源泉徴収 国税庁。 国税庁、「令和2年版源泉徴収」のあらましを公表

国税クレジットお支払サイト

源泉徴収 国税庁

年末調整が終わると、雇用主は従業員のために源泉徴収票を作成しなければいけません。 翌1月末までに税務署と市区町村、そして社員に対して交付するのは企業の義務です。 ここでは源泉徴収票の概要や作成方法・手順と、算出するべき源泉徴収額(所得税)の計算方法を説明します。 また、e-taxやソフトなど申請の手間を短縮する方法についても紹介するので、担当者の方は源泉徴収票を発行する際にお役立てください。 源泉徴収票とは 源泉徴収票とは、企業が従業員に対して支払った給与額と収めた税金を記載した書類のことをいいます。 人事や総務などの管理部門が源泉徴収票を作成するタイミングは、主に従業員の 「退職時」と 「年末調整時」の2つです。 退職所得の源泉徴収票 従業員が退職する際に、1月1日から退職時までの給与に基づいた源泉徴収票を発行しなければいけません。 給与所得の源泉徴収票 年末調整のあと、給与を支払ったすべての従業員に作成します。 作成する枚数は、従業員一人につき合計4部です。 従業員1部、税務署1部、市区町村に2部提出します。 このとき市区町村に提出する書類は、給与支払報告書という名前で呼ばれます。 源泉徴収票は、法定調書であり国税庁に必ず提出しなければいけません。 とくに、年末調整時に作成する給与所得の源泉徴収票は、毎年1月31日までに所轄の税務署長に提出する必要があります。 源泉徴収票の作成方法とは 源泉徴収票を作成するには、を利用します。 その際、手書きの作成方法以外に以下の4つの方法でつくることが可能です。 エクセル• 給与計算ソフト• e-Tax• 税理士等の専門家に委託 エクセル インターネット上で、国税庁が公開している源泉徴収票のテンプレートをもとに、無料のフォーマットが公開されています。 従業員の人数が中規模くらいまでで、パソコン上で作業したい場合はエクセルで作成する方法が便利です。 ただし、無料で利用できるため、エクセルに組み込まれている計算式が正しいかどうかは責任を持って確認する必要があります。 最新の税制に対応しているかの確認も重要です。 給与計算ソフト 源泉徴収票の作成は、源泉徴収で算出した給与の支払い金額、所得控除額、源泉徴収額等を記載します。 この計算のミスをなくし、効率化を図るには給与計算ソフトが役に立ちます。 源泉徴収で算出した金額をもとに、従業員別に源泉徴収票を自動生成する機能がついている給与計算ソフトもあります。 導入にあたってはコストがかかりますが、源泉徴収だけではなく、毎月の勤怠管理、給与計算もあわせて効率化が可能です。 従業員の人数にあわせて、導入後のメリットを検討してみるといいでしょう。 e-Tax 国税庁が配布する国税電子報告システム・納税システム「e-Tax」を利用して源泉徴収票を作成することも可能です。 から源泉徴収票の作成ソフトをダウンロードできます。 e-Taxで作成した源泉徴収票は、Eメール添付等の電子データで従業員に配布することが可能です。 また、企業から税務署に提出する分は直接出向く必要はなく、オフィスからe-Taxを利用して従業員の源泉徴収票を提出できます。 ただし、e-Taxを利用するには「利用者識別番号」「電子証明書」を事前に取得しておく必要があるので、ご注意ください。 税理士等の専門家に委託 年末調整から源泉徴収票の作成まで、専門家である税理士に委託する方法もあります。 会社を立ち上げたばかりで経理業務について不慣れ、12月の業務が忙しく年末調整まで手が回らない場合など、検討してみるといいでしょう。 源泉徴収票の作成手順 では、源泉徴収票を実際に作成するにはどうしたらいいでしょうか。 最新の給与所得の源泉徴収票フォーマットをもとに、基本となる箇所を解説します。 出典元:『』令和元年分 P4• 支払いを受ける者 従業員の住所、マイナンバー、氏名を記載します。 従業員に交付する源泉徴収票には、マイナンバーの記載は不要です。 種別 「給与」「賞与」という形で給与の種別を記載してください。 支払金額 1月1日から12月末までに支払が確定した給与等の総額を記載します。 