ウエスト くびれ 作り方。 短時間で効く!ウエストの「くびれ」の作り方とは?

ウエストを細くする筋トレ 綺麗なくびれの作り方!

ウエスト くびれ 作り方

男性でくびれができやすい体の特徴として、骨盤が歪んでいないことが挙げられます。 バランスのいい筋肉を目指す上で骨盤を整えることは非常に重要な要素であると言えます。 また、骨盤が歪んでいると身体全体が歪んで見えることになりますので筋肉を鍛えたとしても綺麗に見えない場合もあるのです。 そのため、直立した時に身体がどちらかに傾いていたり、筋肉の付き方が右半身と左半身が大きく違う場合には整体等で骨盤をしっかり整えることが必要になります。 骨盤を整えることでくびれができやすくなるだけでなく、身体に様々な良い影響が出てきますので、意識するといいでしょう。 このトレーニングは道具を使わずに強い腹斜筋を鍛えるのにおすすめです。 また、このトレーニングは消費カロリー量も多いトレーニングであり、腹回りのぜい肉を落としたい人には是非取り入れて欲しいトレーニング方法になります。 もしも横っ腹のぜい肉が気になるような状況であれば、このトレーニングをゆっくりと時間をかけてやることをおすすめします。 基本的に脂肪が落ちていくのはトレーニング開始後20分が経過してからとなるので、身体に無理がない程度にゆっくりやると、腹斜筋が付きつつもお腹周りの脂肪が燃焼されることでしょう。 バイシクルクランチの方法• 仰向けになる• 膝を90度に曲げる• 頭の後ろに手を回して少し頭を持ち上げる• 左手の肘と右足の膝が触れるように動かしていく• 元の状態に戻して反対側も同じようにする• これを最初は左右10回ずつ慣れてきたら20、30回と増やしていく• これを2セット、30秒のインターバルをあけながら行う 男性のくびれを作る筋トレの方法としてサイドエルボーブリッジが挙げられます。 この方法はバイシクルクランチに比べると初心者にもはじめやすいトレーニング方法だと言えます。 静止できる時間が初心者と上級者で変わってきますが、徐々に静止できる時間が伸ばせるように意識をすると効果的なトレーニングが可能となります。 サイドエルボーブリッジの方法• 膝を伸ばして上半身もしっかり伸ばして横向きに寝る• 膝を肩の真下に付き全身が一直線になるように腰を持ち上げる• 全身が真っ直ぐになったら上に来ている方の腕を真っ直ぐに上に伸ばします• 姿勢を維持し静止する• 最初は10秒、慣れてきたら20~30秒の静止を目指す• これを2セット、30秒のインターバルをあけながら行う 男性のくびれを作る筋トレの方法として、ヘビーサイドブリッジが挙げられます。 ヘビーサイドブリッジはサイドエルボーブリッジに比べるとバランス感覚が必要なトレーニングであり、身体の柔軟性を上げる効果も見込めるトレーニングです。 他のトレーニングと是非組み合わせて欲しいトレーニング内容となります。 ヘビーサイドブリッジの方法• 膝を伸ばして上半身もしっかり伸ばして横向きに寝る• 膝を肩の真下に付き全身が一直線になるように腰を持ち上げる• 全身が真っ直ぐになったら上に来ている方の腕を真っ直ぐに上に伸ばします• の状態から、上側に来ている脚を肩と同じ高さまで上げて姿勢を維持し静止する• 最初は10秒、慣れてきたら20~30秒の静止を目指す• これを2セット、30秒のインターバルをあけながら行う 男性のくびれを作る筋トレの方法として、サイドクランチが挙げられます。 サイドクランチは腹斜筋を付ける効果も十分に見込めますが、ぜい肉を落としたい人には特におすすめしたいトレーニング方法です。 初心者でも比較的長時間繰り返しやすいトレーニング内容ですので、是非ウェイトダウンを意識して継続しましょう! サイドクランチの方法• まずは膝を少し曲げて横になる• 上側の手を頭の後ろに添える• 身体は真っ直ぐに保ちつつ横になったまま上体をゆっくりと起こしていく• の時におへそをのぞき込むようにしてその状態を約3秒間維持する• ゆっくりと元の状態に戻す• この動作を20回繰り返す• これを2セット、30秒のインターバルをあけながら行う 男性のくびれを作る筋トレの方法として、リバーストランクツイストが挙げられます。 このトレーニングは脚部のストレッチの効果もありますので是非他のトレーニングと組み合わせたい内容になります。 トレーニングにおいてはストレッチの要素も大事になってきますので、そういった意味では一石二鳥の内容と言えるでしょう。 