証明 写真 有効 期限。 マイナンバーカードの更新期間と手数料は?書類や暗証番号は必要?

法定相続情報証明制度に有効期限は?

証明 写真 有効 期限

現在、就職活動(就活)を行っている人は、「証明写真には使用期限がある」ということをご存知でしょうか?厳密にルールが定められているわけではありませんが、一般的に「これ以上の期間が過ぎた写真を使用するのはNG」というラインが存在します。 そのため、もしかしたらそのことを知らずに「期限切れ」の証明写真を使い続けていた人もいるかもしれません。 恐ろしいのは、志望先の企業に「期限切れ」の証明写真を使っていることを見抜かれた結果、悪い印象を与えてしまうことです。 失敗を自覚していれば改善することもできますが、無意識のうちにとってしまった行動ではそうはいきません。 問題を自覚することなく失敗を繰り返す、負のループに陥ってしまう恐れもあります。 この記事では、履歴書を作る前にぜひ知っておきたい「証明写真の使用期限」について解説します。 3ヶ月~6ヶ月の使用期限が一般的 履歴書などに貼る証明写真の使用期限は、一般的に3ヶ月~6ヶ月とされています。 「期限」であるにもかかわらずこのように一定の幅が存在するのは、法律や規則による決まりごとではなく社会的な慣習であるからです。 パスポートや運転免許証などの公的証明書に使用される写真には「6ヶ月以内に撮影したものを使用する」という決まりがあります。 成人後の大人であれば、通常は半年程度で大きく外見が変化することはありません。 そのため、「6ヶ月以内なら写真で間違いなく本人だと確認できるはずだ」という前提でこのような期限が設けられているのです。 一方、証明写真は公的証明書に使用するわけではないので、本来そこまでの厳密性は求められていません。 しかし、本人の見た目を確認するという点では同じ役割を持っているため、公的証明書の基準に倣う形で一般的には「6ヶ月以内に撮影した写真を使うのが望ましい」とされているのです。 もし、就活以外の目的ですでに撮影した証明写真を持っていて、かつ期限内に撮られたものであるならそのまま履歴書に使用しても良いでしょう。 しかし、実際には多くの就活生は、履歴書を作らなくてはならなくなった段階で証明写真を撮影しています。 そのため、使用期限内であっても一定の日数が経過した写真を使う場合、ほかの就活生と比較すると写真と実物にギャップがあるように見えてしまう可能性もあります。 そういったリスクが気がかりな場合は3ヶ月以内に撮影した写真を用いるなど、自分自身の判断でより使用期限の範囲を厳しく適用しても良いでしょう。 期限以内でも外見が大きく変わった場合は? 「写真と実物とのギャップ」という視点でいえば、たとえ3ヶ月~6ヶ月の間に撮影した写真であっても、現在の自分と比較すると大きく見た目が変わっている場合もあるはずです。 髪型や体型の変化など、短期間のうちに人の外見を変化させる要因は決して少なくありません。 ほかにも日焼けや病気などによる顔色の変化や髪の長さで外見が変わった場合、面接官に「写真が古い」と思われてしまいます。 また、メイクの仕方によっても印象は変わります。 本人が自覚していないものの、客観的に見ると印象が違うというケースもあるでしょう。 気になる方は家族や友人に証明写真を見せて今の自分と同じ人物に見えるかチェックしてもらうと良いでしょう。 あらかじめ撮影時に、撮影後の外見の変化について不安に思っている点をカメラマンに伝えて相談のうえ撮影に臨むのもおすすめです。 もし、写真と実物が大きく変わってしまっているのなら「期限内に撮影した写真だからOK」と考えるのではなく、再度証明写真を取り直した方が無難です。 証明写真は外見を確認するために存在するものなので、写真と実物が大きく違ってしまっていては本来の役割を果たすことができません。 使用期限はあくまでも目安と考え、写真と実物との違いから使用の可否を判断するようにしてください。

