本 卦 が えり とも 呼ばれる 数え年 61 歳 の 呼称 は な に。 干支とは

還暦とは

本 卦 が えり とも 呼ばれる 数え年 61 歳 の 呼称 は な に

日本における還暦祝い [編集 ] 日本における還暦祝いでは赤色の衣服(頭巾やなど)を本人に贈る。 かつてはの意味で産着に赤色が使われていたので生誕時に還るという意味でこの慣習がある。 還暦を機に現役を引退する例も多く、満60歳でとする企業も多いが2000年以降は満65歳定年の企業も増えつつある。 還暦式 - のように還暦を第二の人生の出発として祝う「還暦式」と呼ばれるものが行われ始めた。 10月民間主導の 、が催した11月の や10月の などがその始まりである。 は選手寿命が長いので現役で還暦を迎えることがあり、、など「還暦記念試合」を行った例がある。 この場合の試合日は60歳の誕生日が基準となる。 西洋での60年祭 [編集 ] では、を60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習がある。 結婚60周年はともいい、ことにの即位60周年は、として盛大に祝賀された。 脚注 [編集 ]• 、同窓会• 、(2007年10月28日時点の)• 2008年10月26日. の2008年10月29日時点におけるアーカイブ。 2008年10月27日閲覧。 関連項目 [編集 ] に関連の辞書項目があります。

次の

還暦

本 卦 が えり とも 呼ばれる 数え年 61 歳 の 呼称 は な に

干支の60周期を表した図 を初めとしてのにおいて、・・・や、、ことがらの順序を表すのにも用いられ、とも結び付いて様々なにも応用された。 古くは 十日十二辰、 十母十二子とも呼称した。 起源は商()代の中国に遡る。 日・月・年のそれぞれに充てられ、60日(ほぼ2か月)、60か月(ほぼ5年)、60年などをあらわす。 干は 幹・肝と、 支は 枝・肢と同源であるという。 、、、西は、などに伝わった。 日本では「干支」を「 えと」と呼んで、ね、うし、とら、う、たつ…の十二支のみを指すことが多いが、「干支」は十干と十二支の組み合わせを指す語であり、「えと」は十干において「きの え(甲)」「きの と(乙)」「ひの え(丙)」「ひの と(丁)」と陽陰に応じて「え」「と」の音が入ることに由来するので、厳密には二重に誤りである。 とのはなので、干支は60回で一周するが、干支の組合せはすべての組合せの半数しかない。 例えば、一覧01〜60で5回ある「子」のうちに、「甲子」はあるが「乙子」はない。 これは、10と12に共通の約数2があるので、干支の周期が積の120ではなく、最小公倍数の60になるからである。 種類 [編集 ] 十干は・・・・・・・・・の10種類からなり、 十二支は・・・・・・・・・・・の12種類からなっており、これらを合わせて 干支と呼ぶ。 十干十二支は戦国時代に作られた陰陽五行説よりもはるかに古い起源をもつので、陰陽五行説による説明は後付けであって学問的な意味はない。 また生命消長の循環過程とする説もあるが、これは干支を幹枝と解釈したため生じた植物の連想と、同音漢字を利用した一般的な語源俗解手法による時代の解釈 である。 鼠、牛、虎…の12の動物との関係がなぜ設定されているのかにも諸説があるが詳細は不明である。 統一退蔵。 には、干名だけで日を表すこともあり、祖王の名を「祖甲」「父丁」など、その人に関連する特定の干名で呼ぶ例があることから、十二支よりも十干の方がより基本的であったことが伺える(これについては、「」も併せて参照のこと)。 に、や世界の成り立ちを・・・・から説明するが起こり、干支も五行と結びつけられるようになった。 古くは十干を「十日」、十二支を「十二辰」と呼んだ。 『』律書では上を母、下を子に見立てて「 十母十二子」と呼んでいる。 幹(干)と枝(支)に喩えて「 干支」と呼ばれるようになったのは代からである。 月や年を表すために干支を用いるようになった時期は、殷代よりも後の時代に属する。 年を表すには、古来、著しい事件やの年を基準とすることが多かったが、の中ごろになって(歳星)の天における位置によって年を指し示すことが考案された。 後述のように、この方法がやがて発達し、当初は木星の位置により、次には十二支により、代には干支の組合せによって年を表す例が広く行われるようになった。 1日(24時間)を十二支に分けるようになった時期も漢代である。 十二支に対して十二獣を充当することは代にも見られるが、における初出は後漢代からである。 また、「外事には剛日を用い、内事には柔日を用いる」 とされたのも漢代であり、これは、戦国時代のの影響を受けている。 への応用も、と結びついたことによって漢代に広がった。 ただし、全10巻中8巻が『』にも収められているの時代に編纂された兵書である『神機制敵太白陰經』 (李筌編)のうち、巻四「戰具」や巻九「遁甲」において、夜半、鶏鳴といったによる名とともに、この時刻の干支は云々と記載されているので、時刻を干支で呼ぶの定着には長い時を要し、唐の時代にはまだ古い記憶の名残があったと推測できる。 干支による紀日 [編集 ] 干支によって日付を記述する 干支紀日法は、すでに殷代のに現れている。 西洋では1月を4分割して「」(7日)というサイクルを編み出した(ただし7という数字は天体から)が、古代中国では1月を3分割して「」(10日)というサイクルを考案し、という順序符号をつけた。 甲骨文には「卜旬(ぼくじゅん)」があり、これは、ある特定の日(癸の日)から向こう10日間の吉凶を占ったものである。 10日、すなわち十干を3回繰り返すと1か月()になるので、十干とを組み合わせると、2か月(60日)周期で日付を記録することになる。 ある日をとすると、第2日が、第3日がというように進んで第60日のへと進み、第61日に至ると再びに還って日を記述していった。 これは、3,000年以上経った今に至るまで、断絶することなく用いられている。 また、干支紀日は『』などのにも広く使用されている。 殷代においては、干支はもっぱら紀日法として用いられ、年に関しては1から始まる順序数()を使用しており、月に関しても順序数を基本としていた。 