リバーストランクツイストの方法• 仰向けになる• 両手を横に伸ばして力を抜く• 両足を揃えながら膝を曲げずに上方へ持ち上げる• 両肩が地面から離れないようにして両足を右側に倒す• の状態で静止する• 元に戻して逆も同じように行う• これを2セット、30秒のインターバルをあけながら行う 男性のくびれをなくす方法として、プロテインの使用が挙げられます。 プロテインを定期的に服用することで、筋肉の付き方に差が出てきます。 プロテインは補助食品なのにも関わらず効果が高い場合が少なくありません。 プロテインには様々なタイプがありますので、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。 男のくびれを作って魅力的な身体を作ろう! 男のくびれは男性の魅力を上げる要素になりますので是非ともくびれを目指してトレーニングに励んでください。 また、くびれを作るためには骨盤も整える必要もありますしストレッチも欠かせないので、総合的に強い身体を作る必要があります。 幅広いトレーニングを実現すれば、短い期間でくびれを作るのも夢じゃないでしょう。 トレーニングを続けることで肉体が強化されて異性からモテるようになるだけでなく、様々な物事に対してのパフォーマンスを上げることができます。 くびれを作ることだけを目標にするのではなく、根本的に強い男になることを目指しましょう。 ここで紹介したことを広い範囲で役立ててもらえたらとてもうれしいです!•

次の

ウエストのくびれの作り方は意外と簡単!楽してくびれを作る方法 | 女性の美学

ウエスト くびれ 作り方

キュッと引き締まったウエストはそれだけでも全身が細く見えます。 ところがこのウェストのくびれはただダイエットをすれば手に入るものではないのです。 もちろん、痩せていればそれだけウェストも細く見えますが、くびれとはバストとヒップとのバランスも大事。 ただ細いだけではないというのがポイントです。 薄着になる時は特に気になるウェストのくびれ。 その作り方を知って、美しいボディラインを手に入れませんか。 普通の腹筋運動ではウエストはくびれない! ウェストのくびれを作ろうと一生懸命腹筋運動をしていませんか? 残念ながら普通の腹筋運動ではウェストのくびれは作れません!それなぜか。 腹筋はひとつではないからです。 腹筋には• 腹直筋• 腹斜筋• 腹横筋 の3つがあり、普通の腹筋運動で鍛えているのは体の正面の腹筋である腹直筋です。 俗にシックスパックと呼ばれる割れた腹筋を作るにはこの筋肉を鍛えればいいのです。 ウェストのくびれを作るには残りの2つ、腹斜筋と腹横筋を鍛えなければいけないのです。 ウエストをくびれさせるために使う筋肉 ウェストのくびれを作るためにどの筋肉を鍛えればいいのかはわかりました。 それでは具体的に、それぞれどのような筋肉なのかをご紹介していきます。 お腹の横にある腹斜筋 腹斜筋はお腹の横、斜めにある筋肉で外腹斜筋、内腹斜筋の2種類があります。 外腹斜筋 肋骨から骨盤にかけて斜め下方向へつながっている筋肉で骨盤や内臓を支えています。 お腹のコルセットのような働きをしています。 内腹斜筋 外腹斜筋の奥にあり、骨盤側から肋骨にかけて伸びていて、外腹斜筋と反対方向には知っている筋肉です。 体幹を支え、腹腔という壁を形成します。 この2つの筋肉が同時に動くことによって体をひねる動きが可能になるのです。 一番奥にある腹横筋 腹斜筋のさらに奥にあり、その名の通り筋繊維が横に走っています。 まるでベルトのような筋肉で、お腹を引っ込める時に使う筋肉ですね。 大笑いした時に痛くなる筋肉と言った方がわかりやすいでしょうか。 非常に薄い筋肉ではありますが、ここを鍛えるとコルセットのように体を支え、安定させることが出来ます。 ウエストがくびれるとメリットがたくさん! 男性は意外とウェストのくびれを気にするものです。 少しくらいぽっちゃりしていてもウェストのくびれがある人と、痩せてはいるけどメリハリのないボディとどちらがいいかというと、断然ウェストがくびれている方なんですね。 理想のウェストのくびれはヒップとのバランス それでは理想のウエストのサイズはどのくらいなのでしょうか。 細ければいいというわけではないウェスト、理想のくびれサイズは?これはヒップとのバランスがとても大事です。 「WHR」の値を理想に近づけていくとくびれを作ることが出来るのです。 