次の

証明写真の使用期限は3ヵ月?使用期限がある理由とは|就活証明写真で全国人気NO.1獲得!就活写真でおすすめのフォプロ

証明 写真 有効 期限

3ヶ月• 3ヶ月• 6カ月• 就活生の皆さんからは「3ヶ月前まで」と「6ヶ月前まで」の2つに意見が分かれました。 体型や髪型の変化など1ヶ月経つだけでも大きく変わることも考えられるため、撮影時期をしっかり見定める必要があるのは間違いありません。 それでは、どちらの時期に撮影されたものが最適なのでしょうか。 確かめましょう。 証明写真は現在の自分を表すものだと考える 履歴書の証明写真は、「あなたがあなたである」という事を証明するためものです。 実物と履歴書の証明写真を比べて、あまりにも今現在の自分自身と、証明写真の自分が異なると、それは「証明」写真ではなくなるといえるのです。 そのため、証明写真は3ヶ月以内のものが理想とされており、最低限のマナーとしてせめて6ヶ月以内のものでなければいけません。 6ヶ月以上前だと人相が変わっている可能性がある 写真を撮ってから6ヶ月以上経つと髪の毛は伸びていますし、髪型も変わっているかもしれません。 さらに就活疲れなどで顔がやつれたり、逆にふくよかになっている可能性も。 それだけで今現在のあなたと、証明写真のあなたのギャップが生まれてしまいます。 6ヶ月経つと見た目には変化があるので、こうしたギャップを生まないためにも、必ず履歴書に貼る証明写真は余裕があれば3ヶ月以内、そうでなければ6ヶ月以内のものとし、それ以前の証明写真は使わないようにしましょう。 最後に、履歴書の証明写真が3ヶ月以内や6ヶ月以内に規定されている理由について考察します。 なぜ一般的に証明写真が3ヶ月以内や6ヶ月以内のものとされているのか、それは社会のルールが関係しているのです。 下記で具体的に触れたいと思います。 企業や行政機関が撮影日の期限を指定しているから 証明写真が3ヶ月以内や6ヶ月以内と慣例で言われているのは、企業や行政機関が撮影日に関する期限を指定しているから、というのが大きな理由です。 例えばパスポートや運転免許証は3ヶ月以内のものを指定されていますが、それは上でも述べたように顔や外見が変わってしまうのを防ぐ目的があるのです。 特にパスポートや運転免許証などは法的効力が発生するので、本人であることが分かるという期限を3ヶ月に線引きしているのです。 とはいえ、企業に送付する履歴書などでは、3ヶ月以内に撮影した証明写真が好ましいものの、6ヶ月以内でも良いとされている慣習に則った規定なのです。 最新の証明写真は合否の判断をする際に利用されることもある 証明写真は、適切なイメージを相手に抱かせる材料となります。 就活の際には特にですが、その場で「あなたは入社決定です」といってくれる会社はほぼありません。 履歴書はもちろんのこと、履歴書の証明写真は書類選考だけではなく面接後にも、合否の判断をする際に利用されます。 面接時の印象と証明写真の雰囲気が違うと担当者は疑問を抱く 採用担当者は就活生との面接を終えてから部署で集まり、履歴書と証明写真を見て、面接時のあなたとをリンクさせながら選考をします。 その時に、面接時の印象と異なると、「もしかしたら面接で良い印象をもったのはこの子じゃないかも」と思わせてしまうかもしれません。 相手に適切な自分のイメージを抱かせるためにはやはり、3か月以内か6ヶ月以内の証明写真が今の自分に一番近いといえるので、履歴書ではその写真を使用するべきなのです。 履歴書の証明写真が6ヶ月以内である理由は企業や行政機関が指定しているから 今回は、履歴書の証明写真が6ヶ月以内でなければならない理由についてみてきましたが、いかがでしたか?少しでもお金をかけずに就活をしたい、証明写真は使い回したいと思っている方もいるかもしれません。 しかし、選考ではあなたの印象が何より大事です。 使い回しによって就活を失敗する事もあるかもしれませんから、証明写真は6ヶ月以内の期限を守ったものを使うようにしましょう。 もし余裕があれば、3ヶ月以内の写真が最適といえます。