現在のような順序数による紀日法がいつ始まったかはわかっていないが、現在のところ、県(りんぎけん)から出土した銀雀山漢墓、および7年(元年、)の暦譜竹簡の例が最古とされている。 中国でも日本でもはしばしば改定されているが、干支による紀日は古代から連綿と続いており、古い記録の日付を確定する際の有力な手がかりになる。 さらに、旧暦の月は29日また30日で規律があまりなく、閏(うるう、月と月の間にさらに一ヶ月を入れる)もあるため、干支を使えば閏があるかないかがわかる。 そして「七月甲子」と「八月甲子」の間に60日もあるから七月と八月の間に「閏七月」があることがわかる。 干支による紀月 [編集 ] 古くから中国ではを含む月を11月とするがあり、この月を「」と呼び、以下12月を「」、正月を「」と呼んだ。 こうした呼び方はからあったが、さらに月名に十干を加えることは代には行われており、その場合の配当は年の干名によって各月の干が割り当てられた。 たとえば、寅月についていえば、甲や己の年は、乙や庚の年は、丙や辛の年は、丁や壬の年は、戊や癸の年はとなる。 つまり、干名が甲である年の寅月は「丙寅月」となる。 詳細を、下表に示す。 月の十二支 の区切り の の月 甲・己年 乙・庚年 丙・辛年 丁・壬年 戊・癸年 寅月 —啓蟄 正月 丙寅月 戊寅月 庚寅月 壬寅月 甲寅月 卯月 —清明 二月 丁卯月 己卯月 辛卯月 癸卯月 乙卯月 辰月 —立夏 三月 戊辰月 庚辰月 壬辰月 甲辰月 丙辰月 巳月 —芒種 四月 己巳月 辛巳月 癸巳月 乙巳月 丁巳月 午月 —小暑 五月 庚午月 壬午月 甲午月 丙午月 戊午月 未月 —立秋 六月 辛未月 癸未月 乙未月 丁未月 己未月 申月 —白露 七月 壬申月 甲申月 丙申月 戊申月 庚申月 酉月 —寒露 八月 癸酉月 乙酉月 丁酉月 己酉月 辛酉月 戌月 —立冬 九月 甲戌月 丙戌月 戊戌月 庚戌月 壬戌月 亥月 —大雪 十月 乙亥月 丁亥月 己亥月 辛亥月 癸亥月 子月 —小寒 十一月 丙子月 戊子月 庚子月 壬子月 甲子月 丑月 —立春 十二月 丁丑月 己丑月 辛丑月 癸丑月 乙丑月 干支による紀年 [編集 ] とは、を記したり数えたりするための方法のことで、を中心とした漢字文化圏ではに基づく紀年法とともに、60年周期の干支による 干支紀年法が併用されてきた。 その起源はの観測と深い関わりがある。 歳星紀年法 [編集 ] 太歳と木星の移動 太歳紀年法は、の鏡像であるのにおける位置に基づく紀年法である。 は上をに沿ってからに進むが、当時の人たちがよく使っていた(天球を天の赤道帯に沿って東から西に十二等分した区画、十二支が配当された)に対しては、運行の方向と順序が逆であった。 そこで、の円軌道に一本の直径を引き、その直径を境にと線対称の位置に存在するという仮想の星を設定し、そのにおける位置で年を記すようにしたものである。 中国の戦国時代には、この直径はの起点との起点とを結んで引かれ、たとえば、「太歳在寅(太歳、寅に在り)」という記述があれば、その年はがの位置に存在する年、つまりがの位置に存在する年のことである。 その翌年は「太歳在卯」となり、は、はに位置する。 さらに、「太歳在寅」「太歳在卯」と記録する代わりに、が位置する各「年」に名称を設けて使用することが行われた(『』「釈天」より)。 太歳の位置 歳名 摂提格 単閼 執徐 大荒落 敦牂 叶洽 涒灘 作噩 閹茂 大淵献 困敦 赤奮若 セッテイカク ゼンエン シュウジョ ダイコウラク トンショウ キョウコウ トンタン サクガク エンモ ダイエンケン コントン セキフンジャク に入ると、天文訓に「淮南元年冬、天一在丙子」と記述されるように、十干と組み合わせた 干支での位置が記述されるようになった。 このの位置を示すにも歳名が付けられた。 太歳の位置 歳名 閼逢 旃蒙 柔兆 強圉 著雍 屠維 上章 重光 玄黓 昭陽 エンホウ センモウ ジュウチョウ キョウギョ チョヨウ トイ ジョウショウ チョウコウ ゲンヨク ショウヨウ この十干(歳陽)と十二辰(歳陰)の歳名とを組み合わせ、例えば、ある年を閼逢摂提格とすると、その翌年は旃蒙単閼、第3年は柔兆執徐…となり、第60年の昭陽赤奮若に至ると、再び閼逢摂提格から始めるという60年周期の歳名とした。 ただし、の公転周期は正確には11. 862年であるため、実際には1年に一次と少し進んでいることになり、約86年に一次(太歳は一辰)ずれることになる。 これを「超辰」と呼ぶ。 この超辰によるずれを解消するため、のでは、を設定するための直径をの起点との起点に引き、秦の元年()をがにあり、がにある年とする新しい基準を設けた。 の元年() の改暦()では、超辰を行い、をに改めた。 後にの補正では超辰は114年に一次ずれると定義し、元年を再びに戻し、2年()をからへ超辰するとした。 これによって三統暦による太歳紀年と後の干支紀年は太始2年から見かけ上、同じになる。 干支紀年法 [編集 ] の26年(西暦)は、当時使われていたのの超辰法に従うならば、をとすべき年であった。 にもかかわらず、に随従していた学者たちは超辰を行わず、のまま紀年を続けた。 さらに2年(西暦)の改暦では三統暦の超辰法自体が廃止された。 これ以後、を観測して、その位置でを記録することはなくなった。 この時から、木星の運行とは関係なく、60年周期の干支を1年ごとに機械的に進めていく干支紀年法が用いられるようになり、絶えることなく現在まで続いている。 これは、後代に干支が伝来した朝鮮や日本とも共通である。 民間では干支のうちの十二支の部分だけを用い、それに動物を配当した 生肖紀年法が今も広く用いられている。 なお、と成立の朝による『』の干支に1年の違いがあるなど、時代や地域によっては必ずしも一定しないことも散見される。 生肖紀年法 [編集 ] 詳細は「」を参照 十二支と十二獣 がいつから結びつけられたのかは不明であるが、に雲夢睡虎地の代の墓から出土した竹簡には既に現在のように動物 が配当されている様子が伺われる。 後漢のが著した『』物勢篇では、十二支を動物名で説明しており、これによって干支の本来の意味が失われ、様々な俗信を生んだ。 ただし、日、月、、などを干支で示すが廃れた今日でもなお、干支紀年に限っては今なお民間で広く定着している要因ともなっている。 