娼 ねん キャスト。 【口コミ・感想】舞台『娼年』の評判、評価

映画『娼年(しょうねん)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

娼 ねん キャスト

A post shared by peach. smk on Sep 26, 2019 at 5:33am PDT ひまだったので、娼年の相関図をスタンプでまとめてみた 松坂桃李さんは登場人物ほぼほぼとヤリまくりです。 — つん アンコスキー tunWACKer 2018年3月に公開された、松坂桃李さん主演の映画『娼年』は、松坂桃李さんのその体当たりな演技が大きな話題となりました。 この映画は、R18指定の作品です。 原作の『娼年』は石田衣良さんの小説で、2001年に直木賞候補となりました。 そんな『娼年』ですが、 2016年にまず松坂桃李さん主演で舞台化されたものです。 舞台上での一糸まとわぬ姿での演技が大きな話題となった舞台でした。 その時の監督が、三浦大輔監督だったのですが、2018年になって再び三浦大輔監督と松坂桃李さんがコンビを組んで、映画化されたものになります。 「娼年」とは、娼婦ならぬ要するに体を売って商売をする青年すなわち娼夫のことを指す造語らしいです。 斬新ですね。 本当にそんな商売があるのでしょうか? あの正統派俳優とも言える、NHKの朝ドラではさわやかな青年を演じたようなあの松坂桃李さんが、そのような役に挑むとはなんとも驚きました。 いったいどんな映画なのか興味深々ですね。 松坂桃李さんが演じるのは、主人公の森中領という20歳の青年役でした。 東京の名門大学に通う大学生の森中領は、日々の恋愛にも大学生活にもむなしさを感じながら、バーテンダーのバイトをしているという役柄です。 そんな彼が、真飛聖さん演じる会員制ボーイズクラブのオーナーと出会い、娼夫へとなっていきます。 様々な女性たちと交わりを持ち、それぞれの女性の人生などを描きながら、領も成長していくという物語です。 映画の中では、登場するほぼすべての役柄の女優さんと塗れ場のシーンがあったという松坂桃李さんでした。 娼年キャスト:松坂桃李(森中領) 松坂桃李さんは、主人公の森中領役を演じました。 そんな松坂桃李さんは、2016年の舞台版でも同じ役を演じたのです。 娼婦ならぬ、娼夫というとても難しい役どころでしたが、松坂桃李さんは並々ならぬ覚悟で舞台、そして映画の撮影にと臨んだそうです。 真飛聖さん演じる御堂静香というボーイズクラブの女性オーナーに誘われて、娼夫の世界へと足を踏み入れることになった領。 それまで「女なんてつまんないよ。 」と思っていた領が、娼夫という仕事をしていくうちに、さまざまな女性と寝ることを重ね、女性の欲望や奥深さや不思議さに気づきながらどんどんと変わっていく。 そんな領や周りの女性たちが、ひとりの人間として成長していくストーリーです。 真飛聖さんは、元宝塚歌劇団のトップスターで活躍した女優でした。 その美貌と演技力でこの役柄を演じ切りました。 御堂静香は、領を見そめてボーイズクラブへの試験を受けさせます。 はじめは不合格とさせますが、娘の意向もあって領を娼夫として働かせることにします。 しかしその後、領のことが好きな恵により、秘密のクラブが告発されて御堂静香は逮捕されてしまいます。 娼年キャスト:冨手麻妙(咲良) 「月刊 冨手麻妙」刊行記念写真展 9月27日 金 -10月6日 日 開廊時間:13時-19時 会期中無休 神保町画廊にて開催中です。 こちらもよろしくお願いしますっ。 — Ami Tomite冨手麻妙 AmiTomite 女優の冨手麻妙さん演じる、咲良は「Le Club Passion」で働く女の子です。 咲良は御堂静香の娘で、生まれつき耳が聞こえません。 領が、御堂静香の前で情事の試験を受ける際の相手が、咲良でした。 御堂静香ははじめは領を不合格としましたが、咲良の押しで領は合格となったのです。 娼年キャスト:西岡德馬(泉川夫妻の夫) A post shared by sasakikokone on Aug 7, 2019 at 2:23am PDT 余命いくばくもない年の離れた夫を介護している、若くて美しい妻という役どころを演じました。 夫のことを愛しており、夫のために領との関係をビデオにおさめるという妻でした。 娼年キャスト:小柳友(田嶋 進也 たじま しんや 俳優の小柳友さんは、元ワンオクロックのドラマだった人です。 そして、小柳友さんのお父さんは、なんとあのブラザートムさんなのです。 小柳友さんの役柄は、領の中学時代の同級生で、今はホストをやっているという役を演じました。 自信家で、お調子者の性格です。 女優の桜井ユキさんが演じます。 領のバイト先のバーでの飲み放題と引き換えに、ゼミのノートと代返をまかされる。 白崎恵は、領に思いを寄せていて、領の娼夫という仕事に大反対していたのですが、ある日、そんな白崎恵が領の客としてやってきます。 恵は「愛の無い関係は間違いだ」と証明する為に領を買ったわけですが、それは虚しく終わってしまいます。 娼年キャスト:馬淵英里何(イツキ) 【完成披露試写会・女性キャスト陣オフショットその3】 子供の頃に感じたエクスタシーを忘れられず、リョウを買う女性・イツキを演じた馬渕英里何さん。 劇中とはまた違った、大人の色香漂うセクシーなドレスが素敵です・・・。 見た目はごく普通の女性ですが、そんな彼女にも何やら秘密が…。 娼年キャスト相関図からわかる映画の見どころは? on Mar 16, 2018 at 5:45am PDT ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 見どころ満載の映画ですね。 松坂桃李さん演じる主人公領と女性たちが紡ぎだすそれぞれの物語は、単なる性交渉を描いたものではなく、人との本質的なコミュニケーションを描き出しています。 領は女性たちと体を重ねながら、彼女たちの心の奥に隠された欲望や心の傷を優しく癒やし、自らも人間として成長していきます。 性描写も見逃せませんが、その内側にある登場人物の心情なども見どころとなっています。 見逃せない映画ですね。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 カテゴリー• メタ情報•

