ハウスメーカー人気ランキング。 2020年版建ててよかったハウスメーカーランキング。ローコスト住宅は?

平屋住宅でおすすめのハウスメーカー|ハウスメーカー比較ランキング

ハウスメーカー人気ランキング

住宅着工戸数の推移 ハウスメーカーのランキングをご紹介する前に、全国の住宅着工戸数の推移をご紹介します。 次のグラフは1990年以降の住宅着工戸数を表したものです。 バブル期の1990年頃には170万戸弱の住宅着工戸数がありましたが、2009年のリーマンショック時には77. 5万戸にまで落ち込みました。 1997年の消費税を5%に増税した時には、駆け込み需要で着工数がバブル期並みに増えましたが、その後は一気に120万戸まで冷え込み、そのままほぼ横這い状態になり、リーマンショックの年には77. 5万戸まで落ち込みました。 消費税を8%に増税した際にも駆け込み需要で100万戸弱まで回復。 その後の推移を見ると、一度、冷え込みかけましたが、再び100万戸に迫るほどに回復しています。 しかし、それは賃貸アパートが雨後の筍のように、どんどん建てられているからで、持ち家の着工数は落ち込んだままです。 今後の住宅着工戸数は大きく増えることは無く、将来的には60万戸代まで減るのではないかとも言われています。 住宅業界は非常に厳しい状況にあります。 そのため、大手ハウスメーカーのほとんどは賃貸アパートやリフォームなど、新築戸建て住宅以外にシフトし、すでに、新築よりも売上が多くなっているところもあります。 ハウスメーカーの売上 一覧 そんな大手ハウスメーカーの売上高ベスト10のランキングをご紹介します。 年間売上が1兆円を超える企業が3社あります。 実は、住宅を販売する企業で、これだけ大規模な企業が存在しているのは日本だけです。 他の国では地域に根差した規模の小さな、地元工務店のような会社が存在するだけで、日本のようにハウスメーカーというものはありません。 住宅展示場のようなものもありませんし、日本の住宅業界は非常に特殊です。 また、1兆円を超える売上があっても、そのシェアはわずか2%程度。 ビール業界1位のキリンホールディングスも約1兆円超の売上がありますが、業界シェアは35%超。 住宅着工戸数が減ってきているとはいうものの、住宅業界の市場規模がいかに大きいかが伺えます。 ハウスメーカーの年収 一覧 就職活動をする際には、できるだけ給料の良い会社に採用してもらいたいものですが、消費者の立場から見ると全く逆の見え方になります。 次のグラフは売上ランキングと従業員数ランキングでベスト10に入った企業に勤める従業員の平均年収です。 これは全社員、正社員もパートも、男性も女性も すべて含めた平均値です。 いかがですか? 住宅業界全体の平均年収は592万円です。 タマホームはほぼ平均に近い数字ですが、それ以外は平均を大きく上回っています。 さすがは一流企業ですね~ なんて、感心している場合ではありません。 その給料を誰が負担しているんでしょうか? それを考えると、 従業員の給料が高いというのは考え物です。 この中で、一条工務店に関しては従業員の平均年収は公表されていないので、となっています。 坪単価 木質系 鉄骨系 コンクリート系 80万円~ スウェーデンハウス 70~80万円 住友林業 三井ホーム(注文) 三菱ホーム 積水ハウス ダイワハウス(注文) へーベルハウス パナホーム 大成建設 (パルコン) 65~75万円 セキスイツーユーホーム ミサワホーム セキスイハイム 60~70万円 一条工務店(注文) 大成建設(パルコン) トヨタホーム レスコハウス 55~65万円 一条工務店(規格) ヤマダホームズ(注文) 三井ホーム(規格) ダイワハウス(規格) 50~60万円 住友不動産 東急ホーム 日本ハウスHD 45~55万円 アイフルホーム クレバリーホーム ユニバーサルホーム 40~50万円 タマホーム 30~40万円 ヤマダホームズ(ネット).