日本のである などにも動物の絵柄が好んで描かれているが、下表のとおり、配当される動物には国によって違いが見られる。 各国の十二獣 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥 中国の十二獣 鼠 牛 虎 兎 竜 蛇 馬 羊 猴 鶏 狗 猪( ) 日本の十二獣 の十二獣 鼠 牛 虎 兎 竜 蛇 馬 羊 猿 鶏 犬 豚 の十二獣 鼠 牛 虎 竜 蛇 馬 猿 鶏 犬 豚 の十二獣 鼠 虎 竜 蛇 馬 山羊 猿 鶏 犬 豚 の十二獣 鼠 牛 ・虎 兎 竜 蛇 馬 羊 猿 鶏 犬 豚 の十二獣 鼠 牛 虎 兎 竜 蛇 馬 羊 猿 犬 豚 の十二獣 鼠 牛 虎 兎 蛇 馬 羊 猿 鶏 犬 豚 の十二獣 鼠 牛 虎 兎・猫 竜 蛇 馬 羊・山羊 猿 鶏 犬 豚 の十二獣 鼠 牛 虎 兎・猫 竜 蛇 馬 羊 猿 鶏 犬 豚 干支紀年と日本 [編集 ] 詳細は「」を参照 陰陽五行説と十干 [編集 ] では、 十干に対し、天運を表す、、、、の五行にそれぞれ一対を配して表す。 では十干の名称は、甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)となり、五行のそれぞれに「(の)え」・「(の)と」がついたものである。 「(の)え」は「(の)」を意味する。 「(の)と」は「(の)おと」に由来し、「(の)」を意味する。 「 えと」の呼称もこれに由来している。 陰陽五行説と十二支 [編集 ] 十二支にも五行が配される。 に対応する五行は、が木、が火、が金、は水であり、土は各季節の最後の月にあたり、季節の変わり目を表す。 は夏の最終月()のの日という意味である。 各季節に十二支を配すと、• …寅(木)、卯(木)、辰(土)• …巳(火)、午(火)、未(土)• …申(金)、酉(金)、戌(土)• …亥(水)、子(水)、丑(土) となる。 陰陽五行説が起こったのは、中国のであり、 騶衍のにが結びついたものである。 これが干支と結びついて 干支五行説として天地間の森羅万象における根本原理であると考えられるようになった。 五行説と干支 [編集 ] 詳細は「」を参照 五行の組合せによって吉凶を占うことができるとされる。 代表的なものを下に掲げる。 「 」…この関係は、天地陰陽の気が調和を保ち、万事が順調に進んで吉とされる。 木生火(木は火を生じる)• 火生土(火は土を生じる)• 土生金(土は金を生じる)• 金生水(金は水を生じる)• 水生木(水は木を生じる)• 「 」…この関係は、天地の平衡が失われるため凶とされる。 木剋土(木は土を剋す)• 土剋水(土は水を剋す)• 水剋火(水は火を剋す)• 火剋金(火は金を剋す)• 金剋木(金は木を剋す)• 「 」…この関係は、同気が重なるため、五行それぞれの性質を強め、良い場合はますます良く、悪い場合はますます悪くなるとされる。 他に、、がある。 時刻と方角 [編集 ] 干支は、や、を表すのにも用いられる。 時刻 [編集 ] 時刻については、現代の23時から翌1時までをの刻とし、以下、丑、寅、…と続いて、11時から13時までをの刻とした。 現在、夜0時を「」、昼12時を「」、正午より前を「」、正午より後を「」と称するのは、これに由来する。 などで用いられる「草木も眠る丑三ツどき」とは今日でいう午前2時半ごろのことである。 なお、日本で初めて中国伝来の暦日を遵用して、時刻に十二支を配し、子を真夜中としたのは12年(、の年)の正月のことであった とされる。 の年間に編纂が始まり5年()に完成した「」でも、の諸門の開閉や、の時刻について、「申四刻六分」のように十二支を用いて示している。 方位 [編集 ] 恵方 十干は、によって説明されるようになると五行が表す方位であると結び付けられた。 さらに、後には十二支や、におけるを交えて細かいが用いられるようになった。 十二支では、を、を、を、をの方位としている。 東西を結ぶ線(とは厳密には異なる)を「 (ぼうゆうせん)」、南北を結ぶ線(に相当)を「 」、0ののを通る経線を「 」と呼ぶのは、これに由来する。 四隅については、・・・がそれぞれ「うしとら」 、「たつみ」 、「ひつじさる」、「いぬい」と呼ばれ、該当するから、「(ごん)」、「(そん)」、「(こん)」、「(けん)」の字を充当している。 指南の実物を見るかぎり、南を指すためのレンゲの形状の磁石を置いた板の模様は、で使用するの地盤の形状に酷似している。 なお、二十四方(下表参考)では、十干のうちの・は用いられない。 したがって、十干のうちの8、十二支の12、八卦のうちの4を合わせての24方位となる。 漢代には易の解釈学である「象数易」という学問が隆盛し、そこでは、易のや、それを構成するに、十二月、(音律)、十二辰(支)、、五行、方位などが配当され、極めて複雑な理論が編み出された。 なお、の在する方向とされる(えほう)は、その年の干名によって定められている。 干支にかかわる伝承や俗信 [編集 ] 干支が十二獣や陰陽五行思想と結びついたことで、さまざまな伝承や俗信が生まれたが、日本に伝来すると日本固有のものとも習合して独自の俗信を生んでいった。 中には、(さる)の日は「去る」と通じるのでを行わないなどというものもあった。 還暦 [編集 ] の61歳は、生まれた年の干支に戻るので、「暦が還(かえ)った」という意味で「(かんれき)」といい、歳をとるには、公私ともに正式にして長寿の祝いをした(東洋にあってはの概念は乏しかった)。 この年齢に達するとなどが赤いやを贈るのは、もう一度に戻って「生まれ直す」という意味合いをこめている。 現在は、60歳の誕生日や60に還暦の祝いをすることが多い。 2周(120年)した場合はという。 中国では「花甲」、日本と同じように60年の長寿を祝い、無病息災を願う習慣が今も続いている。 辛酉革命、甲子革令 [編集 ] 中国漢代にみえる予言説()である。 中国よりもむしろ日本で信じられた。 はが改まる年とされ、王朝が交代するの年でという。 日本では、に政治的変革が起るのを防ぐ目的で、の提唱によって、辛酉年の4年()が「」と改元された。 それ以来、日本ではに至るまで、辛酉年と前年の年の2年続きで改元が実施されたが、中国ではこのような例はない。 