ガンマ gtp。 γ

γ

ガンマ gtp

ガンマGTPが上昇する原因 アルコール お酒、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテル、栄養ドリンク、みりんといったものに含まれているアルコールを摂取することにより、ガンマGTPが上昇します。 薬剤 抗けいれん薬、ステロイド薬、抗てんかん薬、向精神薬といった薬剤を使用している人の場合、ガンマGTPが高まってしまいます。 油脂 ガンマGTPの検査を受ける前に食事で油脂を摂取し過ぎたことが原因で、ガンマGTPが上昇するケースがあります。 胆道系の病気 胆石、胆道系のがん、原発性胆汁性肝硬変といった胆道系疾患を引き起こしている場合、ガンマGTPが高まります。 すい臓がん すい臓がんを引き起こしている人の場合、ガンマGTPの数値が上昇しています。 肥満 太り過ぎになっている人は、ガンマGTPが高値を示しやすい傾向があるでしょう。 運動不足 体を動かす習慣がない人は、ガンマGTPが上昇しやすいのが特徴です。 ガンマGTPが高いのは問題なのか 数値自体が高くなっていることで悪影響が及ぶことはありません。 しかしながら、健康に悪い生活習慣、病気、薬剤の使用といった具合に、ガンマGTPを高める原因が必ずあることが問題なのです。 治療のための薬の使用はやむを得ませんが、それ以外のものは自分で改善したり、適切な治療を受けて、数値を改善することが大切といえるでしょう。 ガンマGTPが低い場合の問題・病気 ガンマGTPが正常値を上回っている場合は当然、肝臓などの病気の疑いがあるため改善しなければいけません。 しかしながら、正常値を下回っている場合は何か問題はないのか、病気をしていないのかと心配になっている人もいるでしょう。 今回はガンマGTPが低い場合、どんなことを考えられるのか、問題の有無も含めて解説します。 ガンマGTPが基準値を下回った場合の問題・病気の有無 基準値を下回るとなると一桁になりますので、極端に低いと不安に感じる気持ちは理解できます。 ただ、現状の医学では低い分には全く問題がない、病気の可能性もないといわれています。 どういう場合にガンマGTPが低くなるのか ガンマGTPはお酒に敏感に反応するため、アルコールを摂る機会が少ない人は基準値を下回ることがあります。 とくに一滴も飲まないような人の場合、基準値より低い数値を示すことが少なくありません。 また、女性は元々女性ホルモンの関係でガンマGTPは低くなりますし、基準値も正常値、異常値共に男性と比べると低めに設定されています。 さらに妊娠している場合、これも女性ホルモンの影響でガンマGTPが低くなりやすいのです。 該当しない場合には 中にはお酒を飲んでいるにも関わらず数値が低いなど、ここで取り上げた低い数値を示す原因に該当しない人もいるでしょう。 低くてもとくに問題はないといわれていますが、心配だという人は医師に問題はないのか、病気をしていないのか話をしてみてはいかがでしょうか。 ガンマGTPが高い場合の問題・病気 ガンマGTPの正常値をわずかにでも上回ると、なんらかの病気を引き起こしている可能性があり、より詳しく調べなければいけなくなります。 中にはどういう病気を引き起こしている可能性があるのか、知りたいという人もいるでしょう。 ここで解説していますので、興味のある人はチェックしてみてください。 ガンマGTPが基準値を上回った場合に引き起こしている疑いがある病気 ガンマGTPが正常値より高くなっている人の場合、まずはさまざまな肝臓の病気を引き起こしている可能性があります。 具体的な病気の名称としては、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、薬剤性肝炎、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変といった肝機能障害が挙げられます。 また、肝臓関連の病気以外にも引き起こしている可能性があり、胆道が圧迫されていたり、閉塞が起こっていることによって、ガンマGTPが血液中に流出している疑いもあります。 ガンマGTPのセルフチェックはできるのか ガンマGTPを調べずに、自分で肝機能をチェックするのは困難です。 というのも、肝臓の病気などを引き起こしていたとしても、これといった症状が深刻な状態になるまで起こらないのが肝臓の厄介なところだからです。 ただし、まったくセルフチェックする方法がないかというとそうではなく、肝臓が悪いと食欲がわかなくなったり、お酒がおいしくない、酔いのまわりが悪いと感じたりします。 また、顔面が黄色みを帯びてくる黄疸(おうだん)の症状も自分や周囲が見てわかる変化ですので、注意深く観察してみるとよいでしょう。

次の

ガンマGTPの基準値・病院に行くべき数値は?

