初はF-15・ACTV「アクティヴ・イーグル」に搭乗していたが、後にXFJ-01b「不知火・弐型(2番機)」のテストパイロットとなる。 ヴィンセント・ローウェル 声: 誕生日: ユウヤと共に国連軍戦術機実験評価部隊に配属されたアメリカ陸軍ので、階級は軍曹。 かつ女好きな性格だが、実は努力家で優れた技能を持っており、他人に対する細かな気遣いを忘れない。 過去にその能力の高さを評価され、アメリカ最大の軍事企業・ボーニング社に派遣されたこともある。 日本に対して特に侮蔑的な考えは持っておらず、ユウヤの神経質なまでに日本を嫌う姿勢を心配しており、彼と唯依の口論を止める役目を担うことも多い。 不知火・弐型の整備主任を務める。 ヴァレリオ・ジアコーザ 声: 誕生日: 高い機動制御や状況判断能力など、ベテラン衛士以上の腕を誇るテストパイロットで、コールサインは「アルゴス3」。 の少尉。 特有の軽いノリで面倒見がよく、アルゴス試験小隊の潤滑油的な役割を果たしている。 その反面、故郷のイタリアを壊滅させられた経験から、BETAに対する怒りは凄まじく、実戦においては普段は見せない苛烈な一面を見せる。 女好きで、遠征先でも女性に声をかけるなどナンパ癖もあるが、親しくなった女性士官から重要な情報をそれとなく引き出すなど、公私共にその能力をいかんなく発揮する。 当初はF-15E「ストライクイーグル」に搭乗していたが、後に「アクティヴ・イーグル」に乗り換える。 ステラ・ブレーメル 声: 誕生日: 的確な判断力と高い狙撃能力を持つテストパイロットで、コールサインは「アルゴス4」。 の少尉。 まるで彫刻を連想させるような美貌とナイスバディ(特に巨乳)を持つゆえに感情の起伏が少ないように見られがちだが、美貌については茶化されると即座に怒るうえ、作戦時以外は家庭的な温かみと茶目っ気を見せることもある。 戦況分析や支援射撃を主に担当し、当初は「ストライクイーグル」に搭乗していたが、後に「アクティヴ・イーグル」に乗り換える。 イブラヒム・ドーゥル 声: 誕生日: 中尉。 トルコ陸軍の精鋭・第94戦術機甲大隊(通称「コブラ」)の衛士としてF-16A「ファイティング・ファルコン」で欧州戦線を駆けめぐった頃の経験から、常に部下の安全を最優先に考えている。 トルコ軍時代は大尉であったが、難民キャンプを救うために部下を死なせたという事件があり、その責任を問われて現在の中尉という階級に降格された経歴がある。 リダ・カナレス 声: 誕生日: 小説版を除いた各メディアミックスに登場。 XFJ計画専任オペレーターの1人で、スペイン出身。 ユウヤの不知火・弐型がMIA(Missing In Action=戦闘中行方不明)となった際に泣き出しそうになるなど、オペレーター3人の中では実戦経験が最も浅いようである。 ニイラム・ラワムナンド 声: 誕生日: 小説版を除いた各メディアミックスに登場。 XFJ計画専任オペレーターの1人で、インド出身。 オペレーター3人中唯一の軍曹(先任)だが、国際懇談会の際に唯依を肴として女性同士の性的な妄想を楽しむなど、他の2人よりへ傾倒した性格である。 フェーベ・テオドラキス 声: 誕生日: 小説版を除いた各メディアミックスに登場。 XFJ計画専任オペレーターの1人で、ギリシャ出身。 ソ連軍・イーダル試験小隊 [ ] クリスカ・ビャーチェノワ 声: 誕生日: 本作のヒロインの1人。 の実験部隊・イーダル試験小隊に所属するテストパイロットで、階級は少尉。 イーニァと共にSu-37UB「チェルミナートル(複座型)」に搭乗し、機体の操縦を担当する。 ユウヤたちアルゴス試験小隊の面々とはライバル関係にある。 