次の

娼年の原作者とキャスト相関図まとめ!タイトルの意味は?

娼 ねん キャスト

舞台『娼年』を観た人の感想、評価、口コミ 桃李さんが主演の舞台『娼年』 鋼太郎さんと観に行かせていただきました。 凄いな、凄いな、凄いなぁ。 芸術をみた感じ。 私も頑張らねば!! 舞台「娼年」観劇。 あらすじは知っていたが、都内メジャーの劇場で、あれだけの俳優たちがあそこまでするなんて。 驚愕のち敬服と賛辞。 娼年を観てふとウエンツwith桃李の風船割りを思い出した 放送事故かと思わせる程のオラオラ感w 同僚はあの映像で今でも涙流して笑う 辛いことあっても映像見たら元気が出るそうな 何が言いたかというと、与えられたどんな任務も懸命に取り組む…そんな桃李くんを誇りに思う 娼年の舞台見に行ってきた。 これは見ていいの?ってくらいな内容でした💦最前の人とかどう見えてるんだろう。 R指定でいいのかなと同時に子供出演してるけどいいのかなっておもった(笑)高岡早紀さん目当てで行ったんだけどあれが本物の大人のフェロモンかと感服いたしました。 舞台「娼年」はとても良かった。 時間が空いたら考えてる。 思い立って劇場に行って良かった。 「娼年」原作を知っていたのである程度覚悟はしていたものの、あそこまでストレートな表現だとは。 神々しいまでの靜香とのシーンに向けて、必要な布石だというのは理解出来るのだけど… 白い階段の使い方は好きだったな。 娼年3日目 視覚と聴覚への刺激が強く 今朝は魂が抜けた感じに〜 色々と深く考えさせられる作品。 舞台ってDVDで販売されないのかな?あれだけ過激な舞台だと難しいかな?舞台史に残る作品だと思うから、このまま記憶に封じ込めるだけじゃなくて、改めて触れたい作品なんだけどな。 そして、私はまた原作の「娼年」を読み返す。 当日券目当てにまた行こうかな? 「娼年」後、色々考えてみた。 舞台女優さんの脱ぎっぷりに、昔のハイレグジーザスガチ全裸舞台 前貼りなし を思い出したけど、あれは完全にアングラだから出来たことで桃李くんのような所謂メジャーな俳優さんであそこまでやるって本当に凄いよなあ。 舞台 娼年 は、まさにそんな舞台。 一人一人の力が中央に集まって舞台で爆発している感じ。 そんな瞬間を目撃させて貰えてる気がした。 娼年、とても良かったです。 桃李くんのリョウくんを見て、リョウくんがもっと好きになりました。 青い少年が、娼夫としても、人としても、スマートな大人の男になっていく様が、よく出ていました。 舞台を見たのは初めてでしたが、舞台ならではの演出がいくつもあって、うっとり。 舞台「娼年」の会場でお会いする桃李さんファン。 皆さんとても素敵な方ばかり…いつも仲良くして下さるお友達だけでなく、偶然お会いできた方との会話も楽しい。 そして桃李さんが以前共演した役者さんのファンの知り合いの方がこの3日間に何人も観劇していました。 こういうつながりがすごく嬉しい。 娼年を観劇。 最前列の真ん中の席で、松坂さん始め俳優さんの情熱の演技に魅せられました。 愛と性について、深く考えされされ、また、大感動しました。 「娼年」@芸劇。 いやぁ。。。 逆に桃李じゃなかったら見られるものになってなかった予感。 下手すると嫌悪感MAXにもなり得たと。 坂桃李主演舞台「娼年」を見てきました。 もうただただ圧巻。 すごい。 桃李すごい。 きっとこの舞台を経験した松坂桃李はもっと魅力的な俳優さんになるだろうなー いやー「娼年」の性交シーンはもっとこうAV的でないほうがよかったのでは…とめっちゃ思う、そもそもAV的でない多様な欲望の形が書かれたのがあの原作である(と私は思ってる)わけだし 良田麻美さん出演の舞台『娼年』を観てきました。 衝撃的な作品〜。 いろんな刺激をビシバシ受けました…。 松坂桃李目当てのお客さんに、三浦氏の演出を見せて良いのだろうか??って、勝手にドキドキして観てきた。 流石に今回はと思ったけど、でてきた噴水と白い液 笑 あと、男も女も性で笑うポイントは同じだと解った。 「娼年」観てまいりました。 すっごかった。 舞台でこんなにも生々しく行為を表現できるとは。 しかもそういうシーンの数ハンパなくて全部やってる松坂くんの大変さたるや想像を絶するよ。 