ご査収 意味。 間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

「ご査収ください」の意味と読み方とは

ご査収 意味

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。

次の

「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方

ご査収 意味

仕事上、文書や会議などで出てくる言葉「ご査収」。 どんな意味と使い方があるか分かりますか? さすがに、日常生活で使われることはありませんが、仕事で使われているとなると間違って使うわけにはいきませんよね。 ここでは、「ご査収」の意味や使い方などを紹介いたします。 まずは読みからおさえておきましょう。 平たく言えば「ちゃんと受け取ってね!」ということですでしょう。 メールで資料や請求書などを送る際に活用できますね。 「ご査収」という言葉の仕事上での正しい使い方は? 上記では、まず「ご査収」の意味について紹介しましたので、この「ご査収」の意味に関しては理解できたと思いますが、次に、「ご査収」をどのような時に試用したら良いのか使い方をご紹介いたしますので、「ご査収」の使い方についてしっかりとみていきましょう。 「明日に使う資料になります。 ご査収ください」 上記の一文のように、「ご査収」という言葉は使っていくのですが、気をつけて欲しいポイントとして、具体的に明確に「ご査収」を使うという事です。 具体的に確認してほしい内容を書くと親切です。 了承済みのものは「ご確認願います」 ここがポイントになりますが、ご査収の正しい使い方は、相手がまだその事項(書類)を見ていない、あるいは確認して回答をしていない場合のみです。 例えば…議事録は一度相手と打ち合わせをして、了承のサインをもらっている場合は「ご査収下さい」が適切な使い方ではなく、「ご確認願います」です。 「ご査収」の間違った使い方は? 上記では、「ご査収」についての正しい使い方を紹介しましたが、それだけではなく、間違った「ご査収」の使い方も覚えておきましょう。 最後に、「ご査収」の使い方として間違っているものをご紹介いたします。 調べるものがないものは「ご査収」を使わない 調べるものがないものは「ご査収」を使わないという点もしっかりと覚えておきましょう。 たとえば、添付ファイルなどがない場合に、「よろしくご査収ください」などと言われても、「何をよく調べればいいの?」となりますし、日程などを送っている場合は「ご確認ください。 」で十分ですので、こういった間違いは意外と多いですので、しっかりと気をつけておきましょう。 ご査収の上よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げますは間違ってないけど・・・ 正確には間違っていないのですが、 「ご査収の上よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます」「ご査収」は固くし過ぎです。 今回は、「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方について紹介しましたが、これでいきなり「ご査収」を使われてもハラハラすることはありませんね。 言葉遣いは、ビジネス上でかなり大事な要素であり、また間違ったまま使っている人も多いですので、この機会に「ご査収」の使い方や意味などをおさえれ、しっかりと「ご査収」を使えるようにしておきましょう。 「ご査収」の正しい意味を理解して是非あなたも使ってみてください。

次の

「ご査収ください」の意味と読み方とは

ご査収 意味

相手に送った添付書類やファイルを確認してほしい時に使う言葉です。 「ご」…尊敬語。 ていねいなニュアンスが加わります。 「査」…調べる、確認するという意味の漢字。 「収」…受け取る、おさめるという意味の漢字。 つまり、データ等の内容を「確認した上で受け取ってください」を、より丁寧に言い替えた言葉です。 【OK】 ・メールに書類等のデータを添付し、相手に確認してほしいときの文末 ・書類や商品を相手に確認してほしいときの送付状の文末 【NG】 ・そもそも確認してほしい物やデータがない場合 ・すでに相手が確認し終えたものを、送付側の都合で再度確認してほしい場合 確認するものがないのに「ご査収」を使うと、相手が混乱してしまうので注意しましょう。 「のほど」をつけることで印象をやわらげる効果があります。 「ご査収ください」ではどこかぶっきらぼうな印象を受ける…と心配になら「ご査収のほどお願いいたします」と書いて、よりやわらかで丁寧にしましょう。 主に使えるのは下記の5つです。 ・確かにいただきました ・拝受しました ・拝領しました ・拝見しました ・受領しました 「ご査収」は丁寧な言葉なので、受け取った側も「受け取りました」ではなく、「拝受」などの丁寧な表現とお礼を使い、しっかり確認したことを伝えましょう。 ・資料を添付したのでご査収ください。 ・納品書を同封いたしますので、ご査収ください。 ・サンプル品を同梱いたします。 お手数ですが、ご査収のほどお願いいたします。 ご査収の上、ご検討のほど宜しくお願い致します。 ・明日のプレゼン資料です。 ご査収の上、お返事いただければ幸いです。 ・商品が完成いたしました。 ご査収の上、改善等あればご連絡いただきたく存じます。 その時は他の言葉に言い替えて、マンネリ化を防ぎましょう。 「ご査収」のように添付物がなく、メールやある一部分を確かめてほしいときは「ご確認ください」を使いましょう。 「ご査収」との最大の違いは、発注をうけて物やサービス、データなどを納品する際にのみ使う言葉、という点です。 「ご査収」と同じように、上司や取引先に、企画書などを送る際、このように書き添えるといいでしょう。 親しい相手に、「笑って受け取ってください」と伝えるときに使います。 「ご査収」とは違い、大事なビジネスの取引先に対して用いるのは控えましょう。 食べ物を送る時に、この表現を書き添えてください。

次の