次の

平屋住宅でおすすめのハウスメーカー|ハウスメーカー比較ランキング

ハウスメーカー人気ランキング

輸入住宅メーカーランキング10! 輸入住宅の人気のハウスメーカーを、特徴と共にランキング形式でご紹介していきます。 1位 スウェーデンハウス 出典: 主な住宅商品:SAKITATE、mjuk、HUS ECO ZERO 坪単価:80~90万円ほど バリアフリーの先進国スウェーデンの住宅のノウハウを詰め込んだ、ハウスメーカーです。 輸入住宅メーカーとしては30年以上の実績を持っており、スウェーデンで一般的に普及している住宅を国内で建てることができます。 北欧の寒い地域の高断熱性や気密性を取り込んでおり、冬暖かく夏涼しい理想の住まいへとみちびきます。 木製サッシにトリプルガラスの建具を採用しており、本格的な輸入住宅の雰囲気を発揮します。 自由度の高い間取りとすることができるので、満足度が高い住まい作りとすることができます。 2位 ブルースホーム 出典: 主な住宅商品:オリジナルプランなので商品名は無し 坪単価:45~60万円ほど スウェーデンハウスと共に人気なのが、ブルースホームです。 関東で幅広く展開していますが、各都道府県に加盟店があります。 最大の特徴は、自由度の高さです。 住宅つくりの際はオプションなどの自由が効かない場合がありますが、ブルースホームは好みのメーカーや仕様の選択ができるので、フルオーダーの輸入住宅を造ることができます。 建材卸売国内シェア1位のジャパン建材を擁してより、使える建築士座を世界中から豊富に調達することができます。 多種多様なデザインや機能性のある、輸入住宅つくりを行うことができます。 カナダで部材の製造を行って日本に輸出することでコストダウンとしており、性能に対して値打ちのある価格を提供しています。 世界基準の高気密・高断熱性能を備えており、「スーパーE住宅」や「ザ・ホーム」などを展開しています。 高級なイメージのレンガを使っていますが、オーストラリアの提携工場より直輸入しているので、高品質な材料を適正価格で提供してもらえます。 4位 三井ホーム 出典: 主な住宅商品:VENCE、chou chou、Spanish 坪単価:55~80万円ほど 三井ホームといえば通常の住宅建設というイメージがありますが、都会的なモダンな住宅の輸入住宅も多く取り扱っています。 洋風のデザイン性の高い注文住宅が売りであり、いいリスのチェダースタイルやプレーリースタイルなど、様々な輸入住宅のパターンが用意されています。 プロジェクトリーダーや建築か、インテリアコーディネーター。 エクステリアデザイナーがチームとなって対応してくれるので、理想の輸入住宅に出会うことができます。 「プレミアム・モノココック構法」により、高い耐震性を発揮して丈夫な建物へとみちびき、大手ならではの安心できる輸入住宅を手に入れることができます。 5位 インデュアホーム 出典: 主な住宅商品:HIRAYA、リ・プレジャー、サーレークラッシィ 坪単価:35~70万円ほど 本社が岩手県花巻市の、輸入住宅を提案する全国ネットのハウスメーカーです。 北米やイギリス、カナダ、スペイン、フランスなどの伝統的な輸入住宅を提供してくれます。 使っている素材の大半は天然無垢の自然素材であり、ドアや階段、フロアーなどはじめ、塗料にいたるまで天然の素材であふれています。 部材や建材は海外直輸入品なので、現地の住宅のような高いデザイン性を実現させることができます。 100年以上持つと言われている海外住宅の知恵を取り入れており、耐久性の高いツーバイモノコック構造を採用しているので、耐震性が高い輸入住宅を提供してくれます。 6位 天草ハウジング 出典: 主な住宅商品:Blaregn、SVENSKA HUS、BRICK HUS 坪単価:60万円から 北米風の「ブラーレン」や北欧風の「スヴェンスカヒュース」などが人気の輸入住宅ハウスメーカーです。 レンガ積みの住宅が好評であり、カラーはレッドだけではなくいれおーやホワイト系などバリエーションが豊富です。 