お小遣い 小学生。 中学生、高校生のお小遣いの平均は月いくら?若年層のお小遣い調査!

小学校6年生(11歳)のお小遣いはいくら?金額は?2000円~3000円という家も多い?

お小遣い 小学生

小学生のお小遣いの平均金額・相場はいくら? 「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]平成30年調査結果」によると、小学生のお小遣いの平均金額は以下のような結果となっています。 学年 金額 小学校1,2年生 699円 小学校3,4年生 980円 小学校5,6年生 1,220円 (参照元:) また別の調査で、「小中学生のおこづかいに関する意識調査」によると、定期的にお小遣いをもらっている小学生のお小遣いの平均金額は以下のような結果となっています。 学年 金額 小学校低学年(3年生以下) 1,128円 小学校高学年(4年生以上) 1,633円 (参照元:) この結果から、小学生のお小遣い相場としては、• 小学校低学年: 500円〜1,000円• 小学校高学年: 1,000円〜1,500円 くらいが相場と言えそうです。 また、小学生の間は金額を変更しないという家庭が全体の6割を占めており、小学生の間は固定でお小遣いをあげると考える家庭が多いことがわかります。 お小遣いを上げるタイミングとしては、中学校進学のタイミングが一般的です。 小学生のお小遣いの実態 小学生にお小遣いをあげるとき、周囲はどんな状況なのかはとても気になるところです。 ここでは株式会社バンダイの実施した「小中学生のおこづかいに関する意識調査」を参考に、小学生のお小遣いの実態を3つご紹介します。 お小遣いもらっている? もらっていない? 株式会社バンダイの実施した「小中学生のおこづかいに関する意識調査」では、小学生の34. また定期的ではないお小遣いも含めると、小学生では70. 定期的にお小遣いをもらう相手は、親のみが77. 1%となっています。 この結果から、小学生になると、何らかの形でお小遣いをあげる家庭が多いことが分かります。 小学生はお小遣いを何に使っている? 小学生のお小遣いの使い道で最も多いのが、お菓子やジュースなどの飲食物です。 男女ともに半数以上の子供が飲食物にお小遣いを利用しています。 使い道で意外と多いのは貯金。 男女ともに3割の子供が、もらったお小遣いを貯金しているという結果が出ています。 小学生の場合はもらう金額が少ないため、自分のほしいものを買うために貯めているという計画的な一面も見られます。 学用品や服などの必需品は親が購入し、子供が独自にほしいと思うものにお金を使うという家庭が多いようです。

次の

子どものおこづかいの相場は? [マネープラン] All About

お小遣い 小学生

小学校4年生のお小遣い額は…… 小学4年生のお小遣い額はいくらくらいが妥当でしょう? アンケートの結果をご報告します。 アンケート結果 小学4年生のお小遣いは? 2006年に行ったアンケートの結果です。 さっそく、見てみましょう。 次に多かったのは、「月500~900円」で24%。 400円よりも多めのお小遣い額ですが、1000円まではいかない金額です。 ほぼ4人に1人の意見でした。 第3位が「現金であげる必要はない」という意見で、16%。 つまり、6人に1人の割合で、4年生でもお小遣いを与えるのは早いという意見もあるということです。 一方、「月1000円以上」の方は14%にとどまりました。 友達同士で買い物をするときには、子供にも説明しておくといいでしょう。 参照:参照: ご意見、ご感想をお願いします.

次の

お小遣い帳は100円均一で!子供が選ぶ3つのお小遣い帳を紹介!!

