内定者研修 メール。 これでばっちり!内定先とのメール連絡マナー

【内定先へのメール返信例をケース別に大公開】採用通知・研修案内・内定式の連絡をもらった時の適切な返し方とは

内定者研修 メール

懇親会のメールや内定のメールなど、また働いていないのにもかかわらず、内定先の企業からメールが届くことも珍しくありません。 そこで今回は、「こう来たらこう返す!」と題しまして、例文を作成しました。 マナーなどのお話も少し含んでおりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。 [ad cd1] すぐに返信するのがマナー 「ん?・・・内定先の会社からメールが来たんだけど!どどど、どうしよう・・・」 大丈夫です、何らビビることはありません。 内定先の会社も、こちらがまだ ビジネスマナーも知らない若造だってことくらい承知しています。 と言っても、最低限のマナーは知っておくべきですので、目を通しておいてくださいね。 内定先からメールが来たら「即返信」が基本 まず内定の連絡メールや懇親会のメールにしろ、企業からメールが届いたら、 「即返信!」これを覚えておいてください。 メールのレスポンスが悪い人は、「仕事ができない人」のレッテルを貼られるという、社会人の鉄板ルールです。 LINEのように、「既読後にすぐ返信したら暇に思われるんじゃないかな?」など思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。 大学のサークルじゃないんですから、そんな心配はする必要ありません。 この時期、企業の人事部は超忙しい 逆に考えてみましょう。 採用する企業は、 この時期とても忙しいです。 採用には人件費・労力もかかりますし、人事としてはみなさんのスケジュール調整などやることがてんこ盛りなのです。 そんな中、返信が遅い人がいたら・・・・ 人事「おーーーい!出席するの?しないのー?」 考えただけでも、マイナスポイントですよね? そこであなたが、やる気のあるフレッシュな返信をすぐすれば、ポイントも上がります。 ポイント上げが狙いではありませんが、新社会人は「上司に覚えてもらって、可愛がられる」スキルも必要です。 2017年に発売されている書籍としては 「 」がかなりオススメです。 注意すべきポイント 自分の言葉で書くようにする 例文を記載しますが、そのまま使用しないでくださいね。 きちんと自分の事を含めた内容で返信するようにしましょう。 メールはタイムリーに返信する 具体的には、メールを2、3日後に送付したのでは遅すぎます。 遅くてもその日、終日中には送付するようにしましょう。 メール文章の体裁を整える ビジネスメールだということをしっかりと認識しましょう。 改行も活用し、担当者が読みやすいメールを心がけてくださいね。 こう来たらこう返信!シーン別の例文集 ここからは、それぞれの例文を見ていきましょう。 ポイントも記載しておりますので、確認してみてくださいね。 懇親会の出欠確認メール 出席する場合のポイント 出席する場合は、「懇親会に出席できて嬉しい」という思いも伝えましょう。 「当日、お会いできること楽しみにしています」 など、楽しみにしている気持ちを添えると、さらに好印象ですね。 欠席する場合のポイント 「お誘いいただきありがとうございます。 「大変残念ですが、今回の懇親会は欠席させていただきます。 お誘い頂きまして、ありがとうございました」 このように、お礼の気持と「行きたいのだけれど、行けない」気持ちが担当者に伝わればベストです。 書き換える必要はありません。 懇親会開催のご連絡、ありがとうございます。 お誘い頂きまして、ありがとうございました。 以上 ご確認の程、よろしくお願い致します。 先日は、懇親会にお誘いいただき、ありがとうございました。 また、一緒に頑張っていく仲間たちとも親交を深めることもでき、大変充実した時間を過ごせました。 ありがとうございました。 春から一緒に働かせていただけることが、今から楽しみです。 今後とも、よろしくお願い致します。 「本来ならこちらからお礼を申し上げるべきところ、ご連絡をいただき申し訳ございません」 こういった文章を付けましょう。 内定を頂いているのですから、難しく考える必要はありませんよ。 この度は、内定のご連絡いただき誠にありがとうございました。 私は、御社で是非働かせていただきたいと強く思っておりましたので大変嬉しく、心が躍っております。 (達成させますなど、大きい目標が望ましい)まずは取り急ぎ、お礼を申し上げたくメールいたしました。 ありがとうございました。 今後ともよろしくお願い致します。 毎日メールって使いますよね?こちらの2つのビジネス書がとてもオススメですので、日々のメールの中に取り入れてみてください。 レビューも高評価です。 メールはいつでもどこでも連絡が取れるせるか、無駄な往復が多くなりがち。 ところがメールの書き方、つまり文章内容だけでなく、読みやすく整えることにもスポットがあたっています。 文章例があり、いかに「自分はわかっているつもり」でも正確に情報を伝えるという基本が出来ていないことを実感。 シッカリと相手が回答しやすいような「質問力」のある文例、誤った日本語である二重敬語なども参考になります。 返信のとき件名を変える?変えない? これは、長年働いているベテランのビジネスマンでもできていない人もいます。 返信をする際は、 件名を消したり変更したりしてはいけません。 出欠のメールなど、採用に関わる業務は大量の返信メールを処理しなければなりません。 件名で「あ、出欠のメールだな」と判断ができますので、そこを消すと確認しにくいのです。 同期と差をつける、ビジネスメールスキル それでは、フレッシュマンになる人達へ、同期と差をつける件名の付け方をお教えします。 今回の記事のような内容なら、変える必要はないのですが、今後エリートビジネスマンを目指すなら必須スキルです。 「件名で、そのメールの内容がわかる」を目指す メールを活用するとわかりますが、まず見るのは件名です。 それこそ忙しい人は、1日に何十通もメールを処理しています。 そこで、件名だけで判断ができると、本文はパパっと見るだけで済むので、大変助かるのです。 会社名は省略しないこと これは他のビジネスメールにも該当しますが、 宛先の会社名は省略してはいけません。 基本的には、会社名・部署名、担当者名の順番になります。 いかがでしたでしょうか? たかがメール、されどメール。 メール1通でも、その人が表れますのでしっかりとしたメールを作成できるように、今から意識しておきましょう。 もし、ベテランのサラリーマンがこの記事を見ているのでしたら、あなたのメールスキルは部下に教えられるレベルですか? 新社会人もたくさん入社する時期ですので、一度見なおしてみるのも良いかもしれませんね。