役者魂に大拍手。 「娼年」観てきましたよー!いやー、安藤さんはまだ控え目な方なんですが全編通してハードな濡れ場ばかりなのでドキドキしすぎました。。 でも全裸の激しいベッドシーンよりもマクベスが夫人の腰をまさぐる指の動きの方がエロスを感じた次第です。 娼年 をみた女性はこんなにも優しくされてみたい。 っと好きな男性を頭に浮かべるんじゃないかな。 人間の欲の1つだけど一人じゃ満たせない部分あるから。 そこを改めて教えてくれた作品だと思う。 桃李ファンのお友だちにお誘い頂き「娼年」観劇。 桃李、凄いわ! 松坂桃李が色んな女の人に身体を売る話でした T. T 濡れ場しか無かったけど濡れ場がガチ過ぎでした T. T 「娼年」凄すぎて何も言えねえ状態なんだし、凄すぎて笑えてきたよね。 濡れ場なんて一言じゃ言い表せないです。 あそこまで見せていいの?限界ギリギリ超えてます。 完全にR18です。 今日は1階前方センターよりだったけど、次回は逆サイドだからまた違う角度で見れるの楽しみ。 2階からも観てみたい! 『娼年』舞台でどこまでできるのか興味があったけど、かなりやり過ぎな感じ。 そのシーンばかりが印象に残ってしまい、人間ドラマの部分が薄れてしまっていた。 桃李くんの汗、動き、このままでは魂が削れてしまうのではないかと心配。 でも、ひょっとしたら真っ赤な熱い鉄を打つように、回を重ねる毎に強く鋭くなるのかもと思ったり。 桃李くんや他の役者さんの覚悟に感服!ブラボーです! 暗い中でのシーン替えや音響、照明、映像、美術、衣装、メイクさんたちのスタッフの方の頑張りも伝わった! 皆の力だね、本当に。 ステージに見えなくても立たなくても頑張ってる人いるんだよね 舞台『娼年』観てきましたー!!😆 いやいや。 色々な意味でやばかった。 まず、桃李まで2mくらいで、めちゃくちゃ近くてもう、ほんとに、舞台に出てきたときはかっこよすぎて声出そうになりました。 笑 桃李の演技は、すごかった。 役者魂を見せつけられた感じ。 出演者全員に決意と覚悟と魂があった。 ぬるい気持ちでやったらあの完成度にはならないし気持ちがすごい伝わる舞台だった。 そこまでやるの!っとビックリさせられたけど、そこまでやるから美しいものを観た!っと言う感覚しかない。 悲しいとか、嫌だとか全くなかった 娼年は原作ファンとして舞台でどうやってやるのかすごくワクワク楽しみにしてたので、正直期待外れだったな、と。。。 やっぱり舞台でやるのには無理があるんだなぁと感じちゃいました。 残念>< 『娼年』、原作未読なのですが、ちょっと前の作品なのかな。 役者さんたちはものすごく熱演されていて心から拍手しますが、ストーリー展開はやや陳腐に思いました。 演出も暗転が多いのと、セットと人の移動時の音が気になりました。 ベタベタな音楽。 笑ってしまった。 娼年すごかった。。。 初めは桃李くんの誰も何も信頼しない領が。 一人一人の女性の内情を知って身も心も輝く姿に。 最初の不安そうな領が胸を張った姿に。。 舞台『娼年』思い立って5分前着。 お得な立見狙いが見切れ最前2席のみ。 上手側が奪われていて3列目 突き出し舞台最前 への案内。 切なくも美しい樋井明日香の演技にはいつも泣かされる。 間近で見れてうれしい 感謝の意を表明。 松坂桃李は大丈夫か?と思わせる演技が終盤に向け見事な成長っぷり。 高級クラブのはずが安っぽい美術。 音楽の音が大きすぎ。 やり過ぎで途中から滑稽に見えて思わず何度か吹き出した。 役者さんたちは真剣なのにごめんなさい。 SWITCHインタビューで『麻痺してくる』って言ってたけどちっとも麻痺しなかった。 でもとーりくんの役者魂には拍手喝采。 娼年 さっきまでの気持ちがあっというまにとぶくらい 桃李くんすごかった!! 衝撃的だったけどストーリーはいろいろ考えさせられたし深かった。 最初から圧倒されるシーンが多いが、りょうが客の女性と接しながら、彼女達の心に触れ何が大切かを心で感じ話し行動して行く姿が切なくもあり彼の成長して行く姿もあり。 客に会いに行く階段を一段づつ降りながら彼は娼年になっていく感じも素敵なシーン 娼年みにいってきたーーー。 桃李くんほぼ出ずっぱりであんなにハードな演技を…すごいなぁ…。 