ちから を すいとる み がわり。 【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と対策

【ハネッコ】ちからをすいとるの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

ちから を すいとる み がわり

はじめに お久しぶりです。 育成論一発目に間に合いませんでしたが、今回の投稿実は、サンムーン1発目でミミッキュを投稿して以来ぶりの投稿になります。 選んだのはデザインに賛否両論があることで少し話題になった、ガラルサニーゴ。 思えば前回投稿したミミッキュも現環境トップですし、それと並ぶドラパルトも採用率が高くて、ゴーストタイプの優遇を感じます。 むし統一パ使いとしてはすごく羨ましい… なんにせよ今までスポットの当たらなかったポケモンが対戦で使われるようになるのは熱いですね! 以前投稿していた時と比べると、かなり多くの方に見て頂けているようで投稿者冥利に尽きます。 この論にも議論の余地があると思いますので積極的にコメントしてください! 使った感想、相性の良かったポケモンなど教えてください。 質問も大歓迎です。 それでは以下本文。 この育成論では特に表記がない限り全てのポケモンを理想個体という前提で扱います• また、HABCDS等いくつか略称を使うことがあります。 個体値 生まれながらに持っている能力 、努力値 基礎ポイント 、タイプ相性等を理解してから読むことをおすすめ致します。 ダメージ計算はソードシールド対応のSoldier Calcを利用しています。 サニーゴについて 第7世代までは弱点の多さと差別化の難しさから今まで対戦ではほとんど日の目を見ることが無かったサニーゴでしたが、ソードシールドでリージョンフォームのみならずなんと進化後まで獲得してしまいました。 進化後のサニゴーンもなかなか尖ったポケモンですが、ランクマッチ環境で猛威を奮っているのは進化前のサニーゴです。 もともと合計種族値は410と進化前ポケモンとしては悪くなく、種族値配分はより無駄がない振り分けとなりました。 またゴーストタイプになったお陰で弱点も減り、しんかのきせき、優秀な特性、優秀な技まで獲得したのですからかなり優遇されました。 この育成論では中でも一番メジャーな型である、特性のろわれボディを活かした物理受け型を紹介します。 採用理由• ずぶとい H252 B236 D20 ・HP…奇数。 砂霰毒や呪い等の定数ダメージ意識 ・こうげき…いばるによる混乱の自傷ダメージ対策で最低 ・ぼうぎょ…11n 性格一致の効率が良いです。 ・とくぼう…余り。 物理一辺倒の現環境では物理に極振り一択でしょう。 性格は後述する攻撃技を採用する場合物理にするか特殊にするかでずぶといかわんぱくの選択になります。 いばるとミラーの際のちからをすいとる意識で確定欄はずぶといとしています。 確定欄の調整では、Bを16削っても確定数が変わりませんので総合耐久意識でDに20としています。 努力値振りが面倒であればHB252D4でも問題ないでしょう。 攻撃技を採用するならミラー意識でSに少し振り分けても良いかもしれません。 持ち物• ステルスロック ステロ撒きとしての採用なので確定。 交代せざるを得なくなるのろわれボディと噛み合い、サイクル戦を優位に進めます。 ちからをすいとる 相手のA実値分HPを回復し、Aランクを1段階下げます。 この技が無いと物理に役割を持てないので確定。 物理に対しては高速再生と同時に火力を下げさせのろわれも狙えるチート技と化します。 特殊主体のポケモンからも輝石ポケモン特有のH種族値の低さ故に十分な回復量を得られます。 例えばA種族値65であるA下降補正のFCロトムからは45%ほど回復できます Aを下げることにより交代を誘発させるのでこちらもステルスロックとのシナジーを形成しています。 ハチマキ、ちからもち等の特性やけど等は回復量には影響しないのと、そうしょく、みがわり等には効かないことに注意。 おにび 命中は85と低いですが当たれば物理技主体のポケモンを機能停止に追い込むことが可能です。 剣舞ミミッキュや竜舞ドラパルトに刺さります。 のろい 自分のHPを半分削る代わりに相手を呪い状態にします。 役目を終えた後に自主退場しつつ相手を交代せざるを得ない状況に追い込めます。 やはりステルスロックとの相性は抜群です。 サニーゴのねっとう・ナイトヘッドをみがわりが確定耐えの調整をしているドリュウズなんてポケモンがいるそうですがのろいなら起点になりません。 以下選択肢 サニーゴは原種由来の多彩な技を習得するので選択肢が多くなりますがご容赦ください。 