7 これは、アメリカの心理学者であるシン博士が16カ国で調査を行った結果、導きだした理想の値。 つまり、理想のくびれサイズは体重など関係なく、ヒップのサイズが重要だったわけです。 となったらまずはヒップを測ってみましょう。 ヒップのサイズから理想のウェストのサイズを割り出し、そのサイズに近づくようにエクササイズを頑張っていきましょう! あきらめていた好きな服が着られる 体重はそれほど多くなかったとしても、ぽっこりと出たお腹は目立つし恥ずかしいですよね。 薄着になる季節は特に気になります。 ついついチュニックなどウェストが隠れるような服ばかり選んでしまっていませんか? ウェストさえくびれていれば、どんな服でも好きな服が着られるようになります。 それだけでも、ウェストのくびれを作るメリットがあると思いませんか? くびれさえあれば体にフィットした服でも、パンツでもシンプルなTシャツでも、どんな服でも着られます。 もう ベルトの上にお肉が乗る心配はありません。 くびれているだけでメリハリボディに見える くびれがあればボディにメリハリが出来るので、全体的に細く見えるというメリットがあります。 ウェストのサイズが同じだったとしても、バストやヒップも細いと全体的に寸胴に見えてしまいますが、くびれがあるとそれだけでスタイルがよく見えるから不思議です。 見た目だけバストアップ?胸が大きく見える バストのサイズが同じだったとしても、ウェストにくびれがあるかないかで見た目は大きく違ってきます。 ウェストがくびれていることでバストが強調され、サイズ的にはそれほど大きくなくても豊かなバストに見えるんです。 やっぱり「ボン・キュン・ボン」のバランスが大事だということですね。 姿勢がよく、若く見える ウエストがくびれていない人は総じて猫背で姿勢が悪い人が多いようです。 それは腹筋を使えていないから。 くびれのある人は腹筋が使えていて体幹がしっかりしているので姿勢が良いのです。 姿勢が良いだけでぐっと見た目も若くなるんですよ。 見た目年齢を下げるためにも姿勢はとても大切だということですね。 実際に、姿勢が悪いと老けた印象になると感じている女性が多いようです。 ウエストをくびれさせるためのエクササイズ それでは毎日簡単に続けられるウェストのくびれを作るための脇腹エクササイズをご紹介しましょう。 簡単なものばかりなので、楽々くびれを作ることが出来るでしょう。 ひとつでもいいですし、時間があればいくつか組み合わせてやってみて下さい。 慣れてきたらちょっと上級編のものにも挑戦してみて下さい。 寝る前の下半身ひねりストレッチ 寝る前のほんの数分、横になって出来るエクササイズです。 仰向けに寝て両手を自然に広げます。 両足をそろえてゆっくりと上に上げます。 両足をそろえたままゆっくりと右に倒していき、床すれすれで止めます。 脚を真ん中に戻したら、左側にも同様に。 10回3セットがんばってみましょう。 ポイントは腰を捻ること。 腹斜筋が使えていることを意識しながらやってみて下さい。 これできつい方は、足は曲げたままで持ち上げないで、上半身だけ左右にひねる運動でも十分効果があります。 腹式呼吸を利用したドローイン ドローイン(draw in)という聞き慣れないエクササイズの名前ですが、腹式呼吸によってインナーマッスルを鍛える方法です。 筋トレなどが苦手な方におすすめです。 姿勢よく立ちます。 鼻から息を吸ってお腹を膨らませます。 ゆっくりと口から息を吐きながらお腹をへこませます。 一番へこんだところで30秒キープ(呼吸は止めなくてよい)。 これを1日10回行います。 もちろん、最初のうちは回数がそんなに出来ないと思いますが、場所を選ばず出来るので、思いついた時にやってみて下さい。 ちょこちょこやっているとそれなりの回数になると思います。 ドローインは寝たままでも出来ます。 横になって膝を90度に曲げた状態で行います。 日中出来なかったら寝る前にやってみてもいいでしょう。 誰でも簡単にできる腕振り運動 腕を振るだけのシンプルなエクササイズでありながら有酸素運動の効果もあるといわれている腕降り運動。 きつい運動をせずにくびれを作りたい方におすすめです。 真っ直ぐ前を向いて姿勢よく立ちます。 足を直線になるように前後に開きます。 腕を前後に大きく振ります。 100回振ったら足を前後入れ替えます。 腕は真っ直ぐ伸ばしたままでもいいですし、ひじを90度に曲げるとさらに運動効果が上がります。 腕を振るときに、• 二の腕• ウェスト• デコルテ• 肩周り• 肩甲骨 を意識してみて下さい。 