ガンマ gtp

沈黙の臓器と言われるだけに、気づいたときには手遅れということも多いので 定期診断による早期発見は欠かせません。 診断でわかる肝機能数値の正常値は以下の通りとなっています。 詳しいことは、以下のコラムを読んでみてくださいね。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、自覚症状が現われにくく、気づいたときにはもう手遅れ…ということも十分にありえます。 というわけで早期発見のためにも定期的な健康診断は欠かせません。 そこで今回は、健康診断でわかる肝臓とかかわりの深い肝機能数値について、ご紹介したいと思います。 特にアルコール性肝障害や、胆石で胆道がふさがれたときに数値は上がりやすいと言われています。 以下、数値と疑われる病気について書いておきますので、参考にしてください。 数値が100を超えた場合は、禁酒も覚悟し、病院にも行くようにしましょう。 ・10~50(成人男性) ・ 9~32(成人女性) 正常値。 正常値より低くても問題ありません ・正常値の上限~100… アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝で多くみられる数値です。 肝硬変、肝がんの可能性もあります。 ・100~200… アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎で多くみられる数値です。 肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患の可能性もあります。 ・200~500… アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯で多くみられる数値です。 慢性活動性肝炎の可能性もあります。 ・500以上… 急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などでみられる数値です。 これらはほとんど同じ働きをするのですが、GPTのほとんどは肝臓に存在するのに対し、GOTは肝臓だけでなく、腎臓や赤血球、心臓や手足の筋肉などにも存在するという違いがあります。 これらは、肝臓に含まれる酵素で、肝細胞が壊れたり、細胞膜の透過性が増すことで、血液中に酵素が流れ出すことで、数値があがります。 したがって、肝臓に異常があった場合は、ほとんどの場合両方の数値が上がりますが、GOTの数値だけが上がって、GPTの数値が上がらない場合は、心筋梗塞や筋肉の組織が壊れたなどが考えられます。 肝臓において、GPTとGOTの数値を比べると、脂肪肝や慢性肝炎の場合はGPTがGOTの数値を上回り、症状が肝硬変に進行すると逆転してGOTがGPTを上回ることになります。 これより低いからと言っても特に問題はないのでご安心ください。 正常値以上100未満の場合は、慢性肝炎や肝硬変、脂肪肝の疑いがあるので要注意。 また、ウイルス性肝炎の場合は、数値が100を越え、悪化すれば500を越える数値になることもあります。 ここまでくれば立派な病気。 絶対にすぐに病院へ行って治療を受けましょう。 手遅れになる前に、自分の数値がどれくらいなのか、自分の肝臓がどういった状態なのかを認識し、正常値を上回っている場合はきちんと病院に行くようにしましょう。 そのときは禁酒も覚悟しなければならないかも知れません。 そうならないためにも、日頃からアルコールの摂取量には注意しながら、「その時だけ楽しければ良い」ではなく、「いつまでも楽しくお酒を飲めるように」、自分で自分のカラダをいたわってあげるようにしましょう。

次の

γ

ガンマ gtp

これらは肝臓が障害され肝細胞が壊れると、血液中に大量に漏れ出すため、肝機能検査に利用されている。 肝臓は病気があっても痛みを伴わない臓器として有名で、自覚症状が出にくい。 そのため、人間ドックなどで定期的に血液検査による肝機能検査を行うことは重要だ。 数値の読み解き方や、異常があった場合の対処法について解説する。 おもに、肝臓や胆管の細胞に傷がつき、死滅したときに血液中で上昇すると考えられている。 もっとも多いのは、アルコールの過剰摂取による肝障害だが、一切飲酒をしていない場合でも上昇することがある。 たとえば、薬の副作用による肝障害、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝がんなどが挙げられる。 どのような薬でも副作用が出る可能性があり、肝臓は薬剤の代謝に関わるため肝機能障害を引き起こす薬剤は多い。 近年、食生活の欧米化、運動不足などにより肥満、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が増加しているが、過剰なエネルギー摂取は、肥満だけでなく、肝臓への脂肪沈着の原因にもなり、放っておくと脂肪肝につながる。 アルコールを過剰摂取していないか• 肥満ではないか• もしアルコールや肥満、薬剤によるものが疑われれば、禁酒、減量、疑わしい薬剤の中止を行う。 また、肝機能を評価するほかの血液検査項目や、肝炎ウィルスの検査項目などを追加し、再度採血を行うことがある。 肝臓や胆道系の疾患(肝炎や肝硬変、胆石症、がんなど)は、超音波検査やCTなどの画像検査で精密検査を行うことが多い。 超音波検査は、肝臓や胆のう、腎臓などを調べるのに適した検査だ。 超音波がはねかえることによって得られる画像で、炎症や出血、腫瘍などがないか判断する。 CTは、放射線を使用しながら全身の臓器を輪切りにしたような画像を得ることができる検査で、超音波ではわからなかった病気も確認できることがある。 具体的には、アルコールの過剰摂取をしない、適切な体重を維持する、適度な運動を行う、野菜や魚を中心にして脂っこいものや糖分の多い食事を控える、不要な薬剤やサプリメントは摂取しない、などを心がけるとよい。 思い当たる生活習慣があれば、ぜひ正してほしい。

次の