また、『日本書紀』では、が即位したとする年を西暦の辛酉の年に充てている。 甲子革命については、中国でも、後漢末にの教祖は3年()に「 蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉(『』71巻 皇甫嵩朱鑈列傳 第61 伝 )」、蒼天(漢朝)已に死す 黄天(黄巾党)當に立つべし 歳は「甲子」に在り 天下大吉)とのスローガンを発しており、干支に基づくを意識して7年()という甲子の年にを起こした史実がある。 庚申 [編集 ] 詳細は「」を参照 近代以前の日本では、の日に広く庚申講が行われたが、これはのに基づいている。 中国の言い伝えによれば、人間の頭と腹と足には(さんし)の虫がいて、いつもその人の悪事を監視している。 三尸の虫は庚申の日の夜の寝ている間に天に登って天帝に日頃の行いを報告し、罪状によってはが縮められるとされる。 そこで、三尸の虫が天に登れないようにするため、この日には徹夜しなければならないとされた。 これを「守庚申」という。 また、中国では、庚申の日には、菜食するのがよいとも言われていた。 日本には庚申の晩に生まれた子、あるいは庚申の日の交わりで孕んだ子は盗人になるという言い伝えがあり、庚申の日に生まれた赤子には名に「金」の字を入れれば「ひと様の金を盗らない」という意味で厄除けになるとされた。 の本名である「金之助」は、この俗信にちなむ。 日本では、「庚申さま」として庚申の日そのものも神格化された。 庚申の日の夜は村人が集まって神々を祀り、その後、寝ずに酒盛りなどをして夜を明かした。 これをという。 庚申講を3年18回 続けた記念に建立されたのがで、今も各地に残っている。 丙午 [編集 ] によれば、ももともに剛強なる陽であっての性格をもち、中国ではその年は火災が多いなどといわれていた。 それが日本では、がの年()生まれだという風説があった ところから、丙午の年に生まれたは気性が激しく、の運勢を圧倒して連れ合いを短命にするという俗信に変化した。 これは中心主義の見方であり、迷信俗説に類するものであるが、日本では丙午年の出産が避けられて、新生児の数が他の干支の年よりも少なかった。 この迷信は戦後になっても残り、の出生数は、前年比で45万人減少した136万人だった。 その反動もあり、翌年の丁未の年は新生児の数が例年よりおよそ57万人増え、193万人となった。 なお、同様に火の重なる(ひのとみ)はの一つである。 強の寅 [編集 ] 参照。 干支と年中行事 [編集 ] (の)、『日本の礼儀と習慣のスケッチ』()より 干支は、やと結びついて、各地でさまざまなが行われている。 中国の漢代には、最初のの日にはがで耕し、がで蚕床をはらって、や蚕神をまつる行事があったといわれている。 この行事は、古代日本にも伝播しており、には使用した鋤と箒が現存している。 正月初子(はつね)の日に、山野に出て若菜をつみ、若松をひいて長寿を願った行事が、『』にも記された「子の日のお遊び」であり、平安時代の宮中の年中行事であった。 それ以外で著名なものとしては、次のものがある。 …最初のの日にでが行われる。 …の月初めの午(端午)の日に行われる。 … (前の18日間)のの日。 に入ったり、をしたり、「ウ」のつく食べ物 を食べるとよいとされた。 …旧暦10月のの日に行う刈上げ行事。 …のの日ので行われる祭礼の際、境内に立つ。 子の日祭…がの使獣と考えられたところから、の月(11月)の子の日に行われた。 丑紅…中に作った紅は質が良いとしての日に「丑紅(寒紅)」を売る行事。 戌の日…はお産が軽いとされることから、などにはこの日を選ぶ風習がある。 選日 [編集 ] 天赦日 [編集 ] 干支相生の日とされたは、「よろずよし」の大吉日と考えられてきた。 春(から前まで)は、夏(立夏から前まで)は、秋(立秋から前まで)は、冬(立冬から立春前まで)はの日である。 三隣亡(さんりんぼう) [編集 ] 詳細は「」を参照 選日のひとつ。 以降3度目のの日(初伏)、4度目の庚の日(中伏)、立秋以後の最初の庚の日(末伏)を凶日とする。 庚(かのえ)は「金の兄」で金の陽性であり、金は火に伏せられること(火剋金)から、火性の最も盛んな夏の時期の庚の日は凶であるとする考えに由来している。 それ以外の選日 [編集 ] それ以外の選日に次のものがあり、いずれも干支が用いられる。 (大土・小土)• 干支と占い [編集 ] 漢代にはの解釈学として象数易が流行し、そこでは、易のや、それを構成するに、十二月、十二支、二十四節気、五行、方位などが配当されて、複雑な理論が編み出された。 特にと干支が結びついて占いに用いたものとして、がある。 完成は代のによるといわれており、ののらによって継承された。 後には十二支も易に用いられるようになり、八卦の各爻に干支が当てはめられた。 唐の李淳風は『周易元義』で八卦六位図を伝えている。 一方、は、陰陽五行説や中国古代の音韻理論を応用し、を付加して30に干支を分類したものである。 生まれ年の納音は、その人の運命を判断するのに用いられた。 納音において凶日とされたのがであった。 の日、の日、の日、の日、の日がそれで、家作りは構わないが、動土・地固め・葬式・墓作り・播種・旅行・祈祷などは凶とされた。 その名から、この日に葬式などを行うと、墓を5つ並べるといって忌むことがあった。 十二直 [編集 ] 詳細は「」を参照 十二直とは、の一つであり、十二支とは別の12のサイクルを月に合わせて暦をつくり、その日の吉凶を占ったものである。 中国では戦国時代に萌芽が見られ、秦とでは異なる十二直を使用していた。 現代まで伝わっているのは中国を統一した秦の十二直である。 は、建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉から構成される。 現代における干支占い [編集 ] 現代において干支占いは、やと比べてマイナーである。 やは個人のプロフィールによく記述されるが、干支は記載されないことが多い。 そのせいもあって、干支は血液型や星座などと異なりの扱いを受けないことが多い。 でもあった増永篤彦によって行われた、生日の干支において干から支にひいたとある種の性格分類に相関があるとする研究は、動物占いや動物占いの動物キャラクターを別のもので置き換えた様々な占いに無断で流用されている。 