かなり広範囲に色々な筋肉が使われていることがわかると思います。 また、足を前後に開いて姿勢よく立ったまま腕を振るという動作は体幹がしっかりしていないとふらついてしまうので、インナーマッスルを鍛えることにもつながります。 全身の血行が良くなり、• 肩こり• 頭痛 が解消される人もいるそうです。 慣れていないと30回くらいでもきつかいもしれません。 最初は出来る範囲で。 徐々に回数を増やしていけば大丈夫です。 骨盤矯正も出来るお尻歩き運動 ウェストのくびれを作るだけでなく、下半身の引き締めにも効果があるお尻歩き運動です。 テレビを見ながらでも気軽にできるのが魅力です。 両足を伸ばして床に座ります。 右足を遠くに伸ばすようなイメージでお尻を使って足を前に出します。 次は同じように左足を前に出します。 これを繰り返してお尻で前進していきます。 20〜30歩くらい進んだら、今度はバックしてみましょう。 反動をつけて行うと腰が反ってしまって傷める可能性があるので、ゆっくりやってみましょう。 常に姿勢をよく保つことが十分な運動になる 良い姿勢を保つことはそれだけで十分な運動になります。 電車の中や信号待ちをしているときなど、ふと人目を気にせずにだらんとした姿勢で立っていませんか。 数十秒から数分の時間でも、全身の筋肉を意識しているかどうか、それだけでも十分なエクササイズになるんです。 お腹を引っ込める• 胸を張る• あごを引く など、良い姿勢を保つことを常に意識して下さい。 全身の筋肉が効率的に使われていることがわかるはずです。 くびれを作るエクササイズを続けるコツ くびれを作る方法をいくつかご紹介しましたが、これよりももっと難易度の高いものもありますし、色々と楽しみながら続けて欲しいと思います。 そう、どんなに効果が高いといわれているエクササイズも続けなければ意味がありません!少しずつでもいいので継続してチャレンジしてみて下さい。 すぐに成果を出そうとして無理をしない エクササイズの回数や時間はあくまでも目安です。 出来ないと気は出来なくてもいいんです。 毎日な同じことをやっていて飽きてしまう場合は、今日は腹斜筋、明日は、というように部位を替えてやってみるのもおすすめです。 とにかくすぐに効果が欲しい、と無理をしないこと。 急に2~3日集中してやってもダイエット効果はすぐには現れません。 正しいやり方でエクササイズをすること どのエクササイズも、脇腹にしっかり効いていることを意識しながら、使いたい筋肉をきちんと使ってやっていかないと効果が半減してしまいます。 回数をこなすよりもやり方が大事。 最初はたくさん出来なくてもかまわないので、しっかりと筋肉を動かすことを頭においてエクササイズをして下さい。 何かの合間にする、ついでにやる 続けていくためには「楽」でないといけません。 ですから、仕事の合間や寝る前など、何かのついでにやるのが一番です。 お風呂の後など、ボディケアをしながら、というのでもいいですね。 大事なのは「習慣化」することです。 運動だけでは足りない!?ウエストをくびれさせる生活習慣 ウェストのくびれを作るためには運動以外にも大事なことがあります。 体を冷やさないこと 夏だからといって冷たいものばかり摂っていませんか。 冷たい飲み物や食べ物ばかりを食べていると体が冷えて代謝が落ちるので、太りやすい体になります。 お腹周りに余分な脂肪がつかなければくびれが自然にできることをお忘れなく。 ウェストのくびれを作るエクササイズをしながら、食べるものにも気をつけて下さい。 1日3分でくびれは作れる!全身のダイエットにも やみくもに運動をしても効果が見られずに飽きてしまいます。 成果がでないことが続かないことの一番の理由ですよね。 でもウェストのくびれは、他の部位に比べて成果が出やすい、わかりやすいところです。 しかも器具もいらず、長時間のきつい運動も必要なく、気がついた時に、なにかのついでにできるところが素晴らしい! ウェスト周りを鍛えることはぽっこりお腹を解消し、内臓を正しい位置に戻す効果もあります。 そうすると胃腸の働きも良くなり代謝が上がるので、全体的なダイエット効果も期待できるのです。 これまで辛い食事制限やきつい運動でダイエットがつづかなかった人も、今回ご紹介した簡単なエクササイズでウェストのくびれを作りながら、ダイエットにも成功してほしいと思います。

次の

ウエストを細くする筋トレ 綺麗なくびれの作り方!