その戦闘技術は高く、タリサが全力で操縦する「アクティヴ・イーグル」を余裕で追い回し、カムチャツカの対BETA戦に至っては1500体以上のBETAをたった1機で殲滅し、生還するという戦果を残している。 その一方で、相手に対し過剰なまでの殺意を向けたり、心の均衡を崩して倒れこんだりと、精神的に不安定な部分を垣間見せる。 当初はイーニァが強く興味を抱いているユウヤに嫌悪感を持っていたが、グアドループ基地の件を経て彼に対する心境が変わっていき、気付かぬ内に彼に想いを馳せるようになる。 しかし、自分のユウヤに対する感情の意味が分からず、また戦士である自分が変わってしまうことを恐れるあまり、ユウヤに対して差別的な態度をとってしまうこともあった。 イーニァ・シェスチナ 声: 誕生日: 本作のヒロインの1人。 ソ連軍のイーダル試験小隊に所属するテストパイロットで、階級は少尉。 なぜかユウヤに強い興味を持ち慕っており、勝手にソ連軍の敷地にユウヤを連れ込んだり、逆にアメリカ軍の敷地に侵入してユウヤに会いに来たりする行為がクリスカを苛立たせることになったが、本人に全く悪気はない(というより、ほとんど気づいていない)。 唯依に対しても同様に強い興味を抱いている。 独特の感性を持っており、人の感情を「色」として捉えて読み取り、それをコミュニケーションに活かしている模様。 また、クリスカ同様に何らかの処置を施されていること(少なくとも注射や内服薬による投薬処置が行われている)が語られている。 クリスカと共に「チェルミナートル(複座型)」に搭乗し、サポートを担当する。 イェジー・サンダーク 声: イーダル試験小隊の指揮官として、ソ連機の戦術機開発を取り仕切っている。 きわめて有能かつ冷徹な人物であり、目的達成のためなら手段を厭わない。 階級は中尉であるが、エリート部隊である中央戦略開発軍団に所属しているため、ソ連軍内部では1ランク上の大尉相当として扱われている。 マーティカ・ビャーチェノワ 声:生天目仁美 ユーコンテロ終結後にイーダル試験小隊に入れられた女性。 クリスカと似た顔立ちをしている。 ユウヤの元同僚で、彼と同様、日本人とアメリカ人のハーフである。 しかし決定的な違いは「日系人としての誇りを持っている」ことであり、自分と対照的に日本人に侮蔑的な考えを持つユウヤとは、同僚時代から非常に険悪な間柄であった(初対面時は握手を交わそうとしたらしいが、閉鎖的だったユウヤに拒絶されていた)。 ユウヤとの同僚時代はスコアにおいて後塵を拝していたが、連携プレーなどの能力を含めた総合評価ではユウヤより上。 搭乗機はF-22A「ラプター」先行量産型(EMD Phase2)。 シャロン・エイム 声: 誕生日: アメリカ陸軍少尉。 女性ながら「山猫(リンクス)」の異名を取る凄腕の衛士。 レオン同様にユウヤの元同僚であり、当時はユウヤと恋人同士でもあったブロンドヘアーの美女。 現在はレオンと恋人関係にある。 陽気で世話好きであるが鋭い洞察力を持ち、強がりな面も持っている。 ガイロス・マクラウド 声: アメリカ陸軍少尉。 筋肉質な体格のうえ、無骨かつ寡黙であるが、同僚や周囲を気遣う余裕も併せ持った衛士である。 冷徹な人物だが、癖のある部下たちを纏め上げる器の大きさも併せ持っている。 ブルー・フラッグ演習に参加するため、ユーコン基地へ派遣された。 沈着冷静な態度でレオンたちを率いる。 日本帝国斯衛軍・嵐山守備中隊第2小隊 [ ] 後に小説、ゲーム『帝都燃ゆ』という形で正式にゲーム化されているためアニメオリジナルという表記を排除している(PC版TEに収録)。 なお過程が違うものも含まれるため、ここではアニメでの状況を表記する。 山城 上総(やましろ かずさ) 声: 唯依と同じく、京都にある斯衛軍衛士養成学校に通う訓練生で、外様武家でありながら数多くの衛士を輩出している山城家の娘。 