干支の求め方 [編集 ] 年の干支 [編集 ] ある年を(あるいは)で表した値を10で割った余り、すなわち一の位を求め、下表から十干を割り出す。 余り(一の位) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 十干 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙 丁 戊 己 同様に、西暦(あるいは皇紀)で表した値を12で割った余りを求め、下表から十二支を割り出す。 余り 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 十二支 申 酉 戌 亥 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 この二つの組合せが、その年の干支である。 すなわち、西暦と皇紀においては、10の倍数の年が、12の倍数の年が、60の倍数の年がとなる。 例えば、西暦2005年(皇紀2665年)は、2005(2665)を 10 で割った余りが 5 となり、12 で割った余りが 1 となるので、(きのととり・いつゆう)となる。 また、西暦で表した値から 3 を引いて 60 で割った余りが干支一覧の左端の数となる(0の場合は60にする)。 例えば、西暦2005年は、2005から 3 を引くと2002で、2002を 60 で割った余りは 22となり、乙酉が求められる。 現在の日本においては、の年に対して干支を適用することが多いが、伝統的には(から翌年の立春の前日まで)を1つの干支として適用することも多く、一部の占いにおいては今日にも引き継がれている。 また中国においては(農暦)に対して適用している。 月の干支 [編集 ] 十二支はと同じ12個なので、月の十二支は毎年同じになる。 十干は10個なので、十二支と組み合わせると、では5年(60か月)周期で月の同じ干支が繰り返されることになる。 西暦年の下1桁 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 甲と己 4,9 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉 甲戌 乙亥 丙子 丁丑 乙と庚 5,0 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未 甲申 乙酉 丙戌 丁亥 戊子 己丑 丙と辛 6,1 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳 甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑 丁と壬 7,2 壬寅 癸卯 甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉 庚戌 辛亥 壬子 癸丑 戊と癸 8,3 甲寅 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥 甲子 乙丑 ここでいう月は、「暦月」(1日から翌月1日の前日まで)を適用する場合と「」(節気から次の節気の前日まで)を適用する場合とがある。 日の干支 [編集 ] に49を加えて60で割った余りに1を加えると、上表 「干支」のページ、一番上の右側に表示 に示した数字となる。 検表法 十干 A 甲 B 乙 C 丙 D 丁 E 戊 F 己 G 庚 H 辛 I 壬 J 癸 天 干 干 支 紀 日 速 查 表 世紀 日付 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 年 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 16 ユリウス 08 A B C D E F G H I J 00 02 21 23 40 42 61 63 80 82 23 02 06 07 J A B C D E F G H I 04 06 25 27 44 46 65 67 84 86 18 01 04 05 02 I J A B C D E F G H 08 10 29 31 48 50 69 71 88 90 20 03 01 H I J A B C D E F G 12 14 33 35 52 54 73 75 92 94 G H I J A B C D E F 16 18 37 39 56 58 77 79 96 98 22 F G H I J A B C D E 01 03 20 22 41 43 60 62 81 83 17 24 E F G H I J A B C D 05 07 24 26 45 47 64 66 85 87 D E F G H I J A B C 09 11 28 30 49 51 68 70 89 91 19 11 12 C D E F G H I J A B 13 15 32 34 53 55 72 74 93 95 21 09 10 B C D E F G H I J A 17 19 36 38 57 59 76 78 97 99 十二支 A 子 B 丑 C 寅 D 卯 E 辰 F 巳 G 午 H 未 I 申 J 酉 K 戌 L 亥 地 支 世紀 日付 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 年 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ユリウス 11 A B C D E F G H I J K L 00 07 16 23 32 39 48 55 64 71 80 87 96 20 23 09 L A B C D E F G H I J K 14 30 46 62 78 94 17 K L A B C D E F G H I J 05 21 37 53 69 85 07 J K L A B C D E F G H I 03 12 19 28 35 44 51 60 67 76 83 92 99 24 01 05 I J K L A B