ウエスト くびれ 作り方

エステでウエストのくびれに効果が高い施術方法 ウエストのくびれを無くしている原因には、脂肪と体のむくみの2種類があります。 自分の原因に応じた施術方法を選んでくださいね。 リンパマッサージ は最もポピュラーなエステ施術の一つです。 むくみが解消できて1回の施術でくびれが実感できる人が多いですが、効果は一時的です。 細胞と細胞の間にある細胞間液の滞りにより、むくみが生じます。 老廃物をリンパマッサージでリンパ管を通じて体外へ排出することで、むくみを解消します。 お腹周りのむくみが解消されると、一時的にくびれができることが多いのですが、リンパの流れが悪くなるとまた元の状態に戻ってしまいます。 しかし、ある程度はおなか回りがスッキリした状態が継続するので、海水浴やプールなど何かの予定に合わせて2~3日前に施術するのは良いでしょう。 キャビテーション は、超音波を当てて圧力を加えることで気泡を生じさせ、気泡が弾ける衝撃で脂肪細胞を破壊していくマシンです。 放出された脂肪滴(中性脂肪)は、リンパ管を通じ体外へ自然排出されます。 脂肪細胞自体の数を減らしていくので、脂肪が沢山ついている人に効果があります。 短期間でくびれを作れて効果を実感しやすい施術方法です。 ただし、代謝があまりよくない人の場合、脂肪滴を体外へ排出するのに時間がかかる為、その間に脂肪細胞が再生されてしまうというデメリットもあります。 これを回避するために、リンパマッサージなど代謝を促す施術をキャビテーションと組み合わせます。 ラジオ波 RF ラジオ波は電磁波の一種で、特定の周波数・出力で照射すると、肌深部まで温め脂肪を溶かせます。 ちなみにアポトーシスはネクローシス(壊死)とは違い、細胞が機能を失う際、腫れや炎症などのリスクがほとんどありません。 ラジオ波による施術はお腹周りの脂肪細胞を溶かし減らしてくれるので、即効性があります。 脂肪が沢山ついている人におすすめの施術方法です。 リンパマッサージなど代謝を向上させる施術と組み合わせることで、より高い効果が期待できます。 一旦凍った細胞は元の体温に戻っても機能しないので、そのまま老廃物として体外へ排出されます。 冷却によって死滅した脂肪細胞は1~2ヶ月かけて体外へ排出されるため、時間がかかるのがデメリットです。 カップで吸引しながら冷却するタイプの脂肪冷却は、施術後に吸引部分が赤くなって内出血することもあります。 1週間程度は跡が残るため、夏場水着を着る場合はタイミングに注意してくださいね。 光痩身 は、特殊な光を脂肪細胞に照射して溶解させます。 液状化した脂肪(中性脂肪)は、数日から数週間かけて体外へ排出されます。 脂肪細胞の数そのものを減らせるので部分痩せに向いていて、ウエストのくびれをつくるのにおすすめの施術方法です。 施術時の痛みはなく、リバウンドしにくいのも特徴です。 ウエストのくびれを作るためエステサロンへ通う回数と頻度 一般的には週1回ペースで3カ月通うのが理想とされています。 ウエストのくびれを定着させるためにはトータルで12回程度必要です。 キャビテーションなど即効果のある最新の痩身マシンを使用する場合はもう少し少ない回数で済みます。 体験者の口コミによると3回~5回の施術で、ほとんどの人が目で見てわかるくらいの痩身効果を実感しています。 エステで受けたウエストのくびれ効果が持続する期間 お試し体験コース1回でのウエストくびれ持続期間 個人差はありますが、エステのお試し体験コース1回でできたくびれが持続するのは、おおよそ2日間です。 代謝が良い人、日常生活や食生活に気をつけている人、普段から運動をしている人の場合は長く持続する傾向にあります。 中には、1週間くらいくびれを保てたという人もいます。 反対にエステの施術後に暴飲暴食をしてしまうような人だと、次の日には元のお腹に戻ってしまうこともあります。 通常のコースでのウエストくびれ持続期間 エステの通常のコース(3ヵ月~4ヵ月)を終了した人のウエストくびれ持続期間は、長い人だと12ヵ月~24ヶ月、短い人は6ヵ月ほどでした。 