基本的にはのろいが優先ですがパーティによっては採用価値が出るかと思います。 ナイトヘッド 威力50固定のゴースト技。 のろいに次ぐ有力候補。 攻撃技は入れておくだけでちょうはつやミミッキュのばけのかわに対応できるメリットがあります。 上からみがわりをされるとなす術がなくなってしまうのでもしのろいを抜くならできればナイトヘッドを入れたいですね。 A55C65と心許ないサニーゴでもこの技ならみがわりを割れることが多くなります。 また、現環境で採用率が高く、HPが少なめなロトムにはかなり有効です。 たたりめ 威力65の特殊ゴースト技ですが、状態異常には2倍で入ります。 ミラーに強くなるほか、環境に多いゴーストに刺さります。 対面性能を求めるならのろいを抜いて入れても良いでしょう。 ねっとう 鬼火と攻撃技枠を1つにまとめて圧縮できます。 採用するならステロちからをすいとるねっとうミラーコートのような構成でしょうか。 じしん みがわりHD剣の舞ドリュウズもこの技ならサニーゴでもみがわりを割れます。 ドリュウズを見つつ挑発対策をしたい場合に。 バンギラス サニーゴは悪ゴーストのみが弱点です。 それを半減でき、特殊耐久が高いバンギラスとは相性が良いです。 また、バンギラスが苦手とする格闘はサニーゴには出てきづらくお互いを補完し合います。 弱点保険持ちダイマックス積みエース 鬼火を撒いた上で弱点技を受けさせることができればステルスロックも合わせて全抜きを狙えます。 上記バンギラスにりゅうのまいを持たせたはタイプ相性的にも噛み合うので向いていると言えます。 あくに耐性があり、一致ダイナックルやかるわざもあるルチャブル、ダイジェットとわるだくみが使えるトケギッスなんかも良さそうです。 高火力先制技持ち ステルスロックやのろいで大きく削れたポケモンを華麗に処理できる高火力先制技持ちが望まれます。 タイプは被りますがやはりばけのかわで必ず舞え一致でかげうちを撃てるミミッキュ 、いかくを持ちサニーゴに同じくサイクルに強い鉢巻しんそくウインディ、一致ふいうち使いのオーロンゲ、キリキザンあたりが考えられます。 スカーフ高火力 上に同じく積まなくても一掃が見込めるスカーフ高火力ポケモンとの相性も良いです。 やっぱりエラがみウオノラゴン、ごりむちゅうヒヒダルマが使いたいですよね〜! 天敵• ウオノラゴン 火力指数最強のウオノラゴンはいくら等倍とはいえ受かりません。 が、実は対面からならちからをすいとるで間に合っちゃいます。 後出しができないということは頭に入れておきましょう。 ウオノラゴンようきスカーフ想定 がんじょうあごエラがみを確定耐え 50. ドラパルト 流石に一致弱点に後出しは効きません。 ただ、もしクリアボディ以外だった場合は対面からちからをすいとる入れ、一旦有利な後続に引くことで体力満タンの状態で有利対面を作れステロダメージを蓄積させることができます。 ドラパルト無補正珠想定 ダイホロウ ゴーストダイブ を最高乱数以外耐え 85. ミミッキュ 採用率トップのミミッキュにつるぎのまいをされると後出しはできませんが対面からなら受けきることが可能です。 ダイマックスは向こうがようきでもいじっぱりでもHPが136以上残っている状態からであればちからをすいとる連打で回復が追いつきAダウンBダウンの相殺分込みでダイホロウを3耐えします。 舞っていないミミッキュをダイマックスさせるのは向こうも割けたいでしょうし、鬼火がある分若干こちらが優勢でしょうか。 浮いたポケモンでじわれ回避できるようにしておきましょう。 はたきおとすを食らうと性能が落ちるので注意。 ダイアークを受けると確定Dダウンで突破されてしまいます。 これらあくタイプには同じあくタイプで対策をするか、かくとうタイプのポケモンをいれておきましょう。 どくどくを受けるとちからをすいとる連打がしにくくなるので鋼や毒タイプで対策しましょう。 いかがでしたでしょうか! 最後までお読みいただきありがとうございます。 必要なダメージ計算や、相性の良いポケモン、疑問点等あれば指摘してもらえると助かります。 私のパーティはスカーフに弱いのでこのサニーゴを育ててみます! 心内ですが評価5で。 ご提案ありがとうございます。 11nは、確定数が下がらないところまで削ったらそうなったというだけなので偶然です。 2nも検討しましたが理由づけが難しかったです。 自分でももう少し考えてみますがどういう振り分けが良いと思いますか? いつも育成論を見ていただきありがとうございます。 物理受けということで、サイクルの中の削れ等も考慮すると物理耐久をちょっとでも下げるのはあんまり良くないと思います。