スウェーデンから輸入した天然の無垢材を採用しており、素朴で暖かみのある空間作りとすることができます。 どのシリーズも24時間換気空調システムを導入しており、高い室内の快適性へとみちびいてくれます。 家じゅうどこにいても、寒暖の差を感じることなく過ごすことができます。 7位 東急ホームズ 出典: 主な住宅商品:Millcreek NOBLE、Millcreek VINTAGE、Millcreek COLLECT 坪単価:55~65万円ほど 北欧デザインを中心に南欧や英国風の輸入住宅のプランなど豊富に用意されています。 ミルクリークという伝統的なデザインを基調とした輸入住宅の販売を行っており、ミルクリークにある住宅街のような広大な緑あふれる地域に建てるようなイメージを、住宅つくりのコンセプトとしています。 空間を大胆につなげたオープンプランニングが特徴的であり、エントランスやホール、リビング、キッチンまでを一切仕切らずに大空間にすることができ、欧米の家のような広々とした空間つくりができます。 横だけではなく縦へのつながりも意識しており、吹き抜けと天井高2. 7mのハイフレームも提案しており、縦と横の広がりにより立体感と開放感へとみちびきます。 8位 ロビンスジャパン 出典: 主な住宅商品:ハイジ・フォーシーズンナチュラル・ライフ、オレゴン&カントリー 坪単価:24万円から 予算に合わせた輸入住宅プランを提供してくれる、評判の会社です。 北米タイプやプロバンスタイプ、ヨーロピアンタイプ、イングランドタイプなど、各国の様式から選ぶことができます。 坪単価24万円からのローコストのプランも用意されており、「輸入住宅は高い」という概念を取り払った他にはない輸入住宅会社です。 低予算で輸入住宅つくりが可能な理由は、社内に優秀な建築家を在籍させていることです。 ローコストと聞くと性能や品質の面で不安に思う方もいると思いますが、ロビンスジャパンは第三者の建築士の現場検査を全棟に導入しており、精度の高い建物つくりを行っていますので、安心です。 9位 メープルホームズ 出典: 主な住宅商品:赤毛のアンの家、ニューヨークデザイン、コンテンポラリースタイル 坪単価:45万円から 様々なデザインの輸入住宅を展開している、埼玉のハウスメーカーです。 南欧風や北欧風、北米風、英国風など、様々な輸入住宅を造ることができます。 輸入住宅でありながら全てオーダーメイドの家つくりを展開しており、高いデザイン性と機能性、本物の素材などの輸入住宅ならではの良さを発揮し、豊かなライフスタイルに合わせた輸入住宅つくりができます。 自然素材にこだわっており、無垢材や安全な塗料、壁材、テラコッタなど、健康にこだわった安心の材料を採用しています。 10位 北洲ハウジング 出典: 主な住宅商品:Noah SERIES、Alsace SERIES、Wales SERIES 坪単価:55~60万円ほど コンセプトは「グッド・エイジング」であり、長く使える住まい造りに力を入れている輸入住宅会社です。 エコ住宅にこだわっており、平成元年にはカナダから技術者を招いて実施施工研修などを行って、当時の世界最高基準だった省エネルギー住宅を完成させており、エコへの取り組みを進めてきました。 北欧系のドイツ式のデザイン設計で、本格的洋風住宅を提供しています。 様々なラインナップがあるので、好みの輸入住宅に出会うことができます。 後悔しない注文住宅を建てるならハウスメーカーや工務店などの情報収集は必須。 家づくりを経験した人の7割が平均10社以上のカタログ資料を取り寄せ比較検討しています。 下のボタンから条件に合う住宅メーカーのカタログ資料をもらうことができます。 輸入住宅とは? 出典: 輸入住宅には、明確な線引きというのは実はありません。 しかし、輸入住宅産業協議会では、「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入して国内建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。 