ネタバレなるかなと思うので詳しくは…ですが、仕草の一つ一つで心の変化わかってよかったなぁ。 まだ心臓のバクバク止まらない… ボーッとする……………… 凄いものを観てしまった。 出演者の皆様の本気と覚悟に頭がさがる思いです。 これR15ということは高校生見れるのよね? R18でもいいくらいかも。 舞台「娼年」。 演出がポツドールの三浦 大輔さんなので、想像はしてましたが、それでもかなりハードなシーンの連続。 これまでドラマやTVで目にしてきた、松坂 桃李君のイメージをガラリと変えさせたと思う。 そして、物語のラストも飾った江波 杏子さんは、佇まいだけでもう美しい。 役者さんはとても良かったです。 リングのような曝け出す舞台に、役者さんたちの覚悟を感じました。 舞台『娼年』を観てきました!もう圧巻の一言!本当に心動かされました。 カーテンコールのお客さん達の反応 僕も含めて が全てを物語っていました!してやられたー!役者として羨ましい!作品に甲乙はつけられないけれど、もう心を鷲掴みにされました。 大満足です。 「娼年」終了。 物語としては面白い、というか興味深い。 でも肌色が多すぎて、描写がリアルすぎて、苦手感が前に立ちはだかってしまった。 すごく久々のストプレ。 石田さんの小説が原作なだけあって、舞台を観たというよりは小説を読んだ、物語を観た、という感覚。 桃李くんはじめ役者の人って素晴らしいよね。 桃李くんほんと表情が良い 特に階段のシーン、最初のお客のときは不安や戸惑いが感じられて、中盤は堂々とかっこよくて、友達に知られたときはまた色んな葛藤が感じられて、表情や仕草がひとつひとつ大切に表現されてる 舞台「娼年」観てきました。 ただの最高の舞台だった! 2016観ておいて良かった舞台1位確定だわ。 猪塚健太 最高やん!笑 賞賛の拍手客席から送りまくった! 友として、心底羨ましいし、心底嬉しい。 娼年観劇。 なかなかに凄い舞台だった。 俳優と女優って、役に入ってるとはいえ凄いんだなと、つくづく思う。 そんな中、江波さんとのさシーンはちょっと楽しい。 桃李くんもいい役者になったなぁ。 あっという間だった ここまでとは 映画の方が良いかなって意見も納得だけど 舞台だからこその演出もあって観て良かった 「娼年」を観に行ってきました! あういう舞台は初めて出会いました… 深い底のない海に沈んだ感じです。 娼年の舞台 小説とは違う 物語性のないただのAVになっていた 監督はAV作品の監督をやりたかったのだろうか 松坂はなぜこの仕事を受けたのか 新宿のシアターゼロで舞台「きんとと」を観劇してきました。 昨日の「娼年」とどうしても比べてしまう内容で、もう少し体をはって欲しかったと残念な感想を持ちました。 高岡早紀がおっぱい出してるくらいなのに。。 娼年 三日目幕間。 雑誌ananが「SEXで綺麗になる」と標榜したけど、今目の当たりにしているのはまさにそれなのか?回を重ねる毎に松坂桃李さんの裸身が綺麗に魅力的になっていくのが分かる。 女優陣の美しさを更に引き立てつつの偉業。 大千穐楽では別次元の生き物に羽化してしまいそう。 ヒロイン、声のトーンと表情はコロコロ変わっていましたが、なぜか心に全く響かず、... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタメ... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタ... ここに電話しても夢を砕かれるマニュアル対応をされるだけです。 ハッキリ言... 195,723件のビュー 0 件のコメント• 63,233件のビュー 0 件のコメント• 45,716件のビュー 0 件のコメント• 38,775件のビュー 26 件のコメント• 38,046件のビュー 1 件のコメント• 36,488件のビュー 0 件のコメント• 35,251件のビュー 0 件のコメント• 29,402件のビュー 0 件のコメント• 28,117件のビュー 0 件のコメント• 27,070件のビュー 0 件のコメント• 26,046件のビュー 3 件のコメント• 25,628件のビュー 3 件のコメント•