次の

ラフレシア

ちから を すいとる み がわり

【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と対策【害悪覇王!呪殺珊瑚】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はポケモン剣盾発売前から話題に上がりっぱなしだった死んでしまったサニーゴについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 ガラルサニーゴの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【サニーゴの特徴1】しんかのきせきによる超耐久 サニーゴは死んでしまったことによってとてつもなく強化されました。 ガラルにおいてサニゴーンという進化系を手に入れた=しんかのきせきをもたせることができるようになりました。 しんかのきせきは最終進化前のポケモンにもたせると防御特防を1. 5倍にする持ち物です。 サニーゴはただでさえ防御・特防種族値が100もあるので、しんかのきせきをもたせることで物理・特殊両方の受けが可能なポケモンになります。 生きていた頃のサニーゴと比べると、HPと素早さが5さがりその分防御特防に振られた感じですね。 ちなみに攻撃方面は低くなっていますが、特攻種族値65に関しては実はギャラドスの特攻よりも高くなっています。 ハイドロポンプやふぶきなど高火力技を覚えるので、特化させると稀にみかける特殊ギャラドスくらいの火力をだすことができたりします。 【サニーゴの特徴2】ちからをすいとる+鬼火による物理殺し さらに、新技ちからをすいとるがチート性能すぎるのは周知のとおりです。 相手の『こうげき』の能力値と同じ値だけ自分のHPを回復し、相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 ランクが下がらない場合は失敗する。 ちからをすいとる さらに鬼火まで覚えるので、物理ポケモンは一撃でサニーゴを倒さないと、ちからをすいとる+鬼火であっという間に詰みます。 そして前述の通り一撃で倒すにはあまりに硬すぎるので、対策をしていないパーティの場合は対抗手段が一切なく詰ませ性能が非常に高いポケモンです。 【サニーゴの特徴3】のろいによる居座り拒否+ステルスロックによる居座り圧力による精神分離 また、サニーゴはゴーストタイプなのでのろいの効果が鈍いではなく呪いに変わります。 自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 その上ステルスロックも覚えるので、交換したらしたで交換先のポケモンも削ることができます。 のろいで半分削れてしまったHPはちからをすいとるで回復し、交換先のポケモンにも呪いをかけて居座りを拒否し、交換したらしたでステルスロックによるダメージと呪いのループでどんどん削れていく、、、 まさに呪殺ポケモンですね。 使われた側としては居座りを選択しても交代を選択しても必ずダメージを受けるので、精神が分離してしまいそうな感覚に陥ります。 サニーゴの怨念恐るべしですね。 【サニーゴの特徴4】夢特性のろわれボディ サニーゴがさらに恐ろしいのは、夢特性がのろわれボディであることです。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 のろわれボディ サニーゴを仮に弱点技2確で落とせるとしても、1発目でのろわれボディが発動してしまったらその時点で詰んでしまいます。 (一応ダイマックスで解除することはできます。 ) また、こだわりスカーフなどのこだわり持ちの場合、かなしばりにあってしまうとダイマックスすらさせてもらえず、たたかうを選択した瞬間に「わるあがき」が発動してしまいます。 完全に初見殺しですね。 ただでさえ硬いのに運良く弱点技を持っていても30%でかなしばりにあって、ちからをすいとるでせっかく与えたダメージも回復される。。。 トレーナーのちからも吸い取られてしまいます。 サニーゴはくだけるよろいという通常特性もありますが、圧倒的に夢特性のほうが強力なのでこちらを厳選しましょう。 