ごく一部分を輸入住宅っぽく造るのは輸入住宅ではない ごく一部分を輸入住宅っぽく造ったものは、輸入住宅とは呼びません。 ある程度輸入部材を採用して「海外の設計思想による」という部分を該当させることにより、輸入住宅という名称になります。 海外の設計による思想は材料だけではなく、外観やインテリアデザイン、ゆったりした間取り、高断熱・高気密、耐震性の高さ、バリアフリー仕様、素材の質感などが重視されていることです。 これらが輸入住宅の魅力であり、これらが加わっていないと輸入住宅と呼ばれません。 輸入住宅の部材の輸入先 日本で建てられている輸入住宅の部材は、北米や北欧などから輸入しています。 部材の輸入先により外観やデザインの傾向などが変わるので、輸入住宅の部材の輸入先は非常に重要となります。 輸入住宅の相場はどれぐらいなのか 輸入住宅の相場は、坪50~70万円程度です。 お安く建てられるハウスメーカーや高いハウスメーカーもありますが、一般的には一般住宅よりも多少高い程度の坪単価で建てることができます。 輸入住宅のデメリットから見る選ぶ際の注意点 輸入住宅には、デメリットもあります。 これらのデメリットも踏まえて、選ぶ際の参考にしましょう。 価格が割高 木材や資材を海外から輸入していることもあり、どうしても費用は高上りとなってしまいます。 将来間取りの変更が難しい場合がある ハウスメーカーなどの工法にもよりますが、中には将来間取りの変更が難しい場合があります。 日本の一般的な住宅に場合は壁を取り払って間取りの変更が可能な場合が多いのですが、輸入住宅の場合は難しい場合があります。 将来間仕切りの変更を考えている場合は、間仕切りの変更を加味した構造で建てるように計画しないといけません。 リフォームに多くの費用が掛かる場合がある 輸入住宅の場合、内装や外装などに特殊な材料を使っていることがあり、将来リフォームする場合に撤去に費用が多くかかってしまうことがあります。 輸入住宅のメリット! 輸入住宅には、このようなメリットがあります。 イメージしていたよりもお手頃価格で購入ができる 輸入住宅というのは輸入物を使っているので高上りのイメージがありますが、実際には多種高めの程度の場合が大半です。 そのため、イメージよりもお手頃価格で購入することができます。 中には低価格で提供している輸入住宅メーカーもあるので、意外とお得に購入することも可能といえます。 天然素材に囲まれた生活 輸入住宅は天然素材を使っているメーカーが多いので、天然素材に囲まれた生活を送ることができます。 新建材のような無機質感がなく、暖かみのある空間とすることができます。 一般的な住宅にはないデザイン性 輸入住宅は、一般的な住宅と比べると目立ちます。 そのため、他のお宅と差をつけた住まいとすることができます。 住宅街の中に洋風の住宅があると、目立ちます。 性能面の高さ 輸入住宅は、断熱性や気密性が高いのが大きなメリットです。 北米や北欧の気孔に適した資材を使っているので、高い性能の住宅となります。 換気機能に力を入れているメーカーも多く、高い性能の住宅を手に入れることができます。 耐震性の高さ 輸入住宅で多いのが、ツーバイフォー住宅です。 その理由は、現在北米で最も主流となっている工法がツーバイフォー工法だからです。 ツーバイフォー住宅は面で支える構造なので、在来工法と比べると1. 5~2. 0倍もの耐震性があります。 まとめ:輸入住宅はこんな人におすすめ! 輸入住宅は、こんな方にオススメです。 ・デザインに優れた住まいがほしい ・欧米のような住まいがほしい ・人とは少し違う家に住みたい 輸入住宅は、デザインの優れた外観など特徴的な住宅が多くあります。 インテリア性に富んでいて人と違う住まいを探している場合は、輸入住宅を検討してみましょう。 輸入住宅は多くの種類やデザインがあるので、時間をかけて好みの1つに出会いましょう。

次の

平屋住宅でおすすめのハウスメーカー|ハウスメーカー比較ランキング

ハウスメーカー人気ランキング