黒いストレートロングヘアが特徴。 当初は唯依にライバル意識を持っていたが、次第に打ち解けていき、親友同士の間柄となった。 1998年8月の京都防衛戦の際に繰り上げ任官で少尉となる。 嵐山補給基地の陥落後、初陣の衛士が死亡する確率が最も高いと言われる時間「死の8分」を搭乗機の「瑞鶴」A型(白)で何とか生き残り京都駅まで撤退するが、京都駅手前で要塞級BETAを回避しようと急減速した和泉機と空中接触し、京都駅構内へ不時着してしまったうえに戦車級BETAに取り付かれ、脱出できなくなる。 その場に駆けつけた唯依へ「BETAに食われる前に殺して」と哀願するも、唯依が射殺することを躊躇したため叶わず、戦車級BETAに貪り食われて戦死した。 能登 和泉(のと いずみ) 声: 京都の斯衛軍衛士養成学校に通う訓練生で、唯依の親友の1人。 眼鏡をかけ、ウェーブのかかった髪をツインテールにしている。 九州に配属された恋人と手紙をやり取りしており、彼と一緒に映っている写真が入ったロケットを常に肌身離さず持ち歩いているが、ある日その恋人がBETAの侵攻で戦死したという悲報が届き、涙する。 1998年8月の京都防衛戦の際に繰り上げ任官で少尉となる。 嵐山補給基地陥落後、「死の8分」を搭乗機の「瑞鶴」A型(白)で何とか生き残るものの、唯依や上総と共に京都駅まで撤退中に京都駅手前で要塞級BETAを回避しようとした際に上総機と空中接触し、京都駅構内に不時着してしまった機体から脱出した直後、BETAに襲撃されて戦死。 甲斐 志摩子(かい しまこ) 声: 京都の斯衛軍衛士養成学校に通う訓練生で、唯依の親友の1人。 黒いストレートロングヘアの一部をリボンで束ねている。 1998年8月の京都防衛戦の際に繰り上げ任官で少尉となる。 嵐山補給基地の防衛任務中、搭乗機の「瑞鶴」A型(白)で突撃級BETAを1体撃墜するものの、油断して不用意に高度を上げてしまったため、光線級BETAに機体ごと撃ち抜かれて戦死した。 石見 安芸(いわみ あき) 声: 京都の斯衛軍衛士養成学校に通う訓練生で、唯依の親友の1人。 ボーイッシュなショートヘアが特徴。 1998年夏のBETA本土侵攻の際、鳥取に住んでいた親戚夫婦が犠牲になった。 同年8月の京都防衛戦の際に繰り上げ任官で少尉となる。 テログループ [ ] 指導者(マスター) 声: 「真の平等と人類皆の平等なBETAによる救済」を掲げてユーコン基地を襲撃した、テログループのリーダー。 キリスト教恭順派をまとめ上げ、高いカリスマ性を有する。 少佐(クリストファー) 声: 元軍人だけで構成された部隊を率いる壮年の男性。 東欧連合試験小隊から奪ったMiG-29OVT「ファルクラム」(アニメ版ではSu-47「ビェールクト」)を駆る。 執事(バトラー) 難民に迫害を加える者を粛清するという名目で結成された、反国連を掲げるテロリスト集団「難民解放戦線(RLF)」のリーダー。 米ソ間の決裂による対BETA戦の頓挫と人類の絶滅を目論む。 アニメ版には登場しない。 ヴァレンタイン 声: 難民解放戦線の実働部隊リーダーを務める女性。 自身も難民の出身で、難民キャンプで見た悲惨な実情を世に訴え、改善させるために難民解放戦線に加わった。 かつてイブラヒムに命を救われた経験がある。 後にテロが失敗した際、作戦失敗を通達しようとしたが、激高した同志に射殺された。 ジゼル・アジャーニ 声: ヴァレンタインの妹。 国連軍第37施設警備部隊「アストライアス」の格納庫を襲撃し、実弾装備のF-16C「ファイティング・ファルコン」36機を奪い、テログループの戦力として調達した。 