次の

“娼夫”松坂桃李を求める「今すぐしたいな…」『娼年』女性キャスト解禁

娼 ねん キャスト

CONTENTS• 映画『娼年』の作品情報 C 石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会 【公開】 2018年(日本映画) 【監督・脚本】 三浦大輔 【キャスト】 松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、階戸瑠李、西岡徳馬、江波杏子 【作品概要】 石田衣良の小説『娼年』を、2015年に上演した舞台版が反響を呼んだ話題作。 舞台版のコンビ、監督・三浦大輔と主演・松坂桃李が映画版で再び手を組みました。 会員制ボーイズクラブを舞台に描かれる本作は、刺激的かつ濃厚なドラマを堪能できること間違いなし。 映画『娼年』のキャスト配役のプロフィール C 石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会 松坂桃李(森中領役) 1988年10月17日生まれ、神奈川県出身。 「チャレンジFBモデル2008オーディション」でグランプリを受賞し、雑誌『FINEBOYS』専属モデルとして芸能活動をスタート。 2009年の『侍戦隊シンケンジャー』志葉丈瑠/シンケンレッド役で俳優デビュー、同作の劇場版にて映画初出演・初主演を飾ります。 その端正なルックスから多くの女性ファンを獲得し、『ツナグ』(2012年)『今日、恋をはじめます』(2012年)『ガッチャマン』(2013年)『マエストロ! 』(2015年)『キセキ -あの日のソビト-』(2017年)など次々と主演作が公開されている人気俳優です。 ここ数年は『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年/中野量太監督作)や『ユリゴコロ』(2017年/熊澤尚人監督作)に『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年/白石和彌監督作)など、爽やかなイケメンという世間のイメージを崩すような難しい役に挑んでおり、映画俳優として一つ上の域に達したような感じがしています。 「映画化の話を聞いた時には、不安しかありませんでした。 でも、舞台で表現できなかったこと、映像だからこそ残せるものが、映画『娼年』にはあると思いました」と語る松坂桃李。 30歳を迎える2018年、彼の俳優人生の分岐点となるであろうこの1年の活躍には要注目です。 本作では、会員制ボーイズクラブ『Le Club Passion』で働き始める主人公の森中領を演じます。 真飛聖(御堂静香役) 1976年10月13日生まれ、神奈川県出身。 元宝塚歌劇団花組のトップスター。 2011年より芸能活動をスタートし、『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』でTVドラマデビュー。 主な映画出演作は『謝罪の王様』(2013年)『柘榴坂の仇討』(2014年)など。 「私の演じる御堂静香も、それぞれの登場人物も欲望から生まれる葛藤、心のきびというのはとてもリアルで生々しささえ感じますが、実はその中にある日常ではなかなか理解しがたい様々な愛の形がそこには存在していて、それを通してひとりの男性が人として成長していく姿はとても魅力的です」と語る真飛聖。 本作では、『Le Club Passion』のオーナー・御堂静香を演じます。 冨手麻妙(咲良役) 1994年3月17日生まれ、神奈川県出身。 元AKB48研究生(8期生)。 ファンと公言する園子温監督に自ら売り込んで2015年の『新宿スワン』に出演。 