人気のハウスメーカー。 【2020年版】注文住宅おすすめハウスメーカーランキング20社!絶対失敗しない口コミ評判の良い会社は?

平屋住宅でおすすめのハウスメーカー|ハウスメーカー比較ランキング

人気のハウスメーカー

ハウスメーカーに任せられる理由 一般的に工務店よりもハウスメーカーの方が、品質や価格のバランスが整っていると感じるのではないでしょうか。 ハウスメーカーでは、まとまった着工棟数を契約しているため、高品質の建材でも安定した価格で仕入れることができるメリットがあります。 また、企業規模が大きいほど仕入れのルートも広く、それだけ施主の住宅に関しての選択が広がります。 大手ともなると、全国規模のネットワークを持ち合わせ、どの地域の人たちでも安心して依頼することができます。 ハウスメーカーは進化している もう数十年前の話しですが、あるハウスメーカーで決められた仕様を変更し、個性的な家を建てた知り合いがいました。 その結果、工事費(総額)が想像以上に高くなってしまったということを聞いたことがあります。 それを聞くと、ハウスメーカーは標準仕様の組み合わせしか対応できないのでは?というイメージがありますが、実際はそうではありません。 もちろん、標準仕様で間取り等が変更できない商品もありますが、初めからプランを考えて作り上げていくという、ユーザーの様々な要望に応えられる「自由設計」の商品もあります。 デザイン素材も好きに選ぶことができ、このような商品を扱っている三井ホーム、三菱地所ホーム、アキュラホームなどが人気となっています。 人気のハウスメーカー「ポラス」 いま注目されているハウスメーカーの一つにポラスという会社があるのですが、ここは埼玉県に本社を構え、埼玉、東京、千葉を主に展開しています。 ポラスは「生産量」と「精度」の面において、日本トップクラスを自負する自社プレカット工場を持ち、木材加工を高いレベルで行っています。 良い暮らしの環境を作りだすのは「デザイン」「構造」「住環境」ですが、ポラスでは、このデザイン・構造・住環境に対しての専門的研究所を設立し、家づくりに真剣に向きあっています。 地盤改良の研究もしっかりしていて、設計から販売、その後のメンテナンスまで全てグループ内で管理していることも魅力です。 また、ポラスでは人材育成にもかなり力をいれていて、優秀な数多くの人材を輩出し、地域に深く浸透した評判のハウスメーカーでもあります。 人気のハウスメーカー売上げランキング 数多くあるハウスメーカーの中から人気のある会社はどこなのか? 様々な指標があり、それぞれの家庭では完成した家に対して求めているものも違いますし、主観なども入ってきますので、これに対する明確な回答は難しいです。 実際に家を建てた人は、依頼した会社のことしかわかりませんので、あの人にとってはA社かもしれませんが、あなたの場合はそうでないかもしれません。 そこで、人気度を計るバロメーターとして最も説得力のある「売上げ」で判断したいと思います。 売上げがトップクラスに位置しているということは、それだけ企業規模が大きいということです。 大手に依頼するメリットは潤沢な資金力にあり、家づくりが始まって完成するまでの間に会社が倒産してしまうようなこともなく、安心して任せられます。 稀に建設段階で倒産してしまう住宅会社もありますので、規模が小さければ小さいほど緊張状態が続き、ストレスを抱えてしまうかもしれません。 そのようなことがないよう、せめて「瑕疵保険」に入っている住宅会社に依頼することをお勧めします。 