妊娠 検査 薬 フライング 3 日前。 早期検査可能なドクターズチョイスのワンステップ妊娠検査薬10回分

妊娠検査薬を生理予定日の3日前にフライング検査しました

妊娠 検査 薬 フライング 3 日前

引用: そして、 着床2日後ぐらいから、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン) が急激に分泌されるようになってきます。 妊娠時の週数ごとのhCG基準範囲は下記の通り。 7以下 妊娠3週:0~50 妊娠4週:20~500 妊娠5週:500~5000 妊娠6週:3000~19000 妊娠8週:14000~169000 妊娠12週:16000~160000 妊娠24週:2500~82000 妊娠36週:2400~50000 参考文献: これでいくと、 早い人で妊娠3週、遅くとも妊娠4週(生理予定日の週)で検査可能になるということです。 やっぱり、 高温期7日目、8日目でのフライングは早すぎるようでした。 この時、私が上2人の時に唯一感じた妊娠初期症状の下腹部のチクチクが続いていたので、着床したのか?と思ったけど、陰性でガッカリ。 でも、きっと早すぎだったんだ。 と信じて、翌日 高温期9日目にやった検査薬 写真だと微妙なのですが、 ドゥーテストの方に薄っすら影のような反応が・・・ ひとまず、着床はした様子に一安心! これからしっかり濃くなっていけばOKです。 この薄さが続くとそのまま 科学的流産ということもあり得る状態。。。 翌日からは、ドゥーテストはお高いのでDAVIDで検査。 フライング検査することのデメリット 科学的流産を知ることになる 生理予定日1週間後の検査であれば知ることのなかった科学的流産を知ってしまうこともあります。 とても残念で悲しいことではありますが、 『着床までは出来た』とポジティブに捉えられるようならデメリットにはならないと思います。 初診へ行くまでの時間が長くなる 結局、検査薬で妊娠を知れても、流産や異常妊娠の可能性までは分かりません。 病院で検査するまでは安心出来ないのですが、あまり早くに行っても胎嚢すら確認が出来ず、逆に不安になるだけだったり、保険適用外の高い診察料を余計に払うことになります。 初診は結局は早くても生理予定日1週間後の5週か、出来れば6~7週ぐらいまで待った方が心拍も確認出来て良いタイミングだと思います。 そうなると、フライング検査で陽性を見てから、3週間ぐらいはモヤモヤ気になって仕方ない期間を過ごすことになります。 どちらにしろ病院へ行くまで安心出来ないのであれば、フライング検査はしなくてもいいのかもしれません。 さいごに 上記の通り、私の場合は 高温期9日目/生理予定日5日前からの反応となりました。 個人差があるものなので、hCGの分泌が早い人、ゆっくりな人がいたり、排卵日がハッキリ特定出来ていなくて計算とズレていたり、不妊治療でhCG注射を使用している人などはまた違った反応になるかとは思いますが、一例として参考にしていただければと思います。 フライングをしても、結局エコーでその存在を確認するまでは安心できないし、余計な検査薬代がかかるので、いいのか?悪いのか?というかんじですが、私は 妊娠出来たのか出来なかったのかでモヤモヤするより、初診へ行くまでのモヤモヤの方がマシだと思ったので、毎回フライングしてきました。 生理予定日まで待てないせっかちさんは高温期9日目ぐらいから試してみるのもいいと思います。

次の

妊娠検査薬フライング常習犯の検証結果。いつから陽性反応が出たのか。

妊娠 検査 薬 フライング 3 日前

結婚して、子どもを望むようになってから、毎月妊娠しているのかドキドキするようになりました。 今月は来るのか? 来ないのか? 予定日よりも数日遅れているけれど、遅れているだけなんか、いやいやじつは妊娠してるのかも? そんなことをぐるぐる考えてしまう 妊活期。 通常の妊娠検査薬は生理予定日一週間後から検査できるのですが、それよりも少し早く結果を知るという方法。 妊活ブログなどを見てみると、それを生理予定日から一日おきに検査するようなのですが、検査薬のお値段は一本当たり500円~で、気軽に何度も試せるものではない(涙)。 しかしこの「フライング検査薬」、海外では一本当たり70円ほどで購入できるお手軽のものもあり、さっそく購入してみることにしました。 購入本数は20本1400円ほど。 数日して、海外の差出人から商品らしきものが届いたのですが…。 日本の分厚いスティックタイプの妊娠検査薬に慣れている私は、小さな封筒に入っているものに、「一体どんな妊娠検査薬なの!? もしかして、騙された?」と疑心暗鬼に。 違いは大きさのみ。 よく考えてみると、日本製のものはプラスティックに覆われているけど、妊娠判定に必要なのは中の脱脂綿のような部分。 だったら中身だけの方がかさばらなくていいのかもしれない。 判定精度はわからないけれど…。 生理予定日も待ちきれず、その二日前ほどから早速試してみることにしました。

次の

知りたい!妊娠検査薬はいつから陽性反応が出る?フライングはOK?!