その後は、『みんな! エスパーだよ! 』(2015年)『リアル鬼ごっこ』(2015年)など続けて園子温監督作に出演し、日活ロマンポルノのリブート企画『アンチポルノ』(2017年)で遂に主演を飾り、ヌードも披露しました。 「『娼年』に出てくる人々は皆、どこまでも優しく、私は撮影している時はもちろん、完成された映画を見たあと、心が温かくなったというか、優しい気持ちになりました。 家族やカップル、友達同士で見に行って、あえて別々の席に座って、見終わった後、この映画について色々語り合って欲しい、そんな見方ができる映画です」と語る冨手麻妙。 本作では、生まれつき聴覚障害を持ちながら『Le Club Passion』で働く咲良を演じます。 西岡徳馬(泉川役) 1946年10月5日生まれ、神奈川県出身。 『名探偵キャサリン』シリーズ、『浅見光彦』シリーズ、『東京ラブストーリー』、『緑川警部』シリーズなど出演してきたTVドラマは数知れず。 70歳を超えた今でも第一線で活躍を続けるベテラン俳優です。 2012年には自身が主宰の俳優養成所「ドラマスクールレッドホースヒルズ」を開校し、校長として後進の育成にも尽力。 三浦監督からの熱烈なラブコールによって出演が実現し、「全出演者が実に真面目に誠実にこの映画に取り組んでいることがよくわかりました。 素晴らしい人間模様の作品になりましたね」と西岡徳馬は語ります。 本作では、わけありの泉川夫妻の夫を演じます。 江波杏子(老女役) 1942年10月15日生まれ、東京都出身。 1960年の『明日から大人だ』で映画デビュー。 助演を重ね、1966年の『女の賭場』で初主演を飾ると、昇り竜のお銀がハマリ役となり、一躍大映の看板役者に。 1960年代から1970年代にかけてはそのスタイルを生かして、モデルやグラビアでも活躍。 「三浦監督の真摯な演出空間に全身を預け、その静謐にて清澄な、そして深く神秘な地熱、どこか怖い甘やかな心地良さに導かれ、年齢(よわい)を重ねた我、女優は真に演じさせて頂きました。 どこか怖い甘やかな二日間の撮影現場。 幸福な愉悦な時間でした」と語る江波杏子。 本作では、上品な老女を演じます。 三浦大輔監督は、1975年12月12日生まれ、北海道出身。 劇団「ポツドール」主宰者として有名な劇作家、演出家。 2013年の『はつこい』で映画監督としてデビューを飾り、同作で第25回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞を受賞。 その後は『ソウルトレイン』(2006年)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2010年)、『愛の渦』(2014年)、『何者』(2016年)、dTVオリジナル作品『裏切りの街』(2016年)を手掛け、映画監督としての地位も揺るぎないものに。 徹底してダメな人物を主人公に据えた物語を展開し続ける三浦監督。 三浦監督作においてその痛々しさや熱情は和らげられることなくダイレクトに映し出されるため、観ていてしばし心を抉られるような感覚に陥ることも。 特に 『何者』の終盤で出てくるあるシーンは、劇作家出身の映画監督として一つの到達点とも言える圧巻の演出力を見せつけました。 本作について「R18作品ですが(こればっかりはしょうがない)、幅広い人たち、特に女性の方々に観て欲しい気持ちでいっぱいです。 『娼年』は女性の欲望を全肯定する物語です」と語る三浦監督。 2016年に上演された舞台『娼年』とはまた違った刺激的な作品として、日本映画界に新たな風を吹き込みます。 今後順次公開される劇場が拡大される可能性もあります。 お近くの劇場をお探しの際は公式サイトで今一度ご確認をしてください。

次の