次の

内定者フォローの8つの手法。メール、SNS、イベント等いつどんな方法で実施する?

内定者研修 メール

なぜ、いま内定者フォローが重要視されているのか? 超売り手市場 少し前は就職氷河期といわれ、学生にとって就職先を見つけるのが非常に難しい時代でした。 それがいまは一転、前例にないくらいの売り手市場となり、 企業は学生を採用することが非常に難しい時代になりました。 企業にとって、「学生であれば誰でもいいのか?」と言われれば決してそんなことはありません。 将来、利益を生んでくれる優秀な学生を採用したいという思いは、どの企業でも同じです。 複数の企業の選考を受け、多くの内定を獲得した優秀な学生を、 いかに自分の企業に入社してもらうか、他社との採用競争を勝ち抜く必要があります。 主導権は学生へ 「内定を出せば入社してくれる時代」は終わりました。 内定を出すまでは企業に主導権がありますが、内定を出してからは学生に移ります。 内定を出した後、企業が唯一できることは内定者のフォローです。 内定後も自分のことを気にかけてくれる企業と、連絡が少ない企業、学生はどちらの企業を選ぶのでしょうか。 当然のことながら、 学生は自分のことを気にかけてくれる企業を選ぶことでしょう。 以下より、企業による内定者フォローの事例や注意点について解説します。 内定辞退を防ぐためにとるべき行動とは? 学生にとって、就職することは人生におけるビッグイベントの一つです。 複数の内定を獲得した学生に入社してもらうために、人事ができることはなんでしょうか? 企業の理解度と志望度を高める 学生は面接の練習など、企業に入社する以外の目的で、選考を受けている可能性があります。 その場合、内定が出たとしても、志望度が高くないために内定辞退をすることもよくあります。 学生が入社する企業の良さを知り、魅力を感じることで企業に対する志望度が高まります。 内定者フォローをおこなう際には、 自社の理解を深めてもらい、入社して働きたいと感じさせることが重要です。 インパクトある内定通知をおこなう 複数の企業から内定を獲得している学生でも、内定をもらう瞬間は喜びを感じるものです。 最終選考の結果をただ通知するのではなく、インパクトのある内定通知で学生に強い印象を残すことも一つの作戦です。 たとえば、「誠意」ある内定通知として有名なのがプロ野球の入団です。 ドラフト会議で指名されたが辞退するといっていた選手が「監督が直接連絡をくれたので心が動かされて入団を決意しました」というパターンがあります。 それは一般の学生相手でも同じではないでしょうか。 たとえば社長が自ら出向くもしくは、電話で連絡するなど、 他の企業とは違う内定通知をおこなうことで学生の印象に残るのではないでしょうか。 いろんな社員とコミュニケーションをとる機会を増やす 学生は内定をもらうために、就職活動を必死でおこなっています。 しかし、内定をもらうと「この会社に入社しても大丈夫だろうか」などの不安が生まれることもあります。 そういった不安から内定を辞退することも多々あり、不安を内定後のフォローで取り除いてあげましょう。 一つの方法が社員とのコミュニケーションです。 経営者や若手の先輩とのコミュニケーションを通して、 学生が抱えている、入社する前の不安や疑問を解消することが重要です。 定期的な連絡をおこなう 内定辞退を防ぐためには、定期的にコミュニケーションをとることが重要です。 たとえば、内定者から課題を定期的に提出してもらい、それに対して採用担当や現場の人間がコメントを返す方法があります。 とくに、コメントが手書きであったり、コメント欄に一言だけではなく丁寧なフィードバックがあったりすると、内定者は親身に考えてくれる良い企業と認識するので、入社の決断につながることがあります。 内定者フォローの事例5つとそれぞれのポイント・注意点 ここでは、内定者辞退を防ぐためにとるべきコミュニケーション方法を5つ紹介します。 是非参考にしていただけると幸いです。 座談会 若手からベテラン、一般社員から課長クラスまで幅広い人と話をする機会を内定者に与えることで、自社への親近感が湧いてきます。 たとえば、職場の雰囲気を現場の社員から内定者に伝えることで、入社後のイメージを描きやすくなります。 座談会はたくさん良い面がありますが、諸刃の剣であることにも注意が必要です。 「先輩の愛想が悪かった」「職場の雰囲気が悪そうだった」など一度悪い印象を植え付けてしまうと、その印象を改善することはなかなか難しくなります。 採用担当者と内定者の年齢が少しでも離れていると、コミュニケーションのとり方に困る採用担当者もいらっしゃると思います。 しかし、内定者目線に立って学生と会話することで、良い印象が残るのではないでしょうか。 