源泉徴収票作成時に未払の金額がある場合は、未払額も併せて記載します。 給与所得控除後の金額 支払い金額から給与所得控除を差し引いたあとの金額を記入してください。 年末調整をした従業員のみ記載します。 所得控除の額の合計 給与所得控除後の金額から、社会保険料控除、小規模企業共済掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寡婦控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除の合計額を差し引いた金額を記載してください。 年末調整をした従業員のみ記載します。 源泉徴収額 年末調整をした従業員へは、年末調整後の源泉所得税と復興特別所得税の合計を記載してください。 年末調整をしなかった従業員には、源泉徴収するべき所得税と復興特別所得税の金額を記載します。 控除対象配偶者の有無 控除の対象となる配偶者がいるかいないかを記載する箇所です。 年末調整で配偶者控除の適用を受けている社員と、年末調整の適用を受けずに配偶者区分が「源泉控除配偶」である社員は、「有」に〇をつけます。 課税区分が「乙欄」であり、配偶者区分が源泉控除配偶である社員は、「従有」に〇をつけます。 老人控除対象配偶者を持つ社員は、「老人」に〇をつけます。 そのほか、詳しい記載方法については国税庁が発行する手引きに記載されています。 計算の基本的な流れは以下の通りです。 支払金額から、 所得控除(収入から差し引かれる金額)を差し引く A• Aからさらに 給与所得控除額を差し引く(B)• Bの 課税所得金額に、 所得税率を掛ける(C)• Cに 復興特別所得税をかける(D)• 支払金額 5,000,000円 所得控除額(収入から差し引かれる金額) 1,860,000円 内訳: 配偶者控除 380,000円(配偶者の年収が103万円以下) 扶養控除 380,000円(配偶者の年収が103万円以下) 厚生年金+健康保険 600,000円 生命保険料の控除額 120,000円 基礎控除 380,000円 給与所得控除額の計算 給与所得控除額は、税務署の定める表に従って計算します。 必ず、最新の年度のものを確認してください。 平成29年分~令和元年分の計算表は以下の通りです。 引用元:国税庁「」 支払金額が5,000,000円の場合、給与所得控除額の計算方法は以下のようになります。 支払金額から所得控除(収入から差し引かれる金額)である1,860,000円を差し引いたうえで、給与所得控除額を差し引き、所得税額を算出します。 国税庁のウェブサイトから所得税の速算表を確認できます。 引用元:国税庁「」 課税所得金額が1,600,000円の場合、所得税率は5%です。 この所得税額に2.1%掛けて復興特別所得税額を算出します。 源泉徴収票を電子データで交付する際の注意点 作成した源泉徴収票を従業員に交付するには、メール添付、社内LANでの共有、書面での通知という方法があります。 電子データで交付する際、データが改変されないような措置は義務ではありませんが、源泉徴収票が企業から正規に発行されたものと真実性を担保するには、電子署名を付した電子証明書の添付が推奨されています。 電子署名および電子証明書とは、インターネットを介してデータをやり取りする際、そのデータの作成者が誰であるかを証明し、当該データが改ざんされていないことを示すものです。 電子証明書の取得は、公的個人認証サービスや帝国データバンク等で申請することができます。 また、e-Taxで税務署に源泉徴収票を提出する際も、事前に電子証明書の取得が必要になるので注意しましょう。 参考: 源泉徴収票は一番手間がかからない方法で作成しよう 源泉徴収の作成にあたっては、各項目の意味を理解し、給与所得控除の計算等を正しく行わなければいけません。 こうした計算にあたっては、給与計算ソフトを利用することで計算ミスをなくすことができます。 給与計算ソフトは源泉徴収票の作成だけではなく、毎月の給与計算や各種法定調書の作成に対応しているものもあります。 従業員の数や給与計算を行う人員のキャパシティーに合わせて、業務を効率的に行える方法を選択するとよいでしょう。