リバウンドしない人としてしまった人の違いには体質もありますが、普段の食生活や運動状況にも差があるようです。 自己管理が甘くなりがちな人は、コース終了後も1~2ヵ月に1回はリバウンド防止や生活習慣のチェックのためにエステに通うことをおすすめします。 エステでウエストのくびれができる人とできない人の違い エステでくびれができる人とできない人では、どのような違いがあるのかみてみましょう。 基礎代謝の違い エステの施術を受けてくびれができやすい人は、血流や代謝がよい人です。 代謝がよいと、施術によって更に体温が上がり、脂肪分解酵素リパーゼの働きが活発になります。 また、基礎代謝を高め、摂取エネルギーより消費エネルギーを大きくすることによって、脂肪を燃焼しやすい状態を作れます。 反対に、代謝が悪くウエスト周りが水太りしている人は、施術効果は現れやすいけれどすぐに元に戻ってしまう傾向にあります。 生活習慣の違い 生活習慣によっても、くびれのできやすさに差がでます。 食事を食べ過ぎてしまったり、不規則に食事を摂っていたりする人は、1回の食事量を減らし3回きちんとバランス良く摂るようにしましょう。 運動やマッサージを取り入れて血流を良くするのもおすすめです。 長時間する必要はないので、ちょっとした隙間時間を利用して行う努力をしましょう。 飲酒に関しては、必ずしも断酒する必要はありませんが、適量を守り飲み過ぎたら休肝日を設けましょう。 完璧な生活習慣を作り上げる必要性はないので、できる限りコントロールしてみてくださいね。 自己管理が意外に効果を発揮しますよ。 姿勢の違い 姿勢が悪く猫背だと、肋骨と骨盤の距離が狭くなります。 そうすると、自然とお腹に脂肪がつきやすくなり、ウエストのくびれができにくくなります。 内臓の位置が若干下にずれて、寸胴型の体型になりやすいので注意しましょう。 骨盤の開きやゆがみも、姿勢が崩れてウエスト周りに余分な脂肪をつきやすくします。 骨盤のゆがみを矯正しダイエットができる「」もあるので参考にしてみてください。 筋力の低下から姿勢が悪くなってくることもあるので、簡単なエクササイズや内臓をもとの位置へもどす運動などを取りいれるとよいでしょう。 ウエストのくびれを作るのにおすすめのエステサロン さまざまな技術を使ってウエストのくびれを作るのに、おすすめしたいエステサロンを紹介します。 ミスパリダイエットセンター ミスパリダイエットセンターは、その名の通り痩身全般、お腹やせにも強い痩身専門店です。 先進痩身法であるトリプルバーンZは、専用機器を使用してセルライト・皮下脂肪・内臓脂肪を燃焼していきます。 吸引しながらもみほぐし、ミクロの波による脂肪燃焼、EMSによる筋肉運動、遠赤外線による循環促進などを行います。 激しい運動や食事制限などを頑張らずに、リバウンドしにくい細いウエストを手に入れたい人におすすめです。 コースは少々高めの料金設定ですが、3大ボディ贅沢コースのお試しは初回限定1,000円で受けられます。 温めた青玉かっさを使った独自テクニックでのボディメイク、キャビテーションによって気になる部分を集中的に温め、低周波によるエムキューブで筋肉までしっかりとケアできる、80分間の充実したコースです。 高級エステサロンの技術力を1度試してみたい人におすすめです。 創業40年記念のキャンペーンで店舗によっては予約がとりにくいため、早めに申し込みましょう。 コース名 3大ボディ贅沢コース 通常料金 ビジター価格28,000円相当 お試し体験料金 1,000円 施術内容 青玉かっさ、TAKANO式キャビボディ、エムキューブ20 店舗 東北から九州まで エルセーヌ 500円でお試し体験できる、人気の「-8㎝やせる体験」コースがあるエルセーヌ。 両二の腕・ウエスト・下腹・ヒップ・両太もも・両ふくらはぎ・両足首のサイズダウン合計が-8cmに満たなければ返金する制度があるほどの実力派サロンです。 コース内容は、遠赤外線ドームによる大量発汗&血行促進、微弱電流と温熱効果による血行促進、低周波による引き締め、リンパに沿って流すハンドトリートメントです。 