「注文住宅のハウスメーカー・工務店でおすすめってどこ?」 「注文住宅の会社の口コミ・評判ランキングが知りたい!! 」 「家を建てるなら満足度の高い人気住宅メーカーから選びたい!」 新築マイホームで1番の悩みとなるのが、ハウスメーカー選びですよね。 ハウスメーカーは大手・中堅から地域密着型 ローカル まで数多く存在しますが、一生に一度の大きなお買い物となるマイホームだからこそ、どこのハウスメーカーに依頼するのかは慎重に決めたいところ。 そこで今回は、2019年ハウスメーカーおすすめランキングをご紹介! ハウスメーカーはもちろん、工務店や建築設計事務所の中でどこの会社が人気なのか、実際にマイホームを注文住宅で建てた方々100名に協力してもらい、満足度や評判などの口コミとあわせて「建てて良かった」と思うハウスメーカーを教えてもらいました。 建てて良かったハウスメーカー人気ランキング【おすすめ10選】 実際に注文住宅を建てたり建売住宅を購入して、「建てて良かった!」「買って良かった!」と思われているハウスメーカーを比較してみましょう。 今回のランキングでは、全国展開している大手ハウスメーカーから中堅ハウスメーカー、工務店・建築設計事務所までを対象に、 マイホーム購入者の口コミをもとにトータル的な満足度ランキングを作成しました。 また、• 外観・内装のデザイン性• 商品展開・営業による提案力• 住宅性能• 保証・アフターサービス これら5つの視点での当サイト独自の評価と併せて、購入者からの口コミ・評判もご紹介していますので、あなたにとって住宅会社はどこがいいのか、ハウスメーカー選びに役立てて下さい。 [調査期間:2018年5月16日~5月27日、調査方法:Webアンケート] Researched by お洒落なハウスメーカーは?デザイン 外観・内装 の満足度ランキング【おすすめ3選】 自分好みのデザインの家を建てられるのは、注文住宅の最大の魅力。 せっかくのマイホームだからこそ妥協することなく、ついつい自慢したくなるようなオシャレな住宅を建てたいものです。 そこで、 『外観・内装のデザイン性が高いハウスメーカー』を人気ランキングBEST3でご紹介します。 [調査期間:2018年5月16日~5月27日、調査方法:Webアンケート] Researched by 価格が安いハウスメーカーは?購入費用・坪単価の満足度ランキング【おすすめ3選】 注文住宅会社を選ぶ基準として、家の建築にかかる値段はとっても重要です。 そこで、 『家の建築費にかかった金額について満足度の高いハウスメーカー』を人気ランキングBEST3でご紹介します! あわせて、ランクインしたハウスメーカーのおおよその坪単価相場についても記載しています。 [調査期間:2018年5月16日~5月27日、調査方法:Webアンケート] Researched by 営業担当者の評判が良いのは?接客満足度ランキング【おすすめ3選】 満足のいく家づくりができるかどうかは、ハウスメーカーの各担当者に大きく左右されると言っても過言ではないくらい、大切な要素となります。 営業ノルマのために売ることだけを考えて接客する担当者ではなく、施主に寄り添いながらリーダーシップを発揮して家づくりを進めてくれる担当者が多くいる住宅会社に依頼したいですよね。 そこで、 『担当者の接客スキル 提案力 について満足度が高いハウスメーカー』を人気ランキングBEST3でご紹介します。 [調査期間:2018年5月16日~5月27日、調査方法:Webアンケート] Researched by 保証が充実しているハウスメーカーは?アフターサービス満足度ランキング【おすすめ3選】 注文住宅で建てるマイホームは、賃貸で住む家とは違い長年住むことになる家です。 やはり年月が経過すると家もメンテナンスが必要になりますし、修繕費用は大きな出費になりがちなので、手厚い保証サービスを受けられるハウスメーカーが好ましいです。 [調査期間:2018年5月16日~5月27日、調査方法:Webアンケート] Researched by 厳選!