次の

源泉徴収票の作成方法を具体的に解説

源泉徴収 国税庁

サラリーマンが給与を受け取る際には、所得税等が源泉徴収されて支給されます。 では、個人事業主となり、従業員に給与を支払う際、源泉徴収は必要なのでしょうか。 また、弁護士や税理士に支払う報酬についても、源泉徴収が必要になるのでしょうか。 今回は、源泉徴収義務者となるケースと、源泉徴収税額の計算方法についてご紹介いたします。 源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や利子などを支払う際に、所得税および復興特別所得税をあらかじめ差し引くことです。 差し引いた所得税等は、給与等を支払う事業主などがまとめて所轄の税務署に納付します。 源泉徴収については、国税庁によって以下のように定められています。 「所得税は、所得者自身が、その年の所得金額とこれに対する税額を計算し、これらを自主的に申告して納付する、いわゆる「申告納税制度」が建前とされていますが、これと併せて特定の所得については、その所 得の支払の際に支払者が所得税を徴収して納付する源泉徴収制度が採用されています。 」 出典:国税庁「源泉徴収のしかた 平成28年度版」 源泉徴収の対象になるもの 法人に対して支払う費用は基本的に、源泉徴収はありません。 源泉徴収の対象となる支払いは、主に個人に対して支払う報酬や料金です。 個人事業主が支払う費用で、源泉徴収の対象となる代表的なものは、下記です。 ・従業員等に支払う給与や賞与、退職金 ・弁護士や公認会計士、税理士、社労士などに支払う報酬や料金 ・社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬 ・一人に対して1回5万円を超える原稿料や講演料、デザイン料等 ・スポーツ選手やモデル、外交員などに支払う報酬や料金 ・芸能人や芸能プロダクションを営む個人に対して支払う報酬や料金 ・ホテルや旅館などで行われる宴会において接待を行うホステス等に支払う報酬や料金 ・プロスポーツ選手などの契約金 ・広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金 源泉徴収の対象となるものはその他、利子や配当金、公的年金や生命保険契約などの年金などがあります。 個人事業主が源泉徴収義務者となるケース 源泉徴収を行った相手に変わり、国に納める必要がある者を「源泉徴収義務者」と呼びます。 先述の通り、個人事業主が支払う費用にも源泉徴収の対象となるものが含まれるため、個人事業主であっても源泉徴収義務者となる場合があります。 従業員を雇い給与を払っている個人事業主は源泉徴収義務者となる 個人事業主で従業員を雇い給与を支払っている場合、源泉徴収義務者となります。 一方、パートやアルバイト、青色専従者であっても、常時雇用する従業員がいる場合は源泉徴収義務者となります。 青色専従者とは、個人事業主が一緒に生活しており、事業を手伝ってもらっている人のことを指します。 常時2人以下の家事使用人のみに対する給与支払いの場合は、源泉徴収義務者とならない ただし、従業員が常時2人以下で家事使用人、いわゆるお手伝いさんのみに対する給与支払いの場合は、対象となりません。 そのため、個人事業主で給与等(青色専従者給与を含む)の支払いがない場合は、税理士報酬などに対しても源泉徴収の義務はありません。 従業員を雇い、給与を支払う場合は「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出」の提出が必要 従業員を雇い、給与を支払っている個人事業主は源泉徴収義務者となると述べましたが、そもそも従業員を雇って給与を支払うには「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出」の提出が必須です。 「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出」は、従業員を雇用してから一ヶ月以内に、管轄の税務署に郵送または持参し、提出します。 届出は国税庁のWebページよりダウンロードが可能です。 源泉徴収税額の計算方法 源泉徴収税額の計算方法は、支払金額により異なります。 報酬金額が100万円以下の場合 報酬金額が100万円以下の場合、報酬額に10. 21%を乗じた金額が源泉徴収税額となります。 21%=10,210円 弁護士に支払う金額は89,790円 100,000-10,210=89,790円 報酬金額が100万円を超える場合 報酬金額が100万円を超える場合、源泉徴収税額の計算方法は次のとおりです。 対象となる報酬により計算方法が異なる場合がありますので、詳細は国税庁のホームページをご確認ください。 源泉徴収額には復興特別所得税が加わっている なお、源泉徴収税額には平成25年から令和19年まで、所得税だけでなく復興特別所得税が加わりました。 そのため、税率はこれまでの10%から10. 21%、20%から20. 42%となりました。 源泉徴収額は報酬を支払った日の翌月10日までに納付する 源泉徴収した所得税および復興特別所得税は、原則、報酬を支払った日の翌月10日までに所轄の税務署に納付します。 常時雇用する従業員が10人未満の場合「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出することにより、年2回にまとめて申告することができます。 出典:国税庁「個人の方に係る復興特別所得税のあらまし」 まとめ 今回は、個人事業主が源泉徴収義務者になるケースについてご紹介しました。 個人事業主でも常時雇用する従業員がいる場合、源泉徴収の義務が生じます。 詳しい計算方法については国税庁のホームページを確認するか、所轄の税務署に問い合わせると良いでしょう。