お小遣い 小学生

今どきの子供のお小遣い相場・平均金額です。 低学年(1~3年生)、高学年(4~6年生)の小学生、中学生、高校生のお小遣い平均はいくら?いつからお小遣い制度を始めたら良いのか、お父さんお母さんは、世の中の平均から考えよう!必要な時にお小遣いを渡す?それとも定期・定額を月に決めてお小遣いをあげた方が良い?女子と男子で違いはあるの?親御さんの子供のお小遣いに関する悩みを一挙解決です 子供のお小遣いの相場と平均金額!小学校の低学年(1~3年生)、高学年(4~6年生)、中学生、高校生の男子女子の世の中平均です 子供のお小遣いの相場・平均金額のデータは、「子供のお小遣い実態調査2015年」、子供のいる家庭(首都圏、神奈川県、千葉県、埼玉県)の696名が対象。 30~59歳既婚女性へのアンケート結果を参考としています 小学生の低学年(1~3年生)のお小遣いの相場と平均金額「月500円未満が半数」=相場は500円未満• 1位 500円未満(50.7%)• 2位 0円、お小遣いをあげていない(36.7%) 小学校1年生から子供にお小遣いを渡すようになる家庭が増え始めます。 子供に「金銭感覚を教えたい」や「管理能力を身につけて欲しい」という親の願いと、小学校低学年になると親ではなく子供同士で遊ぶ機会が増え「カードゲームやおもちゃ等の子供の交際費」としてお小遣いを導入する家庭が多いです。 1位 500円以上、 1,000円未満(48.8%)• 2位 500円未満(20.2%) 小学校高学年になると、1000円未満のお小遣いの家庭が 約7割。 お小遣いの相場としては、小学校高学年で月1,000円未満というのが相場でしょう。 しかし、高学年ともなるとクラブ活動や習い事をする家庭も増えてきます。 一緒に習い事をする友達との付き合いもあるので、厳格に月1,000円とするのは良くないです。 習い事の日は、友達とも一緒ですから何かご褒美があっても良いかもしれませんね 中学生のお小遣いの相場と平均金額「1,000円以上、3,000円未満が半数以上、携帯スマホ代や休日の昼食代は別」=相場は1,000~3,000円• 1位 1,000円以上、3,000円未満(55.9%)• 2位 3,000円以上、5,000円未満(17.9%)• 3位 500円以上、1,000円未満(15.9%) 中学生のお小遣いの相場と平均金額で重要な事は、相場の金額よりも、お小遣いに携帯・スマホ代や休日の部活動のお昼、友達と出かける時の費用です。 これらの費用は親が持ち、お小遣いとは別とする家庭が多くなります。 親の意見としては、お小遣いはあくまで自由に使える交際費、いざという時に子供もお金が必要な場合があるからです。 また、子供の反抗期もあり、子供の行動を把握するために、休日のお出かけ費用や部活の昼食代を相談する機会を与えている家庭もあります。 子供のお小遣いは、あくまでお金の管理能力を身につける為の方法のひとつ、お小遣いの範囲で全ての生活を賄いなさいという性質で捉えない方が良いです 高校生のお小遣いの相場と平均金額「3,000円以上、5,000円未満が45%以上」=相場は3,000~1万円• 1位 3,000円以上、5,000円未満(45.5%)• 2位 5,000円以上、1万円未満 (30.1%) 高校生のお小遣いの相場と平均金額で重要な事は、携帯・スマホ代。 1万円のお小遣いの家庭は、携帯代金を含むケースもあります。 5,000円未満の場合は親持ちで問題ないです。 ただし、アルバイトをする高校生もいます。 その場合は、お小遣い無しというケースもあります。 高校卒業後、就職するのか、進学するのかにもよりますが、進学の場合はあまり長期間のアルバイトはおすすめできません。 進学の場合は、アルバイトは夏休み程度、お小遣いはちゃんと渡す家庭の方が良いです お小遣いは子供に渡すべき?子供にお小遣いをあげない家庭は、全体の約40% 子供にお小遣いを渡す家庭は、全体の約60%。 40%の家庭はお小遣い制度がありません。 お小遣い制度は、定期・定額の金額ですが、必要に応じて親が支払いをする家庭、お年玉で1年分のお小遣いとしている家庭も多いという事です。 お小遣い有、無のどちらの家庭が良いか判別は難しいですが、旦那さんの給料が1年に1回が良いか、毎月決まった日に入ってくるのが良いかを想像してみてください。 社会の制度的に毎月ですよね。 1年に1回の支払いの給与制度の会社は、日本にありませんし、1年に1回お年玉のようにいくら入っているのかわからない給料も嫌でしょう。 社会性を考え、子供の将来や習慣を考えるなら、お小遣い制度は導入した方が良いです.

次の