夢特性サニーゴの厳選方法を紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ガラルサニーゴの育成論と戦い方 サニーゴは物理受け・特殊受けしか基本的にはいません。 【サニーゴの育成論1】HD基本形サニーゴ• 特性:のろわれボディ• 個体値:AC抜け4V• もちもの:しんかのきせき• わざ:ちからをすいとる・おにび・ステルスロック・ナイトヘッド 特徴・戦い方: 相手が半分近くダメージを入れてくる可能性がある場合はちからをすいとるからのステルスロック&鬼火、そうでない場合は初手ステルスロックからの鬼火とちからをすいとる連打で、スキができたらナイトヘッドをうって削っていきます。 初手鬼火でもいいですが、外れるので命中安定のちからをすいとるがいいでしょう。 性格・個体値・努力値: ちからをすいとるや鬼火で物理相手には非常に強いので、特殊相手にも強くなれるように特防に性格補正があるおだやか、Dもぶっぱします。 これにより最速サザンドラのタイプ一致あくのはどうでも確定2発から3発になるほど耐久力があがります。 わざ: ちからをすいとるは強力な回復技なので確定でいいでしょう。 攻撃技は基本はナイトヘッドです。 みがわりをうたれたときに1発では壊せない場合も多いので特定のポケモンのみがわりは壊せるように特化した「じしん」などの技を覚えさせることもありますが、レアケースなのでナイトヘッドがおすすめです。 鬼火やステルスロックは他の変化技にするのもありです。 ・のろい:ラムの実持ちが増えて鬼火が決まりにくい時や、ステロ+のろいの呪殺コンボを決めるときに。 ・くろいきり(タマゴ遺伝):サニーゴを起点にしてくるポケモンに。 ・ドわすれ:特殊相手にも強くなるために。 ・リフレクター・ひかりのかべ:壁貼り役として。 各方面にさらに強くなるために。 ・ミラーコート:特殊ポケモンを返り討ちにするときに。 ・うらみ:PP合戦で強くなるために。 ・かなしばり:確実にこだわり持ちを封じるために。 サニーゴを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ポケモン剣盾動画で100万回再生超えるという異次元(普通は数百〜数万再生)を達成しているサニーゴ動画もはっておきますね。 みんなサニーゴ好きすぎですね。 ガラルサニーゴの対策 でしんかのきせきを無効化してしまえば高耐久も怖くありません。 ゴリランダー• タチフサグマ• ドラピオン• シザリガー• ナットレイ• ネギガナイト• マルヤクデ• サーナイト• エンニュート• etc… これらのポケモンがよく覚えていますね。 はたきおとしても鬼火やちからをすいとるで物理アタッカーは機能停止しやすく別のポケモンでサニーゴを処理しないといけなくなるので、エンニュートやサーナイトなどの特殊アタッカーに覚えさせておくと、はたきおとしたあと自分でサニーゴを処理できるのでおすすめです。 高火力弱点ダイマックスをうちこんでゴリ押しもありです。 シャンデラ• サザンドラ• ドラパルト• etc… サニーゴがHB特化かHD特化かで変わりますが、ダイアークであれば特防を下げつつ攻撃、ダイホロウであれば防御を下げつつ攻撃できるのでサニーゴが受けきれないダメージを与えられるでしょう。 他の受けポケモン対策同様、ちょうはつやみがわり、こだわりトリックも効果的です。 基本形のサニーゴはナイトヘッドしか攻撃技を覚えていないので、これらを覚えているポケモンであれば倒し切ることができるでしょう。 みがわりの場合は積み技も覚えておいて起点にしましょう。 サニーゴの突破方法を上げているトレーナーがいたのではっておきますね。 まとめ:【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と対策【害悪覇王!呪殺珊瑚】 いかがでしたでしょうか。 対策さえしていれば恐れるどころかいいカモになりますが、対策を怠れば簡単に詰んでしまうほどの強力なサニーゴ、まだ使ったことがない人はぜ育ててみてはいかがでしょう。 よければサニーゴの意味について考察した記事も暇潰しにどうぞ 「」 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ヘドロえき