さて、売上げ規模の多いハウスメーカーの話しに戻りますが、2019年度の5位までをご紹介します。 売上げ1位は大和ハウス ここ数年間、ダントツでトップをひた走っている最大手のハウスメーカーです。 大和ハウスでは主に分譲住宅を扱っていて、その他に賃貸住宅や土地の売買も展開しているため、総合的に売上げ規模が大きい要因となっています。 売上げ2位は積水ハウス テレビコマーシャルでもよく見かけ非常に知名度が高く、家を建てるなら真っ先にここに依頼をしようと思っている方も多いのではないでしょうか。 積水ハウスは、年間での太陽光発電システム搭載棟数、燃料電池(エネファーム)搭載棟数、スマートタウン展開数、リフォーム売上高などの分野で常にトップランキングに入っています。 売上げ3位は飯田グループHD 飯田グループHDは、一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームの6社が統合してできた企業です。 最近では、テレビコマーシャルでの宣伝も積極的に取り入れ、知名度もアップしてきているのではないでしょうか。 売上げ4位は住友林業 住友林業は、日本国土の900分の1もの山林を保有し林業を営んでいて、木材や建材の質と流通事業に真剣に取り組んでいる企業です。 売上げ5位は旭化成(ヘーベルハウス) 一戸建てであれば、旭化成というよりもヘーベルハウスのほうが馴染みがありますね。 ヘーベルハウスは、重量鉄骨造で、耐久性と耐震性に優れている家づくりをしてくれます。 川が決壊し、濁流の中でもビクともしなかったニュースは記憶に新しいのではないでしょうか。 このように見ると、人気のあるハウスメーカーというのは資金力があり、広告等で広く認知されたブランド力のある企業が多いことになります。 年間着工棟数ランキング 年間の売上げベースだけでなく、年間着工棟数が多いこともそれだけ支持があるということなので、間違いなく人気のハウスメーカーになります。 年間着工棟数ランキングで見ると、大和ハウスではなく、積水ハウスが1位となっています。 2位との差はなんと倍近くあり、それだけ支持されているということで人気度は本物と言っていいでしょう。 その第2位はセキスイハイムで、3位は大和ハウスと続きます。 そのセキスイハイムは積水ハウスと似ていますが、全く別の会社のため注意してください。 家づくりは一生に一度のことなので、どのハウスメーカーに依頼しようかと決め兼ねるのは仕方ありません。 時間をかけて慎重に、様々な視点から検討してください。 毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法 ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません。 試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。 2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。 一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0. いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか? 住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ 無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