妊娠 検査 薬 フライング 3 日前

こんばんは、新米ママのtononecoです。 わたしにはいわゆるベビ待ちな時期がありました。 結果的には運良くタイミング法で子どもを授かることができたわけですが、それでも 「妊娠してるかな?!」と期待して待つ期間はドキドキするものです。 これはせっかちなわたしがフライングで妊娠検査薬を使った時の体験談。 生理周期はわりと正確 生理があまり遅れることのないわたしは、 いつもより3日ほど遅れたところで我慢できなくなりました。 「もう、ちょっと、検査してみよ!」とすでに買ってあった検査薬を使うことに。 妊娠検査薬について わたしが使用した妊娠検査薬はいわゆる一般的な、尿をかけて線が現れるかどうかで検査結果が出るものです。 前提としてこれらの検査薬は生理予定日を過ぎて7日めあたりからの使用を推奨しています。 生理予定日を過ぎてから3日目でフライング検査 どきどきしながら検査薬を使ってみましたが…。 「(線出ず。 )だめか…」 がっかりして、そのままキャップをして袋に戻し、さらに袋に入れてゴミ箱へすぐ捨てました。 けれど… 諦めきれず、20分くらいしてから、もう一度見てみたのです。 すると「あれ???うっっっすら線でてない??(陽性か…???)」 本当にうっっっすらですがうすーーーーい青線が…。 何度も見返しましたが、どう見ても、うーーーーーーーっすら、出ている。 フライング検査なので、ぼんやりと曖昧に陽性反応の線が出たんですよね。 検査薬を夫に見せるのもためらわられたし、まだ不確実なことなのでこの時点では何も言いませんでした。 自分でも、はっきりしないし期待しすぎちゃだめだ…と言い聞かせました。 これで妊娠していなかった時の、がっかり感が半端ないからです。 けれど反面ものすごく期待でどきどきしていて、気分が高揚していたのも覚えています。 さらに連日のフライング。 生理予定日から4日目…やっぱりうっっっすらと青線が。 生理予定日から5日目…うっすら線が、前日よりも青色が少し濃くなったような?• 生理予定日から6日目…やっぱり薄いけれど、「線が出た」と実感できるレベル。 生理予定日から7日目…くっきりはっきりではないけれど、完全に陽性反応。 さすがにこれだけ確かめて連日線が出ている、しかも 日に日に陽性反応の線が濃くなっている…。 わたしはもうほぼ妊娠を確信しました。 連続で試してみた検査薬を、何度も並べて見返す日々でした。 並べると、徐々にはっきりしてきているのがなおさらわかります。 そのくらいはじめの検査薬の反応は、うっっっっっすらだったのです。 一度ゴミ箱に捨ててるくらいですからね。 笑 公開するかは別として、写真撮っておけばよかったかな…。 そしてエコーにて胎嚢が確認でき、産婦人科の先生から「おめでとうございます」と言っていただけました。 フライング検査によりほぼ予想は付いていましたが、それでもとても嬉しかったのを覚えています。 フライング検査で懸念されること それは化学流産を知ってしまうこと、です。 化学流産とは、受精卵が着床を継続できなかったことをいいます。 こちらのサイトを参考にしています。 フライング検査しなければ気付かないものということですから、本来はもっと慎重になるべきなのですね。 しかも妊娠が確定する前に起こることなので、医学的には流産と言わない、とのこと。 むむむ。 ちなみに前述したサイト()に載っている、ページ半ばの「市販検査薬判定例(うっすら陽性)」の写真が、 わたしが生理予定日から3日目の時確認した状態と酷似しています。 見てもらうとわかりますが本当にうっすらです。 まとめ• フライング検査では本当に うっすらとした陽性反応を示す場合もある• 生理予定日から7日めにむけて 徐々に線が濃くなっていく• はっきりした陽性反応じゃないので 逆にもやもやする• フライング検査により 化学流産を知るきっかけにもなる• ぶっちゃけると我慢して きちんと生理予定日7日め以降に検査するほうがおすすめ 今振り返ると、なぜ数日のことが待てなかったのかと思うのですが、せっかちなわたしのこと、その時は気が気じゃなかったのだと思います。 けれど「うっすら陽性反応」でさらに気が気じゃない事態に…。 化学流産にならなかった事は本当にラッキーなことだったと思います。

次の