次の

源泉徴収票等作成ソフトダウンロードコーナー

源泉徴収 国税庁

源泉徴収とは 源泉徴収とは、年間の所得にかかる税金(所得税)を事業者が給与からあらかじめ差し引くことをいいます。 従業員の給与を支払う事業者であれば、必ず行わなければなりません。 事業者が源泉徴収を行うことで、従業員は確定申告をする必要がなく、毎月の給与から少額ずつ所得税を納めることができます。 また、国にとっても「安定的な税収を得る」「確実に所得税を徴収する」という意味で、源泉徴収は大きなメリットがあるのです。 給与所得者の源泉徴収について知っておきたいこと 従業員を雇用した場合、雇用日から1ヵ月以内に管轄の税務署に「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」を提出する必要があります。 「個人事業の開業等届出書」の提出時に、給与の支払いが発生することを申請している場合は、再度提出する必要はございません。 源泉徴収をする前の準備 源泉徴収は、従業員の給与所得から必要な控除をした上で行います。 そのため、各従業員にどのような「控除」が適用されるのかを把握する必要があります。 従業員を雇用した際には、「控除対象配偶者の有無」や「扶養親族の有無」「従たる給与(本業以外の給与)に該当するか否か」などを確認することができる「(該当年度の)給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出してもらいましょう。 給与の源泉徴収 源泉徴収の計算は、国税庁の定める「給与所得の源泉徴収税額表(月額表および日額表)」を利用して、給与所得や扶養親族の数などに応じた源泉徴収税額を算出します。 まず、対象者は、1つの企業から給与を受け取っている従業員は「甲」、複数の企業から給与を受け取っている場合や「扶養控除等(異動)申告書」が提出されていないときは「乙」に分かれます。 その月の「社会保険料を控除した給与所得」と、「甲」や「乙」から該当する箇所を参照し、源泉徴収金額を算出します。 また、通勤費は非課税のため除きます。 近年では、給与計算ソフトによる自動計算によって、源泉徴収税額を求める企業が増えています。 そのため、実際に給与所得の源泉徴収税額表を参照することはないかもしれませんが、ソフト上で計算を行う際にも甲や乙の種別や、社会保険料を控除した給与所得は手入力する必要があるため、算出方法を理解しておくとよいでしょう。 賞与の源泉徴収 賞与の源泉徴収税額の計算は、国税庁の定めた「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を利用して算出します。 まず、前月の給与の「社会保険料を控除した給与所得」を確認し、該当する「扶養親族等の人数」の列から、「賞与の金額に乗ずべき率」を参照します。 賞与の源泉徴収額についても、給与の場合と同じようにソフトを利用することが多いですが、しくみは理解しておきましょう。 退職金の源泉徴収 退職金の源泉徴収税額は、国税庁の定める「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額の計算方法」(2017年分)を用いて算出します。 なお、勤続年数が「15年1ヵ月」などの場合は、「16年」として計算します。 勤続年数に1年未満の端数があるときは、たとえ1日でも1年として計算します。 上記の算式によって計算した金額が80万円未満の場合は、退職所得控除額は80万円になります。 障害者となったことに直接基因して退職した場合は、上記により計算した金額に、100万円を加算した金額が退職所得控除額です。 次に、退職金から退職所得控除額を控除した金額を2分の1にした金額が「課税退職所得金額」となります。 「退職所得の源泉徴収税額の速算表」から課税退職所得金額ごとの所得税率や控除額を参照し、退職金の源泉徴収税額を計算します。 ここで算出した所得税額については、端数処理は行いません。 報酬・料金などの源泉徴収 弁護士や税理士・社会保険労務士などと顧問契約を結んでいる場合の「報酬・料金など」についても、源泉徴収を行う必要があります。 弁護士・税理士などの報酬に対する源泉徴収税額は10. 21%ですが、一度の支払金額が100万円を超える金額については20. 42%となります(2018年3月時点)。 また、司法書士や外交員・講演料などそれぞれの業種によって、控除額や計算方法が異なります。 詳細は、国税庁のウェブサイトに記載されている「源泉徴収のしかた」を確認しましょう。 源泉徴収した金額の納付 源泉徴収した税金は、翌月10日までに所轄の税務署へ納める必要があります。 そのとき、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」と併せて提出します。 また、従業員が常に10人未満の場合は、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を提出することで、半年に1度にまとめての納付ができます。 この場合、1~6月に徴収した場合は7月、7~12月に徴収した場合は翌年の1月が納付期限となります。 源泉徴収票と支払調書の発行 会社が源泉徴収した金額を知らせるための書類が「源泉徴収票」です。 源泉徴収票は、1年間の収入や所得、源泉徴収税額が決定する毎年12月、もしくは翌年の1月に発行します(中途退職の場合は退職時に発行)。 年末調整業務で作成した源泉徴収票を、各従業員に配布しましょう。 一方、税理士や弁護士・フリーランスの源泉徴収に対しては、「支払調書」を発行します。 支払調書は、その年中の支払金額の合計額が5万円超の場合、税務署への提出は必要となりますが、税理士や弁護士・フリーランス自体への発行は法的義務ではありません(実務上は発行しているケースが多いです)。 源泉徴収のしくみや手順を理解しよう 月々の源泉徴収税額の相違は、年末調整で調整します。 毎月の徴収額が少なすぎた場合は年末調整後に納税しなくてはいけなくなるなど、従業員への負担になってしまいます。 日頃から源泉徴収についての正しい知識を身に付けておくことが大切です。 2018年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。 おすすめの法人カード記事•

次の