信頼を得るのは難しいですが、失うのは簡単、明るく楽しい雰囲気のある座談会になるように準備をしましょう。 一般社員から課長クラスまで、幅広い人と話せる機会を設定する• 学生にとって話しやすい雰囲気など、過ごしやすい空間を作りましょう 2. 内定者懇談会 内定者は入社後にどのような同期と仕事をすることになるのか、同期と仲良くできるのか、と不安を感じています。 そのような不安を解消するためにも内定者同士でコミュニケーションをとれる機会を提供し、仲良くなってもらうことが大事です。 同年代同士で同じ会社の内定者ということもあるので、機会を提供すればすぐに仲良くなることが多いです。 同年代同士でないと理解できない不安や期待を共有することで、仲間意識が高まり、内定辞退を防ぐことにもつながるのではないでしょうか。 同年代同士でコミュニケーションをとる機会を提供する• 入社前に抱えている不安や期待を共有することで仲間意識も高まり、内定辞退を防ぐことにもつながる 3. 学生と面談の設定 学生と面談を設定する上で、 おさえておきたいポイントが2つあります。 少人数、個人面談がおすすめ! 座談会や懇談会は大人数の中でおこなわれることが多いので、積極的な学生にとっては非常に有意義な時間となり、入社へのモチベーションもあがります。 しかし、全員が積極的にコミュニケーションをとれるというわけではなく、人見知りをする優秀な学生もいます。 人前で話すのが苦手な学生に対しては、個人面談や少人数での面談を通してコミュニケーションをとることをおすすめします。 複数で実施するメリットは、「三人寄れば文殊の知恵」ではありませんが、学生が知れる内容の幅が広がります。 自分では質問する予定ではなかったけど、まわりの友達が質問することで、「あっ、私もそれ知りたかった」と言うことがよくあります。 定期的な面談を 面談も1回だけではなく、定期的におこなうことをおすすめします。 当然ながら、内定後すぐに知りたいことと、入社直前に知りたいことの内容が大きく変わってきます。 内定者と定期的にコミュニケーションをとることで親近感を与え、入社意欲を高める効果も期待できます。 とくに、職場見学を兼ねて内定者と面談をすると、入社後に働くイメージが湧くので、内定者フォローにおすすめです。 ただし、あまり頻繁に面談をすると、卒業論文や、卒業研究などを控えている忙しい内定者にとっては、負担になってしまう可能性があるので注意が必要です。 人前で話すのが苦手な学生に対しては、個人面談や少人数での面談がおすすめ• 定期的に顔を合わせることで親近感を与え、入社意欲を高める効果が期待できる 4. 内定者研修 学生から社会人へと、大きな環境の変化が待ち受けていると考えるだけで不安になる内定者もたくさんいます。 そんな不安を少しでもやわらげるために、内定者を集めて研修をおこなうのも有効です。 これから一緒に働く仲間と共同作業をおこなうことで一体感が生まれ、働く意欲が高まります。 ただし、いきなりハードな研修をおこなうと内定者の気持ちが離れてしまう危険性があるため、まずは楽しくコミュニケーションをとりながら、社会人としての心構えを学ぶ程度の軽いカリキュラムの研修がおすすめです。 内定者研修で一緒に働く仲間と共同作業をおこなうことで一体感が生まれ、働く意欲が高まる• まずは楽しくコミュニケーションをとりながら社会人としての心構えを学ぶ程度の軽いカリキュラムの研修がおすすめ 5. 社内イベントの参加 社内イベントに内定者を参加させることで「会社の仲間はどんな人たちなんだろう。 」「職場の雰囲気はどうだろう?」などの期待や不安を解消してあげるいい機会になります。 座談会でもいいかもしれませんが、社内イベントは開放的な気分でコミュニケーションをとることが多いので、内定者フォローにはおすすめです。 職場体験だけでなく、運動会やハイキングなど気楽に参加できるイベントを企画して、内定者を参加させてみるといいかもしれません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 超売り手市場である現在、複数の内定を獲得する学生は多数います。 最終的に入社するのは一社なので内定を出したからといって入社してもらえるとは限りません。 企業としては、内定者と座談会や社内イベントなどでコミュニケーションをとることも重要ですが、ツールを使って手厚くフォローしていくことも、今後一層重要となります。 「優秀な学生に来てほしい!」という気持ちをアピールするという意味でも積極的なコミュニケーションが要求されます。 内定を出したままほったらかしにするのではなく、多様なサービスを利用して企業として入社に備えて手厚いフォローサービスをおこなうことで、優秀な学生を獲得しましょう。