ちから を すいとる み がわり

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 ナイトヘッドは身代わりに弱い ガラルサニーゴはみがわりをされると途端にきつくなる。 相手のHPが204以上だとHP51のみがわりが作られるため、 ナイトヘッド1撃で突破できなくなる。 シャドーボールやたたりめなど通常の攻撃技を入れておけば対策可能だ。 育成論と使い方 しんかのきせきで耐久性を向上 ガラルサニーゴはB100、D100という高い種族値をしんかのきせきで高めて使う耐久型のポケモン。 さらに、 ちからをすいとるでAを下げつつ回復することで、相手の物理アタッカーをジリ貧にできる。 余りはDに振っておこう。 やけどとちからをすいとるでAを下げる 物理アタッカーが出てきたらおにびでやけど状態にして物理ダメージを半減、HPが減ったらちからをすいとるでAを下げつつ回復しよう。 基本はこの動きだけで相手が消耗していくが、余裕ができたらナイトヘッドも使っていこう。 積み技はくろいきりで消す ガラルサニーゴは能力変化を元に戻すくろいきりという技を覚える。 積み技をされたらこの技で能力を元に戻して耐久しやすい状況に戻そう。 こだわりメガネサザンドラなどで効果抜群を狙いたい。 ちょうはつで行動を封じる 補助技をちょうはつで封じてしまえば、サニーゴが使える技はナイトヘッドやたたりめしかない。 ちょうはつ持ちがいる場合は積極的にくり出そう。 みがわりが有効 サニーゴに対してはみがわりが有効。 先にみがわりをすれば、ちからをすいとるとおにびが無効。 ナイトヘッドのダメージは50なので、本体のHPが204以上であればみがわりのHPは51となり耐えることも可能だ。 みがわりが有効な理由• ちからをすいとるが無効• おにびが無効• HP204以上ならHP51となり、ナイトヘッドで倒れない 積み技はできるだけ避ける 積み技で能力を上げてもくろいきりを持っていた場合、能力を元に戻されてしまい無駄になる。 積み技に頼らずにダメージを稼げる技を用意しておこう。 はたきおとすで耐久ダウン ガラルサニーゴはしんかのきせきで耐久力を底上げしている。 はたきおとすで落としてしまえば大幅な耐久ダウンになる。 落としたアイテムは復活しないので、積極的に狙いたい。 かなしばりは交代かダイマックスで対処 特性でかなしばりを受けるとダメージ効率が下がり、一気に厳しくなる。 対処法としては、交代して解除、または ダイマックスして元の技を使えるようにする、というものがあるので覚えておこう。 ちなみに、ダイマックス技はかなしばり状態にならない。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の