北海道 休業要請 業種。 北海道、5月末まで外出自粛と一部休業要請継続

札幌市休業協力・感染リスク低減支援金/札幌市

北海道 休業要請 業種

北海道の休業要請協力金は30万円支給される この休業要請に伴い北海道では休業してくれた店舗には協力金? 支援金?として約30万円支給されます。 この協力金は各都道府県により金額は違いますが、我が北海道では財政が厳しいことより約30万円の協力金とのこと! 本来道からは中小には30万円支給され個人事業主には20万円とのことでしたが、札幌市は個人事業主や飲食店に対し金額を上乗せし全ての業種に対し30万円一律で支払われることになりました。 当初飲食店などは10万円しか支給されないとのことでしたが、市の方で上乗せし30万円支給ならどうにか生き延びれるお店が増えそうですよね。 休業要請協力金の申請方法は? 休業要請に協力したお店などに支払われる協力金の申請方法については北海道のホームページ上から申請書などをダウンロードし郵送するか、15日以降開始されるとされているネット申請するようです。 詳しいことは北海道のをご覧ください 北海道の休業要請協力金はいつ支給されるの? 休業の要請に協力したら支給されるお金ですが、北海道のホームページにはいつ支給されるかは掲載されていません。 私も整体院を経営しており4月25日より休業しているので日銭を稼ぐことが出来ず、今月の固定費などの支払いに困ってしまいます。 そこで休業要請のお問い合わせに電話をして聞いていみました。 するとこんな回答が返ってきました。 なんと早くから郵送にて申請した方でも支給されるのが早くて5月末とのこと! そして15日以降開始されるネットでの申請に関しては、6月中旬から末になるだろうとの回答でした サービス業をされている方にとって休業し日銭を稼げれない状況で休業要請協力金を充てにしていた方が多いかと思いますが、支給されるのが休業してから約1か月も後になってしまうと下手をしたら潰れてしまうお店もあるかも知れませんよね。

次の

「【速報】都道府県別「休業要請」一覧(リユース企業向け)」 :: リサイクル通信

北海道 休業要請 業種

1.都道府県別、休業要請協力金の一覧 休業要請を実施し、協力金を支給する都道府県(38都道府県)について表でまとめます。 (5月14日時点での情報です。 内容が古くなっていることもありますが、ご了承ください。 ただし、政府が緊急自体宣言を5月末まで延長し、いくつかの都道府県では休業要請が延長されました。 それに伴い、 第2段の協力金が支給される都道府県もあります。 休業要請の一覧は下記の記事でまとめています。 2.協力金を受給するための注意点 原則、休業要請の全期間、休業すること ほとんどの自治体で、協力金の受給対象となるためには、 休業要請の開始日から全期間、応じることが条件となっています。 休業要請は、発表された翌日から突然、開始されることもあります。 休業要請が発表されたことを知らずに通常営業してしまい、補償の対象外になってしまうことがないように、自治体の情報をこまめにチェックすると良いでしょう。 休業した証拠を記録しておくこと 申請に当たっては、 休業要請の期間、休業したことを証明する書類が必要になります。 たとえば、休業を告知するHP、店頭ポスター、チラシ、DM等が該当します。 休業が終わって営業を開始すると、休業の告知文はHPから削除するでしょうし、店頭ポスターも剥がすでしょうから、休業中にハードコピーまたは写真を撮影して記録しておくことが重要です。 できれば、休業開始日と終了日の両方を記録しておけば、有力な証拠となるでしょう。 3.都道府県別、協力金の金額・受付期間・申請方法・問合せ先 各都道府県ごとに、休業要請に伴う協力金の金額、対象者、受付期間、申請方法、問合せ先等を記載します。 gunma. 名古屋市の河村たかし市長は4月9日、3月に2週間の休業を要請し、実際に休業に協力した市内のデイサービス126施設に対して1施設あたり150万円の補償金を支払うことを明言。 総額は1億円を超える見通しです。 4月末から申請を受け付け、5月中の支払いを目指しています。 福岡市は、店舗の家賃の8割(上限50万円)を支援する独自支援策を発表しました。 医療機関や民間保育園を対象に、特別給付金を設ける予定です。 仙台市は、宮城県の一律30万円の協力金に上乗せする形で、1事業者あたり40万円、2施設以上を有する場合には80万円の協力金を支給する予定です。 ここで挙げたのは一部の自治体のみであり、他にも独自支援を行う自治体があります。 Ad Exchange.

次の

緊急事態宣言で「休業要請を受けた業種一覧」の超絶わかりやすいまとめ画像をまたも大阪市議の前田かずひこ氏が作成(2020年4月14日)|BIGLOBEニュース

北海道 休業要請 業種

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための休業等に対する支援金 北海道から20万円又は10万円が振り込まれた方へ 北海道から帯広市に情報が来た後に帯広市が振込処理を行います。 別途、帯広市より文書でお知らせを送付しますのでお待ちください(通常、北海道の振込日から2週間程度で帯広市が振り込みます)。 北海道からの振込後、1か月以上帯広市からの振込が無い場合はご連絡ください。 休業等協力支援金の給付について 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、北海道の休業要請等に協力された事業者の方(営業の自粛や営業時間の短縮等に取り組む市内で飲食店を営む事業者の方も含む。 )を対象に、支援金を給付いたします。 対象となっている施設は、 をご覧ください。 詳しくは、こちらをご覧ください。 区分エは「帯広市」 対象事業者などは、こちらをご確認ください。 北海道が休業要請を行わない施設のうち、飲食店については、4月25日(土)から5月6日(水)まで、営業の休止、テイクアウトのみの営業、営業時間の短縮(2時間以上の短縮)のいずれかを実施した場合、支援金の給付対象となります。 申請受付期間 令和2年5月7日(木)から7月31日(金)まで 申請書類 詳細は をご覧ください。 詳しくは、 をご確認ください。 問い合わせ先・郵送先 帯広市経済部商業労働室商業労働課 〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1 庁舎7階 電話番号:0155-65-4164 ファックス番号:0155-23-0172.

次の