しかし、対戦術機戦闘のプロフェッショナルであるユウヤたちアルゴス試験中隊やクリスカ、亦菲たちには歯が立たず、最終的に部下を逃がして特攻する決意を固め、無人機と共に突撃し、わざと撃ち落とされる。 そして、墜落して機能停止したふりを装い、突撃砲を回収しようとした亦菲の機体に組み付き、跳躍ユニットをオーバーロードさせて自爆、亦菲に操縦不能になる怪我を負わせ、戦線離脱を余儀なくさせた。 ナタリー・デュクレール 声: ユーコン基地の歓楽街(リルフォート)にあるバー「Polestar」のウェイトレス兼バーテンダー。 幼少期に出身地のフランスからカナダへ疎開してきた難民であり、当時の回想シーンでは貧困に喘いでいたことが示唆されている。 アルゴス試験小隊の面々をはじめとする、ユーコン基地に集う軍人たちの良き話し相手として親しまれていたが、正体は難民解放戦線のメンバーであり、ユウヤ達と敵対する立場となる。 ユウヤ達を勧誘しようとしたが拒否され、タリサの説得を受けたことで自身の行いを悔い、テログループの目的を遠回しな言い方でユウヤ達に伝える。 しかし、最終目的を口にしようとした矢先に味方から感付かれ、射殺された。 その他の登場人物(トータル・イクリプス) [ ] 崔 亦菲(ツィ・イーフェイ) 声: 誕生日: 本作のヒロインの1人。 統一中華戦線の中尉で、暴風(バオフェン)試験小隊長。 殲撃10型に搭乗。 性格は強気で、強引なところもある。 国籍(出身者と台湾出身者とのハーフ)で、出会った当初から自分と同じく2つの祖国の狭間に生きるユウヤのことを気にかけていた。 空力制御や重心移動を難無くこなすほか、電気信号で伸縮する特殊な部材「カーボニック・アクチュエーター」(電磁伸縮炭素帯)の連結張力制御などを超高レベルでこなし、近接戦闘に特化した愛機の性能を十二分に引き出している。 射撃技能にも優れており、自分があえて突出して囮となることで味方に有利な状況を作って勝利に導くなど、指揮官としての能力も高い。 テログループとの戦いでは残弾が尽きた所へ敵機の自爆により乗機を大破させられ、何とか脱出には成功するものの深手を負い、途中で戦線離脱を余儀なくされる。 王 壽鳳(ワン・ショウフォン、声 - )、 李 玲美(リー・リンメイ、声 - )、 慮 雅華(ルゥ・ヤァファ、声 - )といった部下たちを率いている。 また、得意料理の激辛麻婆豆腐は、非常識なまでの辛さに食べた者のほぼ全員を悶絶させる。 フィカーツィア・ラトロワ 声: 誕生日: ソビエト連邦陸軍の精鋭部隊・ジャール大隊を率いるで、歴戦の勇士。 愛機であるSu-37M2「チェルミナートル」と共に輝かしい戦果を残しており、ロシア民族に支配される被支配民族の人々にとっての英雄でもある。 既婚者で息子もいるが、グルジア人の夫とは死別しているうえ、幼少時に離れ離れとなった息子は別の任地で軍務に就いており、長らく顔を合わせていない(生死も不明)。 ユウヤに息子の面影を感じ、衛士の成すべきことと生きざまを身を持って示した。 なお、BETAとの交戦中に未確認の機体を目撃し、自機をロックオンしてきたことから敵機と認めて交戦しているが、正体は明らかになっていない。 SF編 個別シナリオではユウヤが女性関係に疎いことに目をつけて「女の顔」でリードする一面を見せた。 後述のナスターシャも参照。 ナスターシャ・イヴァノワ 声: 誕生日: ジャール大隊にてラトロワの副官を務める10代半ばの少女。 まだ若いながらも大尉に任じられ、それに違わぬ優れた能力を持つ。 ラトロワからも大きな信頼と愛情を注がれ、ナスターシャ自身もラトロワに対しては母親のような感情を抱いている。 それゆえ、ラトロワに気に入られているユウヤに対しては激しい嫉妬と憎悪の感情を抱いている。 