マイクラ 地図 使い方。 【マイクラ】宝の地図の使い方と見方を解説!埋蔵チェストを発見しよう

【マイクラ】ワールド探索ツール「CHUNK BASE」の使い方|森の館も一瞬で発見!

マイクラ 地図 使い方

地図の作り方 地図に必要な材料 地図に必要な主なアイテムは下の2つです。 紙 サトウキビを作業台で3つクラフトすることで作成できます。 まっさらな地図と空っぽの地図の違い クラフトで作成できる地図には〈まっさらな地図〉と〈空っぽの地図〉の2種類があります。 この2つの地図には地図として使用する場合に大きな違いが1つだけあります。 それが地図の使用時の 「現在地の表示」です。 コンパスの入った〈まっさらな地図〉には現在地の表示がありますが、紙のみで作った〈空っぽの地図〉には現在地の表示はありません。 探索をする場合は現在地の表示はあった方がいいですが装飾などの場合は必要ではないので、用途に合わせて材料を選んで作成することをオススメします。 地図の拡張について 地図は拡張を行うことができます。 作業台で使用した地図を中心に〈紙〉を1周配置することで、地図の拡張が可能です。 地図は最初に作成したものが「レベル0」となっていて、拡張をする度にレベルが1ずつ上昇し範囲が広がります。 拡張できるレベルは4までとなっていますので、 初期の0〜最大の4まで5段階の広さを作ることができます。 地図の使い方 使い方 まだ使用したことのない地図は、手に持った状態で 〈ZLボタン〉を押すことで使用することができます。 1度使用した地図は1人称視点で手に持つだけで使用が可能です。 (見づらい場合は地図を持ったまま下を向くことで、はっきりと全体を確認することができます。 ) 地図は手に持った状態で行ったことのある場所の周囲に、色が付いて地形が表示されます。 手に持っていない状態でいくら探索しても地図を埋めることはできないので、地図を完成させるためには手に持って行動するようにしましょう。 オフハンド 現在のバージョンでは持てるアイテムこそ限定されてはいますが、オフハンドを使用することができます。 地図はオフハンドで持てるアイテムです。 探索などで地図を埋めたい場合オフハンドに持っておくことで、邪魔にならずに地図を埋めることができます。 非常に便利なので使用してみてください。 地図の装飾 地図は額縁を使用することで壁に装飾することができ、家の内装などにも使用することができます。 額縁を作成して壁に設置し、ここに向けて地図を持った状態で〈ZLボタン〉を押すことで地図を貼り付けることができます。 また貼り付けた地図に向かって〈ZLボタン〉を押すことで、貼り付けた地図を回転させることができるので様々な場所の地図を貼り付け繋ぎあわせることも可能です。 今回はこの方法で拠点に周辺の地図を作成して設置しておきました。 地図は現在地の確認もできる便利なアイテムですし、使い方によってはすごくオシャレになると思うので、初心者の方はこの記事を参考にアレンジして使用してみてください。 以上、『地図を作って現在地を確認!地図の作り方と使い方』でした! オススメ オススメ.