C D E F G H 10 26 42 58 74 90 21 01 03 H I J K L A B C D E F G 01 17 33 49 65 81 97 18 12 G H I J K L A B C D E F 08 15 24 31 40 47 56 63 72 79 88 95 10 F G H I J K L A B C D E 06 22 38 54 70 86 08 E F G H I J K L A B C D 13 29 45 61 77 93 22 02 06 D E F G H I J K L A B C 04 11 20 27 36 43 52 59 68 75 84 91 16 19 02 04 C D E F G H I J K L A B 02 18 34 50 66 82 98 B C D E F G H I J K L A 09 25 41 57 73 89 例えば、西暦2018年5月21日は、十干日付5月21日I、年18I、世紀20 J 癸 、十二支5. 21E、18E、20 B(丑)、癸丑の日である。 ユリウス暦の場合、西曆年で表した値を80で割った余りを求め(年 mod 80)、その他のステップと同じである。 25G、56G、ユリウス A(子)、甲子の日である。 例を挙げましょう。 1960. 6: 十干HH E戊、十二支LL E辰、干支は戊辰である。 1800. 1: 十干II G庚、十二支II C寅、干支は庚寅である。 1582. -2020. 公式法• 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月 値 m 00 31 -1 30 00 31 01 32 03 33 04 34 閏年 -1 30 mを求める公式 [30. 4] - 1 mod 60• 干支一覧 [編集 ] 「五行」は十干、十二支それぞれの五行をあらわす。 なお、十干が「弟(と)」の場合だけ、十干と十二支の間に「の」を入れて読むのが慣例である。 順 干支 (読み) 五行 その干支に関する事項 1804年—1923年 (日本) 1924年—2043年 (日本) 1 (きのえね・かっし) 木水 (立冬後) (、) 『甲子吟行』() 『』(、甲子の日に執筆開始) 上洛() 開園() 創業(1924年) ・ — — 2 (きのとのうし・いっちゅう) 木土 — — 3 (ひのえとら・へいいん) 火木 (、日本) ・(、朝鮮) — — 4 (ひのとのう・ていぼう) 火木 (、朝鮮) — — 5 (つちのえたつ・ぼしん) 土土 (、) — — 6 (つちのとのみ・きし) 土火 (、朝鮮) — — 7 (かのえうま・こうご) 金火 (、日本) (、日本) — — 8 (かのとのひつじ・しんび) 金土 大土 辛未戸籍(、日本) (1871年、朝鮮) — — 9 (みずのえさる・じんしん) 水金 大土 (、日本) (、日本) — 10 (みずのとのとり・きゆう) 水金 大土 (、朝鮮) — 11 (きのえいぬ・こうじゅつ) 木土 大土 甲戌の獄・甲戌換局(、朝鮮) — 12 (きのとのい・いつがい) 木水 大土 乙亥党論(、朝鮮) — 13 (ひのえね・へいし) 火水 大土 丙子冤獄(、朝鮮) (、朝鮮) (日朝修好条規・江華島条約、、朝鮮) — 14 (ひのとのうし・ていちゅう) 火土 (、日本) — 15 (つちのえとら・ぼいん) 土木 天赦日(後) () — 16 (つちのとのう・きぼう) 土木 小土 (、朝鮮) — 17 (かのえたつ・こうしん) 金土 小土 — 18 (かのとのみ・しんし) 金火 小土 — 19 (みずのえうま・じんご) 水火 小土 (、朝鮮) — 20 (みずのとのひつじ・きび) 水土 小土 — 21 (きのえさる・こうしん) 木金 小土・ (、朝鮮) — 22 (きのとのとり・いつゆう) 木金 十方暮 — 23 (ひのえいぬ・へいじゅつ) 火土 十方暮 — 24 (ひのとのい・ていがい) 火水 十方暮 — 25 (つちのえね・ぼし) 土水 十方暮 — 26 (つちのとのうし・きちゅう) 土土 十方暮 — 27 (かのえとら・こういん) 金木 十方暮 (、日本 創業(、4年後に日本初の創刊) — 28 (かのとのう・しんぼう) 金木 十方暮 — 29 (みずのえたつ・じんしん) 水土 十方暮 (、、朝鮮) — 30 (みずのとのみ・きし) 水火 十方暮 — 31 (きのえうま・こうご) 木火 天一天上 天赦日(立夏後) (、朝鮮) ( 1894年、中国) — 32 (きのとのひつじ・いつび) 木土 天一天上 (、) (1895年、朝鮮) — 33 (ひのえさる・へいしん) 火金 天一天上 — 34 (ひのとのとり・ていゆう) 火金 天一天上 (、、朝鮮) 丁酉文社(、日本) — 35 (つちのえいぬ・ぼじゅつ) 土土 天一天上 『』() ・(、中国) — 36 (つちのとのい・きがい) 土水 天一天上 己亥東征(、、朝鮮) (、朝鮮) 己亥邪獄(、朝鮮) — 37 (かのえね・こうし) 金水 天一天上 (、中国) 庚子賠款(1900年、中国) — 38 (かのとのうし・しんちゅう) 金土 天一天上 (、中国) — 39 (みずのえとら・じんいん) 水木 天一天上 — 40 (みずのとのう・きぼう) 水木 天一天上 癸卯園遊会(、日本) — 41 (きのえたつ・こうしん) 木土 天一天上 — 42 (きのとのみ・いっし) 木火 天一天上 (、日本) (、朝鮮)) (、日本・) — 43 (ひのえうま・へいご) 火火 天一天上 生まれ年にかかる俗信() — 44 (ひのとのひつじ・ていび) 火土 天一天上 (、朝鮮) 丁未印社(、日本) — 45 (つちのえさる・ぼしん) 土金 天一天上 天赦日(立秋後) 戊申の乱(、朝鮮) (、日本) — 46 (つちのとのとり・きゆう) 土金 (慶長条約、、朝鮮) — 47 (かのえいぬ・こうじゅつ) 金土 (、中国) — 48 (かのとのい・しんがい) 金水 辛亥邪獄(、朝鮮) (、中国) — 49 (みずのえね・じんし) 水水 — 50 (みずのとのうし・きちゅう) 水土 — 51 (きのえとら・こういん) 木木 八専 (、朝鮮) — 52 (きのとのう・いつぼう) 木木 八専 — 53 (ひのえたつ・へいしん) 火土 — 54 (ひのとのみ・ていし) 火火 八専 — 55 (つちのえうま・ぼご) 土火 (、朝鮮) (、日本) — 56 (つちのとのひつじ・きび) 土土 八専 — 57 (かのえさる・こうしん) 金金 八専 庚申信仰() (、朝鮮) — 58 (かのとのとり・しんゆう) 金金 八専 辛酉邪獄(、朝鮮) (、中国) ・辛酉改元 — 59 (みずのえいぬ・じんじゅつ) 水土 (、朝鮮) — 60 (みずのとのい・きがい) 水水 八専 癸亥約定(、、朝鮮) — 脚注 [編集 ] []• 『』、『』暦書、『』律暦志• 参考文献:『中国的実在観の研究』 著: 、『中国上代陰陽五行思想の研究』 著: 、『宋代易学の研究』 著:• 参考文献:『中国的実在観の研究』 著: 、『中国上代陰陽五行思想の研究』 著: 、『宋代易学の研究』 著:• 用兵など外事には十干の奇数日、など内事には十干の偶数日を用いるのが良い、という意味。 一般に流布しているのは10巻本であるが、には巻九、十を除いた8巻本が収録されている。 甲骨を用いた占いには、の日以後10日間の吉凶を判断する定期的な卜旬と、開戦・豊作・異常気象の終わりを祈願する不定期的な占いがあった。 この年の紀年は、『呂氏春秋』、『前漢書』賈誼伝、『前漢書』翼奉伝、『史記』歴書では、それぞれ、、、となっており、それぞれ流派の異なる紀年が混在していた。 前漢末にによって整備が始まり、これが最終的に整理されて完全に統一されるのは後漢初期の2年()の改暦であった。 この改暦は、中国における官暦の最初とされる。 十二獣がなぜ十二支と結びつけられたかには、西方のにおけるが各宮の多くを動物で表すことから、その影響を受けたのではないかとする見方がある。 また、これが普及したのは農事暦を農民に教え、浸透させるための便法という説もある。 ただし、が入りがなく、配当も異なっているなど現代のものとは大きく異なる。 中国や韓国にも似た風習がある。 (中国や韓国などにおける猪())が日本では、丑がではなどとなっている。 日本で「猪」がイノシシを表すようになったのは、生肖紀年が伝来した当時の日本では、豚の飼育が必ずしも一般的でなかったからと考えられている。 ヤギを含む• 類人猿を除いたサルを意味する• 『猪』は中国語ではブタを意味する• 『日本書紀』巻第19。 欽明天皇14年、を交代し暦本(こよみのためし)を送るようにとのを発し、翌年、固徳王保尊が暦博士として来日した記事が掲載される。 巻第22には、治下のに百済僧が来日した記事もある。 日本書紀には以来の干支が記載されているが、『』にはない。 銘中の「斯麻」はのと推測される。 しかし、この「癸未年」に対してもとの異論がある。 『日本書紀』推古天皇12年条。 (うしとら、北東)をとする考えは、とくに日本で深められた。 がのような角をもち、皮のパンツをはいて具象されるのも、「うしとら」からの連想である。 なお、鬼退治のための動物が、の伝説では、、なのは、「うしとら」の反対方向が「ひつじさる」で、「ひつじ」の代わりに「とり」「いぬ」が入り、さらに「とり」が「きじ」に代わっていったのではないかという推測もある。 の「わがいほは 都の辰巳(たつみ) しかぞすむ 世を宇治山と 人はいふなり」の「たつみ」とは南東方向を示している。 飯倉(2003)。 - ウィキソース. 庚申の日は60日ごとなので、1年に6回ある。 実際は1668年生まれだった可能性が高い。 『』に「丙午の女は必ず男を食えると世に伝えし」とある。 に基づく暦。 雑節とは以外に設けられた季節の区切りのこと。 本来は、は前、前、前、前の年4回ある。 「ウ」のつく食べ物とは、丑(うし)からの連想と思われる。 や、などであるが、ことにウナギは有名である。 実際に牛を食べなかったのは、肉食が憚られる時代には無理だったこと、当時の牛は肉や乳を供するのではなく主として労働力に用いられていたからなどの説がある。 飯倉(2003)。 納甲という名前だが、実際の占いでは十二支を使用することがほとんどである。 は生まれ年の納音「井泉水」をとしたものである。 参考文献 [編集 ]• 『甲骨文の世界』〈〉1972年2月、ISBN 4-582-80204-4• 日本歴史大辞典編集委員会編『日本歴史大辞典』、1979年11月• 『日本書紀(下) 全現代語訳』〈〉1988年8月、ISBN 4-06-158834-6• 『朝鮮史』、2000年8月、ISBN 4-634-41320-5• 『中国の天文暦法』、1990年11月、ISBN 4-582-50502-3• 大西正男『十干十二支の成立の研究』大西先生論文発刊会、1975年• 奥野彦六『干支紀年考』酒井書店、1976年• 『干支暦抄』紀元書房、1953年• 竹内照夫『干支物語』〈〉1971年1月、ISBN 4-390-10713-5• 水上静夫『干支の漢字学』〈あじあブックス〉1998年12月、ISBN 4-469-23147-9• 『干支から見た日本史』、1996年7月、ISBN 4-620-31122-7• 井本栄一『十二支動物の話-子丑寅卯辰巳篇』法政大学出版局、1999年12月、ISBN 4-588-35218-0• 五十嵐謙吉『十二支の動物たち』八坂書房、1998年11月、ISBN 4-89694-424-0• 『十二支物語』大修館書店、1989年12月、ISBN 4-469-23049-9• 『十二支考〈上〉』〈〉1994年1月、ISBN 4-00-331391-7• 南方熊楠『十二支考〈下〉』岩波書店〈岩波文庫〉1994年1月、ISBN 4-00-331392-5• 『十二支(えと)と十二獣(どうぶつ)』、1996年10月、ISBN 4-8326-0390-6• 『十二支のかたち』岩波書店、1995年2月、ISBN 4-00-260214-1• 石上七鞘『十二支の民俗伝承』、2003年4月、ISBN 4-273-03272-4• 『日本人のしきたり』〈青春新書〉2003年1月、ISBN 4-413-04046-5• 陽史明『最新四柱推命理論 十干と生月「窮通宝鑑」』遊タイム出版、2006年12月、ISBN 4-86010-207-X 関連項目 [編集 ].