ソ連軍基地へのBETA襲撃事件の際、ラトロワの代わりにジャール大隊を率いて光線級BETAを全滅させるが、その後は消息不明となる。 SF編 個別シナリオではラトロワの企みで強制的にユウヤの女性相手にさせられる。 巌谷 榮二(いわや えいじ) 声: 日本帝国陸軍技術廠・第壱開発局副部長で、階級は。 技術的な行き詰まりを隠せなくなった状況を打破させるために、唯依をアラスカに派遣した。 また、過去に斯衛軍のテストパイロット(当時のコールサインは「ヴァンキッシュ1」)として・82式「瑞鶴」の開発に参加していた。 アニメ版では衛士訓練学校時代の唯依との語らいや、煌武院悠陽と99型電磁投射砲について議論する様子が描かれた。 クラウス・ハルトウィック 声: 「プロミネンス計画」の最高責任者で、軍。 過去に欧州戦線で戦い、西ドイツ軍の戦術機部隊創設にも尽力した。 西ドイツ陸軍第44戦術機甲大隊「ツェルベルス」の面々とは旧知の間柄で、欧州の地で戦う彼らの身を案じている。 小説版での表記が第1巻では「クラウス」であるのに対し、第5巻では「ハルトウィック」と改められている。 フランク・ハイネマン 声: 「プロミネンス計画」の技術顧問としてユーコン基地に出向中のボーニング社・戦術機開発部門重役であるが、過去の経歴などには謎めいた部分が多い。 実際は、戦術機開発においてフランクのみで全てをなしうることができるほど、人類きっての天才。 教官( 真田 晃蔵(さなだ こうぞう) ) 声: 階級は大尉。 搭乗機は94式「不知火・壱型丙」で、コールサインは「ブルーファング01」。 帝国陸軍から京都の斯衛軍衛士養成学校に教官として出向しており、唯依たちの指導を担当していた。 普段は右目にアイパッチを着けているが、戦術機搭乗時はアイパッチを外している。 BETAの日本上陸に伴い、帝国陸軍へ復帰した。 京都市街まで撤退してきた唯依たちの救出に駆けつけた際、唯依たちを京都駅まで撤退させる時間を稼ぐため、手負いの状態で殿を務めて戦死した。 実はファンクラブ会員限定購入ゲーム『ハルコマニアックス』のヒロイン、真田沙希の父親であるということが明かされている。 篁 栴納(たかむら せんな) 声 - 唯依の母親。 とても厳格な人物であり、唯依が嵐山補給基地の防衛任務に出向くことになった際は、衛士としての心構えを唯依に説いた。 料理の腕前も相当なもので、特には巌谷も京都来訪のたびに食べるのを楽しみにするほどである。 ミラ・ブリッジス 声: ユウヤの母親。 ユウヤの幼少時に日本人の夫と離婚しており、それを理由に父親から激しく責められている。 ただし、ミラ自身は夫との結婚を「後悔はしていない」と父親にはっきりと告げている。 崇宰 恭子(たかつかさ きょうこ) 声: 日本帝国軍斯衛軍の衛士で、五摂家の1つである崇宰家の一員。 搭乗機は00式「武御雷」(青)で、コールサインは「ハイドラ01」。 過去に唯衣が所属していた斯衛第3大隊 の指揮官を務めていた。 2000年5月の本土奪還作戦(鳥取県米子周辺での戦闘)中、唯衣たちの退避時間を稼ぐために殿を務めたが、要塞級の攻撃を受けて戦死した。 唯依の従妹叔母にあたる。 京都防衛戦にて唯依を救出に来たのも恭子であり、1998年には試作機であった武御雷を駆り、唯依を救出したというエピソードが語られている。 山本(やまもと) 声 - アニメ版オリジナルキャラクター。 名前は不明。 日本帝国軍から派遣された整備兵(階級は)で、99型電磁投射砲の整備担当者としてアルゴス試験小隊のソ連遠征に参加していた。 同じ考えで基地に残った唯依と合流し、砲のコアモジュールのハッチを開けるためにクラッキングを行なってロックを解除したが、その直後に格納庫に現れた兵士級BETAの集団に噛み付かれ、激痛で悶え苦しむ。 