70分のフルコースがワンコインで受けられるとてもお得なコースなので、本気で痩せたい人はWebから申し込んでみましょう。 コース名 目指せ!合計-8cmやせる体験キャンペーン(新・美脚時代コースのお試し) 通常料金 不明 体験料金 500円(WEB限定特別価格) 施術内容 遠赤外線ドーム、イオンパック&ボーン、Oラインポイントトリートメント 店舗 北海道から九州まで スリムビューティハウス オリエンタルエステのスリムビューティハウスは、骨盤ケアに定評があります。 500円で受けられる骨盤ダイエットBeautyは、30万人以上が体験した大人気のコースです。 骨盤周りの筋肉強化、カッピングによるリンパの巡りケア、ハンド技術によるお腹の集中ケアといった充実の施術内容による70分の体験です。 姿勢が悪くてお腹周りの脂肪が気になる人におすすめです。 コース名 骨盤ダイエットBeauty 通常料金 不明 お試し体験料金 500円 施術内容 Mキューブウェーブ、ドクターメドマー、オリエンタルパック、ヒートマット、カッピング、お悩み別トリートメント 店舗 北海道から沖縄まで全国 バイオエステBTB 痩身専門店バイオエステBTBのセルライト徹底ケアコースでは、国内の専門メーカーとの独自開発マシンである「セルファイア」を使って、お腹や脚についたセルライトケアを行っていきます。 事前にはしっかりとしたカウンセリングも行っており、その場でウエストのくびれが欲しいことをきちんと伝えることで、セルファイアをより効果的に活かすことが可能です。 モデルやタレントも多数通っているだけではなく、雑誌や各メディアでも多く取り上げられている有名な痩身専門店となります。 ウエストのくびれ部分だけアプローチしたいとお考えなのであれば「部分集中ケア」のお試し体験コースを初回500円で受けることができるのでおすすめです。 コース名 セルライト徹底ケア 通常料金 部分集中ケアコース:1回16,000円 全身徹底ケア:1回30,500円 EMS搭載 劇的セルライトケア:1回52,000円 お試し体験料金 部分集中ケアコース:1回500円 全身徹底ケア:1回2,000円 EMS搭載 劇的セルライトケア:1回5,000円 施術内容 吸引、ローリング、ラジオ波、EMS 店舗 全国 エステでの施術後ウエストのくびれ効果を下げてしまう行動 エステでウエストのくびれに効果がある施術を受けた後、気を付けてほしい行動について紹介します。 施術直後の食事を避ける エステで施術をうけた直後の体は、代謝が非常に高まっています。 この時食事を摂ると、栄養素が普段より吸収されやすくなっているため、脂肪もつきやすいといえます。 施術後2時間~3時間は食事をとるのは避けましょう。 冷たい飲み物を避ける エステの施術後に冷たい飲み物をたくさん摂ると、内臓を冷やしてしまい基礎代謝を下げてしまいます。 せっかくのエステの施術による代謝アップ効果を半減させないように注意しましょう。 お酒も肝臓や腎臓に負担をかけて代謝を下げてしまうので、当日の飲酒は避けたほうが無難です。 施術後にすぐ寝るのを避ける エステの施術後の体は、運動をした後のように案外疲れています。 リラックスもしているので眠たくなると思いますが、直ぐに寝てしまうと代謝が下がります。 エステの施術後3時間ぐらいは温かいハーブティーなどで水分補給をし、体を休めるとよいでしょう。 運動が好きな人は、ウオーキングなどで脂肪燃焼を図るのもおすすめです。 自宅で簡単なウエストのくびれを作るエクササイズ ここでは、隙間時間を利用して簡単にできるエクササイズ方法を紹介します。 普通の腹筋運動はくびれ作りにはあまり適していませんが、以下のエクササイズをエステと並行して行えば、ウエストの引締め効果がアップするので是非試してみてください。 ドローインエクササイズ ドローインエクササイズは、腹式呼吸をして腹斜筋を鍛えウエストに働きかけます。 ウエストのくびれを作るのに、腹斜筋(体をひねるときに使う筋肉)を鍛えるのはとても有効です。 寸胴体型の改善効果もある筋トレです。

次の