大手ハウスメーカー8社で比較ランキング! ここまで、注文住宅の購入者による口コミ・評判をもとにしたハウスメーカーのおすすめランキングをご紹介しましたが、中堅ハウスメーカーやローコストハウスメーカー、工務店なども合わせて比較しました。 ですが、ご紹介した住宅会社の数も多いため 「信頼性の高い大手ハウスメーカーの中から選びたい!」という人も多いのでは? そこで次は、一般に住宅業界の中で大手ハウスメーカーと言われる、• ダイワハウス 大和ハウス工業• 積水ハウス• 住友林業• 三井ホーム• ヘーベルハウス 旭化成ホームズ• セキスイハイム• パナソニックホームズ 旧パナホーム• ミサワホーム 上記の8社に選択肢をググっと絞って、価格や坪単価・住宅性能などの特徴について細かく比較してみましょう。 上位3社は大手ハウスメーカーの中でも高級ハウスメーカーと言われるため、建築費用の平均相場は3,000万円台後半と高め。 大手8社で安いハウスメーカーは?坪単価ランキング! ハウスメーカー名 特徴 住友林業 住友林業は、木が持つ本来の力を活かした家づくりをするハウスメーカーで、木造住宅を中心とした商品グレードを展開。 木造住宅を建てるハウスメーカーの中でナンバーワンの技術力と高級感のある住宅を建てることができるので、木造にこだわった注文住宅を検討している人にとっては第一候補と言えます。 また、木造住宅でも高い耐震性能を実現できることを証明しているメーカーとも言え、長く安心して住むことができる家づくりをしています。 セキスイハイム 積水化学工業 セキスイハイムは工場で生産した構造ユニットを現場で組み立てる手法で、工期を短くすることに成功しているハウスメーカーで、人件費を抑えられるために坪単価も大手ハウスメーカーでは安いです。 また、太陽光発電システムを搭載した住宅建築数では業界で1位を獲得しているのが特徴です。 積水ハウス 積水ハウスは今までの建築戸数 供給戸数 はNo. 1の実力派メーカーです。 業界最大手とも言える積水ハウスにもかかわらず、ハウスメーカーの悩みでもある自由度の低さも数多くの商品ラインナップを用意することで、幅広いニーズに応えられるように企業努力も重ねられている一面も。 またZEH ゼロ・エネルギー・ハウス の普及率も業界1位となっていて、その信頼感と安心感は確かなものと言えます。 ダイワハウス 大和ハウス工業 ダイワハウスは主力商品であるxevo ジーヴォ シリーズをメインに、建売・注文どちらも販売戸数を伸ばしているハウスメーカーです。 長期の保証やアフターサービスがあることと、大手のブランドバリューによって安心感のある家を手に入れることが可能です。 パナソニックホームズ 旧パナホーム パナソニックホームズは名前の通り家電メーカーのパナホームと連携した家づくりで、最高品質の住宅設備で快適なマイホームを建ててくれるだけでなく、自由度の高い設計を可能にする15cm刻みのモジュールを採用しています。 また、家電や住宅設備だけでなく、汚れが付きにくいキラテックという光触媒の外壁素材の評価も高いハウスメーカーです。 ヘーベルハウス 旭化成ホームズ へーベルハウス 旭化成ホームズ は、CMで流れているのでイメージが定着している人も多いですが、都市部の狭い土地に建てる3階建てタイプの家づくりで有名です。 優れた制振装置による高い耐震性も人気の理由の1つで、高品質の家づくりが可能なハウスメーカーと言えるでしょう。 ミサワホーム ミサワホームは分譲住宅に強いハウスメーカーです。 住宅のデザイン力に優れ、GOOD DESIGN賞を何度も受賞しています。 また、独自性が高く企画力のある住宅作りに評判があり、人工木材や蔵のある家など業界でも新しいことに取り組んでいます。 三井ホーム 三井ホームは高いデザイン性で評価を集めているハウスメーカーで、さらに地震にも強い耐震性を兼ね備えているという特徴があります。 こだわりを詰め込んだ注文住宅を建てたいと考えている人にとっては最有力候補のハウスメーカーとなりやすく、こだわった分だけ建築費用に反映されるので、先述の相場や坪単価ランキングで1位になった要因とも考えられそうです。 