まもなく、上総の最期に重ねた唯依により、頭部をライフルで撃たれて介錯された。 小説版やゲーム版には登場しないが、クロニクルズ04に収録されている「はいぶるっ!」には、山本を女学生化したと思われる主人公が登場している。 リック・スヴェン 声 - 作中では既に故人。 アメリカ陸軍大尉。 ユウヤがレオン達と共にF-22「ラプター」のテストチームに所属していた頃における、チームの隊長だった。 「ラプター」の機動性能の限界を見極めるべく、テスト外の高速低空飛行を行うユウヤの「ラプター」をF-15「ストライクイーグル」で追跡していたが、ユウヤ機が崖の縁ギリギリの地点を通過した際、ジェットエンジンの爆音で誘発された崖崩れに巻き込まれ、殉職した。 事故調査委員会はユウヤに責任はないと結論づけたが、リックを慕っていたレオンはユウヤに根深い恨みを抱き、元からいがみ合っていた2人の関係を決裂させる決定的な原因となった。 ユウヤ自身も彼の事故に強い自責の念を抱き、その後悔とそれによるレオンとの決裂、シャロンとの破局をクリスカに打ち明けた。 暁遙かなり [ ] 七瀬大尉 声: 鋼の槍連隊 七瀬(ハルバート)大隊 七瀬(ハルバート)中隊所属。 帝都衛士訓練学校に妹がいる。 マブラヴ・サプリメント内のマブラヴ・デュエリストに登場した七瀬凜の兄。 七瀬凜 声:横山いおん 衛士促成校の訓練兵。 七瀬大尉の妹。 The Euro Front [ ]• MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION Vol. 3及びVol. 4「TSFIA総集編」 27及び 38より• MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION Vol. 3及びVol. 4「TSFIA総集編」 27及び 38より。 MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION Vol. 3及びVol. 4「TSFIA総集編」 26及び 38より。 MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION Vol. 5「TSFIA総集編」 51より。 MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION Vol. 3「TSFIA総集編」 17より。 この国連軍将官から遺品を託されたエピソードはHobby JAPAN・2009年11月号の「TSFIA」より。 作中におけるソビエト政府は、政治中枢にロシア民族出身者を多く配属することで、彼らによる他民族の支配構造を完成させている。 ロシア民族以外の人々を熾烈な状況の前線へ送り込んでいるため、被支配民族の人々はロシア人を蔑視しているケースが多い。 ラトロワ自身はロシア人だが、グルジア人と結婚したためにロシア民族とは見なされず、前線へ配属されている。 教官の本名はHobbyJAPAN 2012年9月号 「TSFIA」 63より。 ニコニコ生放送広報の咆哮の誕生日総選挙にて•

次の

マブラヴシリーズの登場人物

香月京子