次の

これでばっちり!内定先とのメール連絡マナー

内定者研修 メール

内定者研修が行なわれるのは、10月以降が多いです。 10月以降になると、内定者もある程度揃います。 10月だと入社までに時間があるため、社会人になることや入社に関して不安になる学生がいること、また他の企業への気持ちが出る可能性もあるので、10月以降に一度内定者を集めておきたいと考える企業が多いようです。 企業によって回数や所要時間は異なる 内定者研修の時期は10月の内定式以降が一般的だとお伝えしました。 内定者研修は長くて1〜2週間ですが、入社式までの間、定期的に長期間行われる場合もあります。 2週間に1回のペースであったり、1ヶ月に1回であったり期間は企業によって異なります。 内定者研修がある場合、メールや電話にて案内があるため、企業からの連絡は必ず応えるようにし、電話に出られなかった場合は、折り返すようにしましょう。 内定者研修の服装はスーツが多い 就活が終わって、髪色をまた染めてしまう人もいるでしょう。 大学生活においてのカラーリングそれは問題ないですが、内定者研修では、社会人らしい髪色と髪型で臨みましょう。 奇抜な髪型や明るすぎる髪色は避けたほうが無難です。 万が一、何かの理由でそのような髪型にしなければいけない際は、事前に企業側に伝えておくと良いでしょう。 企業によっては私服でもOK ベンチャー企業やIT企業など、働いている社員が私服を着用している企業の場合、内定者研修も私服でOKの場合があります。 その際は、社風を見て私服をチョイスしましょう。 おすすめは男性はチノパンにポロシャツ、女性はパンツにアンサンブルなど、オフィスカジュアルと言われる服装です。 私服でOKだからといって、あまりに派手な服装や露出の多い洋服は避けるようにしましょう。 内定者研修の一例 ここでは、内定者研修にどうしても参加できない場合の、辞退メールの作り方について紹介していきます。 しかし、その研修を辞退する前に必ずしておかなければならないことがあります。 そちらをチェックしてもなお、参加が難しいということであれば、メールを作成していきましょう。 メールは電話のフォローとして送付 まず前提として、よほどの理由がない限り内定者研修は出席しましょう。 先輩から、どんなに研修内容が辛いと言われても、もしかしたら今回は改善されているかもしれません。 内定を辞退するにしても、まずは参加してから決めましょう。 その研修の担当者には、メールを送るだけでは不十分です。 無礼な人というレッテルを貼られてしまいます。 まずメールではなく、必ず電話で直接謝りましょう。 そして、なぜ参加できないかの理由をしっかり説明しましょう。 宿泊代などすべてを用意してもらっている事実を思い出そう 会社側は、学生の宿泊先やワークのチーム決めなど研修前にたくさんの準備をしています。 そのため、ドタキャンは一番避けるべきです。 宿泊代も余分にかかってしまい、会社側に大きな迷惑をかけてしまいます。 高熱や体調不良でもう行けないとなった場合には、誠意を持って対応しましょう。 先ほど直接お話した件ですが、改めてご連絡させて頂きました。 明後日開催される内定者研修ですが、昨日母方の祖母が死去し、明後日の通夜への参加のため、今回の参加が叶いません。 以前にお話させて頂いた通り、とても楽しみにしておりましたので大変残念です。 お手数をおかけいたしますが、お手配のほど宜しくお願い申し上げます。 先ほどお電話で相談させていただいた件ですが、改めてご連絡させて頂きました。 本日の開催される内定者研修ですが、昨日からの高熱のため、 医師から参加を控えるよう指示されております。 自己管理不足により、皆様に多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。 提出書類につきましては、郵送にて速やかに送付させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか? お手数をおかけいたしますが、お手配のほど宜しくお願い申し上げます。

次の