次の

【マイクラ】地図の使い方と拡張方法【マインクラフト】|ゲームエイト

マイクラ 地図 使い方

マイクラでは、迷った時のお助けアイテムが2種類+方法が1種類あるのです。 コンパス... アイテム欄に置いておくだけで、初期スポーン地点の方向がわかる。 かさばらないが、分るのは初期スポーン地点の方向のみ。 周囲の詳細な情報がわかるが、手に持っていないと機能しないため、かさばる。 行動範囲が広がると、持ち歩く枚数も増えてしまうのも欠点。 一長一短なので、その時々で選ぶしかないのです。 地図、もうちょっと使い勝手がよくなるといいのですが...。 ちなみに、マイクラには 『座標』を表示する機能 ( Javaなら『F3キー』・ BE PE は設定画面で変更)があるので、この機能を使えば、地図は必須アイテムではなくなるのです。 地図は手に持たないと記録されない不便さもあり、実際のプレイではあまり使われない... かもしれないのです。 とはいえ、冒険感を楽しみたいのなら、あえて座標を封印して、地図(とコンパス)のみでプレイしてみるのも、面白いかもしれないのです。 地図の作り方、なのです。 まずは、レッドストーンを鉄4つで囲んで、コンパスを作るのです。 コンパスの周りを紙で囲むことで作る事で、 『白紙の地図』を作る事ができるのです。 この時点では、まだ、地図には何も表示されていないのです。 BE PE v1. 4の場合、紙9つを並べることで『空っぽな地図』を作ることも可能、なのです。 この地図は、コンパスが不要な代わりに、現在位置が表示されない&マーキングできない、というデメリットがあるのです。 どろっぴ的にはあまりおススメしない地図、なのです。 地図の使い方、なのです。 まず、どの場所の地図にするかを決めるのです。 地図を手に持って、右クリックをすると、その地図を、『この場所の地図』にすることを決めることができるのです。 地図の表示位置が決まると、地形が表示されるのです。 デフォルトの地図は、縮尺が 1:1 になっていて、『地図1ドットに1ブロック分描かれている』のです。 建物の様子などもよくわかるのです。 この地図は、村内図などを作るのに向いているのです。 地図は、描かれる区画が場所ごとにあらかじめ決まっていて、必ずしも、自分の場所が『中心』になるとは限らないのです。 これは仕様なのです。 (のちに、額縁に飾る時に便利なようになっているのです。 ) 地図に描かれる範囲を広くするのです。 最初に作られる地図は、冒険に使うには描かれる範囲が狭すぎるのです。 しかし、以下の2つの方法によって、地図に描かれる範囲を広くすることも可能、なのです。 (その分、描写は荒くなります。 ) 注意点としては、• 一度、描かれる範囲を広くした地図を、再び 狭くすることはできない。 (新しい地図を作る必要がある。 地図の縮尺を変えると、今まで、その地図に記録されていたデータは すべて消去される。 という点なのです。 特に、データがリセットされてしまう点は要注意なのです。 縮尺を変えた後は、再度『地図埋め』をする必要があるのです。 広くする方法1 - 作業台を使う方法 地図の周りを紙で囲う事で、地図に描かれる範囲を広げることができます。 この方法は、古いバージョンのマイクラでも使えます。 しかし、最新バージョンのマイクラであれば、製図台を使う方が便利&お得に広げることができるのです。 左上に拡張したい地図・左下に紙を置くことで、右側から拡張された地図を取り出すことが可能、なのです。 上の空欄に名前を入力することで、経験値なしで地図に名前を付けることも可能、なのです。 BE PE v1. 0では、最大まで拡張した地図(名づけ済み)を、製図台を用いて再度名づけをしようとしても、名前を書き換えることができない場合があるバグがあるのです。 この場合、金床を使えば書き換えることが可能、なのです。 (但し、経験値1を消費します。 ) 最大1:16まで縮尺をあげることができるのです。 これが、先ほどの地図を『1:16』にした地図なのです。 建物の様子などはほとんどわからなくなってますが、全体の様子はよくわかるようになるのです。 冒険に持ち歩きたいのは、この地図なのです。 右手持ちでも記録は可能ですが、右手に持ってしまうと、目の前におっきく表示されてしまい、歩きスマホ状態になってしまって前が見づらくなってしまうので、おススメ出来ないのです。 右手持ちは、止まって場所を確認する時にはいいかもしれません。 範囲外に出たら、新しい地図を準備するのです。 こうなると、記録できないので、新しい地図を準備して、持ち帰る必要があるのです。 それぞれ異なる地図を両手に持つことも可能、なのです。 境界付近では、両手に違う種類の地図を持ちながら歩くとスムーズに記録できるのです。 (武器が使えなくなるので、モンスターには注意してください、なのです。 (最初、これに気づかず、地図の外に出ても、持ち替えずに延々と歩いてました(笑)。 ) 4. 地図のバックアップを取るのです。 せっかく作った地図をなくしてしまいました。 とかなると、かなり悲しいので、 地図は必ずバックアップを取るのです。 地図に、白紙の地図を並べてクラフトすると、地図を複写することができるのです。 これで、バックアップは完了、なのです。 1枚は拠点のチェスト等に大切に保管しておき、普段はもう1枚を持ちあるくといいのです。 地図の内容は、どれか1枚に記録されれば、複写した地図すべてに記録されるので、 保管用地図はチェストにいれっぱなしでも大丈夫、なのです。 地図は『製図台』or『金床』で名前を付けることができるのです。 地図が増えてくるとわけがわからなくなってくるので、名前を付けておくといいのです。 地図には、マークを付けることができるのです! できあがった地図には、マークを付けることができるのです。 マークのつけ方は2通りあるのです。 旗でマークを付ける方法 この方法は、 Java v1. 0〜でのみ、使用できます。 BE PE では利用できません。 (地図大好きなので、 BE PE でも早く使えるようになってほしいのです。 ) まずは、旗を作り、金床で名前を付けるのです。 (名前を付けなくても可能です。 ) 名前を付けた旗を、マークのつけたい場所に設置するのです。 地図を持った状態で、旗を 右クリックすると... ? こんな感じで、旗の位置が地図に記録されるのです。 色や名前も記録することができるので、とっても便利なのです。

次の

【マイクラ】地図について解説!使い方や拡張方法、覚えておきたいことなど | ひきこもろん

マイクラ 地図 使い方

使い方 空っぽの地図(プレイヤーの現在地が表示されない)を作成する 基本の地図である 空っぽの地図は 紙をセットすることでクラフトすることができます。 まっさらな地図(プレイヤーの現在地が表示される)を作成する (プレイヤーの現在地が表示される) まっさらな地図は 紙と コンパスをセットすることでクラフトできます。 1つ手間が増えますが 空っぽの地図に コンパスをセットしても まっさらな地図ができるのでどちらでも良いですね。 地図にプレイヤーの現在地を表示するようにする 空っぽの地図から作った 地図はプレイヤーの現在地が表示されませんが、その 地図と コンパスをセットすることで プレイヤーの現在地を表示する地図にアップグレードすることができます。 地図を複製(コピー)する 地図と 空っぽの地図をセットするとその地図を複製(コピー)することができます。 空っぽの地図の代わりにまっさらな地図を使うこともできますが、まっさらな地図はコンパスを使用している分もったいないです。 地図を拡大(ズームアウト)する 地図と 紙をセットすると地図を拡大することができます。 今のところ拡大した地図を縮小させることはできないので慎重に行うようにしてください。 また、拡大に伴い地図の状態がリセットされますので注意です。 地図をロックする 地図とガラス板(色付きは使えません)をセットするとその地図をロック(それ以上書き込めないように)することができます。 今のところ地図のロック状態を解除する方法はないので、ロックする際は慎重に行うようにしてください。

次の