やはり業界内での大手ハウスメーカーということもあり、8社とも住宅性能はとても高いです。 その中でも、強みとしている部分がそれぞれ各社にあるので、 あなたがマイホームに求めているものと照らし合わせてみて各社の特徴を活かす家づくりをしてみると、マイホーム購入で失敗する可能性を低くすることができます。 建築工法・住宅構造&断熱性能をランキング比較! 次に、各ハウスメーカーが開発している主な商品グレードの、工法や構造、断熱性能などについて比較してみましょう。 構造については木造・鉄骨造があり、大手ハウスメーカーでもその工法は様々。 6 UA 値はすべて公式サイトやプレスリリースで確認した情報です。 6よりもUA値が小さい』と推測した参考値となります。 さらに比較してみた!ハウスメーカーの売上や販売戸数・口コミまで徹底比較! さらに、人気のおすすめハウスメーカーが一覧で確認できるように、 『売上』・ 『販売戸数 着工件数 』・ 『口コミ評判の満足度』などで格付けランキングしてみました。 住宅の施工実績や販売実績などからおすすめのハウスメーカーを探してみたい場合や、実際に家を建ててもらった購入者の口コミ・評判などの顧客満足度を参考にして、人気のハウスメーカーを探したい場合に役立ててみてくださいね。 実績の高いハウスメーカーは?売上金額ランキング! 数多くあるハウスメーカーの中から、売り上げ金額が高い順に10社までをランキング表にまとめました。 順位 ハウスメーカー名 顧客満足度 1位 スウェーデンハウス 79. 64点 2位 ヘーベルハウス 旭化成ホームズ 78. 05点 3位 住友林業 77. 91点 4位 積水ハウス 77. 15点 5位 三井ホーム 77. 14点 6位 一条工務店 76. 91点 7位 パナソニックホームズ 旧パナホーム 76. 80点 8位 セキスイハイム 積水化学工業 76. 31点 9位 ダイワハウス 大和ハウス工業 76. 30点 10位 トヨタホーム 76. 参考記事: そこで、少しでも費用を抑えながら住宅性能にも満足ができる 『コストパフォーマンス コスパ 重視』でハウスメーカーを探すなら、ローコストハウスメーカーの検討も視野に入れて情報収集を進めていきましょう。 下記の記事では、ローコストハウスメーカーの中でも人気の高い、おすすめ住宅会社をランキングでご紹介しています。 関連記事 注文住宅を建てるならどこがいい?失敗しないハウスメーカーの選び方 注文住宅にしても建売住宅にしても、初めてのマイホーム購ではどの住宅会社を選べばいいのか分からないですよね。 ハウスメーカー 大手・中堅• 工務店• 建築設計事務所 などなど、家を建てる業者も様々です。 そんな中で『住宅会社選び』で失敗しないコツは、 たくさんのハウスメーカーや工務店を見比べてみる事です。 各ハウスメーカーが建てる家のデザインや間取り・設置される住宅設備などを比べてみて、 好みや雰囲気などあなたの直感でどこがいいのか絞っていくと、不思議なくらいスムーズに選択肢を絞っていくことができますよ! まずは、ランキングで気になったメーカーやその他の色んなメーカーの資料やカタログを今すぐ取り寄せて、 どんな家が建てられるのかをご家族みんなでパンフレットを眺めてみましょう。 売上や販売 着工 戸数・口コミなどの顧客満足度から、建築費用の相場や坪単価、断熱性能や工法などの住宅の特徴についてまで比較してみましたが、気になるハウスメーカーは見つかりましたか? ハウスメーカーの数も多いので、選ぶ決め手がないとどこがいいのかなかなか判断が難しいですよね。 ただ、各メーカーにはそれぞれメリット&デメリットがあります。 ハウスメーカー選びで1番大切なことは、 『必ず複数のメーカーで見比べてみる』ということ。 あなたがマイホームに求める家の性能であったり、家の価格が適正なのかどうかは、 複数のハウスメーカーを比較してみないと分かりません。 1社だけで進めることはマイホーム購入を失敗させる要因となり得ますので、失敗を防ぐためにもたくさん比較するようにしましょう。

次の