次の

北海道札幌市で注文住宅を建てるなら必見!人気工務店・ハウスメーカー一覧

人気のハウスメーカー

口コミランキング 平屋住宅でおすすめのハウスメーカーランキングです。 口コミが5件以上あるハウスメーカーは点数順に上位に並べ、4件以下のハウスメーカーは50音順に並べています。 平屋住宅の口コミがまだまだ少ないため、取り上げているハウスメーカーの数も少なくなっておりますが、以下の各社は実際に平屋住宅を建てた方からの満足の声を頂いておりますので、特におすすめです。 なお、当サイトで取り上げているほぼすべてのハウスメーカーと工務店が、平屋住宅の施工を行っております。 社名 解説 4. 87() 年間売上も年間着工棟数もトップクラスのハウスメーカー。 平屋住宅から複数階建てまで何でも対応。 80() 実績も知名度も抜群のハウスメーカー。 平屋もこだわりを活かして建てられる。 67() ユニット工法を日本で初めて取り入れた大手ハウスメーカー。 平屋住宅の建築も得意。 45() 社名のとおり、林業から始まったハウスメーカー。 木造住宅の人気がとても高い。 20() 全国展開している人気の工務店。 標準仕様でもレベルの高い平屋住宅が建てられる。 00() LIXILグループのローコスト住宅メーカー。 平屋住宅はAYA(アヤ)という名称で販売中。 00() 「555万円から家が建つ」でお馴染みのローコスト住宅メーカー。 平屋ももちろんローコスト。 00() 特にマンション業界で知名度の高い工務店。 マンション施工のノウハウを活かした戸建てを建てる。 00() 檜づくりの本格派和風住宅が人気となっているハウスメーカー。 和を意識したデザインの平屋も好評。 00() 東日本を中心に事業を展開する工務店。 広大な土地を活かした平屋造りも得意。 67() フランチャイズ形式のハウスメーカー。 「安全・安心・快適」な平屋を建てられる。 00() サンシャイン池崎邸(平屋・2LDK)を建てたことでも知られるハウスメーカー。 67() 高級路線を行く輸入住宅メーカー。 平屋の商品名は悠の住処(ゆうのすみか)。 50() マンションでもお馴染みのハウスメーカー。 平屋は建築もリフォームも得意。 00() 輸入住宅で人気となっているハウスメーカー。 カナディアン・ツーバイフォーの平屋も好評。 00() 鉄筋コンクリート住宅「パルコン」が人気のハウスメーカー。 建て替えやリフォームも得意。 00() ローコストの注文住宅が大人気のハウスメーカー。 もちろん平屋も坪単価が安い。 00() 北海道や東北などの寒冷地で人気のハウスメーカー。 もちろん平屋も断熱はばっちり。 00() トヨタグループのハウスメーカー。 平屋は標準プランと高級プランの2通りが用意されている。 50() 上質な檜を用いた注文住宅を得意とするハウスメーカー。 モダンな平屋住宅の施工実績も豊富。 75() 鉄骨造住宅をメインに扱うハウスメーカー。 最新のパナソニック製品を導入した平屋住宅の建築が可能。 00() 大阪で人気のハウスメーカー。 自由設計でも建売でも平屋を手がけている。 00() ヘーベル材を用いた注文住宅が人気のハウスメーカー。 平屋もモデルプランが充実。 00() 埼玉県(特にさいたま市・越谷・柏)で人気のハウスメーカー。 1000万円台から平屋を建てられる。 00() 25年以上連続でグッドデザイン賞を受賞しているハウスメーカー。 平屋もデザインが人気。 00() 全国的に根強い人気を誇るハウスメーカー。 平屋住宅専門のラインナップが用意されている。 00() 豊富な外観デザインで人気となっている輸入住宅メーカー。 雰囲気のある平屋を建てられる。 00() ヤマダ電機グループのハウスメーカー。 平屋住宅は建築だけではなくリフォームも手がける。 00() 世界基準の家づくりをポリシーに掲げるハウスメーカー。 全館空調付きの平屋が人気。 00() ここ十数年で人気が伸びているローコスト住宅メーカー。 自由設計の平屋住宅でもローコスト。 平屋住宅のメリットデメリット 平屋住宅のメリットとデメリットのご紹介です。 平屋住宅はやはり日常生活を送る上でのメリットが多く、特に小さな子どもや高齢者にとっても暮らしやすいと言えます。 ただし、メリットがあればデメリットもあります。 平屋住宅のデメリットとしては、プライバシーやプライベートなどといったキーワードが重要になってきます。 メリット デメリット 掃除が楽 屋根面積と基礎面積が広くなるため、坪単価が高くなる 風通しがいい ある程度の土地の広さが必要 生活動線がシンプルになる 開口部が多くなりがちなため、防犯対策が重要 家族のコミュニケーションが増える 建物の中心部や北側などの日当たりが悪くなりがち 階段の上り下りが必要なく、移動が楽 ワンフロアであるため、プライベートを確保しにくい 階段がない分、スペースを有効活用できる 外からの視線が気にならないよう、プライバシーもよく考える必要がある 階段で子どもや高齢者が躓いたりする危険性がない 土地の確保や日当たりのことを考えると、都市部や住宅街にはあまり向かない 注文住宅&お金で後悔しないために 注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。 それは…• 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと• 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること• 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です! 間取りに関しても、これまで気付かなかったすてきな間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。 ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。 そんな面倒をまとめて解消できるのが「」です。 タウンライフを使えば…• 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる• 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる• 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる• 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる 100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。 当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。 ぜひ気軽に利用してみてください。