次の

還暦とは

本 卦 が えり とも 呼ばれる 数え年 61 歳 の 呼称 は な に

7key. html nen 数え年 呼び名 読み 意味 出典等 2〜3 孩提 がいてい 子供の笑いを「孩」、抱かれることを堤と言い、抱かれて笑う様子を表す言葉から、幼児を指す言葉となった。 孩提之童(文選) 7〜8 三尺の童子 さんせきのどうじ さんじゃくとも読む。 三尺は小さいことを表し、7〜8歳を指す(一尺は2歳半)。 この頃の子供の身長が三尺位だから言う説もある。 無知な者の例えにも使われる語。 - 10 幼 よう 古代中国の年齢区分。 幼学(ようがく)とする説もある。 人生十年曰幼学(礼記) 14〜15 六尺 りくせき 身長が六尺の子供という意味。 - 15 志学 しがく 孔子が学問に志を立てた年齢に由来する。 吾十有五而志学(論語:為政第二) 15(20) 笄年 けいねん 女性の15(20という説も)歳。 初めて簪(かんざし)を刺す年齢とされ、成人の意。 - 20 弱冠 じゃっかん 「弱」は中国周の時代では20歳を意味し、男性の20歳を表す言葉となった。 中国周代の制度で、男子は20歳で冠を付けて成人(元服)したことに由来する。 年が若いことを指す場合もある。 二十曰弱冠(礼記) 20 丁年 ていねん 強壮の時に丁(あた)る年の意で、男性が一人前として認められるようになる満二十歳を指す。 (礼記:曲礼上) 30 而立 じりつ 孔子が学問で自立出来たと考えた年齢。 三十而立(論語:為政第二) 30〜40 壮 そう 人生の中で一番血気盛んで、働き盛りの頃を指す。 古代中国では貴族の男性が妻帯する年齢。 30代から50代半ばを指し、主に40代から50代を指すことが多い。 成年に達してから老年になるまでを指す場合もある。 して妻がいる男性は壮室(そうしつ)と言う(室は妻帯者の意)。 三十曰壮有室(礼記) 40 強仕 きょうし 「強」は気力が強く、分別のあることを表し、「仕」は仕官の意味。 四十曰強而仕(礼記:曲礼上) 40 不惑 ふわく 孔子が心に迷いが無くなったと感じた年齢。 - 50 艾年 がいねん 艾(ヨモギ)に見られる細かな毛のように、髪が白くなる年齢に由来。 五十曰艾(礼記:曲礼上) 50 知命 ちめい 孔子が天命を自覚した年齢。 五十而知天命(論語:為政第二) 60 耆 き - 六十曰耆(礼記) 60 耳順 じじゅん 孔子が人の言動を全て素直に理解出来るようになったと感じた年齢 六十而耳順(論語:為政第二) 60 丁年 ていねん 丁は律令制で二十一歳から六十歳の男性(女性にも使う)を表し、丁が終わる年齢の意。 - 60(80) 下寿 かじゅ 長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。 上寿を百二十歳、中寿を百歳とする説もある。 下寿六十(壮子) 61 華甲 かこう 「華」は「十」が六つと「一」一つに分解出来ることから。 「甲」は甲子の略で六十干支の始めを表す。 - 61 かんれき 生まれた年と同じ干支となることから「暦が還る」の意。 「本卦還り(ほんけがえり)」「華甲」とも言う。 - 61 本卦 ほんけ 還暦と同じく、生まれた年の干支となることから。 - 64 破瓜 はか 女性の16歳を示す破瓜は、男性では64歳。 - 70 古稀 こき 「人生七十(しちじゅう)古来稀なり」と言う杜甫の曲江詩の有名な一節から。 70歳の別称であり長寿の祝い。 人生七十古来稀(曲江詩) 70 従心 じゅうしん 孔子が心の欲するままにして、しかも礼を踏み外さないようになったと感じた年齢。 七十而従心所欲不踰矩(論語:為政第二) 70 致事 ちじ 中国の貴族・高級官僚の引退年齢。 大夫七十而致事(礼記) 70 老 ろう - 七十曰老(礼記) 70(80、90) 耄 ぼう - - 77 喜寿 きじゅ 喜の草書体が「七十七」と見えるところに由来。 「喜の字の祝い」「喜の祝い」とも言われる長寿の祝い。 - 80 傘寿 さんじゅ 傘の略字が「八十」と見えるところに由来。 80歳の別称で長寿の祝い。 - 80(100) 中寿 ちゅうじゅ 長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。 上寿を百二十歳、中寿を百歳とする説もある。 中寿八十(壮子) 81 半寿 はんじゅ 「半」の字が「八十一」に分解出来ることから。 長寿の祝い。 - 88 米寿 べいじゅ 「米」が「八十八」という文字に分解出来ることに由来。 「米(よね)の祝い」とも呼ばれる長寿の祝い。 - 90 卒寿 そつじゅ 卒の略字「卆」を九十と読めることに由来。 90歳の別称であり長寿の祝い。 - 99 白寿 はくじゅ 「白」は「百」から「一」を除いた文字であることに由来。 99歳の別称で長寿の祝い。 - 100 期 き - 百年日期(礼記) 100(120) 上寿 じょうじゅ 長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。 上寿を百二十歳、中寿を百歳とする説もある。 108歳の別称で長寿の由来。 全て足して111となることに由来。 長寿の祝い。

次の