本サイトの姓名判断は旧字体の画数で鑑定します 本サイトで名前を入力する際に、新字体と旧字体を意識して入力する必要はありません。 新字体で入力された漢字は、自動的に旧字体の画数を求めて名前を占います。 そのため、鑑定結果で表示される画数が、入力漢字の画数と異なる場合が多くあります。 姓名判断は、文字そのものが持つ意味から、元来より旧字体で鑑定するものです。 下記にいくつかの例をご紹介します。 シメスヘン(5画) … 祐は新字体は9画で、旧字体は10画 クサカンムリ(4画) … 蒼や夢は新字体は13画で、旧字体は14画 サンズイ(4画) … 油は新字体は8画で、旧字体は9画 ショクヘン(9画) … 飯は新字体は12画で、旧字体は13画 上記は一例ですが、検索エンジンで旧字体について調べてみても面白いと思います。 詳しく説明されているサイトが多数あります。 利用規約 … 本サイトのご利用にあたり 本規約は「姓名判断」をご利用いただく方に守っていただくルールです。 「姓名判断」は、名前の画数をもとに名前占いができるサイトとして運営しています。 専門的な占いは、名前だけでなくさまざまな角度から鑑定されるものと思います。 そのため、本サイトの鑑定結果は参考程度にお読みください。 占い結果は姓名判断である以上、良い場合も悪い場合もあります。 中には鑑定結果に不満のある内容が表示される場合もあるとは思いますが、決してお名前を誹謗中傷するものでなく、画数の自動計算によって得られたものです。 また、本サイトの検索によって得られた鑑定結果で、第三者を誹謗又は中傷したり名誉を棄損するような行為を禁じます。 サイト利用者が本ウェブサイトのコンテンンツを利用したことで発生したトラブルや損害について、本サイトは一切責任を負いません。 この規約にご同意いただけない場合は「姓名判断」をご利用いただくことはできませんのでご了承ください。 Copyright C 2020 姓名判断 名前の画数から無料で All Rights Reserved.

次の

香月京子さんの運勢

香月京子

本サイトの姓名判断は旧字体の画数で鑑定します 本サイトで名前を入力する際に、新字体と旧字体を意識して入力する必要はありません。 新字体で入力された漢字は、自動的に旧字体の画数を求めて名前を占います。 そのため、鑑定結果で表示される画数が、入力漢字の画数と異なる場合が多くあります。 姓名判断は、文字そのものが持つ意味から、元来より旧字体で鑑定するものです。 下記にいくつかの例をご紹介します。 シメスヘン(5画) … 祐は新字体は9画で、旧字体は10画 クサカンムリ(4画) … 蒼や夢は新字体は13画で、旧字体は14画 サンズイ(4画) … 油は新字体は8画で、旧字体は9画 ショクヘン(9画) … 飯は新字体は12画で、旧字体は13画 上記は一例ですが、検索エンジンで旧字体について調べてみても面白いと思います。 詳しく説明されているサイトが多数あります。 利用規約 … 本サイトのご利用にあたり 本規約は「姓名判断」をご利用いただく方に守っていただくルールです。 「姓名判断」は、名前の画数をもとに名前占いができるサイトとして運営しています。 専門的な占いは、名前だけでなくさまざまな角度から鑑定されるものと思います。 そのため、本サイトの鑑定結果は参考程度にお読みください。 占い結果は姓名判断である以上、良い場合も悪い場合もあります。 中には鑑定結果に不満のある内容が表示される場合もあるとは思いますが、決してお名前を誹謗中傷するものでなく、画数の自動計算によって得られたものです。 また、本サイトの検索によって得られた鑑定結果で、第三者を誹謗又は中傷したり名誉を棄損するような行為を禁じます。 サイト利用者が本ウェブサイトのコンテンンツを利用したことで発生したトラブルや損害について、本サイトは一切責任を負いません。 この規約にご同意いただけない場合は「姓名判断」をご利用いただくことはできませんのでご了承ください。 Copyright C 2020 姓名判断 名前の画数から無料で All Rights Reserved.

次の