次の

ハウスメーカーランキング2020!売上など222社比較!大手中堅・ローコスト住宅 等

人気のハウスメーカー

中には 「欲を言えば1,000万台、1,000万円以下で注文住宅を建てたい!」と考えている人も多いのでは? ですが、• ローコスト住宅ハウスメーカーってどうなの?• ローコスト住宅で後悔しないかな… なんて不安な気持ちを少なからず抱いていると思います。 そんなあなたの為に、注文住宅をローコスト住宅メーカーで建てる時に 気を付けたい注意点や 住宅会社選びのポイントなど、ローコスト住宅って実際どうなの?という点に焦点を当ててお伝えしていきます。 また、ローコスト住宅メーカーの中でも人気の おすすめハウスメーカーをランキングでご紹介しますので、あわせて確認してみて下さい。 上位3社については、皆さんも聞いたことのあるハウスメーカーだったんじゃないでしょうか? 各社のHPへのリンクもありますので、気になる方は公式サイトでどんな家を建てているのか確認してみて下さい。 その他ローコスト住宅メーカーを一覧でご紹介 さらに、ローコスト住宅メーカーは他にもあります。 全国展開しているメーカーとしては、• などが挙げられます。 ランキング上位の3社と比較すると、実績や施工対象エリアも少ない会社も多いですが、 着実に実績を重ねているローコスト住宅メーカーとなります。 とりあえず気になるローコストメーカーの「カタログ・資料」が欲しいという方は、一括お取り寄せをしておきましょう。 ローコスト住宅を建てる業者選びのコツ&注意点 ローコストで新築一戸建てを建ててもらう会社を選ぶ時は、当然どのローコストハウスメーカーに依頼するか慎重に決めなければいけません。 「ローコスト=安物」というわけではありませんが、をこちらの記事でしっかりと確認した上で、 低コストの中でも少しでも性能が高く安心して住める家を建ててもらいたいもの。 そこで、ローコスト住宅のハウスメーカーに安心して住める家づくりをする場合の、業者の選び方のコツと注意点についてお伝えします。 ローコスト住宅メーカーの選び方 大きなお買い物となるマイホーム購入なので、しっかりと納得のいく業者を選ぶためにも、• 建ててから長い期間安心して住める家なのか• 子供の成長してもライフスタイルに合った生活が出来る家なのか• 施工の品質に不安はなさそうか• 最低限のアフターフォローや定期メンテナンスは見込めそうか 上記4点をチェックしながら選んでいきましょう。 「第一条件として予算は絶対ゆずれない」ということであれば、坪単価や総額費用で比較してみると良いでしょうし、「なるべく安く抑えたいけど家の性能やデザインにもこだわりたい」ということであれば、業者が売りとしている強みを知ることが必要になります。 ハウスメーカー選びの進め方 ステップ として、下記の方法を参考にしてみて下さい。 相見積もりで魅力的な会社を見つけよう とにかく色んな会社のパンフレットやカタログを比較したあとは、実際にどのくらいの費用で家を建てることが出来るのか、 相見積もりで『建築費用』『間取りプラン』を比較してみましょう。 一社だけではその価格が見合ったものかどうかの判断がしづらいので、 複数社の見積もりを比較することが重要になります。 ですが、ローコストハウスメーカーは住宅展示場には出店していないことが多く、一社ずつ営業所に行って見積もりを出してもらうのはとても大変です。 そんな時は、サイトから一括見積もりが出来る下記のサービスを使ってみましょう。 気を付けたい注意点 次に、ローコストハウスメーカーを選ぶ時に 『注意しておきたいポイント』について見ていきましょう。 業者選びの段階で知っておくことで、余計なトラブルを未然に防ぐことができます。 ギリギリの予算は立てない 前項の費用面と関連しますが、ローコストハウスメーカーでお願いする場合は『予算ギリギリ』で建築費用を考えないように注意しましょう。 というのも、付帯工事費や諸費用も当然かかりますし、ローコスト住宅ではオプションをお願いすると大きくコスト増に繋がります。 不測の費用が発生する可能性も考慮して、最大の予算のうち9割以下に収まるように費用を抑えるのが望ましいです。 まとめ• 贅沢な家じゃなくていいから、家族が安心して住める 暮らせる 家が欲しい• 準備できる予算は少ないけれどマイホームを注文住宅で建てたい そんな時は、今回ご紹介したローコストハウスメーカーでの家づくりを前提に、家づくりを進めていくといいと思います。 ですが、この記事でもお伝えしましたが、 ローコスト住宅のメリット&デメリットをしっかりと把握して、家を建ててから「失敗したかな~」なんて 後悔しないようにすることが、家づくりを成功させるコツなんです。 ローコストハウスメーカーにも色々と業者があり、それぞれに特長や強みを持っています。 プランや坪単価を比較しながらあなたに合った業者を選んで、納得のいく素敵な家を作ってくださいね。

次の