次の

履歴書の写真の期限について

証明 写真 有効 期限

Q 現在、社会人向け大学院の入試事務を担当しています。 本校の場合、入学願書とあわせて大学の卒業証明書を添付してもらいますが、願書上では「発行3か月以内のもの」と定められています。 よく質問される内容としては、「なぜ3か月以内のものでないとだめなのか?」といった類です。 以前このサイトのQAで『先方の学校の指示にあわせる方がよい』といった回答がありましたが、お恥ずかしいことながら、厳密な意味で法的根拠があるのか、ないのか、いくら調べてもわかりません。 根拠は民法?それとも「有印公文書偽造」であれば刑法? 上司も明確な回答を持ち合わせていません。 入学願書を受け付ける側として、受講希望者に丁寧な回答をする上でも、法的根拠を説明できるようにしたいのですが・・・。 どなたかご存知ありませんか? A ベストアンサー これは私が人に聞いた話なのですが、ずっと昔からの名残だそうです。 昔は、戦中戦後の混乱で学校内に卒業生の記録が十分に残っていないことも多かったそうですが、それをいいことに、古くて確認が取れないような頃の卒業証明書を(偽造して)使用し、「学校側で記録を紛失したので、新しいものは発行してもらえない」などということをする人がいたそうです。 いわゆる学歴詐称ですが、こういうことを予防的になくすために、取得して間もないものを提出するようにしている学校が多いとのことでした。 じゃあ、実際に記録がない人はどうするんだとか、いろいろ問題はあるように思うのですが、とりあえず私の知る範囲ということで。 A ベストアンサー 入学、卒業年次によって保存期間が異なります Ama430さんの補足ですが 平成3年の学校教育法施行規則改正により、平成6年4月1日以降に第1学年に入学した生徒の「指導要録」のうち 入学、卒業などの学籍に関する部分を除いて保存期間が5年になりました。 (成績等の保存期間) それ以前の入学者の成績は卒業後20年間保存する義務がありますす。 (中学・高校の場合、平成7年度以前の卒業生) したがって平成6年4月1日以降に第1学年に入学した生徒で、卒業後5年を過ぎた者には成績証明書が発行できない事になっています。 それ以前の入学者は卒業後20年までは発行しなければなりません。 期間を過ぎた卒業生が成績証明を必要とする場合(受験等)は「卒業証明書」と「法律の定めにより、卒業後5年を過ぎた者には成績証明書が発行できない旨の事由書」を提出すればよいことになっています。 卒業証明書は卒業年次に関わらず、卒業後20年間は発行しなければなりません。 個人保護法の点から、最近の自治体では保存期限後は削除を規則としているところも増えてます なお、大学の成績もこれに準じますが、実際は永久保存されているところが多いようです。 入学、卒業年次によって保存期間が異なります Ama430さんの補足ですが 平成3年の学校教育法施行規則改正により、平成6年4月1日以降に第1学年に入学した生徒の「指導要録」のうち 入学、卒業などの学籍に関する部分を除いて保存期間が5年になりました。 (成績等の保存期間) それ以前の入学者の成績は卒業後20年間保存する義務がありますす。 (中学・高校の場合、平成7年度以前の卒業生) したがって平成6年4月1日以降に第1学年に入学した生徒で、卒業後5年を過ぎた者には成績証明書が発行... ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかではあることですよ ね。 「だったら、そう言って下さいよ。 」って言えませ んよね。 また、本当に15日中で提出がいいとしても終業 間際に提出してたらだめですよね。 もう一つ、ちょっと違うけど、 「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで ください。 」と言われたら、15日のうちなら 何時に振り込んでもいいのではないですよね。 当然相手口座に15日中に入金されていなくては ならないですよね。 質問とは関係ないですけど。 「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました から。 14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。 確かに質問者は正しい。 でもネ。 人生、先手先手。 「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。 」 な~んてね。 ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかで... Q こんばんは、私は現在普通自動車の免許を取ろうと、神奈川県の自動車学校に通っている者です。 今、第2段階の高速教習が終わったところです。 できれば、夏休み中にとろうと思っています。 学校が26日から始まるのでそれまでに二俣川試験場に行き、免許を交付してもらいたいのですが、大学が始まると思うように試験場に行けないと悩んでいます。 そこで私が皆様にご回答頂きたいのは 1 卒業証明書の有効期限はいつまでありますか? 私自身は1年間だと思っています 2 上記の有効期限は全国、どの都道府県でも統一なのでしょうか? 昨日、友人に「卒業証明書の有効期限は3ヶ月」といっていたので、ものすごく不安になっております。 ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

次の